現代文ってセンスでしょ?と思っている人のための、評論文読解入門

「現代文って、どうやって勉強すればいいかわからない…」

今回は、そんな悩みにお答えするため、現代文に求められる“お約束”についての記事を書きました。
これさえ読めば、現代文に対する苦手意識はかなり薄れるんじゃないかと思います!

現代文のお約束

現代文の基本的なルールは、たった一つしかありません。

それは、

“本文から解答の根拠を見つけ出すこと”

です。

百聞は一見にしかずなので、まずは下記の例文を読んだ上で、実際に問題を解いてみてください。

それでは、レッツ・チャレンジ!

【例文】
子ども時代の話である。
動物園に行ったとき、僕は動物そのものよりも、動物のうんこを眺めるほうが好きだった。
その中でも、今もしょっちゅう思い出すのは、ゾウのうんこである。
あれは、ただひたすらにでかかった、という記憶がある。
実際のところ、その大きさはどの程度のものだったのだろうか。
ふと気になって調べてみると、いろいろなことがわかってきた。

まず、ゾウは1日に100kgもうんこをする。
人間の場合、1日にするうんこの量は、せいぜい200gほど。
要するに、ゾウは人間の500倍のうんこをする、というわけだ。
ちなみに、僕の体重は60kgだから、なんと1.5倍以上の重さである。
“自分1.5人分のうんこ”。
想像してもらえばすぐにわかるが、これは実に大変な量だ。

ゾウのうんこは、なんとでかいのだろう。

【問題】
次の中から、本文の内容に最もふさわしいものを一つ選び、記号で答えなさい。

A ゾウが1日にするうんこの量は、人間の1.5倍である。
B ゾウのうんこの大きさを通じて、自然の偉大さを説いている。
C 人間のうんこは、ゾウに比べると非常に小さい。
D ゾウのうんこはとても大きい。

繰り返しになりますが、ポイントは“本文中に解答の根拠を求めること”です!
問題が解けたら、次項に進んでください。

読解問題の解き方

それでは、答え合わせに移りましょう!

まずAですが、これは明らかな間違いです。
「ゾウは人間の500倍のうんこをする」という記述が本文にあるため、すぐに誤りだと判断できます。1.5倍ではありません。

次にBですが、これについてはどうでしょう。
「自然の偉大さを説いている」とか言われると、何となくではありますが、そんな気もしてきませんか?

でも、この選択肢は間違いです。
なぜかというと、“自然の偉大さ”について、本文ではいっさい語られていないからです。
本文に書かれていない以上、根拠もへったくれもありません。
この“正解っぽいヤツ”は、常に選択肢の中に潜んでいるので注意です!

さて、残るは二つです。
Cについては、先述の通り「ゾウは人間の500倍のうんこをする」という記述があるため、内容としては間違いなく正しいでしょう。

また、Dについても、その記述が正しいのは明白です。
ゾウのうんこがいかに大きいかは、本文中で何度も実例を示されています。

では、一体どちらが正解なのでしょうか。
そのヒントは、問題文にある「本文の内容に最もふさわしいもの」という記述です。

そこで、改めて筆者の主張に着目してみましょう。
本文で繰り返し語られているのは、「ゾウのうんこがいかに大きいか」です。
よって、これこそがこの例文のメインテーマと言えましょう!

それに比べ、「人間のうんこの小ささ」はどうでしょうか。
人間のうんこはあくまでも、ゾウのうんこの大きさをわかりやすく表現するため、比較材料として取り上げられたにすぎません。

このように、比較を用いて筆者の主張を強調する表現手法を“対比”と呼びます。
“対比”は評論文においてしばしば用いられるテクニックなので、ぜひ覚えておきましょう!
要するに、人間のうんこは単なる引き立て役、というわけですね。

従って、正解はDです!

まとめ

試験本番で、先の例文ほど簡単な文章が出題されることはあり得ませんが、

“本文から解答の根拠を見つけ出すこと”

が必要であるという事実は変わりません。
実際の大学受験における評論文では、たとえば、

「昨今、少年犯罪の凶悪化が叫ばれているが、その認識は誤りである」

といった風に、より高度な内容が筆者の主張になります。
そして、それに合わせて文章や設問が複雑化し、解答の根拠が見つけにくくなるのです。

でも、やるべきことはいつだって同じです!

“本文から解答の根拠を見つけ出すこと”

それをよくよく意識して、実際の問題にチャレンジしてみましょう。
コツさえつかめば、短期間での成績UPも夢ではありません!

また、実践にあたって問題集や参考書を使いたい場合は、以下の記事を活用してください。

ぼくが考えた最強の参考書リスト:現代文編
大学受験の重要科目ランキング、第1位は文句なしに英語ですが、第2位は現代文です。 現代文は重要度が高いわりに成績の伸びには...

それでは、素晴らしき受験ライフを!!

【書いた人】

熊谷センセイ


予備校のない過疎地域から、早稲田大学政治経済学部に進学。「地域における受験情報の格差をなくすこと」、「勉強法の型と実践例をネットで広め、受験生が“自分ピッタリの学び方”を身につけられること」を目的に、本ブログの編集長を務める。大学受験生一人ひとりに最適な“勉強法のカスタマイズ”を行う、センセイプレイスのセンセイ。

報われない努力はもう終わりにしよう

成果を出す秘訣は『勉強のやり方』を
180度変えること!

  • ネットで調べた勉強法を試してみたけど、成績が上がらない
  • 人気の参考書を、オススメの使い方で勉強したのに、知識が定着しない
  • 同じ志望校の人の合格体験記を参考に勉強してみたけど、模試は“E”判定

実に多くの受験生が、このような状況に陥っています。
そして、他者を真似た勉強が上手くいかないのには、明確な理由があります。

受験生は皆、それぞれ志望校も違えば、学力も違うから

加えて、性格・環境・ライフスタイル・考える力――全てが違います。
だから、そうした「違い」を無視して誰かの勉強法を真似しても、自分にぴったりハマることはなく、成果にはつながりません。
成果の出る本物の勉強とは、自身の学力などの現状を客観的に把握した上で、

  • “ 志望校合格 ”というゴールから逆算して学習計画を立て
  • 「どんな教材を、いつまでに、どんな方法で」勉強するのか、具体的なアクションに落とし込み
  • 実際に行動して得た結果を材料に、より良い学習計画に改善していく

というサイクルを生み出すことです。そして、それを自らの意志で継続的に回し、磨いていくことが成功の鍵です。

センセイプレイスは、志望校合格から逆算した、戦略的な学習の進め方を指導。
「どの参考書がオススメか」ではなく、それを「いつ・どんな目的で・どう使うか」という『実践』の部分に最も注力。
専属のコーチマンツーマンで、1人ひとりに合った勉強のやり方を指導します。
皆それぞれ状況が違うのだから、100人100通りのやり方があって当たり前。
参考書に、また闇雲に手をつける…その前に、いま立ち止まって『勉強のやり方』を180度変える体験をしてみよう!

センセイプレイスは「勉強法をカスタマイズするオンラインコーチ」

  • 全国どこからでも受講可能
  • 受験相談、体験指導は完全無料&もちろん入会しなくてOK
  • 必要なのは「頑張りたいという気持ち」だけ

熊谷センセイ

熊谷センセイは 5 件の記事を投稿しました

予備校のない過疎地域から、早稲田大学政治経済学部に進学。「地域における受験情報の格差をなくすこと」、「勉強法の型と実践例をネットで広め、受験生が“自分ピッタリの学び方”を身につけられること」を目的に、本ブログの編集長を務める。大学受験生一人ひとりに最適な“勉強法のカスタマイズ”を行う、センセイプレイスのセンセイ。

コメントする

Your email address will not be published. Required fields are marked *