【現代文】生きる漢字・語彙力の特徴と使い方|語彙のバイブル!

生きる漢字・語彙力

けいたろうセンセイ
こんにちは、センセイプレイスのけいたろうです!

「生きる漢字・語彙力ってどんな参考書?」
「実際のところ、レベルやボリュームはどうなんだろう…」
「効果的な勉強法や、この参考書に向いている人が知りたいな」

こういった疑問にお答えします。

今回の内容
①『生きる漢字・語彙力』の特徴(構成、スペック、レベル、ボリューム)
②『生きる漢字・語彙力』をやる前に「取り組む目的」を考えよう
③『生きる漢字・語彙力』の効果的な勉強法
④一番大事なのは「自分の頭で考えること」です

「齟齬、屹立、所謂…」あなたは、これらの言葉を正確に読むことができますか?

現代文で点数をUPさせるためには、読解力(解答力)に加えて語彙力が必要になってきます。

たとえ読解力を身につけて文構造や流れを正確に把握することができるようになったとしても、その中に使われている語句の意味や読み方が分からないと問題を解くに至ることができません。

ですから、確固たる語彙力を身につけることが、合格への近道ともなるわけです。

この記事を書いている筆者は、語彙力を身につけることによって文章を理解することができるようになり、結果的に偏差値が10以上上がりました。

ということで今回は、そんな語彙力を身につけるのに必須な参考書を厳選して紹介していきたいと思います!

当記事を読むことで、『生きる漢字・語彙力』の特徴や効果的な使い方を知り、今後の勉強に活かしていくことができるでしょう。

これを読んで、受験生のあなたの手助けになれれば幸いです。では早速見ていきましょう!

※「現代文」の参考書が知りたい人はこちら

目次

『生きる漢字・語彙力』の特徴

『生きる漢字・語彙力』の特徴について、書いていきます。

『生きる漢字・語彙力』の構成

生きる漢字・語彙力

『生きる漢字・語彙力』のスペック

『生きる漢字・語彙力』は、現代文読解の上で必要となる語彙力をこれ1冊で身につけることができる参考書です。

大学入試の漢字対策を完全なものとしながら、日本語の語彙力を増強し、読解力・表現力の基礎を養成する目的で作られた参考書です。

引用:『生きる漢字・語彙力』

現代文の学習はついつい「読解」に目がいきがちですが、そんな読解を最大化するために、語彙力を強化するのは一手段として大切です。

基本的には1問1答的形式で、漢字の読み方や書きなどが赤文字で隠せるようになっている一般的な参考書と言えるでしょう。

『生きる漢字・語彙力』のレベル

『生きる漢字・語彙力』を習得すれば、センター〜早稲田〜東大レベルの問題に対応することができるでしょう。

取り組み始めるレベルに関しては、全くの初学者でも大丈夫です。初学者〜上級者まで幅広く使用することができる参考書とも言えるので、現代文が苦手な人にとってもうってつけの参考書と言えます。

『生きる漢字・語彙力』のボリューム

全7章

  • 第1章 最も試験に出る漢字200
  • 第2章 最も点差がつく漢字660
  • 第3章 最も間違い易い漢字640
  • 第4章 セットで覚える語300
  • 第5章 最も重要な四字熟語180
  • 第6章 最も重要な慣用句200
  • 第7章  センター試験の全漢字170

全2300語、271ページ。

『生きる漢字・語彙力』に取り組む理由を意識しよう

生きる漢字・語彙力
参考書というのは、取り組む人によってやる目的もやり方も変わってきます。

たとえば、『生きる漢字・語彙力』でいうと
・語彙力をあげるための1冊目として、『生きる漢字・語彙力』を使う人
・既に学習経験があり、自分が覚えきれていない部分を覚えるために、『生きる漢字・語彙力』を使う人
・既に学習経験があり、自分の実力を確認するために、『生きる漢字・語彙力』を使う人
がいます。

そして、それぞれの人がやる目的・やり方も違うのです。

ですので、
①自分がなぜ『生きる漢字・語彙力』をやるのか
②『生きる漢字・語彙力』をやる目的を果たすために、自分がどのようなやり方で勉強していくべきか

自分で考えたうえで、取り組んでいきましょう。

ネットに書いてある勉強法や、ほかの人のやり方を鵜呑みにして、そっくりそのまま真似したところで、成績は伸びませんよ!

『生きる漢字・語彙力』の具体的な勉強法

生きる漢字・語彙力
次に、『生きる漢字・語彙力』の具体的な勉強法について書いていきます。

語彙力をあげるための1冊目として、『生きる漢字・語彙力』を使う人

①キーワードとその意味を確認する

まずは、漢字や読みの確認と、意味の確認をしましょう。
イメージでいうと、英単語帳をする感じと同じです。

そのときに、意味・ポイント欄を見ながら進めていくとGOODです。

キーワードに関連させて覚えることで、より効率よく多くのことを覚えることができます。

②キーワードの解説やキーワードが使われている文章を読む

意味を確認したキーワードで、例文の意味を自分中に落とし込みましょう。

語彙は暗記することも大事ですが、どういった文脈でその語彙や漢字が使われるのか理解していなければ、それは本当の意味で覚えたとは言えないでしょう。ですから、そういった例文などを読むことでより理解が深まり定着していきます。

③数日後に復習テストをする

学習したキーワードの復習テストをしましょう。

復習テストで間違ったところ、わからなかったところは定着するまで徹底的に復習しましょう。

また、キーワードの意味は一言一句、『生きる漢字・語彙力』に載っている通りに覚えている必要はありません。
そのキーワードを自分の言葉で説明、また書くことができれば大丈夫です。

既に学習経験があり、自分が覚えきれていない部分を覚えるために、『生きる漢字・語彙力』を使う人

①今までの学習で抑えきれていない部分を確認する

今までの学習で抑えきれていない部分を全てのキーワードに目を通し確認しましょう。

わからないキーワードがあれば、意味を確認しましょう。

②今までの学習で抑えきれていないキーワードの解説・文章を読む

今までの学習で抑えきれていないキーワードのポイント解説や文章を読みましょう。

③わからないキーワードがなくなるまで復習する

①②を繰り返し、わからないキーワードがなくなるまで復習をしましょう。

既に学習経験があるが、自分の実力を確認するために、『生きる漢字・語彙力』を使う人

①全てのキーワードに目を通し今までの学習で覚えた語彙を確認する

まず、全てのキーワードに目を通し、今までの学習で覚えた語彙の確認をしましょう。

その際に、忘れてしまっている、あるいは完全に覚えているか少し不安なキーワードがあったら意味や解説を確認し定着させましょう。

②わからないキーワードがなくなるまで繰り返す

わからないキーワードがなくなるまで、意味の確認、解説を読む、復習を繰り返しましょう。

『生きる漢字・語彙力』をおすすめする人

生きる漢字・語彙力
ことばはちからダ! 現代文キーワードは、以下のような人におすすめです。

  • 現代文を読んでも正直よく理解できないという人
  • センター〜MARCH以上難関大学を目指す人

現代文を読んでも正直よく理解できないという人

「現代文を読んでも正直よく理解できない」「現代文が苦手だ」「漢字が苦手」、そんな方には本書がおすすめです。

『生きる漢字・語彙力』は、漢字を中心とした語彙力UPを目的とした参考書です。

そして、現代文学習においては、読解力や解答力を身につけるだけでは不十分であり、そもそもの文章の意味を捉えることができなければ点数をUPさせることはできません。ですから、本書のような参考書で語彙力を補完するのはおすすめと言えます。

センター〜早稲田以上難関大学を目指す人

『生きる漢字・語彙力』は難関大学の現代文で出てくるような難易度の高い語彙にも対応されています。
ですので、センター〜早稲田以上の大学を目指す人にオススメの参考書です。

この勉強法はあくまで一例!自分にあった勉強法を探そう!

生きる漢字・語彙力
この記事では、『生きる漢字・語彙力』の特徴と勉強法について紹介してきました。

しかし、この記事で紹介したことはあくまでも一例であり、『生きる漢字・語彙力』を絶対にやらなければいけないわけではないし、やり方も自分に適したやり方を見つけるのが最善です。

みなさんには、自分のことを理解した上で、自分に一番適している参考書を見つけ、自分なりのやり方をカスタマイズして取り組んで欲しいと思っています。

この記事がそのための参考になれば幸いです!