【現代文】漢字ゴロゴの使い方と特徴|入試漢字を制圧!

漢字ゴロゴ

さとしセンセイ
こんにちは、センセイプレイスのさとしです!

「漢字ゴロゴってどんな参考書?」
「実際のところ、レベルやボリュームはどうなんだろう…」
「効果的な勉強法や、この参考書に向いている人が知りたいな」

こういった疑問にお答えします。

今回の内容
①『漢字ゴロゴ』の特徴(構成、スペック、レベル、ボリューム)
②『漢字ゴロゴ』をやる前に「取り組む目的」を考えよう
③『漢字ゴロゴ』の効果的な勉強法
④一番大事なのは「自分の頭で考えること」です

現代文において、一番配点が高く重要とされているのは読解問題です。

しかし、だからと言って漢字や知識問題を軽視してはいけません。

できるようになるまで時間のかかる読解問題とは違い、漢字や知識問題は知っているだけで得点がもらえるお得な部分です。

そのため、漢字や知識問題で失点するのは非常にもったいないです。

そこで、今回紹介するのが「漢字ゴロゴ」。

この参考書は、入試で必要な漢字の知識を網羅しているので漢字対策はこの1冊でOK!

当記事を読むことで、『漢字ゴロゴ』の特徴や効果的な使い方を知り、今後の勉強に活かしていくことができるでしょう。

ぜひ、最後までお付き合いください!

※「現代文」の参考書が知りたい人はこちら

『漢字ゴロゴ』の特徴

『漢字ゴロゴ』の特徴について、書いていきます。

『漢字ゴロゴ』の構成

漢字ゴロゴ

『漢字ゴロゴ』のスペック

『漢字ゴロゴ』は、受験で必要な漢字の知識を網羅した参考書です。

ですので、現代文で少しでも失点を減らしたいという人や、漢字にはあまり自信がないという人に取り組んでいただきたい参考書です。

『漢字ゴロゴ』のレベル

『漢字ゴロゴ』は基礎〜

ですので、中学英文法やSVOCなどがわかるという人なら、とりあえず読み進めることができる参考書です。

しかし、すでに大学レベルの長文が読めているという人には、少し物足りない

『漢字ゴロゴ』のボリューム

問題数:約3000題

『漢字ゴロゴ』に取り組む理由を意識しよう

漢字ゴロゴ
参考書というのは、取り組む人によってやる目的もやり方も変わってきます。

たとえば、『漢字ゴロゴ』でいうと
・漢字学習の1冊目として、『漢字ゴロゴ』を使う人
・漢字の学習経験があり、『漢字ゴロゴ』を使う人
がいます。

そして、それぞれの人がやる目的・やり方も違うのです。

ですので、
①自分がなぜ『漢字ゴロゴ』をやるのか
②『漢字ゴロゴ』をやる目的を果たすために、自分がどのようなやり方で勉強していくべきか

自分で考えたうえで、取り組んでいきましょう。

ネットに書いてある勉強法や、ほかの人のやり方を鵜呑みにして、そっくりそのまま真似したところで、成績は伸びませんよ!

『漢字ゴロゴ』の具体的な勉強法

漢字ゴロゴ
次に、『漢字ゴロゴ』の具体的な勉強法について書いていきます。

漢字学習の1冊目として、『漢字ゴロゴ』を使う人/h3>

①問題を解く

まずは、問題を解いて行きましょう。

その際、1週間でどれくらいするか目安を決めておくと良いでしょう。

また、1周目は実際に書いて、書けるかを確認し書けないものは何回も書いて覚えることをオススメします。

②間違えたところ・わからなかったところをチェックする

問題を解き終えた後は、間違えたところ・わからなかったところをチェックしましょう。

答え合わせをする際にありがちなことが、ただ○か×だけをつけて終わらせてしまうことです。
これは、ただその時解けた問題がわかるだけで、全く実力がつきません。

答え合わせで大切なのは、解けなかった問題を次に解けるようにすることです。

そのため、自分はよくここを間違えてしまうなど間違える傾向を考えましょう。

そして、次に似た問題が出題されたときに必ず解けるように復習をしましょう。

③1週間後に復習テストをする

1週間経ったら復習テストをしましょう。

その際に、まだ定着していないところがあったら定着するまで徹底的に復習しましょう!

漢字の学習経験があり、『漢字ゴロゴ』を使う人

①問題を解く

まずは、問題を解いて行きましょう。
その際、とりあえず全体に目を通しわかるところは飛ばして行っていいでしょう。
少しでも無駄な時間を省略し、勉強の効率を上げて行きましょう!

また、1周目は実際に書いて、書けるかを確認し書けないものは何回も書いて覚えることをオススメします。

②間違えたところ・わからなかったところをチェックする

問題を解き終えた後は、間違えたところ・わからなかったところをチェックしましょう。

答え合わせをする際にありがちなことが、ただ○か×だけをつけて終わらせてしまうことです。
これは、ただその時解けた問題がわかるだけで、全く実力がつきません。

答え合わせで大切なのは、解けなかった問題を次に解けるようにすることです。

そのため、自分はよくここを間違えてしまうなど間違える傾向を考えましょう。

そして、次に似た問題が出題されたときに必ず解けるように復習をしましょう。

③1週間後に復習テストをする

1週間経ったら復習テストをしましょう。

その際に、まだ定着していないところがあったら定着するまで徹底的に復習しましょう!

『漢字ゴロゴ』をおすすめする人

漢字ゴロゴ
『漢字ゴロゴ』は以下の人にオススメです。
・有名な参考書を好む人
・赤シート学習が好きな人
・入試に漢字が出題される人

有名な参考書が好きな人

『漢字ゴロゴ』は、板野博行が著者の有名なゴロゴシリーズの中の1冊です。
ですので、有名な参考書が好きな人にオススメの参考書です。

赤シート学習が好きな人

『漢字ゴロゴ』は答えが赤文字になっており、赤シートで隠し学習ができるようになっています。
そのため、わざわざ机に座って勉強する必要がなく、隙間時間にも勉強することができます。
ですので、赤シート学習が好きな人にオススメの参考書です。

入試に漢字が出題される人

『漢字ゴロゴ』はこの参考書1冊で入試で出題される漢字問題にほぼ対応できるようになっています。
現代文において差がつくのはもちろん読解問題ですが、漢字などの知識問題はできて当たり前くらいに解ける必要があります。
そのため、入試に漢字が出題される人にオススメの参考書です。

この勉強法はあくまで一例!自分にあった勉強法を探そう!

漢字ゴロゴ
この記事では、『漢字ゴロゴ』の特徴と勉強法について紹介してきました。

しかし、この記事で紹介したことはあくまでも一例であり、『漢字ゴロゴ』を絶対にやらなければいけないわけではないです。また、やり方も自分に適したやり方を見つけるのが最善です。

みなさんには、自分のことを理解した上で、自分に一番適している参考書を見つけ、自分なりのやり方をカスタマイズして取り組んで欲しいと思っています。

この記事がそのための参考になれば幸いです!