【数学】自分次第で早慶まで!4STEP1Aの使い方


こんにちは!センセイプレイスの新垣です!

「学校で配布された数学の参考書でも受験用に使えるんだろうか、、」などと悩んでいる受験生、またはもうすぐで受験生になるひとは多くいるのではないでしょうか。
ぼくも受験生の時は参考書選びで悩む時間を長く過ごしました。

この記事では、ぼくが実際に学校で配布されて使っていた参考書『4STEP』について紹介していきたいと思います!

4STEPをやるべき理由を意識しよう

4STEPをやる理由や目的は人それぞれにあると思います。ぼくの場合は学校で授業用教材として使っていたので、定期試験で高得点をとるための勉強の一環として使っていました。

4STEPはレベル別に問題の難易度がわかれているので、自分がどのレベルまで目指したいのかによって使い方を変えることができます。

学校の定期試験レベルならSTEPAまで、中堅校受験用ならSTEPBまで、難関大受験レベルなら発展問題や演習問題まで解くようにするなど、自分の目的に沿った使い方をするようにしましょう。

また,目的意識を強く持つことでモチベーションを向上させることができますし、逆に目的を持たずになんとなく取り組んでいると、ふとした時に続かなくなることがあるかもしれません。

みなさんには自分の目的や理由を持って取り組むようにして欲しいと思います!

4STEPをやり遂げれば、早慶レベルに到達できる!

4STEPは進学校と言われる高校では使用率が高く、教科書傍用の参考書としてかなり人気の高い参考書です。

そんな4STEPは、教科書傍用でありながらも実際の入試問題から出題されているなど、かなり高いレベルまで対応することができます。

東京大学に進学した友達から聞いたところ、東京大学でさえ数学は4STEPでほとんど仕上げたという人も多くいるそうです。

4STEPは基礎、標準、応用と全てのレベルに対応しているので、順番にできるようにしていけばかなり高いレベルまで到達できるでしょう。

ただし、間違いなくその分時間はかかるので、自分にどれほどのレベルの問題演習が必要なのかをよく考えて取り組んで欲しいと思います。
 

4STEPの構成


4STEPはSTEPA、STEPB、演習問題、発展問題によって構成されています。
公式や定理の紹介がはじめにあり、次に問題があり、ページの下部分にヒントが掲載されています。

とてもコンパクトにまとまっているので、パッと見直したいときなどには見やすくて助かるかもしれません。

4STEPの注意点

4STEPは、問題の量が多い反面、解説が少し淡白だとも言われています。

かなり詳しい解説じゃなければ理解するのが大変だと感じる人は、他のわかりやすい参考書と併用して進めて行くか、誰かに質問できる環境を用意した方がいいかもしれません。

ぼくの場合はほとんどの問題は理解できていましたが、どうしてもわからない問題は友達にLINEで聞くようにしていました(笑)
 

4STEPの具体的な勉強法


しつこいようですが、4STEPは自分の必要なレベルに応じて、自分でどのレベルまで演習するのかを調整することができます。
実際の取り組み方を紹介する前に参考としてSTEP毎のレベルを言っておきたいと思います。
ひとつの感覚として参考にしてくれたらと思います!

STEPA ⇨数学を受験で使うなら絶対必須クラス。
STEPB ⇨中堅校には必須。MARCHレベルを狙うなら取り組む必要あり。
演習問題、発展問題 ⇨早慶はじめ、難関大を狙うなら必須。

数学にかける時間が時間がたっぷりある人向けの取り組み方

①公式、定理を読む

4STEPは、問題のまえに全ての問題に必要な公式や定理をまとめてあります。
これから問題を解く上で必ず使う知識なので先に読んでおいた方が問題がかなり解きやすくなると思います。

もちろん、問題を解き始めてからもわからなくなったり忘れてしまったら、その度に何度も読み返すようにしてください!

②STEP毎に解く

STEP毎に問題のレベルが違うので、まずはSTEPAを解いて丸付けをして苦手を発見して潰し、次にSTEB…という風に進めて行くと、複数のSTEPをまとめて解いてしまうよりも自分の理解度が低い部分もわかりますし、下のレベルから順番に解いて行くことで上のレベルの問題にも取り組みやすくなると思います!

また、そうすることで問題が解ける感覚も味わいやすくなるので、数学が楽しく感じてくるかもしれません。

ぼくは元々数学が苦手だったのでとても嫌いだったのですが、少しの期間頑張って根気よく取り組んでいたら問題が少しずつ解けるようになり、問題が解ける感覚が味わえるようになってから少しずつ数学が楽しくなってモチベーションが向上したという経験があります。

今あまり数学が好きではないというみなさんも、数学が楽しいと思えるようになってくれたら嬉しいです!

③間違えた問題を解き直す

全て解き終わったあとは、1度間違え、解説を読んで理解した問題をもう1度解いてください。
1周目を解くときに間違えた問題になにかしらのチェックをつけておくと後で見直しがしやすいと思います。

数学で良くあるのが、解説を読んで「ああ〜!そういうことか!」とすっきりしても、そのあとに解き直そうと思ったら「あれ、、解けない、、」となることです。
自分が本当にその問題や単元を理解しているのかを確かめるために、しっかり解き直しをしてください!

短期間で演習を終わらせたい人向けの取り組み方

①公式、定理を読む

4STEPは、問題のまえに全ての問題に必要な公式や定理をまとめてあります。
これから問題を解く上で必ず使う知識なので先に読んでおいた方が問題がかなり解きやすくなると思います。

もちろん、問題を解き始めてからもわからなくなったり忘れてしまったら、その度に何度も読み返してください!

公式を知らない人や忘れてしまった人が読み直すのはもちろんですが、もし知っている人でも改めて読むことで問題を解く時間を短縮できて時間の効率化をはかれると思うのでぜひ読んでください!

②アスタリスクが付いている問題だけを解く

4STEPは、アスタリスクの問題を演習するとひととおりの学習ができるようになっています。
数学にかける時間があまりない人は、アスタリスクの付いている問題だけを解くことで、最短で全範囲を網羅することができるので、その方法をおすすめします!

アスタリスクの付いている問題を解いて、穴があるなと感じた単元だけをアスタリスク以外も解いてみるなどして、問題演習量の埋め合わせをするのもいいかもしれませんね!

③間違えた問題を解き直す

全て解き終わったあとは、1度間違え、解説を読んで理解した問題をもう1度解いてください。
1周目を解くときに間違えた問題になにかしらのチェックをつけておくと後で見直しがしやすいと思います。

数学で良くあるのが、解説を読んで「ああ〜!そういうことか!」とすっきりしても、そのあとに解き直そうと思ったら「あれ、、解けない、、」となることです。
自分が本当にその問題や単元を理解しているのかを確かめるために、しっかり解き直しをしてください!

 

4STEPをおすすめする人

①学校の定期試験勉強と併用して受験勉強に取り組みたい人

ぼくは、高校1年生から高校2年生終了時まで4STEPを使って数学の勉強をしていました。

学校用の教科書と受験生向けの参考書ではレベルの差が大きいため、学校用の教科書で受験勉強をするのはなかなか難しいところもありますが、4STEPは単純な教科書レベルから入試問題レベルまで幅広く対応することができるので学校の定期試験対策と数学の受験勉強対策同時に取り組むことができます。

学校の定期試験と入学試験、同時に成し遂げたい人にはおすすめです!

②はやい時期に受験勉強をはじめて時間に余裕がある人

4STEPは最初から最後まで全ての問題を解くとなるとかなりの時間がかかります。

そのため、問題を最低限のレベルで選んで取り組むやり方もありますが、全て取り組みたいという人もいると思います。

ただし、全ての問題に取り組むとするとそれなりの時間がかかってしまうので、時間がたっぷりある人にはおすすめです!

③問題演習をたくさんやりたい人

4STEPは教科書傍用問題集であることもあって、全ての範囲を網羅しています。そのため、重要な問題をピックアップするタイプの参考書よりも問題数が多くなっています。
問題演習量を増やしたいという人にはおすすめです!

この記事はあくまで一例!自分にあった勉強法を探そう!


この記事では数学の参考書『4STEP』の概要や使い方を紹介してきました。

ぼく個人として、この参考書はおすすめできる参考書です!しかし、誰にでも最も適している参考書がないと思っているのも事実です。

自分の学力、受験勉強における特徴、性格など、いろいろなことを考えたうえで自分なりの勉強方法や参考書を見つけてみてください!

当記事がそのお手伝いをすることができたなら嬉しいです。