MARCHにセンター利用で合格する勉強法|早慶W合格者が徹底解説

The following two tabs change content below.
さとしセンセイ

さとしセンセイ

慶應義塾大学経済学部2年。 体育会カヌー部所属。

MARCH センター

早稲田に逆転合格したい人へ
センセイプレイスブログは、一人ひとりに合った勉強法にカスタマイズする
オンラインコーチ予備校・センセイプレイスが運営している受験攻略メディアです。

【センセイプレイスで早稲田に逆転合格を果たした先輩の体験談はこちらから!】
高1・2生はこちら👇
>>
勉強時間0、偏差値40台の私が早稲田に逆転合格できた理由
高3生はこちら👇
>> ぼくが偏差値40台から半年で早稲田大学に逆転合格した話
浪人生はこちら👇
>> 浪人して早稲田に合格した先輩が語る「浪人生活の実態」とは

さとしセンセイ
こんにちは、センセイプレイスのさとしです!
「早慶を目指しているから、MARCHはセンター利用で合格したいな」
「センター利用とはいえ、早慶を目指していたらMARCHには合格できるんじゃないかな?」
「センター利用でMARCHに合格するにはどれくらいのレベルが必要なのかな?」

こういった疑問を抱えている受験生も多いのではないでしょうか。

ぼく自身も早慶を目指していて、MARCHをセンター利用で取るための方法をネットで探したりよくしていたので、気持ちは痛いほどわかります(笑)

そこで、今回はMARCHにセンター利用で合格する勉強法をご紹介します!

MARCHにセンター利用で合格するのはかんたんじゃない

MARCH センター
まずはじめに知っておいて欲しいのが、MARCHにセンター利用で合格することはかんたんなことではないということです。

MARCHにセンター利用で合格することは一般入試で合格するよりも難しいです。

多くの私立大学の場合、配点が科目によって大きく異なりどこで点数をかせぐということができます。

しかし、センター利用の場合は%(パーセンテージ)で合格点が区切られるため、全教科まんべんなく点数を取る必要があります。

そのため、どの教科も抜かりなく勉強しなければいけません。

ですので、MARCHにセンター利用で合格することはかんたんなこととは言えないでしょう。

MARCHにセンター利用で合格するために必要なレベル

MARCH センター
では、MARCHにセンター利用で合格するためにはどの程度のレベルが必要なのか。

一番難しい学部で、3教科で約90%、真ん中あたりの学部でも85%は必要になります。

3教科の合計でこれだけの点数を取るのはかんたんなことではありませんよね。

英語・国語であれば20点、社会科目であれば10点しか落とせないのです。

MARCHのセンター利用は難関国公立大学を志望している人や、早慶志望者が多く合格をとっていくイメージですよね。

さとしセンセイ
しかし、東大を目指していたぼくの友人はMARCHのセンター利用で合格できなかったといっていました。

東大を目指していた人でさえMARCHのセンター利用に失敗することもあるのです。

このように、MARCHにセンター利用で合格するために必要なレベルはかなり高いということがわかっていただけたかと思います。

MARCHにセンター利用で合格するためにすべき3つのこと

MARCH センター
MARCHにセンター利用で合格するためにすべき3つのことをご紹介します。

センター試験の過去問を解いて、分析する

まず、センター試験の過去問を解いて、分析をしましょう!

センター利用で合格するためには、まずはセンター試験をよく知る必要があります。

そのために過去問を解いて、問題の傾向や解答のコツを探しましょう。

第1志望の対策などで、時間が取られると思う人もいるかもしれません。

しかし、センター試験は基礎レベル。

センター試験対策をすることで、ほかの志望校にも活きてくる「基礎力」をつけていくことができるのです。

ですので、センター試験の過去問を解くことは、ほかの試験にも必ず活きてきます。

また、問題の傾向や解答のコツを知ることで得点はグッと上がります。

ですので、まずはセンター試験の過去問を解いて、分析することでセンター試験をよく知りましょう!

参考書を用いて、基礎を固める

過去問を解いて分析するだけでは限界があります。

ですので、参考書を用いて基礎を固めていきましょう。

参考書を活用する際に、センター試験の過去問の分析を通じてわかった自分の得意・不得意を意識して学習することで、効率よく自分の点数を伸ばしていくことができます。

参考書を解くことでそもそもの学力をあげることができ、いろんな問題に触れることができます。

そうすると、対応できる問題も増えていき得点を伸ばしていくことができます。

そのため、参考書を用いて、基礎を固めてきましょう!

過去問を5-10年分解いて、自分の苦手を潰していく

最後に、過去問を5-10年分解いて、自分の苦手を潰していきましょう!

参考書を通じて基礎を完璧にしたつもりでも、必ず穴は見つかるものです。

そういった普段の勉強では気づかない穴を、センター試験の過去問を通じて見つけて潰していきましょう。

得点を伸ばすために一番かんたんな方法は苦手を潰していくことです。

例えば、得意な科目を80点から90点に伸ばすのと、苦手な科目を50点から60点にするのとでは圧倒的に苦手科目を伸ばす方が楽です。

なぜなら、得意な科目はすでに伸びきっているところが大半であり、ほかに伸ばしていける部分を見つけるのが難しいからです。

一方で、苦手科目に関してはまだまだ伸びしろが豊富なので、得意科目より成績を伸ばしていくことが容易にできます。

ですので過去問を5-10年分解いて苦手だなと思うところがあれば、徹底的に潰していきましょう!

MARCHにセンター利用で合格するのはどんな受験生か

MARCH センター
MARCHにセンター利用で合格する受験生はどんな人なのかご紹介します。

自分の弱点を理解して克服することができる人

自分の弱点を克服することができる人は、MARCHにセンター利用で合格する可能性が高いです。

自分の弱点を知らずしていい得点を取ることは難しいですし、弱点に向き合わなければ伸びることもできません。

ですので、自分の弱点を理解し、克服するようにしましょう!

ミスを少なくすることができた人

ミスを少なくすることも大切です。

センター試験は基礎レベルの試験。

みんな高得点を取ってくるため、点数を稼いで差をつけるというよりも、いかに取るべき問題でミスをしないかという視点が大切になってくるからです。

また、センター試験は全てマーク式です。

そのため、マークミスなどで失点してしまうことが少なからずあります。

わかっているのにマークミスで失点してしまうことほどもったいないことはありません。

ですので、最後まで見直しをして一つでもミスを少なくできるようにしましょう!

基礎だとあなどらずに、コツコツ真面目に努力する人

基礎だとあなどらずに、コツコツまじめに努力することも大切です。

センター試験は日々の積み重ねが点数に出ます。

そのため、日々の勉強の継続が重要です。

基礎は簡単なものという意味ではありません。

その科目を勉強するときに、必ず必要になってくる知識のことが「基礎」なのです。

ですので、「基礎」だからといって決してあなどることはできません。

基礎だとあなどらずに、コツコツまじめに努力をしましょう!

偏差値40台、勉強時間0の私が”早稲田に逆転合格”できた理由

通っていた高校は“自称“進学校。

ましてや、東京の大学を目指す人なんてほとんどいない環境。勉強時間は0偏差値は40台前半大半の授業は寝ていました。

「どうせ早稲田はなんて受からない」、そんな気持ちの中、早稲田への逆転合格を掴み取った彼らの体験記はこちらです。

成績をあげるカギはたった1つ。
勉強法。それだけです。

  • 同じ志望校の人の合格体験記を参考に勉強してみたけど、模試は“E”判定
  • 人気の参考書を、オススメの使い方で勉強したのに、知識が定着しない
  • 志望校に向けて何からはじめたらいいかわからない
実に多くの受験生が、このような状況に陥っています。
そして、他者を真似た勉強が上手くいかないのには、明確な理由があります。

受験生は皆、それぞれ志望校も違えば、学力も違うから

加えて、性格・環境・ライフスタイル・考える力――全てが違います。
だから、そうした「違い」を無視して誰かの勉強法を真似しても、自分にぴったりハマることはなく、成果にはつながりません。
成果の出る本物の勉強とは、自身の学力などの現状を客観的に把握した上で、


  • “ 志望校合格 ”というゴールから逆算して学習計画を立て
  • 「どんな教材を、いつまでに、どんな方法で」勉強するのか、具体的なアクションに落とし込み
  • 実際に行動して得た結果を材料に、より良い学習計画に改善していく

というサイクルを生み出すことです。そして、それを自らの意志で継続的に回し、磨いていくことが成功の鍵です。

センセイプレイスは、志望校合格から逆算した、戦略的な学習の進め方を指導。
「どの参考書がオススメか」ではなく、それを「いつ・どんな目的で・どう使うか」という『実践』の部分に最も注力。
専属のコーチマンツーマンで、1人ひとりに合った勉強のやり方を指導します。
皆それぞれ状況が違うのだから、100人100通りのやり方があって当たり前。
参考書に、また闇雲に手をつける…その前に、いま立ち止まって『勉強のやり方』を180度変える体験をしてみよう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUT US

さとしセンセイ
慶應義塾大学経済学部2年。 体育会カヌー部所属。