【英語】安河内の新英語をはじめからていねいに1入門編の特徴と使い方|英文法をイチから理解!

安河内の新英語をはじめからていねいに1入門編

安東センセイ
こんにちは、センセイプレイスの安東です!

突然ですが、

「英文法が苦手…」「英文法の基礎的な部分を勉強したい」

英語の勉強をしている受験生の中には英文法でこのように悩み、行き詰っている人も多いのではないでしょうか?
私も受験生時代「SVOC」や「句や節」などが全く分からずに英文法に対して苦手意識を強めていました。そんな英文法が苦手な人にオススメなのがこの「安河内の新英語をはじめからていねいに1入門編」です!

英文法を徹底的にわかりやすく解説してくれるとてもいい参考書だと思います。

英文法の勉強に悩んでいる人は、ぜひこの記事を読んでみてください!

安河内の新英語をはじめからていねいに1入門編」の構成

安河内の新英語をはじめからていねいに1入門編

安河内の新英語をはじめからていねいに1入門編」の特徴

安河内の新英語をはじめからていねいに1入門編」の特徴としては

  • 英文法をわかりやすく解説してくれている

とにかくこの一点に尽きると思います!
この参考書は高校一年生からの基本的な英文法を口語文で非常にわかりやすく解説してくれています。

「英文法が理解できない」と悩む受験生の中には、高一、高二で勉強した内容ができていないことが原因の人も多いのではないでしょうか?

この「安河内の新英語をはじめからていねいに1入門編」」でならそうした基礎をスムーズに固めることができます!

安河内の新英語をはじめからていねいに1入門編のボリューム

入門編は全8構・230Pから構成されていて、

1構:品詞と文の要素
2構:時制
3構:文型と動詞
4構:文の種類
5構:助動詞
6講:受動態
7構:不定詞①
8構:不定詞②

となっています。

項目ごとに丁寧に分けられており、1日にどの位勉強するかを決めやすくなっています!

到達レベル

この「安河内の新英語をはじめからていねいに1入門編」を完璧にすれば、入試の英文法で戦うための基礎的な事柄を網羅することができます。
しかし、この参考書だけでは大学受験には足りないでしょう。大学入試ではこの参考書以上に複雑な英文法や覚えなければいけない事柄が出てきます。
この参考書で基礎固めを行い、次からの勉強につなげていきましょう!

安河内の新英語をはじめからていねいに1入門編に取り組む理由を意識しよう!

大学受験で大きな一角を占める英語、その英語で点をとるには、英文法を理解することが何よりも重要になってきます。しかし、英文法はなかなか覚えるのに苦労する人が多い分野です。

その原因としては、英文法はこれまでの勉強の積み重ねによる部分が大きいからです、中学から始まり、高一、高二で学習した様々な事柄が入試では出題されます。この中でどこか理解できていない部分があると、問題を解くことだけでなく、関連する英文法の事柄を理解するのも難しくなってしまいます。

英文法が苦手という人はその原因を潰していくことから始めなければいけません。
その時に、この「安河内の新英語をはじめからていねいに1入門編」はとても頼りになる一冊だと思います!

安河内の新英語をはじめからていねいに1入門編の具体的な勉強法

安河内の新英語をはじめからていねいに1入門編

とにかく読む!

とにかくまずは一講づつ読んでいきましょう!

英文法の参考書と聞くとなんだか辞書みたいな分厚いものを思い浮かべるかもしれませんが、この参考書はそんなイメージとは真逆で分量もちょうど良くデザインもとても読みやすいものになっています。

丁寧に読んで、英文法を少しづつ理解していきましょう。

この参考書は口語文であることもそうですが、ページの随所にこの参考書の著者である安河内先生から「悩むより進め!進めば道は開ける!」などのアツイ言葉などが添えられていたりと、読みやすさを重視した工夫がされています!

しかし、それゆえに、スイスイ読んでしまって肝心の中身が全然覚えられていない…なんてことも起こり得ます。

読んだから大丈夫!ではなく、何回も確認することで100パーセントの理解を目指しましょう。

何回も読みかえす

この参考書は一日一講読んだとすると一ヶ月経たないうちに読破できますが、一回読んだだけでは満足せず、二回、三回と呼んでこの参考書に書いてあることは完璧に理解できるようにしましょう!

受験問題を解いていくにあたって、この参考書に書いてある知識は「基礎」になるものばかりなので、取りこぼしがないように徹底的な復習を行いましょう。

安河内の新英語をはじめからていねいに1入門編をおすすめする人

安河内の新英語をはじめからていねいに1入門編
安河内の新英語をはじめからていねいに1入門編は以下の人にオススメです!

  • 英文法が全然わからない人
  • 英文法に不安がある人

英文法が全然わからない人

英文法が全然わからず、英語そのものが嫌いになりそう…そんな人にこの参考書はピッタリです!

基礎から丁寧に解説してくれているので苦手意識も改善することができるでしょう!

英文法に不安がある人

文法問題や長文問題を解いていて、「あれ、ここ分かんないぞ」となった時もこの参考書の出番です!

分からない事柄をイチから徹底的に洗い出して、着実に知識を保管していきましょう。

この記事はあくまで一例!自分にあった勉強法を探そう!

安河内の新英語をはじめからていねいに1入門編
この記事では、英文法の参考書「安河内の新英語をはじめからていねいに1入門編」の概要と取り組み方について紹介してきました。

しかし、この記事で紹介したことはあくまでも一例であり、安河内の新英語をはじめからていねいに1入門編を絶対にやらなければいけないわけではないし、やり方も自分に適したやり方を見つけるのが最善です。

みなさんには、自分のことを理解した上で、自分に一番適している参考書を見つけ、自分なりのやり方をカスタマイズして取り組んで欲しいと思っています。

この記事がそのためのお手伝いとなれたら幸いです!