【古文】入試必須!「読んで見て覚える古文単語315」の勉強法

読んで見て覚える古文単語315
こんにちは!センセイプレイスのけいたろうです!

「『読んでみておぼえる古文単語315』ってどんな参考書?」
「レベルは?MARCH?早慶上智?」
「どう勉強すればいいの?向いてる人は?」

こういった疑問にお答えしていきますね。

古文って同じ日本語のように思えますが、言葉があまりにも昔過ぎるので、もはや「外国語」として見たほうが良いんですよね。
「古文なんて日本語だから解けるだろ!」…と調子に乗っていた結果、筆者は0点を取り、泣き崩れて暴れた経験があります。

しかし、そんな古文の基礎となる単語、古文単語。これを覚え身につけるだけで古文の読解力は着実に上がっていくので、諦めず覚えていきましょう!
デキる受験生は、こういった基礎をきっちり身につけて本番に挑んできます。

ということで今回は、そんな古文の基礎である古文単語を分かりやすく身につけられる『読んでみておぼえる古文単語315』について紹介していきますね!

これを読んで、受験生のあなたの手助けになれれば幸いです。では早速見ていきましょう!

 

「読んで見て覚える古文単語315」をやる目的を考えよう!

読んで見て覚える古文単語315
この参考書は、古文の基礎となる「古文単語」を、イラストや例文を見ながら分かりやすく身につけることを目的とした参考書です。

「古文、苦手だからやらないとな…」「また一から基礎をやり直さないと」など、今自分がどんな立ち位置にいるかを考えながらどんな用途で使うのかを考えてみましょう!

とにかく、古文は単語が命です。「かげ」という言葉が「光」という意味だったり、正直もう現代では意味不明な単語が所狭しと並んでいるのがこの古文という世界です。

われわれの目指したことは、「重要な古語の一つ一つを実感を伴って分かるようにしたい、そして記憶に残る単語集にしたい」ということでした。

引用:読んで見て覚える古文単語315

ですから、これらの単語の意味を理解していないことには、読解をする土台にすら立てないという厳しい状態に置かれてしまいます。
着実に、かつ正確に基礎を積み上げていきましょう!

 

「読んで見て覚える古文単語315」のレベルはMARCH〜早慶上智にも対応

使い方にもよりますが、この1冊を全てマスターすることができれば、いわゆる早慶レベルの古文にも対応することができます。

ただ、「これ1冊やれば早慶レベルの古文が解ける!」というものではありません。あくまでも古文単語はなくてはならないものであって、読み方や古文常識を知った上で実践を繰り返していくことが必要です。

しかし、上位の大学を目指すのであれば、古文単語に関しては1冊マスターできていれば十分です。ですから、1冊を着実にこなし、盤石な土台を身につけましょう!

 

「読んで見て覚える古文単語315」のデザイン・構成・分量

読んで見て覚える古文単語315
基本的に、①古語②古語の語源③訳④例文、⑤解説という形式です。

その他に関連語イラストなども載っているので、サクサク覚えやすい構成になっています。

 

「読んで見て覚える古文単語315」の具体的な勉強方法


英語に限らず、単語は繰り返し覚えるのが鉄則です。
一朝一夕で覚えられるものではないので、2〜3周は繰り返し覚えて、ばちっと頭の中に落とし込んでいきましょう!

古語と現代語訳の確認

当然ですが、まず載っている古語と現代語訳を確認しましょう。ここでのポイントは、きちんと漢字も見ておくことです。

例えば、「うし」という言葉。現代語訳では「つらい」という意味ですが、これだけで覚えると忘れやすいです。
しかし、ここで漢字を確認しておくと「うし」は「憂し」という漢字から来ていると理解することができます。

このように単語は理解することが大切で、「うし」といって丸暗記し牛なのかなんなのか分からなくならないようにする工夫が大事になっていきます!実際に入試で漢字のまま表記されることもあるので、これは意外と大事なところです。

古語の語源を理解する

次に、語源を理解します。

読んで見て覚える古文単語315には、古語の語源や理解するための説明がしっかり書いてあります。

こうず(困ず)
「もう、動けない…」と肉体が困る状態は疲れているのです。
意味:疲れる

引用:読んで見て覚える古文単語315

これを読んで理解するだけでも、定着率がかなり違ってきます。

一見めんどくさそうな作業に見えますが、きっちりと「こうず」という言葉を見たときにイメージが湧くように説明を理解しておくことが、むしろ効率的に覚えることができます。

実際に例文を読み、答えを見ずに理解してみる

では、以上の手順を行った上で例文を見てみましょうきっと理解していれば、すぐに古文を理解することができるはずです。

その後、小さく書いてある現代語訳で確認。この地味な作業で単語の意味を覚えていきましょう。

何周もしながら、関連語も覚えていく

以上の手順でまずは赤字で1周、次に黒字で2周、と古語の意味を覚えていきましょう。

ここで大切なのは、理解しながら覚えることです。
「こうず」→「疲れる」の丸暗記だけだと、どうしても忘れやすく、また思い出しにくいです。なんの関連性もないものを無理やりくっつけると覚えにくいので、きちんと理解していきましょう!

1周目は辛いですが、2周目3周目となるにつれ確認が早くなるはずです。そこで関連語を覚えていけば、さらに多くの古文にも対応することができるはずですので、心折れず頑張っていきましょう!

 

「読んで見て覚える古文単語315」をおすすめする人

読んで見て覚える古文単語315
「読んで見て覚える古文単語315」は、こんな方におすすめです。

  • 古文のこと、何もわからない!
  • 文法や読解、常識は学んだけど、うまく問題が解けない!

古文のことが何もわからない!

こんな方には、最初の1冊にこの「読んで見て覚える古文単語315」がおすすめです。というより、古文単語に関してはこの1冊で十分です。

古文は、他にも文法常識など覚えるべきことがあるのですが、単語もまたその中の重要な要素の1つ

古文単語を学ぶにあたって最初の1冊には文句なしにおすすめです!

文法や読解、常識は学んだけど、うまく問題が解けない!

上と同じ理由ですが、古文単語のとっかかりとしては「読んで見て覚える古文単語315」は非常におすすめ。

以上のように、とにかく「古文の勉強はしているけど、解けない」という方は古文単語が不足している可能性があります。
きっちりここで意味を覚えて実践に臨みましょう!

 

この記事はあくまで一例!自分に合った勉強法を探そう!

読んで見て覚える古文単語315
ここまで参考書の内容と勉強法を見ていきましたが、これはあくまでも一例です。

その人の立ち位置によって参考書の良し悪しは大きく変わるので、自分のレベルを確認しつつ、自分に合った参考書・勉強法を選びましょう!

この記事が受験生であるあなたに少しでも役立てば幸いです。ではでは!