ぼくが考えた最強の参考書リスト:現代文編

大学受験の重要科目ランキング、第1位は文句なしに英語ですが、第2位は現代文です。

現代文は重要度が高いわりに成績の伸びには時間がかかりるので、後回しにしないようにしましょう。
この記事では、現代文のおすすめ参考書をレベル別・ステップ別にまとめていきました。最後まできちんとこなせれば、偏差値30からのスタートでも早慶上智レベルに到達できるようになっています。

現代文を舐めているとふつうに死ぬので、気をつけましょう。
しっかり対策しておくことをオススメします。

【STEP1】語彙力を鍛える

入試現代文では、小難しい言葉がわんさか出てきます。おそらく、意味がわからない言葉がたくさんあるはずです。現代文を普段使っている日本語だと思うのはやめて、英語を勉強するときのような気持ちで語彙強化に励みましょう。

「ことばはちからダ!」と「現代文キーワード読解」については、どちらか一方をやればOKです。自分に合っているものを選びましょう。

ことばはちからダ!現代文キーワード―入試現代文最重要キーワード20
【所要時間】10時間
【解説】評論文における頻出語句を丁寧に説明。

現代文キーワード読解
【所要時間】10時間
【解説】現代文頻出キーワード160語を、例文を通じて実践的に習得できます。

【STEP2】読解力を鍛える

田村のやさしく語る現代文―代々木ゼミ方式
【所要時間】15時間
【解説】使用目的は「問題を解く」ことではなく、「読み方を身につける」こと。現代文の”ルールブック”とでも評すべき内容です。

現代文読解力の開発講座 (駿台受験シリーズ)
【所要時間】40時間
【解説】引き続き「読み方を身につける」ために使用。文章構造と論理展開の正確な把握が目的。1題につき3~5時間程度かけるつもりで。

入試現代文へのアクセス 発展編
【所要時間】20時間
【解説】圧倒的に解説が詳しい。現代文に苦手意識がある場合、アウトプットを通じて実践的に読解力を鍛えるのも吉。時間がなければ飛ばしても可。

【STEP3】解答力を鍛える

以下のどちらかをやればOKです。自分に合っているものを選びましょう。

酒井の現代文ミラクルアイランド (評論篇)
【所要時間】40時間
【解説】受験本番を想定した「読む練習」と「解き方の習得」が目的。

現代文と格闘する
【所要時間】40時間
【解説】文章の要約をしたり、論理の流れをしっかり追っていくことで、たしかな国語力を身に着ける骨太の本です。

【STEP4】過去問を解く

センターの過去問
【所要時間】-
【解説】これまでやってきたことがしっかり身についていれば、評論で8割は取れるはずです。取れなかった人は、前段階の復習に戻りましょう。

早稲田の国語[第5版] (難関校過去問シリーズ)
【所要時間】-
【解説】-

senseiplaceは 10 件の記事を投稿しました

コメントする

Your email address will not be published. Required fields are marked *