【世界史】大学受験ココが出る 世界史bノートの特徴と使い方|流れをつかむ!

世界史bノート

さとしセンセイ
こんにちは、センセイプレイスのさとしです!

「大学受験ココが出る 世界史bノートってどんな参考書?」
「実際のところ、レベルやボリュームはどうなんだろう…」
「効果的な勉強法や、この参考書に向いている人が知りたいな」

こういった疑問にお答えします。

今回の内容
①『大学受験ココが出る 世界史bノート』の特徴(構成、スペック、レベル、ボリューム)
②『大学受験ココが出る 世界史bノート』をやる前に「取り組む目的」を考えよう
③『大学受験ココが出る 世界史bノート』の効果的な勉強法
④一番大事なのは「自分の頭で考えること」です

ぼく自身も世界史の知識を覚えるのに苦戦し、参考書や勉強法を調べまくっていた時期がありました。

しかし、世界史の知識の覚え方を考えまくって勉強法を確立させた結果、世界史の成績を爆上げすることができました。

当記事を読むことで、大学受験ココが出る 『世界史bノート』の特徴や効率的な使い方を知り、今後の勉強に活かしていくことができるでしょう。

ぜひ、最後までお付き合いください!

※「世界史」の参考書が知りたい人はこちら

『大学受験ココが出る 世界史bノート』の特徴

『大学受験ココが出る 世界史bノート』に特徴について書いていきます。

『大学受験ココが出る 世界史bノート』の構成

世界史bノート

『大学受験ココが出る 世界史bノート』のスペック

『大学受験ココが出る 世界史bノート』は、書き込み式の問題集です。
そのため、暗記事項を目で見て覚えるだけの学習よりも、自ら手を動かして書いて覚える学習の方がより知識が定着しやすいでしょう。

また、『大学受験ココが出る 世界史bノート』は、一問一答タイプの問題集とは異なり、流れをつかみやすい参考書になっています。

その上、流れをつかみやすくなるように工夫もいくつかなされています。
具体的には、各テーマごとに冒頭で「まとめ図」という地図や勢力の変遷がわかりやすくまとめられた図が掲載されています。

世界史に限ったことではありませんが、勉強をする際に文字だけをみて勉強してもなかなかイメージが湧きずらいものです。
そのため、文字でただ暗記したものはすぐに忘れてしまうことも多くあります。

しかし、この参考書では地図や図が用いられているため、理解の助けをしてくれます。

世界史においては地図や図は他の科目に比べて、非常に重要なものです。
実際に、世界史では地図を見て場所がわかるだけで得点になるなんてこともざらにあります。

そのため、参考書は最大限に活用しながら取り組みましょう!

『大学受験ココが出る 世界史bノート』のレベル

『大学受験ココが出る 世界史bノート』のレベルは、基本レベル〜難関私大・難関国公立大レベルと幅広く対応しています。

また、赤色の下線の問題が標準レベル、黒色の下線の問題が難関レベルと難易度にあわせた勉強ができるようにレベル分けがされています。

大学受験ココが出る 世界史bノート』のボリューム

出題テーマ数:42
ページ数:256

『大学受験ココが出る 世界史bノート』に取り組む理由を意識しよう

世界史bノート

参考書というのは、取り組む人によってやる目的もやり方も変わってきます。

たとえば、『大学受験ココが出る 世界史bノート』でいうと
・世界史の参考書の1冊目として、『大学受験ココが出る 世界史bノート』を使う人
・学習経験があり、『大学受験ココが出る 世界史bノート』を使う人

がいます。

そして、それぞれの人がやる目的・やり方も違うのです。

ですので、
①自分がなぜ『大学受験ココが出る 世界史bノート』をやるのか
②『大学受験ココが出る 世界史bノート』をやる目的を果たすために、自分がどのようなやり方で勉強していくべきか

自分で考えたうえで、取り組んでいきましょう。

ネットに書いてある勉強法や、ほかの人のやり方を鵜呑みにして、そっくりそのまま真似したところで、成績は伸びませんよ!

『大学受験ココが出る 世界史bノート』の勉強法

世界史bノート
次に、『参考書名』の具体的な勉強法について書いていきます。

世界史の教材1冊目として『大学受験ココが出る 世界史bノート』を使う人

世界史の勉強を始めて間もなかったり、まだ世界史に自信がない人は以下のような勉強法がオススメです。

①まとめ図で流れを確認しながら、穴埋めをしていく

まずは、問題を解いていきましょう。

ここで注意して欲しいのが、地図や問題文を見ながら丁寧に問題を解くことです。
面倒な作業のように思えますが、1問1問丁寧に解くことが後々の成績アップに繋がります!

②答え合わせをし、間違ったところ・わからなかったところにチェック

解き終わった問題の答え合わせをしましょう。

答え合わせをする際にありがちなことが、ただ○か×だけをつけて終わらせてしまうことです。
これは、ただその時解けた問題がわかるだけで、全く実力がつきません。

答え合わせで大切なのは、解けなかった問題を次に解けるようにすることです。

そのため、間違った問題をなぜ自分は間違ったのかを考えてください。
そして、次に似た問題が出題されたときに必ず解けるように復習をしましょう。

③1週間後に前回間違えたところ・わからなかったところを復習

前回わからなかった問題や間違えた問題を復習テストしましょう。
そして、定着するまで徹底的に復習しましょう!

また、世界史の勉強を始めて間もない人は1周目からページ下部にある論述問題や、各テーマの最後にある実践演習は取り組む必要はありません。2周目以降余裕ができてから取り組むようにしましょう!

学習経験があり、『大学受験ココが出る 世界史bノート』を使う人

世界史の基礎をさらっていて、さらなる成績upを狙って本書を使おうと思っている方は以下のような勉強法がオススメです。

①自分が1冊目に取り組んだ上で、抑えきれてないところを確認する

自分が世界史の学習をする上で、1冊目に載っていないところを『大学受験ココが出る 世界史bノート』で確認しましょう。

他にも、この範囲は苦手だなといった部分をもう一度取り組んでみるなど自分で考え工夫しながら勉強しましょう。

また、余裕があったらページ下部にある論述問題に取り組むようにしましょう!

②確認したものを、「テーマ別演習」→「実戦演習」の順番で取り組んでいく

1冊目に載っていない知識を確認した後は、「テーマ別演習」→「実戦演習」の順番で取り組んでいきましょう。

そして、間違えたものを確認して、できるようになるまで復習しましょう。

③過去にやったことのある範囲は、「実戦演習」のみやり、できないところがなくなるまで繰り返す。

2冊目として取り組んでいる場合、最初からできる問題もあることでしょう。

そこで、過去にやったことがあって、解けると思う問題はいきなり「実戦演習」に取り組んでしまいましょう。

このとき、◎〇✕の活用をおすすめします。

「テーマ別演習」で自信を持って解けたものには◎、自信はなかったが解けたものは〇、間違えたものは✕をつけます。

そうすると、2ー3周目と回数を重ねていったときに、できないところや自信のないところだけ確認することになるので、効率よく復習することができます。

『大学受験ココが出る 世界史bノート』をオススメする人

世界史bノート
『大学受験ココが出る 世界史bノート』は以下の人にオススメです!
・書き込み式の勉強が好きな人
・流れを重視した学習をしたい人
・難関大学を目指す人

書き込み式の勉強が好きな人

『大学受験ココが出る 世界史bノート』は、書き込み式の問題集となっています。
ですので、書き込み式の学習が好きな人にオススメの参考書です。

流れを重視した学習をしたい人

『大学受験ココが出る 世界史bノート』は、流れを重視した参考書になっています。
ですので、流れを重視した学習をしたい人にオススメの参考書です。

難関大学を目指す人

『大学受験ココが出る 世界史bノート』は、難易度が難しめとなっています。
そのため、難関大学を目指す人にオススメの参考書です。

この勉強法はあくまで一例!自分にあった勉強法を探そう!

世界史bノート
この記事では、『大学受験ココが出る 世界史bノート』の特徴と勉強法について紹介してきました。

しかし、この記事で紹介したことはあくまでも一例であり、『大学受験ココが出る 世界史bノート』を絶対にやらなければいけないわけではないし、
やり方も自分に適したやり方を見つけるのが最善です。

みなさんには、自分のことを理解した上で、自分に一番適している参考書を見つけ、
自分なりのやり方をカスタマイズして取り組んで欲しいと思っています。

この記事がそのための参考になれば幸いです!