「勉強法や参考書を調べてるのに…」キミの成績が上がらない理由と解決方法


当記事にたどりついたあなたは、「ネットで勉強法や参考書を調べているのに、成績が上がらなくて困っている」人だと思います。

下記の悩みに1つでも当てはまる場合、ぜひ最後までお付き合いください!

  • ネットで調べた勉強法を試してみたけど、成績が上がらない
  • 人気の参考書を、オススメの使い方で勉強したのに、知識が定着しない
  • 同じ志望校の人の合格体験記を参考に勉強してみたけど、模試は“E”判定

インターネットが発達したおかげで、実際に自分の志望校に合格した人の勉強や使っていた参考書の情報が簡単に手に入るようになりました。
一方で、非常に多くの受験生が、そういった外部の情報に惑わされ、成績を上げられずに苦しんでいます。

そこで当記事では、

  • ネットで勉強法や参考書を調べてるのに、キミの成績が上がらない理由
  • そんなキミが成績を上げるための方法

を紹介します。

少しでも参考にしていただけたら、うれしいです!

ネットで勉強法や参考書を調べてるのに、キミの成績が上がらない理由


ネットの発達で、実際に自分の志望校に合格した人が使っていた勉強法・参考書の情報が簡単に手に入るのに、キミの成績が上がらないのはなぜなのか。

実に多くの受験生が、キミと同じような状況に陥っています。
そして、他者を真似た勉強が上手くいかないのには、明確な理由があります。

その明確な理由とは、受験生は皆、それぞれ志望校も違えば、学力も違うから。
加えて、性格・環境・ライフスタイル・考える力――全てが違う人の勉強法を真似したところで、うまく行くはずがないのです。

そもそも志望校も違ければ、得意・苦手なところも違う。育ってきた環境もちがう。取り囲んでいる状況が全然違うのに、インターネットやに合格した人たちの一般的な情報を真似して解決しようとすることこそが、そもそも不可能なんです。

だから、そうした「違い」を無視して誰かの勉強法を真似しても、自分にぴったりハマることはなく、成果にはつながりません。

多くの受験生が、同じようなことをしては失敗しをくりかえしているのです。

そんなキミが成績を上げるためには何をすればいいのか?


インターネットや実際に合格した人の情報を聞いて、真似しても成績を上げられない。

ただ、それを聞いてキミはこう思ったことでしょう。

「じゃあ、どうしたらぼく・私の成績は上がるのだろう?」と。

インターネットや実際に合格した人たちの情報を調べているのに成績が上がらないキミが、成績を上げるために何をすればいいのか。

それは、「キミの現状を把握した上で、自分で必要なものを考えていく」ということです。

なぜなら、受験勉強をするにあたって1人1人の状況は全然違うため、やるべきことや必要なことは最終的に自分で考えるしかないからです。

たとえば、「夏には○○をやるべき!」と言われることはよくありますが、1人1人の志望校も成績状況も違うのにも関わらず、受験生全員が夏にやるべきことが一緒だということがあり得ると思いますか?

まずは自分の状況を把握して、志望校との距離を確認し、そこから必要な情報を集め、最終的には「①いつ②なにを③どうやって」やるか、自分で考えることが必要になってくるのです。

要するに、成果の出る本物の勉強とは、

  1. 「志望校合格」というゴールから逆算して学習計画を立て、
  2. 「どんな教材を、いつまでに、どんな方法で」勉強するのかを考え、
  3. 実際に勉強して得たものを材料に、より良い学習計画に改善していく

というサイクルを生み出すことです。そして、それを自らの意志で継続的に回し、磨いていくことが成功の鍵です。

でも、いきなり1人で志望校合格に必要なものを考えるのは不安……じゃあ、どうすればいい?


さきほど、1人1人の状況は違うため、最終的には「①いつ②なにを③どうやってやるか」を自分で考えることが大事だというお話をしました。

しかし、いきなり1人で自分の状況を把握して、志望校合格までに必要なことを考えるのは難しいですよね。

では、どうすればよいのか。

その答えは、「志望校に合格した経験のある人に客観的に自分の状況を見てもらい、自分に必要なものを『一緒に』考えていく」ことです。

なぜなら、ほとんどの受験生は志望校に合格した経験がないので、最初は回り道だらけになってしまうからです。

自分の状況を見て、必要なものをかんがえるのは、想像以上に難しいことです。

ですので、最初は志望校に合格した人と、『一緒に』考えていくことが一番合理的なのです。

また、「志望校に合格した人と『一緒に』考えていく」ことが重要になってきます。

志望校に合格した経験がある人に考えてもらうというだけでは、その人の経験を押し付けるだけになってしまいます。

自分のことを一番わかるのは、間違いなく「自分」なので、まずは自分で考えることが重要です。

とはいえ、志望校に合格したことがないのに、自分だけで考えるのは不安ですよね。

そこで、志望校に合格した人と、『一緒に』考えていくことで、自分1人で考える不安も取り去ったうえで、自分で考えていくことができます。

では、志望校に実際に合格した人と自分のやるべきことを『一緒に』考えていけるサービスなんてあるのか。

それを実現しているのが「センセイプレイス」です。

専属のセンセイがマンツーマンで伴走、オンラインコーチ予備校のセンセイプレイス

勉強法や参考書を調べているのに成績が上がらないというキミが、成績をあげるためには「志望校に実際に合格した人と自分のやるべきことを『一緒に』考えていく」必要があるというお話をしてきました。

センセイプレイスは、「志望校に実際に合格した人と自分のやるべきことを『一緒に』考えていき、キミの成績を上げていく」ための、他の塾・予備校とは180度違うサービスです。

どのようなサービスを提供しているか、1つずつご紹介します。

①学びログ・週間レポートで、自分で考える力を養うことができる

センセイプレイスには、「学びログ」と「週間レポート」というシステムがあります。

「学びログ」とは、生徒自身が毎日じぶんの勉強内容や生活習慣のよかったことや課題を振り返るためのツールです。

日々の勉強内容や生活習慣を振り返ることで、自分のいいところはそのまま継続してくことができるし、課題はその場で解決する方法を自分で考えていくことができます。

「学びログ」を毎日書き続けることで、日々じぶんのよかったところと課題と向き合い、最終的には「自分がいま何をやるべきか」を考えながら勉強する習慣を身につけることができます。

そして、「学びログ」に加えて、「週間レポート」というツールがあります。

「週間レポート」とは、自分の1週間を振り返るためのツールです。

自分の1週間を振り返ることで、「先週と違って、こういう風に考えられるようになった!」という風に、自分の成長をリアルに感じることができます。

また、成長と同時に、自分が1週間のなかで抱えていた課題も振り返ることができます。それによって、その課題をどう解決するか自分で考えることができます。

センセイプレイスでは、自分で考えながら勉強していくために、「学びログ」・「週間レポート」というツールをフル活用し、最終的には「自分の状況を客観的に見て、自分が今やるべきことを自分で考えるための力」を養うことができます。

②週に1回のマンツーマン指導で、毎週「自分が今やるべきこと」が明確になる

センセイプレイスでは、週に1回のSkypeを用いたマンツーマン指導があります。

生徒一人ひとりに合ったセンセイをマッチングして、毎週「学びログ」・「週間レポート」を基に、キミに合った指導を受けることができます。

そのため、一人ひとり違う長所や課題を分析し、一緒に考え、次の指導までの1週間でやるべきことを明確にしていくことができます。

普通の独学だと、「自分が何をやるべきかわからない」「考えはあるけれど、本当に合っているか不安」という悩みがつきないと思います。

しかし、センセイプレイスなら、実際に難関大に合格したセンセイたちがキミに合ったマンツーマン指導をしてくれるので、キミの考えを最大限に生かしながら、一緒にやることや勉強法を考えていくことができます。

③センセイプレイスでは、厳しい研修をくぐり抜けた選りすぐりのセンセイのみを採用

センセイプレイスでは、厳しい研修をくぐり抜けた選りすぐりのセンセイのみを採用しています。

30時間以上にわたる研修を受けた末、最終研修を通過したセンセイしか採用していないので、センセイの質には圧倒的に自信があります!

多種多様なセンセイがいるので、学習状況やパーソナリティなどの総合的要素を比較検討し、キミに合ったセンセイをマッチングします。それによって、キミに合った指導を受けることができます。

④オンライン指導なので、全国どこでも指導を受けることができる

センセイプレイスの指導は、Skypeを使ったオンライン指導です。

ですので、47都道府県どこに住んでいても指導を受けることができます。

また、オンライン指導のため、通塾の必要もなく、自宅にいるだけで指導を受けることができます。

オンライン予備校「センセイプレイス」の先輩の声

次に、実際にオンライン予備校「センセイプレイス」を通じて、志望校に合格した先輩方の声をご紹介します。

高3夏に偏差値40台…そこから早稲田・同志社に逆転合格したSくん

思い返してみると、受験勉強を始めた高2の11月からセンプレに出会うまでの10ヶ月間、毎日苦しみながら机に向かう日々でした。毎日毎日、これでいいのかと不安を抱えつつ、がむしゃらに頑張るけれど、思い通りに勉強が進まない。出口のないトンネルの中をさまよっているようで、本当に辛かったです。

そんなぼくにとって“センプレ”は「変わりたいという想いを誰よりも応援してくれ、それを原動力に、最大限の可能性を発揮できるようサポートしてくれる場所」でした

変わりたい気持ちさえあれば、誰にでも、より良い方向に変わっていける可能性はあります。“センプレ”は、その実現を強く後押ししてくれます。「変わりたい」という気持ち一つさえあれば、誰もが自分が想像できないくらいに成長できる場所だと思います。

高3夏に偏差値40台…そこから早稲田・同志社に逆転合格したSくんの合格体験記・全文はこちら☟

Sくんの合格体験記・全文
偏差値40台からの早稲田逆転合格体験記

高2・偏差値40台…9戦9敗から早稲田に逆転合格したさくらさん

ネットにある勉強法を鵜呑みにしてただやるのではなく、勉強法を自分でカスタマイズしていくセンセイプレイスのスタイルによって、計画倒ればかりだった私が、自分に合った計画を立てられるようになり、ただひたすら量をこなす非効率な勉強から『何を・いつ・どのくらいのペースで・どうやるか』を徹底的に考え抜いてから取り組むというとても合理的な勉強法に変わりました。

最終日の早稲田教育学部の試験日までに受けた9つの大学は全滅。それでも、早稲田教育学部に合格することができました!

センセイとの指導で「最後まで伸びる、だから絶対諦めない」という話をしていたから、早稲田の教育学部にだけは絶対受かると信じ、最後の最後まで諦めずに勉強し続けることができました。

高2・偏差値40台…9戦9敗から早稲田に逆転合格したさくらさんの合格体験記・全文はこちら☟

センセイプレイスでは無料体験指導を随時受付中!


ここまでセンセイプレイスについて、詳しく書いてきました。

しかし、当記事を読んでも、センセイプレイスがどんな指導を行っているか実感してない人もいることだと思います。

そんな人たちのために、センセイプレイスでは無料体験指導を実施しています!

  • センセイプレイスでは実際にどんな指導を行っているのか
  • 一人ひとりに合った勉強の悩みを特定し、どう解決してけばいいのか

などをお伝えするために、多くの受験生の悩みに立ち会ってきた体験指導専任チームのメンバーが無料体験指導を行っています。

幸いなことに、大変多くの問い合わせをいただいてるので、迷っているというなら無料体験指導だけでも体験してみてください!体験指導を受けたからと言って、入会を強制するようなことは一切しません!

まずは無料体験指導で、これまでの勉強とは180度違う勉強を知っていただきたいと思います。

センセイプレイスをオススメする人


センセイプレイスは以下の人におすすめです!

  • 自分ひとりで勉強することの大切さはわかりつつも、やるべきこと・やり方などがわからなくて困っている人
  • 自分で考えて勉強する大切さに共感できる人
  • 自分で考えて改善して……ということを、部活や習い事などですでに経験があるが、それを勉強に生かし切れてない人

センセイプレイスをオススメしない人


センセイプレイスは以下の人におすすめしません!自信があるからこそ、他塾などの検討をおすすめします。

  • 絶対に合格できる「魔法の勉強法・参考書」があると信じている人
  • 勉強には絶対的な方法論があると信じている人
  • 自分では何も考えずに勉強したい人

上記にあてはまる人たちには、入会していただいてもセンセイプレイスをフル活用できないと考えているので、入会をおすすめしません。

今すぐ無料体験指導を受けて、これまでの勉強とは180度違う勉強を体験してみよう!


幸いなことに、大変多くの問い合わせをいただいています!

そのため、迷っているというなら、無料体験指導だけでも受講してみてください!体験指導を受けたからと言って、入会を強制するようなことは一切しません!

まずは無料体験指導で、これまでの勉強とは180度違う勉強を知っていただきたいと思います。

皆それぞれ状況が違うのだから、100人100通りのやり方があって当たり前。
参考書に、また闇雲に手をつける…その前に、いま立ち止まって『勉強のやり方』を180度変える体験をしてみよう!