ぼくが考えた最強の参考書リスト:日本史編

日本史のおすすめ参考書を、レベル別・ルート別にまとめていきました。最後までやれば、偏差値30からのスタートでも早慶上智レベルに到達できます。

具体的な勉強法は、この記事も参考になるでしょう。

2ヶ月でセンター日本史100点取った勉強法
こんにちは! だい先生です! 今回は、僕が11月半ばから日本史の勉強を始めて、 2ヶ月でセンタ−100点取った勉強法を伝え...

【STEP1】時代ごとの大まかな流れを把握する

金谷の日本史「なぜ」と「流れ」がわかる本【改訂版】
【所要時間】各15時間
【解説】全3冊の講義型参考書。日本史の因果関係、「なぜ」と「流れ」が詳細に説明されている。一問一答的な知識を身につける前の土台として欠かせない。

【STEP2】一問一答的な知識を、流れと関連づけて記憶する

スピードマスター日本史問題集―日本史B
【所要時間】30時間
【解説】基本用語を押さえるための一冊。30日完成と書いてあるが、徹底集中して数日で1周目を終わらせてしまい、その後何度も復習して記憶を血肉化させるのが吉。

【STEP3】問題演習

実力をつける日本史100題[改訂第3版]
【所要時間】50時間
【解説】時代別75題、テーマ史20題、論述5題を収録。日本史の流れと重要事項の体系的理解を促進できる。問題数が多いため、最初から完ぺきを目指さず、まずは1周目を終わらせる、という気持ちでチャレンジしよう。

日本史B一問一答【完全版】2nd edition (東進ブックス 大学受験 高速マスター)
【所要時間】40時間
【解説】これまで大まかに覚えてきた歴史の流れと用語を、より正確に身につけることが目的。上の日本史100題が「森」なら、こちらは「木」のイメージ。この2冊を1セットのつもりで往復すれば、流れと用語は完全に自分のものになる。

【STEP4】過去問を解く

早稲田の日本史[第5版] (難関校過去問シリーズ)
【所要時間】-
【解説】-

senseiplaceは 10 件の記事を投稿しました

コメントする

Your email address will not be published. Required fields are marked *