【古文】最強のおすすめ古文読解参考書6つまとめ!|偏差値爆上げ!

おすすめ の古文参考書

けいたろうセンセイ
こんにちは、センセイプレイスのけいたろうです!

「古文読解の参考書って、一体どれを使えば良いんだろう…」
「実際に合格した人たちは、どんな古文読解の参考書を使っていたのかな?」

こんな疑問にお答えしますね。

この記事の内容

①難関大攻略、偏差値UPに必要なおすすめの古文読解参考書を厳選

②一番のおすすめは、自分の現状や目的に合わせて参考書を選び、取り組むことです。

古文単語、文法、常識は覚えたは良いものの、実際に問題を解いて点数が取れなければ偏差値UPは厳しいですよね。

その上で、一体どんな参考書を使えば良いのか悩むことも多いかと思います。

そこで今回は、数多くある古文読解の参考書の中から、おすすめの参考書を厳選しました。

少しでも参考にしていただけたら嬉しいです!

では早速見ていきましょう!

古文の参考書は4つの分類に分けて考えよう

おすすめ の古文参考書
そもそも、古文はどのように勉強したらいいのか知っていますか?
古文という1つの科目だけでも、

  • 古文常識
  • 古文単語
  • 古典文法
  • 文章読解

と、それぞれの分野ごとに勉強する必要があります。古文の成績をあげるためには、これらのすべての分野を満遍なく勉強しなければいけません。また、分野ごとに勉強方法も変わってくるので、参考書もそれぞれの分野に合ったもの選ぶ必要があります。

このことを理解していないと、
「古文単語をひたすらおぼえたのに、成績が上がらない」
「古典文法は完ぺきなのに、文章が読めない」

と、1つの分野に特化しすぎて、古文全体で見ると、成績があがらないという事態に陥りかねません。

古文という1つの科目でも、古文常識・古文単語・古典文法・文章読解と、4つの勉強をしなければならないということを頭に入れながら、参考書を選ぶようにしてください。

ここにある参考書をすべてやるのは不可能!自分の目的に合った参考書を適切に使い分けよう!


つぎに、この記事を読んでもらう上での注意点について、書いていきます。

まずはじめに言いたいのが、この記事に書いてある参考書をすべてこなすことは不可能であるし、そもそもしなくていいということです。
ここに書いてある参考書はもちろんのこと、他のサイトさんや書店に並んでいる参考書はあくまで一例でしかありません。

自分が志望校合格に向けて、力をつける・足りないものを埋めるために使うのが参考書です。

なので、自分の志望校と現在の自分との距離を測り、自分には今なにをやる必要があるのかを考えたうえで、適切に参考書選びをしましょう。

当記事がその助けになればうれしいのですが、当記事はあくまで参考でしかないので、「この記事に載っていない参考書には取り組んではいけないんだ」という風に考えるのだけは、絶対にしないようにしてください。

志望校と自分の距離を測り、当記事などを参考にしつつ、最終的には自分で必要な参考書を判断してください。

元井太郎の古文読解が面白いほどできる本

こんな人にオススメ!

  • 古文読解をイチから学びたい受験生
  • 古文単語・文法の知識がある程度ついたけど、読解の方法がわからないという受験生

メリット

  • 予備校の先生が実際にどう問題を解いているかを視覚的にわかる
  • 解説が本当に詳しいので、古文読解が苦手な受験生でも安心して取り組むことができる

デメリット

  • 口語が多く解説も細かいので、古文が得意な受験生は退屈する可能性も

「元井太郎の古文読解が面白いほどできる本」は、古文読解の参考書の中でもかなり解説が豊富なので、単語と文法が学んだばっかりで、読解に不安を抱いている受験生でも、安心してとりくめる参考書です。

予備校講師だったらどのようにして古文を読み解いていくか、というのが目に見えてわかるという点が特徴です。その解法を理解してマネすることで、単語や文法をどう読解に活かしていけばいいのかを学ぶことができます。

ただ、詳しすぎるというくらいに解説が豊富なので、古文が得意だという受験生には少し退屈かもしれません。

富井の古文読解をはじめからていねいに

こんな人にオススメ!

  • 古文単語・文法の知識がある程度ついたけど、読解の方法がわからないという受験生
  • 解説がわかりやすくて、でも詳しすぎない参考書を好む受験生

メリット

  • 古文読解の最低限の知識を身につけることができる
  • わかりやすいのに、細かすぎない解説量なので、古文が苦手・得意な受験生どちらでも使える

デメリット

  • 解説メインの読解参考書なので、知識的には少し物足りない

先ほど古典文法の参考書で紹介した、「富井の古典文法をはじめからていねいに」の古文読解バージョンです。解説がわかりやすいけど、詳しすぎないレベル感のちょうどいい参考書です。

この参考書の特徴は、読解問題を解説するというのはもちろんなのですが、読解問題に必要な知識を、段階に分けて解説しているパートがあるというところです。普通に古典文法を学んでいたら知りえない文章読解の知識(例、「」内の尊敬語の扱い)などを、解説を通して学ぶことができます。

読解の参考書にしては、解説が中心になっているので、読解問題をガンガン解いていきたいという受験生にはあまり向かないです。

古文上達 読解と演習56

こんな人にオススメ!

  • 古文の基礎を学び終えて、本格的な文章読解の勉強がしたい受験生
  • 入試レベルの文章読解の勉強がしたい受験生

メリット

  • 解きごたえがある難易度、入試さながらのレベルを体験できる
  • 短めの文章で読解の基礎を学ぶパートと実際の問題を解くパートに分かれているので、読解力を段階的にとつけることができる

デメリット

  • 難易度が高めなので、挫折する可能性も

「古文上達 読解と演習56」は、読解力を鍛えるために必要な要素がつまった参考書です。
最初は短めの文章を読んで問題を解くことを通して読解の基礎を学ぶことができます。後半では入試レベルの文章・問題を通して、入試本番に対応できる力をつけることができます。

「古文上達 読解と演習56」を完ぺきに解けるようになれば、難関大の古文を解くうえでの基礎は身に付きます。古文単語や文法、読解の基礎を学び終えた受験生が、知識の運用方法を学ぶのに最適の1冊です。

ですが、難関大レベルの読解力を鍛えられる参考書である分、難易度は高めです。「この問題集は難しい」という認識を持っていないと、挫折する可能性があるので、最初のうちは「難しいから解けなくても大丈夫」くらい気楽に取り組みましょう。

中堅私大古文演習

こんな人にオススメ!

  • 実際の入試問題をガンガン解いていきたい受験生
  • ごちゃごちゃした参考書より、問題と解説というシンプルな構成を好む受験生

メリット

  • 実際の入試問題を採用しているので、入試で何が問われるかを実感することができる
  • 問題と解説というシンプルな構成なので、取り組みやすい

デメリット

  • 私立独特の絶対にわからないような問題も混じっている

「中堅私大古文演習」はその名の通り、中堅私大の入試問題が収録されている参考書です。実際の入試問題が掲載されているので、入試で問われるレベル・問題のパターンを実感することができます。

この参考書は構成もシンプルで、入試問題と解説が載っているというだけなので、問題を解いて解説を読むという単純な使い方で勉強することができます。

ただ、中堅私大の入試問題をそのまま載せているので、いわゆる捨て問題があります。ですので、解けない問題に出くわしても、落ち込まないようにしましょう。

首都圏「難関」私大古文演習

こんな人にオススメ!

  • 古文の勉強をある程度進めてきたが、いきなり過去問に取り組むのは不安だという受験生
  • 高いレベルの記号問題に苦手意識のある受験生

メリット

  • 首都圏難関私大の対策に特化しているので、早稲田に受かるにはピッタリな参考書
  • 「捨て問題」はきちんと明記してあるので、挫折しづらい

デメリット

  • 問題レベルがぐんと上がるので、基礎が固まっていても苦戦する可能性

「首都圏『難関』私大古文演習」はMARCHや早稲田などの首都圏にある難関私大の古文が豊富に掲載されている参考書です。中堅私大レベルの参考書を終えたけれども、いきなり過去問にとびつくのが不安という受験生は、この参考書に取り組みましょう。

過去問ほど萎縮せずに、早稲田やMARCHレベルの問題に取り組むことができるので、本番に対応できる力をじっくりとつけることができます。

問題+解答・解説という構成なので、問題を解いて解答・解説をきちんと読むという単純な勉強法で力をつけることができます。しかし、問題レベルが非常に高いので、明らかに読めないと感じることもあるでしょう。

そんな時は、前に取り組んでいた参考書を復習したり、いきなり現代語訳を読んでしまって、どうしてそのように訳せる・読めるのかというところを理解するところからはじめてもいいです。

入試精選問題集 古文

こんな人にオススメ!

  • 古文の勉強をある程度進めてきたが、いきなり過去問に取り組むのは不安だという受験生
  • 古文の記述問題に苦手意識のある受験生

メリット

  • 記述問題が豊富なので、本物の読解力と解答力を身につけることができる
  • 問題と解説が分冊になっていてシンプル、かつ解説がかなり分厚く豊富

デメリット

  • 単語・文法の基礎が固まらずにやると、挫折する可能性

河合出版から出されている「入試精選問題集 古文」です。

この参考書の特徴は、記述問題が豊富なこと、また問題・解答が別冊になっていて解説がかなり豊富だということです。問題と解答・解説と作りもシンプルなので、非常に取り組みやすい参考書だと言えます。

単語・文法の基礎が固まらずに取り組むと、挫折する可能性があるので、そこは注意してください。

ここにある参考書はあくまで一例!自分に合った参考書を探そう!

今回は、センセイプレイスおすすめの古文参考書リストについてお話ししました。

しかし、ここに紹介した参考書はあくまで一例でしかありません。当記事にない参考書で勉強したからといって、成績が伸びないなんてこともありませんし、逆にここに紹介されている参考書でも、自分に合っていないと思ったなら違う参考書で勉強するのも全然問題ありません。

1人1人にあった、それぞれの参考書・勉強法が存在します。

当記事が、古文の参考書選びをする際に、少しでも参考にしていただければうれしいです!