【数学】文系の数学 重要事項完全習得編の特徴と使い方|本気で基礎固め!

新垣センセイ
こんにちは、センセイプレイスの新垣です!

この記事を読んでくださる方々の中には、「数学の受験勉強を始めたいけど、どんな参考書がいいのかわからない…」、「周りの人におすすめされた参考書があるけど使い方がわからない…」など、様々に悩んでいるかたが多くいると思います。

僕は5月から数学の受験勉強を始めたのですが、4月の半ばから終わりにかけて、数学の参考書選びに悩んでいました。

当記事では、ぼくと同じように参考書選びに悩んでいる人の参考になるように数学の参考書『文系の数学 重要事項完全習得編』の概要、やり方まで紹介していきます!

文系の数学 重要事項完全習得編をやるべき理由を意識しよう


みなさんの中には、ただ誰かに言われるままに参考書を解いたり、自分に合っているかもよくわからない勉強法を実行したりして不安になっている人はいませんか?

ぼくは、今受験生の後輩からよく受験の相談を受けるのですが、「生真面目な友達はこういう風にやっていたけど、面倒くさがりな友達はこういう風にやっていたよ」など、たくさんの情報を与えた上で、自分に1番合っている方法を選ぶように促しています。

なぜかというと、自分で考えて実践したことの方がモチベーションの向上にも繋がるし、自分のことを1番よく知っているのは自分なので、そのほうがより自分に適した勉強法ができると思っているからです。
そのために、自分のことを素直に見つめ直して見てください。そうすれば、自分のことが今以上によくわかると思います。

みなさんには『文系の数学 重要事項完全習得編』に取り組む前に、自分が何のために文系の数学 重要事項完全習得編をやるのかを考えてから取り組んで欲しいと思っています!
 

文系の数学 重要事項完全習得編をやり遂げれば、数学の土台を固めることができる!

文系の数学 重要事項完全習得編は、教科書標準レベル〜大学入試における典型的な基本問題が対応可能レベルとなっています。

感覚としては、難関私立や中堅国公立に挑戦して行くために必要なレベルだと思います。

この参考書に載っていることは、数学を受験で使うならば必ずと言っても良いほどに重要な事柄です。
数学は、自分の最低限の基礎知識に経験やひらめきを結びつけて解くのが普通なので、そうするための基礎知識が必要になってきます。

この参考書をやることによって基礎の知識を叩き込んでからどんどん演習に取り組めば、より楽に問題が解けるようになると思います!

ただし、この参考書に掲載されている問題を解けるようになれば全ての問題が解けるようになる訳ではないので、この参考書をマスターした後に自分の苦手そうな単元を見つけて穴埋めをするようにつとめていって欲しいです!
 

文系の数学 重要事項完全習得編の構成


文系の数学 重要事項完全習得編には、数学1A、2Bの両方が掲載されています。

152個の単元を例題と共に紹介している「問題編」
120問の「演習問題」

この2つによって成り立っていて、「問題編」は単元ごとに「問題」「解答」「解説講義」「文系数学の必勝ポイント」の」4つによって構成されています。

文系の数学 重要事項完全習得編の特徴

文系の数学 重要事項完全習得編は、問題編の例題では比較的解きやすい問題が掲載されていますが、演習問題では標準問題まで取り扱っているので少し難しい問題もあります。
しかし、問題編で習得したことを生かせば取り組みやすいような問題になっているので、例題の復習に重点を置いて問題に取り組むようにして欲しいです。

また、「解説講義」では、直接的な問題の解説だけでなく、その単元の問題を解く上で知っておくといいことなども書かれているので、しっかり読んでおくことをおすすめします。

文系の数学 重要事項完全習得編の具体的な勉強法

これから数学の基礎を習得しようと思っている人向けの勉強法

①例題を解く

例題を解けば、その単元を解けるようになるために何が求められているのかなどがだいたいわかるので、まずは例題を解いてください。

それで解くことができた問題はもちろんそれで良いのですが、もし間違えてしまった問題があった場合はしっかりと解説を読んで理解に務めるようにしてください!

数学でははじめの知識はインプット勝負です。
もちろん難しい問題を解けるように訓練することも重要ですが、基礎レベルの問題では、問題を見た瞬間に答えが頭に浮かぶくらいにならなければ、上位校ではあまり勝負できないということも多いです。

そのため、手が覚えるまで何回でも解いてください!

何も見ずに解けるようになったら次の単元に行って同じことを繰り返して、文系の数学 重要事項完全習得編に載っている全ての単元が解けるようになることを目標にして取り組んで見てください!

②「解説講義」「文系数学の必勝ポイント」を読む

ぼくは、この参考書の中で一番いいところが「解説講義」「文系数学の必勝ポイント」だと思っています。

丁寧に単元の解説をしてくれているので、まずは1度例題を解いてから読んでみてください!
理解できたら、例題に戻るなり演習に進むなりして次に進んでください。

もしくは、先に読んでしまってから例題を解けば時間の効率化をはかることができるかもしれませんね!

③演習問題を解く

最後は演習問題です。
演習問題に行き着くまでの過程で身につけた知識を使って解いてみてください。
演習問題では、これまでの知識を使っても解けない問題もあるかもしれませんが、演習問題なので気にしないでください。

演習問題も、例題と同じように解説をよく読んで知識として取り込めるまで解くようにするのがいいと思います!

数学の基礎が1通り終わっていて、復習として取り組もうと思っている人向けの勉強法

①演習問題を解く

数学の基礎が1通り終わった人は、時間の効率化をはかるために演習問題から解いてしまってもいいと思います。
そして、演習問題が解き終わった時点で自分が苦手だとわかった範囲を埋め合わせるようにしてください!

しつこいようですが、数学で大事なのは復習です。
とにかく復習して復習して復習しまくってください!

②間違えた単元の「解説講義」「文系数学の必勝ポイント」を読み、解き直す

先ほども言いましたが、「解説講義」「文系数学の必勝ポイント」は、復習するにはとても便利なのでぜひ読んでから次の単元に進んで欲しいです。

また、仮にわからなかった問題があったとしても、その単元の「解説講義」「文系数学の必勝ポイント」を読むことで、その単元の問題が解きやすくなると思います!

解説を読んで何度も解き直すことが大事なので、とにかくそれを意識して取り組むようにしてください。

 

文系の数学 重要事項完全習得編をおすすめする人

これから数学の受験勉強をはじめようと思っている人

文系の数学 重要事項完全習得編ではほとんど全ての単元を網羅しているので、これから基礎を固めて行く人1度学校で習った単元の中で自分の苦手な分野を発見して苦手を減らしていこうと思っている人にはおすすめの参考書です!

はじめのうちはインプットを重点に置いて解くようにしてください!

言葉による説明が好きな人

先ほども言いましたが、文系の数学 重要事項完全習得編の例題の後にある「解説講義」にはその単元に置いて覚えておくべきことが言葉によって説明されているので、ただ問題解き方が計算によって記されているのではなくて、言葉による説明が欲しいという人にはおすすめです!

有名予備校の参考書だということに安心感を覚える人

文系の数学 重要事項完全習得編は河合塾シリーズの参考書なので、参考書に安心感を求める人にはおすすめです。
実際ぼくも受験生の時は河合塾の参考書を何冊か使っていたので、安心できる気持ちはよくわかります!(笑)
 

この記事はあくまで一例!自分にあった勉強法を探そう!


当記事では、文系数学の参考書『文系の数学 重要事項完全習得編』の概要、および取り組み方について紹介してきました。

しかし、当記事で紹介したことはあくまでも1例であり、文系の数学 重要事項完全習得編を絶対にやらなければいけないわけではないし、やり方も自分に適したやり方を見つけるのが最善です。

みなさんには、自分のことを理解した上で、自分に一番適している参考書を見つけ、自分なりのやり方をカスタマイズして取り組んで欲しいと思っています。

この記事がそのためのお手伝いとなれたら嬉しいです!