浪人生が不安に思う原因と対処法を徹底解説します【焦りは禁物】

The following two tabs change content below.
高橋センセイ

高橋センセイ

早稲田大学法学部4年。参考書知識と勉強法を自分に落とし込んで独学し、偏差値40台から1年で早稲田4学部に現役合格した。その経験から、受験生が「自分の力でやること」を応援するために、センセイプレイスにセンセイ・ブログリーダーとしてかかわっている。小学生時代にサッカーで全国大会出場・高校からはハンドボールをはじめ、大学時代はコーチを務めていた。
早稲田に逆転合格したい人へ
センセイプレイスブログは、一人ひとりに合った勉強法にカスタマイズする
オンラインコーチ予備校・センセイプレイスが運営している受験攻略メディアです。

【センセイプレイスで早稲田に逆転合格を果たした先輩の体験談はこちらから!】
高1・2生はこちら👇
>>
勉強時間0、偏差値40台の私が早稲田に逆転合格できた理由
高3生はこちら👇
>> ぼくが偏差値40台から半年で早稲田大学に逆転合格した話
浪人生はこちら👇
>> 浪人して早稲田に合格した先輩が語る「浪人生活の実態」とは

浪人 不安
さとしセンセイ
こんにちは、センセイプレイスのさとしです!
「浪人生なんだけど、本当に合格できるかどうか不安で押しつぶされそう……」
「浪人すること自体が不安……」

こういった悩みにお答えします。

浪人を決意したときは「もう1年あれば!」と思いつつも、実際のところ、不安は尽きないものですよね。

そこで今回は、浪人生が不安になる原因とその対処法について、徹底的に解説していきたいと思います!

それでは、行きましょう!

なぜ、浪人生は不安になるのか?

浪人 不安
まずは、浪人生が不安になる原因を3つ紹介していきたいと思います。

①浪人したからといって、成績があがるとは限らないから

浪人生が不安に思う原因の1つとして、浪人したからといって、成績が上がるとは限らないことがあげられます。

浪人生は現役時にも多かれ少なかれ、勉強はしていると思います。

しかし、その結果、現役時は合格することができなかったんですよね。

そのため、もう1年浪人して勉強しても良い結果が出るか不安になるのは、ごく普通のことです!

事実として、浪人で良い結果を出すことができる人は1割と言われています。

そのくらい、浪人して勉強したからといって、結果が必ずでて成績が上がるとは限らないのです。

ですので、浪人したからといって、成績が上がるとは限らないという不安があるのは当然のことなのです。

②自分の理想を高く掲げすぎて、現実とのギャップに苦しむから

自分の理想を高く掲げすぎて現実とのギャップに苦しむことも、浪人生が不安になる理由の1つです。

浪人生に限ったことではなく、もちろん高い目標・計画を掲げることはいいことです。

しかし、実現できる可能性が低いような高すぎる目標・計画では意味がありません!

今までを振り返ってみて、高すぎる目標を掲げてしまった結果、目標を達成できなかったという経験はありませんか?

誰しも1つくらいはあると思います。

そして、達成できなかった時に、自分はこんなことできるはずないのに高すぎる目標を立ててしまったと、残念な気持ちになったと思います。

勉強においても、浪人して目標・計画が実現できなかった際に、現実とのギャップを感じて自己嫌悪におちいってしまい、結局苦しむのは自分なのです。

ですので、自分の理想を必要以上に高く掲げすぎないようにしましょう!

③そもそも、不安はなくならないから

そもそも不安がなくならないことも、浪人生が不安になる理由の1つです。

浪人生の不安は、いくら無くそうとしても無くなりません。

不安を無くそうと焦ると、さらに不安は大きくなってしまいます。

「勉強法はあっているのかな?」
「勉強量は足りているかな?」
「来年ちゃんと合格できるかな?」
などなど、不安になるものは数えだしたらキリがありません!

受験生は、誰しもが不安を抱えながら勉強しているのです。

ですので、無理に「不安を無くそう!」と考えるのではなくて、「そもそも不安はなくならないものだ」と考え勉強しましょう!

浪人生におすすめ!不安を軽減するための考え方

浪人 不安
まずは、浪人生が不安を軽減するための方法を3つ紹介していきたいと思います。

①まずは結果ではなく、その日やったことに注目しよう!

浪人生は不安を軽減するために、まずは結果ではなくその日やったことに注目しましょう!

結果はタイミングによって変わるため、コントロールすることはできません。

そのため、結果ばかり気にしていると不安は増えていくばかりです。

しかし、結果とは反対に、自分で何をどのくらい・どのようにやるかはコントロールできます。

コントロールできるものに注目していれば、不安は軽減されていきます。

プロセスに注目して勉強を行うことで、不安が軽減されるわけです。

ですので、まずは結果ではなく、その日やったことに注目するようにしましょう!

②常に自分の現状を認識して、目標・計画を立てるようにしよう!

常に自分の現状を認識して、目標・計画を立てるようにしましょう!

目標を立てる際には、常に自分に合った現実的なレベルの目標を立てることが大切です。

自分のレベルを考えないでただ高い目標を決めてしまっては、達成できずに終わったときに自分が悲しくなってしまいます。

ですので、常に自分の現状を認識して目標・計画を立てるようにしましょう!

③不安をなくそうと焦らない!

不安が尽きない浪人生は、不安をなくそうと焦らないようにしましょう!

不安は軽減することはできても、なくすことはできません。

無理に不安をなくそうとすると、かえって焦ってしまうのです。

大事なのは、自分が不安になっている状況を冷静に受け止めて、そこからどのように不安を軽減して行くか考えることです。

ですので、不安をなくそうと焦らないようにしましょう!

自分に合った不安を軽減する方法を考えてみよう!

最後に、一番たいせつなことをお伝えしようと思います。

ここまで、浪人生が不安に思う原因とその対処法について書いてきました。

しかし一番大切なのは、上記に書いてある方法にとらわれずに、自分に引きつけて考えるということです。

「自分が浪人したのに成績が上がらないと不安に思っていたとき」
「自分が浪人したからと言って、無理な目標を立てて自己嫌悪に陥ったとき」
「自分が不安をなくそうと思えば思うほど、不安がなくならなくて焦ったとき」

その経験を思い出しながら、上記の方法を参考にしてみてください。

1人1人状況が違うため、言葉の受け取り方や解釈は変わってきます。

上記の情報をただうのみにするのではなく、自分に合った方法で取り入れていってほしいと思います。

それでは!

偏差値40台、勉強時間0の私が”早稲田に逆転合格”できた理由

通っていた高校は“自称“進学校。

ましてや、東京の大学を目指す人なんてほとんどいない環境。勉強時間は0偏差値は40台前半大半の授業は寝ていました。

「どうせ早稲田はなんて受からない」、そんな気持ちの中、早稲田への逆転合格を掴み取った彼らの体験記はこちらです。