ぼくが考えた最強の参考書リスト:英語編

この記事では、英語のおすすめ参考書をレベルごとにまとめています。
ここで紹介した参考書をきちんとこなしていけば、偏差値30から早慶上智レベルに到達できるはずです。

大学受験での最優先科目は間違いなく英語なので、念入りに対策していきたいところです。
なお、ここでリストアップした参考書は、早稲田を第一志望にしている受験生を想定して参考書をセレクトしたものですが、基本的にはどこの大学を目指していても応用可能です。
ぜひ頑張ってみてください。

【STEP1】中学英語を復習する 

まずは中学レベルの知識に漏れをなくすことから始めます。
ここがおろそかになっていると、後から伸び悩む可能性が高まってしまうので、特に偏差値が50以下の人はしっかり復習しましょう。

超基礎がため わかる!英文法 (STEP BY STEP)
【所要時間】15時間
【解説】本書のみで中学レベルの英語が復習可能。チュートリアルに最適。

【STEP2】単語力・熟語力を鍛える

英語力の基礎は、単語力で決まります。
気合いを入れて、短期間で終わらせたいところ。

システム英単語 (駿台受験シリーズ)
【所要時間】25時間
【解説】印象的な短いフレーズで重要英単語が暗記できる。4章は単語のレベルが高く、5章は多義語であるため、必要に応じて受験期直前に覚えよう。

速読英熟語
【所要時間】20時間
【解説】熟語力と英文読解力を同時に養成できる。音読による「直読直解」を意識しながら学習すれば、さらなる効率UPが見込める。

DUO 3.0
【所要時間】50時間
【解説】560の英文を通じて、英単語・熟語・構文を集中的に学習できる。短期間で英語力の急成長が見込めるため、逆転合格を志す受験生には必須のアイテム。

なお、単語帳の選び方・使い方に関しては、この記事も参考にしてみてください。

英単語帳の使い方効率よく単語を覚えて、英単語帳を1ヶ月で4冊終わらせる方法
というわけでどうも! うどん先生です! 今回の記事では、”英単語帳の使い方”について書いていきます。 かつて、うどん先生にも...

徹底比較!大学受験の英単語帳、どれが1番覚えられるのか!
ゲーマー先生はらと申します。 今回は、英単語帳の選び方についての話です。 正直、単語帳って数が多すぎて、なにを選んだらいい...

【STEP3】長文読解のための英文法を学ぶ

早稲田大学の英語では、あまり細かい文法問題の知識は問われないため、まずは長文読解のための英文法=英文解釈の力を付けましょう。

仲本の英文法倶楽部
【所要時間】15時間
【解説】英文法の基礎をアウトプットで確認したい場合に使用。時間がない場合は飛ばしても可。

 

基本はここだ!
【所要時間】20時間
【解説】英文読解の基礎となる、「1文を正確に和訳する力」が身につく。

基礎英文解釈の技術100
【所要時間】25時間
【解説】基礎英文構造の習得が目的。掲載されている100例文が、全て日本語同様に読めるようになればOK。

【STEP4】受験レベルの英文に慣れる

STEP3で解釈を学んだあとは、ひたすら長文を読み込んで実践を積んでいきましょう。

速読英単語必修編
【所要時間】30時間
【解説】受験レベルの英文に耐性をつけつつ、英単語の暗記が可能。

関正生の英語長文プラチナルール
【所要時間】20時間
【解説】やや難しめの英語長文を通じて、英文読解に必要なコツである“プラチナルール”を習得できる。解説も圧倒的に丁寧。

速読英単語2上級編[改訂第4版]
【所要時間】25時間
【解説】難関大レベルの英文に耐性をつけつつ、ハイレベルな英単語の暗記ができる。

【STEP5】読解の精度とスピードを上げる

ここまできたら、もう早稲田の合格は射程範囲。
あと一踏ん張り、がんばりましょう。

場合によっては、このSTEPを飛ばして過去問演習に入っても構いません。

ディスコースマーカー英文読解
【所要時間】30時間
【解説】英文読解の精度とスピードを向上させる一冊。素早く文脈を予測・把握しながら読解する力を鍛えることができる。

横山雅彦の英語長文がロジカルに読める本
【所要時間】30時間
【解説】時間に余裕があればぜひやってみよう。英語長文をロジカルに読み解いていくコツが習得でき、早慶上智など難関大レベルの英文に対しても、大幅な解答力アップが見込めます。ただし、かなりハイレベルな内容なのでやる場合は覚悟が必要。

横山雅彦の英語長文がロジカルに読める本 客観問題の解法編
【所要時間】30時間
【解説】ロジカルに読める本には、他にも記述問題の解法編もあるが、早稲田志望ならこちらの客観問題の解法編をやるのがおすすめ。

【STEP6】過去問を解く

早稲田の英語[第7版] (難関校過去問シリーズ)
【所要時間】-
【解説】-

senseiplaceは 10 件の記事を投稿しました

コメントする

Your email address will not be published. Required fields are marked *