【古文】「中堅私大古文演習」の特徴と使い方|難関大の登竜門!

中堅私大古文演習

けいたろうセンセイ
こんにちは、センセイプレイスのけいたろうです!

「中堅私大古文演習ってどんな参考書?」
「実際のところレベルや問題数、評価はどうなんだろう…」
「効果的な勉強法や、この参考書に向いている人が知りたいな」

こういった疑問にお答えします。

今回の内容
①「中堅私大古文演習」の特徴(評価や問題数、レベル、構成)
②「中堅私大古文演習」をやる前に「取り組む目的」を考えよう
③「中堅私大古文演習」の効果的な勉強方法
④一番大事なのは「自分の頭で考えること」です

古文って同じ日本語のように思えますが、言葉があまりにも昔過ぎて理解ができないので、もはや「外国語」として見たほうが良いんですよね。
「古文なんて日本語だから解けるだろ!」…と調子に乗っていた結果、筆者は0点を取り、泣き崩れて暴れた経験があります。

そこで古文の点数を上げるために必要だったのが、古文読解。

もちろん古文単語や古典文法を身につけることは最優先で必要ですが、その次に必要なのは古文読解の練習です。
これは野球と同じで、いくら素振りをしてやり方を覚えたとしても実践では上手くなりませんよね。

そんな筆者は、古文単語と古典文法の基礎を身につけた上で読解の練習を重ねていった結果、偏差値が10〜20上がった経験があります。

ということで今回は、そんな古文の実践練習の1つである古文読解を着実に身につけられる『中堅私大古文演習』について紹介していきます。

当記事を読むことで、『中堅私大古文演習』の特徴や効果的な使い方を知り、今後の勉強に活かしていくことができるでしょう。

これを読んで、受験生であるあなたの手助けになれれば幸いです。では早速見ていきましょう!

※「古文」の参考書が知りたい人はこちら

「中堅私大古文演習」の特徴・内容

中堅私大古文演習中堅私大古文演習
最初に、どんな参考書なのかを知るために「中堅私大古文演習」の特徴についてざっくりと書いていきます。

「中堅私大古文演習」の具体的な内容

「中堅私大古文演習」は、私大専願の諸君のために編集された、極めて実践的な問題集である。
本書は、中堅私大突破を目指す諸君に焦点当てながら、広く私大全般の傾向をとらえられるものとした。

引用:中堅私大古文演習

上記でも言われている通り、本書は私大専願の受験生のために作られた実践式の問題集です。
ですので、記述式の問題はなく、選択式の問題が中心に載っています。

基礎を終え、ゴリゴリと選択式の問題を解いていきたいという人には打って付けの参考書と言えますね。

「中堅私大古文演習」のレベルはMARCH・関関同立!

問題は、中位レベルの代表校から良問24題を精選。
対象校を全国の有名私大に求め、入試に頻出の問題文を選び、ジャンルに偏りがなく、しかも全体に設問の様々な分野、パターンを網羅できるように配慮した。

引用:中堅私大古文演習

この参考書は、学習院、立教、明治、中央、日本大など、偏差値55〜60前後の大学の問題を題材としています。

単語や文法の基礎を身につけた上で、読解力を身につけるためにガンガン解いていきたいという人や、早慶を目指す上で練習をしたいという方におすすめです。

「中堅私大古文演習」のボリューム

上記でも引用しましたが、問題数は合計で24題。

20分〜30分で解ける問題が24題もあるので、問題練習としては打って付けの参考書です。

「中堅私大古文演習」をやる目的を考えよう!

中堅私大古文演習
まず、参考書に取り組む前に大事なのが「なぜこの参考書に取り組むのか?」を考えることです。

「どういう目的をもってこの参考書に取り組むのか?」「自分は何を目指していてそのためになぜこの参考書が必要なのか?」
こういったことを徹底的に考えることが合格への近道です。

例えばこの「中堅私大古文演習」で言えば、
「古文単語や古典文法などの基礎は身につけたものの、実際に問題を解く練習が足りないからもっと問題を解いて読解に慣れたい」
「早慶レベルの問題を解けるようになりたいが、まずMARCHレベルであるこの参考書で十分に練習したい」
こういった目的が挙げられるかと思います。

このように、自分の現状や目指す未来を照らし合わせながら、「自分の頭で考えること」が受験の制する上で肝となる考え方になります。

けいたろうセンセイ
「自分の頭」で考えよう!

「中堅私大古文演習」の具体的かつ効果的な勉強法

中堅私大古文演習
次に、「中堅私大古文演習」の具体的かつ効果的な勉強方法について紹介していきます。

実際に問題を解いてみる(目安:20分〜30分)

まず、実際に問題を解いてみましょう。

他の参考書や勉強で古文単語や古典文法の基礎を身につけたら、どんどん問題を解いていきます。
このときの時間目安は20分。

一題を約20分で解いてみる。問題量と解答速度の相関、現在の学力を正しく知るために、事前に解説など見ず、辞書の助けも借りず時間内で解答する。一般的に私大入試は、時間が窮屈なことが多い。

引用:中堅私大古文演習

しっかり自分の答えに根拠を持たせて、「なぜこういう答えになったのか?」というのを明確に出せるとかなりGOODです!

答えと解説を読み、自分の回答の導き方と照らし合わせる

読解で大事なのは、単に答えが合っているか間違っているか(◯か×か)ではなく、答えの導き方が合っているかどうかです。

「あ、これ合ってる〜!あ、間違ってる〜」と、解答が正解か不正解かだけで終わらせることが一番もったいないので、「きちんと解説の通りの筋道で答えを導き出せているか?」を確認しましょう。

具体的にどうすればいいか?というと、

1.なぜその問題を間違えてしまったのか?を考える(「ここをこう読み間違えたのか〜」等)
2.犯した過ちをしないよう、次に活かす(間違えやすいパターンをメモして一覧にする等)

一見めんどうで、本当にこのやり方で大丈夫?と思えますが、これが遠回りなようで一番効率的な学び方です。
こういった地味でめんどうな作業が、合格を左右するといっても過言ではないです。

本文の解説を読み、自分の本分との読み方のズレを確認する

答えの確認も大事ですが、「自分がどう本文を読んでいったのか?」も同じように解説を見ながら確認しましょう。

問題を解くのにあたってもう一つ大事なのは、「適切に文章を読解できているかどうか」です。

ですから、解説を読んで「自分は正しく文章を読めているかどうか?」というのを確認しましょう。これらの流れを怠ってしまうと、いくら問題を解いても実力が上がらないという負のスパイラルに陥ってしまいます。
しかし、これを一つ一つ丁寧に行うだけで、確実に実力が伸びていきます。根気よく続けていきましょう!

「中堅私大古文演習」をおすすめする人

中堅私大古文演習
「中堅私大古文演習」は、以下のような人におすすめです。

  • 古文単語や古典文法の基礎は身につけたので、次に読解の練習をしたい
  • MARCH〜早慶レベルを目指しているので、読解の基礎を身につける上で問題を解きたい

古文単語や古典文法の基礎は身につけたので、次に読解の練習をしたい

「古文単語や古典文法の基礎は身につけたので、次に読解の練習をしたい」
こういった方には「中堅私大古文演習」がおすすめです。

野球などのスポーツのように、素振りや知識を極めていても良いプレーができないのと同じで、古文や現代文なども実際に問題を解いてみないことには良い点数を叩き出すことはできません。

ですから、古文単語や古典文法を身につけたのであれば、即実践に移り、どんどん問題を解いていきましょう!

MARCH〜早慶レベルを目指しているので、読解の基礎を身につける上で問題を解きたい

「MARCH〜早慶レベルを目指しているので、読解の基礎を身につける上で問題を解きたい」
こういった方にも「中堅私大古文演習」がおすすめです。

本書はMARCH・関関同立レベルの問題が多数収録されているので、「MARCHの問題を解けるようになりたい人」「早慶を目指す上で練習を重ねたい人」には打って付けの参考書と言えます。

この記事はあくまで一例!大事なのは「自分に合った勉強法」を探すことです

中堅私大古文演習
以上、特徴や効果的な勉強方法を紹介していきましたが、これはあくまで数あるうちの一例に過ぎません。

もちろん、ある程度参考書の効率的な進め方や勉強方法はありますが、人によって向き不向きは確実にあります。

「先輩の勉強法やネットに載っている勉強法、予備校の勉強法を試してみたけど上手く行かなかった…」そんな経験はありませんか?

ここで大事なのは、「自分が今どれくらいの実力を持っていて、どれくらいの時間勉強ができるのか」「その上で、どの参考書を選んで勉強を進めていくのか」と自分の頭で考えて日々生活していくことが何よりも大事になってきます。

人からおすすめされた勉強法や参考書は、あくまで外からあなたを見た上で勧められたものに過ぎません。

自分のことは自分が一番分かっているはず。ですから、自分のレベルを確認しつつ、自分に合った参考書・勉強法を選びましょう!

▼単語や文法がまだの方はこちら

【古文】おすすめの古文参考書リスト、偏差値70超え経験者が厳選!
こんにちは、センセイプレイスのたかはしです! 「古文の参考書が多すぎて、何を使ったらいいかわからない…」 「実際に合格した人...