夏期講習って成績を伸ばすのに効果あるの?|現役慶應生が本音で語る

The following two tabs change content below.
新垣センセイ

新垣センセイ

慶應義塾大学環境情報学部2年。勉強する理由がわからず、勉強とは距離を置いていたが、6月に「ビリギャル」を見て慶應を目指すことを決意し、現役合格を果たす。 自らの受験経験を発信するために、センセイプレイスのブログチームにてライターとして活動。 サークルはフットサル・サーフィン。

夏期講習 成績

早稲田に逆転合格したい人へ
センセイプレイスブログは、一人ひとりに合った勉強法にカスタマイズする
オンラインコーチ予備校・センセイプレイスが運営している受験攻略メディアです。

【センセイプレイスで早稲田に逆転合格を果たした先輩の体験談はこちらから!】
高1・2生はこちら👇
>>
勉強時間0、偏差値40台の私が早稲田に逆転合格できた理由
高3生はこちら👇
>> ぼくが偏差値40台から半年で早稲田大学に逆転合格した話
浪人生はこちら👇
>> 浪人して早稲田に合格した先輩が語る「浪人生活の実態」とは

新垣センセイ
こんにちは、センセイプレイスの新垣です!
「夏期講習って本当に効果あるのかな……」
「夏期講習を受けるより、効果的な勉強があるなら知りたいな……」

このような悩みにお答えします。

受験勉強を進めていくうえで、夏期講習を検討しているという受験生も多いのではないでしょうか。

さまざまな予備校が夏期講習の募集をしていて、友達も受けようとしている。

そんな周りの状況を見つつ、「夏期講習って本当に効果あるの?」と思っている人もいることでしょう。

そこで今回は、「夏期講習って効果あるの?」という受験生の疑問に、ぼくが本音で答えて行こうと思います。

それでは、いきましょう。

夏期講習だけでは、基本的に効果はない

夏期講習 成績

夏期講習を受けただけで成績があがるのかというと、それはほとんどないと思います。

予備校の夏期講習は、1人1人に合わせたカリキュラムが用意されているわけではありません。

ただし、授業で取り上げられる内容のほとんどは、受験生みんなに必要な知識なので、受けて損することはないです。

しかし、自分の弱点を克服することこそが、最も成績に結びつきやすいことは間違いではありません。

ぼくは、自分の苦手をしっかり発見して自分で勉強をすることが1人でできるのなら、夏期講習は必要ないと思います。

ですが、ずっと1人で独学だけをし続ける自信がない人などは気分転換といった意味でも、夏期講習を受講することもいいかもしれません!

夏期講習を効果的に活用するために必要な姿勢

夏期講習 成績
ここからは、夏期講習を効果的に活用するためにどうしたらいいのかについて書いて行こうと思います。

夏期講習を効果的に活用するためには、まずとる講義を考えることが大事です。

自分が得意な科目の得意な分野の授業ばかり受けていても、あまり成績は伸びないでしょう。

そうではなく、受けたことのない分野の講義や、自分が苦手な分野の講義を受けるようにしましょう。

しかし、そうはいっても、単元ごとに夏期講習をとれるということはほとんどありません。

そのため、自分が得意な単元の講義でも、もし受講したのならば復習のつもりでしっかり受けるようにしてください。

また、単元別講座としてよく用意されている授業の中に、英作文と小論文があります。

英作文と小論文など、他者の目が多少必要でかつ、しっかりとした対策が必要だと考えているものに関しては、夏期講習という長期休みを使って短期間で必要な情報を取りに行くこともおすすめします!

ぼく自身、小論文や英作文の対策をしていましたが、自分でひたすら書いているだけでは、参考書などに書いてある書き方の型などはわかっても、自分の悪い癖などは気づかないことが多かったです。

指導者に添削をしてもらい、修正し、添削し、を何度も繰り返すことでより上達するということもあります。

今は予備校に通わなくても、ネットや郵送で添削をしてもらえるところも多くあるので、よく考えた上で選ぶようにしましょう!

夏期講習より効果的な夏休みの勉強法

夏期講習 成績
夏期講習をとることも作戦の1つですが、夏期講習を取らずとも夏期講習以上に成績を向上させる方法はあります。

最も有効なのは、過去問や模試などを徹底的に分析して、自分の弱点が何かを洗い出し、徹底的に苦手をなくしていくことです。

自分の弱点分析結果をもとに、参考書を基本に自分での学習をしましょう。

様々な人に幅広く対応している学習もそれはそれでいいものですが、自分1人に適した学習は、さらに成績をダイレクトに伸ばしやすいでしょう。

自分と向き合うことを常に意識するようにしてください!

①過去問・模試を分析し、自分の苦手な部分を分析する

過去問・模試を分析し、自分の苦手な部分を分析しましょう!

自分だけの夏休みの勉強法を作るためには、まずは自分がどこを伸ばせば成績が伸びるかを考える必要があります。

たとえば、英語長文が苦手な受験生がいたとします。

英語長文が苦手な理由が、単語の知識不足・文法の理解不足ではそれぞれ対策の仕方が異なります。

そのため、過去問・模試を分析して、自分が苦手なところを徹底的に洗い出しましょう!

②分析を元に、取り組むべき順番の優先順位づけをする

分析を元に、取り組むべき順番の優先順位づけをしましょう!

優先順位をつけなければ、どっちつかずになって中途半端になってしまいがちです。

科目の違うものを同時並行して勉強するというのは、ある種ちがうスポーツを並行しているようなものです。

英単語100個と古文単語100個を同時にやるなら、英単語200個をやったほうが英単語が完璧になるまでの時間は削減されますよね。

1つずつ優先順位の高いものからつぶしていくと確実性が増します。

ですので、取り組むべき順番の優先順位をつけましょう!

③具体的な参考書と勉強方法を考える

具体的な参考書と勉強方法を考えましょう!

具体的な参考書と勉強方法を考えることで、自分が具体的に何をやるべきかがかなり明確になります。

逆にそうしなければ、いつまでもいろいろな参考書に手を出して参考書をやりきることができません。

ですので、具体的な参考書と勉強方法を考えましょう!

④具体的なスケジュールを立てる

具体的な参考書と勉強方法が決まったら、それを実行するための具体的なスケジュールを立てましょう!

期限がないと人はなかなか動けません。

新垣センセイ
ぼく自身も期限が定められていないと動き出すまでに時間がかかってしまいますし、もしかしたら動きもしないなんてこともあるかもしれません。

例えば、みなさんは夏休みの宿題をする時に期限が設けられていなかったらすぐに取り組みますか?

おそらくほとんどの人がすぐに取り組まないと思います。

期限があるからギリギリになってでも取り組みますよね。

このように、スケジュールを立てて期限を設けることで決めた参考書や勉強をやるここができます。

ですので、具体的なスケジュールを立てましょう!

⑤毎日振り返りを行い、計画・勉強方法を改善していく

毎日振り返りを行い、計画・勉強方法を改善していきましょう!

最初から、完璧な参考書・勉強法・スケジュールが立てられたら苦労はしないですよね。

必ずどこか改善できるようなところが出てきます。

そこで、必要なのが毎日の振り返りです。

「今日はどこが良かったけれど、ここはよくなかった」と1日を振り返って、計画・勉強方法を改善していきましょう!

例えば、スポーツをするとき、練習が終わったあとどこが良かったか悪かったかを考えないでそのまま次の練習に取り組んだら何もわからないですよね。

そのため、どこを改善したら良いかわからず成長はしにくいですよね。

勉強も同じです。

振り返りを行なって改善すべきところを見つけないと成長はしにくいです。

そのため、毎日の振り返りを行い、計画・勉強方法を改善していきましょう!

偏差値40台、勉強時間0の私が”早稲田に逆転合格”できた理由

通っていた高校は“自称“進学校。

ましてや、東京の大学を目指す人なんてほとんどいない環境。勉強時間は0偏差値は40台前半大半の授業は寝ていました。

「どうせ早稲田はなんて受からない」、そんな気持ちの中、早稲田への逆転合格を掴み取った彼らの体験記はこちらです。