【英語】総合英語evergreenの特徴と使い方|鉄壁の文法力!

総合英語evergreen

さとしセンセイ
こんにちは、センセイプレイスのさとしです!

「総合英語evergreenってどんな参考書?」
「実際のところ、レベルやボリュームはどうなんだろう…」
「効果的な勉強法や、この参考書に向いている人が知りたいな」

こういった疑問にお答えします。

今回の内容
①『総合英語evergreen』の特徴(構成、スペック、レベル、ボリューム)
②『総合英語evergreen』をやる前に「取り組む目的」を考えよう
③『総合英語evergreen』の効果的な勉強法
④一番大事なのは「自分の頭で考えること」です

英語において、一番配点が高く重要とされているのが「長文読解」。

しかし、「長文読解」ができるようになるには英単語や英文法などの基礎的な部分の知識が必要です。

そこで、今回紹介するのが『総合英語evergreen』。

この参考書は、長文読解に取り組むために必要な英文法を(おそらく)すべて網羅した英文法書です。

当記事を読むことで、『総合英語evergreen』の特徴や効果的な使い方を知り、今後の勉強に活かしていくことができるでしょう。

ぜひ、最後までお付き合いください!

※「英語」の参考書が知りたい人はこちら

『総合英語evergreen』の特徴

『総合英語evergreen』の特徴について、書いていきます。

『総合英語evergreen』の構成

総合英語evergreen

『総合英語evergreen』のスペック

『総合英語evergreen』は、Forestと並ぶ有名な英文法参考書です。

『総合英語evergreen』は問題集として取り組むのはあまりオススメしません。
なぜなら、参考書としての中身の量が膨大だからです。
どちらかというと、わからない文法事項が出てきたときなどに辞書として使用するなどするのが良いかと思います。

『総合英語evergreen』のレベル

『総合英語evergreen』は教科書や辞書代わりに使用できるような参考書です。
ですので、レベルとしては基礎〜東大レベルまでカバーしていると言えるでしょう。

『総合英語evergreen』のボリューム

ページ数:672

『総合英語evergreen』に取り組む理由を意識しよう

総合英語evergreen
参考書というのは、取り組む人によってやる目的もやり方も変わってきます。

たとえば、『総合英語evergreen』でいうと
・英文法の参考書の1冊目として、『総合英語evergreen』を使う人
・英文法の学習経験があり、『総合英語evergreen』を使う人
がいます。

そして、それぞれの人がやる目的・やり方も違うのです。

ですので、
①自分がなぜ『総合英語evergreen』をやるのか
②『総合英語evergreen』をやる目的を果たすために、自分がどのようなやり方で勉強していくべきか

自分で考えたうえで、取り組んでいきましょう。

ネットに書いてある勉強法や、ほかの人のやり方を鵜呑みにして、そっくりそのまま真似したところで、成績は伸びませんよ!

『総合英語evergreen』の具体的な勉強法

総合英語evergreen
次に、『総合英語evergreen』の具体的な勉強法について書いていきます。

英文法の参考書の1冊目として、『総合英語evergreen』を使う人

①読み込む

英文法の勉強をしたことがない人は、1回で理解するくらいに気持ちで読み込みましょう。
一般的な英文法の参考書では、問題がありこういうときの答えはこうといった風に理由づけなく答えが書かれていることがよくあります。
しかし、内容を理解せずに、ただ問題を暗記するだけでは力になりません。
そのような参考書とは異なり、『総合英語evergreen』では文法事項のなぜそうなるかを解説してくれていて、理論的に文法を理解することができます。
そのため、『総合英語evergreen』を読むのは時間がかかりますが、英文法を根本から理解するには最適な参考書です!

②他の参考書などを利用し、文法問題を解く

いくら文法事項を理解したとはいえ、理論だけでは身につけることはできません。
実践することで頭と体で覚えることができるようになります。
そのため、『総合英語evergreen』で理解した文法事項の問題を他の問題演習タイプの参考書を用いて実際に解いて行きましょう。

③わからなかったところ・間違えたところを確認する

問題を解いたら、わからなかったところ・間違えたところが必ず出てくると思います。
その際に、『総合英語evergreen』に戻って再び確認しましょう。
わからなかったところ・間違えたところを復習する際に、なぜ自分はできなかったのか疑問点を解消し、次に似た問題が出題されたときに必ず解けるようにしましょう!

英文法の学習経験があり、『総合英語evergreen』を使う人

①他の参考書などを利用し、文法問題を解く

まずは、他の問題演習タイプの参考書を使用して自分の英文法力のどこが弱いかを探して行きましょう。
そこで、正解できた問題もしっかりと理由をつけて答えを導くことができたか意識しながら問題を解くようにしてください。
理由をつけて答えることができなかった問題はただ暗記で覚えてしまっている証拠です。

②わからなかったところ・間違えたところを確認する

問題を解いたら、わからなかったところ・間違えたところが必ず出てくると思います。
その際に、『総合英語evergreen』に戻って再び確認しましょう。
確認をするときに、理由をつけて答えを導くことができなかった問題などは、ただの暗記ではなく理解して覚えることができるように『総合英語evergreen』を読み込みましょう。
また、わからなかったところ・間違えたところを復習する際に、なぜ自分はできなかったのか疑問点を解消し、次に似た問題が出題されたときに必ず解けるようにしましょう!

『総合英語evergreen』をおすすめする人

総合英語evergreen

英文法を基礎から学びたい人

『総合英語evergreen』は、英文法の重要事項が基礎〜発展まで幅広い難易度をカバーしています。
そのため、「英文法を適当に勉強してしまっていた」、「英文法をこれから勉強する」
などの理由から英文法を基礎から学びたい人にオススメの参考書です。

英文法でわからないところを一人で解決したい人

『総合英語evergreen』は、英文法の教科書や辞書代わりになるほどボリュームがあり、詳しい参考書です。
ですので、「身近に英文法の質問をできる人がいない」「普通の英文法の参考書では解説が薄くてよくわからない」
などの理由から英文法でわからないところを一人で解決したい人にオススメの参考書です。

この勉強法はあくまで一例!自分にあった勉強法を探そう!

総合英語evergreen
この記事では、『総合英語evergreen』の特徴と勉強法について紹介してきました。

しかし、この記事で紹介したことはあくまでも一例であり、『総合英語evergreen』を絶対にやらなければいけないわけではないです。また、やり方も自分に適したやり方を見つけるのが最善です。

みなさんには、自分のことを理解した上で、自分に一番適している参考書を見つけ、自分なりのやり方をカスタマイズして取り組んで欲しいと思っています。

この記事がそのための参考になれば幸いです!