【日本史】早慶だろうがビビらない!実力をつける日本史100題


たかはしセンセイ
こんにちは、センセイプレイスのたかはしです!

「日本史の勉強をしたいが、どの参考書を使えばいいのか分からない」
「早慶の日本史が解けるようになりたいんだけど、何をすればいいかわからない」

と悩む受験生は多いのではないでしょうか。

日本史の勉強って、基本的には暗記だけなので簡単だと思われがちなのですが、実際は知識をつけただけでは解けないような問題が山ほどあります。

ですので、知識をインプットした後の問題演習が日本史の点数に大きくかかわってくるのです。

そこで、この記事では、早慶でも対応できる日本史の力を身につけるのにぴったりな問題集である『実力をつける日本史100題』について紹介していきます。

日本史の問題集選びをするにあたって、ぜひ参考にしていただければと思います。

実力をつける日本史100題の構成

実力をつける日本史100題の特徴

実力をつける日本史100題の特徴は、難易度とカバー力です。

実力をつける日本史100題の難易度は早慶を十分に狙えるレベルです。
ですので、難関大を受験する人にうってつけの参考書であると言えます。

もう1つ特徴をあげるとすると、通史はもちろんのこと、早慶でよく出題されるテーマ史対策もばっちりできるという点があります。

テーマ史とは、全部の時代にまたがる政治の話や経済の話をまとめて聞かれる問題のことです。

テーマ史の対策は、過去問もしくはテーマ史対策用の問題集でしかできないとされています。

ですが、実力をつける日本史100題ならテーマ史対策まで網羅しているので、そういった意味でも早慶日本史に対応できる力を養成できると言えるでしょう。

実力をつける日本史100題のボリューム

通史75題+テーマ史20題+論述5題

実力をつける日本史100題をやりきれば、早慶に対応できる日本史の力が身につく

早慶の日本史というのはとても難しいと言われています。

なぜなら、教科書で太字になっている知識は当たり前におぼえていると認識され、教科書でも下のほうに小さく書いてあるものなどが当たり前かのように出題されるからです。

実力をつける日本史100題はそういったレベルの問題にも対応できる力を養成できます。
なぜなら、早慶レベルで出題されるような難単語でも網羅している問題集だからです。

しかも早慶レベルなどの難易度高めの問題には★マークがついているので、基礎は基礎・早慶レベルは早慶レベルで別々で対策することも可能です。

早慶などの難関大日本史を攻略するにはうってつけの参考書であるといえるでしょう。

実力をつける日本史100題に取り組む目的を意識しよう


実力をつける日本史100題は早慶レベルを想定して作られています。
ですので、日本史の基礎を勉強しおえたと考えている人が取り組むべき参考書だと言えます。

単純に考えれば、日本史は暗記科目なので、ある程度知識をつけたら解けそうな気がしますよね。

しかし、そう簡単にはいかないのです。

日本史は知識が必要なことはもちろんのこと、その知識を活かして正誤問題を解かなければならなかったりと、おぼえるだけでは解けないような問題がわんさか出てくるからです。

ですので、早慶レベルの難しい問題が解けないと考えている人は、実力をつける日本史100題に取り組みましょう。

実力をつける日本史100題の勉強法


次に、実力をつける日本史100題の勉強法について書いていきます。

まずは分野の要点を確認する

まずは分野の要点を確認しましょう。

実力をつける日本史100題は純粋な問題集なので要点などは載っていません。

ですので、自分の過去にインプット教材として使っていた教科書・参考書・プリントなどで知識を入れた後に、取り組むようにしてください。

それに加えて、実力をつける日本史100題は予想以上に難しい問題が含まれています。

なので、いきなり解くのでももちろん構わないですが、5分ー10分だけでもその分野について頭に入れておいたほうが、挫折するリスクを減らせると個人的には思っています。

実際に問題を解く

次に、実際に問題を解いてみましょう。

やはり問題集の部類に入るものなので、問題を解かないことにははじまりません。
ですので、インプットがある程度進んだらどんどん問題を解いていきましょう。

丸つけをして、知らなかった知識は新たにおぼえる

問題が解き終わったらいよいよ丸付けをすると思います。

この時に、○か×かだけに注目して終わっていては、いつまでたっても成績を伸ばすことはできません。なぜなら、問題を解いて自分の知らない知識をあぶりだし、それを暗記して点数に結び付けることによってはじめて、成績はあがるからです。

ですので、丸付けをし終わったら、間違えた問題を復習し、知識不足がゆえに間違えたとしたら知識を補填し、また問題の誤読などで間違えてしまっていならば、なぜそうなってしまったのかを考えて復習しましょう。

期間をおいてもう1度解いてみる

最後に、期間をおいてもう1度解いてみましょう。
やはり日本史はどうしても暗記科目の部類に入るものなので、解答を丸暗記していたなんてことにもなりかねません。

ですので、期間をおいてもう1度といてみて、改めて知識が定着しているか確認する機会を持ちましょう。

実力をつける日本史100題をおすすめする人


実力をつける日本史100題は以下の人におすすめです。

日本史の基礎が身についた人

これから日本史の勉強を始める人には、はじめる日本史 要点&演習をおすすめします。
日本史の基礎をはじめから学べるので、これから日本史の勉強を始めようと考えている人にはぴったりの参考書だと言えます。

日本史でほかの受験生と差をつけたいと考えている人

日本史をイチから理解し直したい人には、はじめる日本史 要点&演習をおすすめします。
基礎中の基礎から書いてあるので、イチから日本史を学ぼうという人におすすめできる参考書だと言えます。

早慶を目指している日本史選択の人

難関大を目指して早くから日本史を勉強している高1・高2生には、はじめる日本史 要点&演習をおすすめします。
高1・高2生が授業で学ぶレベルのことから書いてある参考書なので、取り組みやすい参考書だといえます。

この記事はあくまで一例!自分にあった勉強法を探そう!


この記事では、日本史の参考書「実力をつける日本史100題」の概要と取り組み方について紹介してきました。

しかし、この記事で紹介したことはあくまでも一例であり、実力をつける日本史100題を絶対にやらなければいけないわけではありません。

100人いたら、100人それぞれに適した参考書があります。

みなさんには、自分のことを理解した上で、自分に一番適している参考書を見つけ、自分なりのやり方をカスタマイズして取り組んで欲しいと思っています。

この記事がそのためのお手伝いとなれたら幸いです!