【現代文】入試現代文へのアクセス 基本編の特徴と使い方|現代文学習の入門書!


たかはしセンセイ
こんにちは、センセイプレイスのたかはしです!

「入試現代文へのアクセス 基本編ってどんな参考書?」
「実際のところ、レベルやボリュームはどうなんだろう…」
「効果的な勉強法や、この参考書に向いている人が知りたいな」

こういった疑問にお答えします。

今回の内容
①『入試現代文へのアクセス 基本編』の特徴(構成、スペック、レベル、ボリューム)
②『入試現代文へのアクセス 基本編』をやる前に「取り組む目的」を考えよう
③『入試現代文へのアクセス 基本編』の効果的な勉強法
④一番大事なのは「自分の頭で考えること」です

ぼく自身も現代文学習に苦戦し、参考書や勉強法を調べまくっていた時期がありました。

しかし、自分で考えまくって現代文の勉強法を確立させた結果、現代文の成績を爆上げすることができました。

当記事を読むことで、『入試現代文へのアクセス 基本編』の特徴や効果的な使い方を知り、今後の勉強に活かしていくことができるでしょう。

ぜひ、最後までお付き合いください!

※「現代文」の参考書が知りたい人はこちら

『入試現代文へのアクセス 基本編』に取り組む理由を意識しよう


参考書というのは、取り組む人によってやる目的もやり方も変わってきます。

たとえば、『入試現代文へのアクセス 基本編』でいうと
・現代文の問題演習をしたいがために、『入試現代文へのアクセス 基本編』を使う人
がいます。

そして、それぞれの人がやる目的・やり方も違うのです。

ですので、
①自分がなぜ『入試現代文へのアクセス 基本編』をやるのか
②『入試現代文へのアクセス 基本編』をやる目的を果たすために、自分がどのようなやり方で勉強していくべきか

自分で考えたうえで、取り組んでいきましょう。

ネットに書いてある勉強法や、ほかの人のやり方を鵜呑みにして、そっくりそのまま真似したところで、成績は伸びませんよ!

入試現代文へのアクセス 基本編をやり遂げれば、センターレベルの読解力が身につく!

国公立大学志望者にとっての1次試験であり、私立大学志望者もセンター利用受験などのために受験するセンター試験。大学受験と言えばセンター試験!といっても過言ではないほどにセンター試験は注目されていて、「まずはセンター試験で高得点を目指そう」という目標をたてる人も多いのではないでしょうか。

入試現代文へのアクセス 基本編はそんなセンター試験レベルの長文読解力を身につけるのに最適です。
しかも、入試現代文へのアクセス 基本編はセンター試験レベルなのにもかかわらず記述問題が豊富なので、選択肢に頼らずに問題を解くことができる本物の読解力を身につけることができます。

センター試験レベルの読解力を身につけるにはまさにうってつけの1冊と言えるでしょう。

入試現代文へのアクセス 基本編の構成(問題数、デザイン構成)



入試現代文へのアクセス 基本編はほかの現代文の参考書とくらべて、文章自体の解説がとても豊富な参考書だといえます。

問題と解答・解説が別冊になっていて、解答・解説もかなり詳しいものになっています。

入試現代文へのアクセス 基本編のボリューム

16題(例題4題+基本6題+応用6題)

入試現代文へのアクセス 基本編の具体的な勉強法


次に、入試現代文へのアクセス 基本編の具体的な勉強法を紹介します。

問題を解く

入試現代文へのアクセス 基本編は純粋な問題集なので、問題を解かないことには何もはじまりません。
なので、まずは問題を解きましょう。

解説を読んで、解答の導き方を確認

問題が解き終わったら、解答・解説を読みましょう。

問題集を解いているときに一番多いのですが、解答を見て〇か×かを見て終わりにしてしまう人がいます。それでは、読解力が身につきません。問題を解き終わったあとの復習が読解力に結びつくのです。

ですので、問題が解き終わって、丸つけをしたらしっかり解説を読み込むようにしてください。
具体的になにをすればいいかというと、

1.なぜその問題を間違ってしまったのか、課題を分析
2.分析した課題をどのようにしたら解決できるかどうかを考える

という感じで勉強していくといいでしょう。
問題を解けたか解けなかったで一喜一憂するのではなく、なぜその問題を間違えてしまったかの原因分析をして、その原因を解決しないことには、いつまで経っても同じような問題を解けるようにはなりません。

ですので、問題を解いて、解答見て丸つけをしたら、解けなかった問題を理由を説明しながら解けるようになるまで、復習を徹底してください。

語句の意味を確認する

現代文の勉強をしていて、読めない文章に出会うことがあると思います。
読めない場合のパターンは大きくわけて2種類あり、1つが語彙の不足・もう1つが読解方法のずれです。

ですので、まずはわからない語彙があるかどうかを確認しましょう。現代文はほかの科目と違って、決まった単語帳をやりきるみたいなことがあまりないので、文章で出会った語彙に関しては、ノートなりにまとめておぼえてしまいましょう。

本文の解説を読み、自分の読解方法とのずれを確認する

次に、本文の解説を読んで、自分の読解方法とのずれを確認しましょう。

現代文は、いかに文章の構造を読み取って読解するかが重要になってきます。入試現代文へのアクセス 基本編は文章構造の解説がわかりやすく書いてあるので、自分がどこで文章構造の読み取りで間違ってしまったのかというところを復習することができます。

ですので、入試現代文へのアクセス 基本編に取り組む際には、文章構造をどうやったら読み取れるのかというところを意識しつつ、本文の解説を読み込んで、自分の読解法と正しい読解法の間にあるずれを確認しましょう。

入試現代文へのアクセス 基本編をおすすめする人


入試現代文へのアクセス 基本編は以下の人におすすめです。

  • 現代文の勉強をしたことがなく、勉強法がわからない人
  • 現代文がとにかく苦手だという人
  • 現代文の読解法を基礎から勉強したい人

現代文の勉強をしたことがなく、勉強法がわからない人

現代文の勉強をしたことがなくて、勉強法がわからないという人には、入試現代文へのアクセス 基本編がおすすめです。
語句解説・本文の解説・問題の解説のすべてに穴がないので、語彙力・文章読解力・解答力を同時に身につけることができます。

現代文の勉強をしているけれど、とにかく苦手だという人

現代文の勉強をしているけれど、現代文がとにかく苦手だという人には入試現代文へのアクセス 基本編がおすすめです。
語彙力・文章読解力・解答力を基礎から身につけることができるので、とにかく苦手だという人が現代文に抱えているイメージを根底から変えることができると言えます。

現代文の読解法を基礎から勉強したい人

現代文がなんとなく読めるけど、読解法を基礎から勉強したい人には入試現代文へのアクセス 基本編がおすすめです。
文章解説がとにかく豊富なので、正しい読解方法を身につけることができます。

この記事はあくまで一例!自分にあった勉強法を探そう!


当記事では、現代文の参考書である「入試現代文へのアクセス 基本編」について紹介してきました。

入試現代文へのアクセス 基本編は質が高く、現代文の参考書としてとてもいいものだと思います。
しかし、万人に適切な現代文の参考書ではありません。人によって合うあわないは必ずあります。

使い方に関しても、自分で考えて試してみて、自分に合った方法を見つけられたらそれが1番効率の良い勉強法になります!

みなさんが現代文の参考書を決める際に、この記事を参考にしていただけたら嬉しいです。