【英語】最強のおすすめ英文解釈参考書まとめ4選|偏差値爆上げ!

おすすめの英語参考書
こんにちは!センセイプレイスのけいたろうです!

「おすすめの良い英文解釈参考書ってどれなんだろう…」
「英単語や文法は仕上げたけど、なんとなく偏差値が上がらない、、」
「自分にはどの英文解釈参考書が合っているのかな?」

こういった疑問にお答えしていきますね。

そもそも、英語にはやらなければならないことがたくさんあります。
英単語、英文法、熟語、解釈…その中でも偏差値を爆上げするための1つとして重要になってくるのが、これから紹介する英文解釈の参考書です。

筆者は当時「偏差値40」という絶望とも言うべき状態だったのですが、大学受験が始まるまで鬼のように単語と英文法で基礎を仕上げ、英文解釈などにも力を入れた結果、最終的に偏差値が20以上伸びました。

「基礎は固めたけどなんか英文が読めない…」そんな方にも最適な参考書がここには眠っています。

ということで今回は、そんな密かに眠る英文解釈参考書を、厳選してご紹介していきます。

では早速参りましょう!

英語の参考書は5つの分類に分けて考えよう

おすすめの英語参考書
そもそも、英語はどのように勉強したらいいのか知っていますか?
英語という1つの科目だけでも、

  • 英単語・英熟語
  • 英文法
  • 英文解釈
  • 英語長文
  • パラグラフリーディング

と、それぞれの分野ごとに勉強する必要があります。
英語の成績をあげるためには、これらのすべての分野を満遍なく勉強しなければいけません。また、分野ごとに勉強方法も変わってくるので、参考書もそれぞれの分野に合ったものを選ぶ必要があります。

このことを理解していないと、
「英単語をひたすらおぼえたのに、成績が上がらない」
「英文法は完ぺきなのに、文章が読めない」

と、1つの分野に特化しすぎて、英語全体で見ると、成績があがらないという事態に陥りかねません。

英語という1つの科目でも、英単語・英熟語・英文法・英文解釈・長文読解・パラグラフリーディングと、複数の勉強をしなければならないということを頭に入れながら、参考書を選ぶようにしてください。

ここにある参考書をすべてやるのは不可能!自分の目的に合った参考書を適切に使い分けよう!

おすすめの英語参考書
つぎに、この記事を読んでもらう上での注意点について、書いていきます。

まずはじめに言いたいのが、この記事に書いてある参考書をすべてこなすことは不可能であるし、そもそもしなくていいということです。
ここに書いてある参考書はもちろんのこと、他のサイトさんや書店に並んでいる参考書はあくまで一例でしかありません。

自分が志望校合格に向けて、力をつける・足りないものを埋めるために使うのが参考書です。

なので、自分の志望校と現在の自分との距離を測り、自分には今なにをやる必要があるのかを考えたうえで、適切に参考書選びをしましょう。

当記事がその助けになればうれしいのですが、当記事はあくまで参考でしかないので、「この記事に載っていない参考書には取り組んではいけないんだ」という風に考えるのだけは、絶対にしないようにしてください。

志望校と自分の距離を測り、当記事などを参考にしつつ、最終的には自分で必要な参考書を判断してください。

基本はここだ

こんな人にオススメ!

  • 英語がとにかく苦手で、とくに長文が苦手だという受験生
  • 長文読解をいつもなんとなく読んでしまっている受験生

メリット

  • 英文法を学ぶだけではカバーしきれない、英文の読み方を身につけることができる
  • 英文の読み方を、基礎から学ぶことができる

デメリット

  • 少し回りくどい解説が多い

「英文読解入門基本はここだ!」は、英文の読み方を基礎から解説している参考書です。今は東進ハイスクールで講義をしている、人気の英語講師・西きょうじ先生が執筆している参考書です。

この参考書の特徴は、SVOCなどの基礎中の基礎から、英文読解の手法を学ぶことができるという点です。その他にも、主語と動詞の見つけ方など、長文読解に後々いきてくる英文の読み方が盛りだくさんの参考書です。

ポレポレ英文読解プロセス50

こんな人にオススメ!

  • 高いレベルの英文解釈を勉強したい受験生
  • 分厚い参考書よりも、薄くて凝縮された参考書が好きな受験生

メリット

  • SVOCを振った英文で解説しているのではなく、それを講義的に1つ1つ文章で解説している
  • 難易度の高い文章を、予備校講師らしくわかりやすく解説している

デメリット

  • タイトルや薄いことからレベル感を勘違いされやすいが、相当な難易度がある

「ポレポレ英文読解プロセス50」は難関大レベルの英文を読み解くための参考書です。

この参考書の特徴は、他の英文解釈の参考書とは違い、英文にSVOCを振って解説があるというよりは、講義本チックになっているという点です。代ゼミから東進に移籍した大人気講師・西きょうじ先生のわかりやすい解説が見所です。

ポレポレというやわらかいタイトルや、参考書自体が薄いことからレベル感を勘違いされやすいが、相当な難易度があるので注意が必要です。

英文解釈の技術シリーズ

こんな人にオススメ!

  • 英単語と英文法をある程度学習したが、イマイチ点数が伸びないという受験生
  • 問題と解説という参考書を好む受験生

メリット

  • 英文と訳と解説というシンプルな構成なので、勉強しやすい
  • 長文読解に活きてくる英文の読み方を、100個も学ぶことができる

デメリット

  • いきなり問題からはじまるので、ある程度の英語力がないときびしい

「基礎英文解釈の技術100」は、英文解釈のポイント100個を、問題演習を通じて学ぶという参考書です。講義本のような解説がたくさん書いてあるというタイプのものではなく、1文がまず初めに書いてあって、それを訳して解説を読んで理解をするという、問題集型の参考書になっています。

この参考書の特徴は、1文の解説がとにかく詳しいというところです。1文に対して見開き1ページにわたって解説していて、文を図解したりと、文字だけでなく視覚でも理解できるような解説がたくさん入っています。

いきなり問題から始まるので、英語初学者にはハードルが高いと言えます。

ビジュアル英文解釈

こんな人にオススメ!

  • 「基本はここだ!」のような英文解釈の基本は身につけたという受験生
  • 英語が順調に伸びたけれども、頭打ちになってきた受験生

メリット

  • 生徒が引っかかりやすいところにしぼって解説しているので、効率よく学ぶことができる
  • 先生と生徒が対話している参考書なので、すらすらと読むことができる

デメリット

  • かなり昔の参考書なので、すこし古臭い表現があるかも?

駿台予備校で伝説の英語講師と謳われた、伊藤和夫先生の執筆した参考書です。先生自身が亡くなられたのが1997年なので、死後20年以上も語り継がれている参考書となっています。

この参考書の特徴は、生徒と先生の対話という設定で書かれているという点です。生徒役が受験生の抱える疑問点をI先生に聞き、それを先生が解説していくという面白い形をとった参考書となっています。駿台の生徒が実際にひっかかったところをベースとしているので、効率よく英文解釈を学ぶことができます。

ここにある参考書はあくまで一例!自分に合った参考書を探そう!

今回は、センセイプレイスおすすめの英語参考書リストについてお話ししました。

しかし、ここに紹介した参考書はあくまで一例でしかありません。当記事にない参考書で勉強したからといって、成績が伸びないなんてこともありませんし、逆にここに紹介されている参考書でも、自分に合っていないと思ったなら違う参考書で勉強するのも全然問題ありません。

1人1人にあった、それぞれの参考書・勉強法が存在します。

当記事が、英語の参考書選びをする際に、少しでも参考にしていただければうれしいです!