【古文】古文上達基礎編の特徴と使い方|古文常識から文法・読解まで!

古文上達基礎編

さとしセンセイ
こんにちは、センセイプレイスのさとしです!

「古文の勉強をしたいんだけど、どの参考書を使えばいいのかわからない」
「古文上達基礎編を持っているけれど、いまいち勉強法がわからない」

と悩む受験生は多いのではないのでしょうか。

古文の読解は国語科目の中で得点源とも言える重要な分野。
そのため、古文の参考書選びがそのまま合格に影響してくるといっても過言ではありません。

そこで、この記事では、古文の問題集選びで悩んでいる受験生のために、『古文上達基礎編』について紹介していきます。

古文の問題数選びをするにあたって、ぜひ参考にしていただければと思います。

古文上達基礎編をやるべき理由を意識しよう!

古文上達基礎編
古文には単語や古文常識、文法、読解など多くの勉強すべき部分があります。
また、各分野にそれぞれ良い参考書があります。

しかし、良い参考書をやったからといって成績が上がるわけではありません。
というのは、勉強には適したタイミングというのが必ずあります。

古文でいうと、単語や文法を勉強する前に読解演習に取り組んでも、いい成果は期待できないわけです。

そのため、なぜこの参考書をやるのか自分にこの参考書はいま必要なのかを考えて取り組むようにしてください!

古文上達基礎編の難易度

難易度としては、基本〜標準レベルです。

最初は歴史的仮名遣いから始まるほどかんたんです。
そこから徐々に難易度が上がっていきセンター、中堅大レベルの問題まで掲載されています。

古文上達基礎編の構成

古文上達基礎編

古文上達基礎編の特徴

古文上達基礎編は①文法整理編
②問題演習編
③解答解説編に分かれています。

①文法整理編は、文法の練習問題と集中講義という文法のルールがコンパクトにまとめられたものがあります。そのため、一度古文法を勉強した人が勉強した部分の確認や復習などに使うのに最適です。

②問題演習編は、過去の入試で使用された文章を用い、問題は難易度にあわしてオリジナルで作られています。問題の中には、文章のタイトルを考えさせるものなど、古文に大切な話の筋をつかむ力を養うものもあります。そのため、バランスよく古文の実力がつくようになっています。

③解答解説編は、非常に解説が詳しく、理解を助ける工夫がなされています。
問題文が解説ページにも載せられていて、その文章に対応する形で横に現代語訳がされています。そのため、ここの現代語訳はどこだろうといった探す手間がなくなり、効率よく勉強することができます。

また、「読解へのアプローチ」という読解の手助けになるものがあります。
ここでは、主に古文の知識が載っています。ふつう1冊の参考書で古文常識と文法と問題演習をするというのは難しいものです。実際に、古文常識、古文法、読解演習全て独立した参考書は存在します。
しかし、この参考書では、文法や問題演習だけでなく、読解の中で必要な古文常識や、古文的考え方も身に付けることができます。

さらに、「あらすじ」という本文の概要のようなものがあります。
これでは、各文章ごとの内容が端的にまとめられています。
そのため、内容をかんたんに理解できるようになっています。

古文上達基礎編の具体的な勉強法

古文上達基礎編

①問題を解く

問題集は問題を解かないことには始まりません。まず問題を解いていきましょう。
その際に、出典や語句の注釈など与えられている情報を最大限に生かしましょう。
日頃からそういったことに気をつけて問題に取り組むことが本番での失点を減らすことにつながります!

②解説をよく読み、答え合わせをする

やった問題の答え合わせをしましょう。
答え合わせをする際にありがちなことが、ただ○か×だけをつけて終わらせてしまうことです。
これは、ただその時解けた問題がわかるだけで、全く実力がつきません。

答え合わせで大切なのは、解けなかった問題を次に解けるようにすることです。

そのため、間違った問題をなぜ自分は間違ったのかを解説をよく読み理解してください。
そして、次に似た問題が出題されたときに必ず解けるように復習をしましょう。

③問題文と現代語訳を照らし合わせ、わからなかったところ・間違えたところをチェックする

設問の答え合わせが終わったら、本文を一文ずつ解釈しましょう。
そのためにまず、わからなかった単語や文法をあぶり出します。
その後、解答解説編に載っている解説をよく読み、1つ1つ確認していきます。
この作業は少し面倒に思われるかもしれません。
しかし、こうした地道な作業が読解力を上げていくのです。
そのため、地味に思える作業でも怠らず、復習を積み重ねていきましょう!

④問題文を音読する

設問と本文の復習が終わったら、古文を古文のまま読むことを意識して音読しましょう。
古文を現代語訳を介せずに古文のまま読むということはとても大切なことです。
というのは、難関大学の古文になれば文の量が多くなる傾向にあるのです。そのため、自然と現代語訳している時間はなくなっていきます。
ですので、古文を古文のまま読めるように意識して音読していきましょう。

音読の回数は厳密に決める必要はありません。というのは、かんたんな文章を何十回も音読しても効果は薄いでしょうし、だからと言って難しい文章を1回音読するのもまたいい効果は期待しにくいでしょう。
つまり、重要なのは回数ではなく、その文章を古文のまま理解出来るようになったかです。
そのため、音読の回数にとらわれすぎないで、古文のまま理解できることを目標に音読しましょう!

古文上達基礎編をオススメする人

古文上達基礎編
古文上達基礎編は以下の人にオススメです!
・文法の勉強を終え、読解演習に取り組みたい人
・有名予備校の参考書を好む人

文法の勉強を終え、読解演習に取り組みたい人

古文上達基礎編はかんたんな問題から徐々に難しい問題になるように問題が掲載されています。
そのため、段階的に実力をつけることができます。
また、文法の問題も載っているため、文法の復習にも活用することができます。
そのため、文法の勉強を終え、読解演習に取り組みたい人にオススメの参考書です。

有名予備校の参考書を好む人

古文上達基礎編はZ会が出版しています。
また、Z会には良書が多く、この参考書もその1つです。
そのため、有名予備校の参考書を好む人にオススメの参考書です。

この記事はあくまで一例!自分にあった勉強法をさがそう!

古文上達基礎編
当記事では、古文の参考書である「古文上達基礎編」について紹介してきました。
古文上達基礎編は質が高く、参考書としてとてもいいものだと思います。

しかし、万人に適切な問題集ではありません。人によって合うあわないは必ずあります。

使い方に関しても、自分で考えて試してみて、自分に合った方法を見つけられたらそれが1番効率の良い勉強法になります!
みなさんが古文の参考書を決める際に、この記事を参考にしていただけたら嬉しいです。