夏休みの過ごし方を失敗してしまった受験生が合格するための3ステップ

The following two tabs change content below.
さとしセンセイ

さとしセンセイ

慶應義塾大学経済学部2年。 体育会カヌー部所属。

夏休み 失敗

早稲田に逆転合格したい人へ
センセイプレイスブログは、一人ひとりに合った勉強法にカスタマイズする
オンラインコーチ予備校・センセイプレイスが運営している受験攻略メディアです。

【センセイプレイスで早稲田に逆転合格を果たした先輩の体験談はこちらから!】
高1・2生はこちら👇
>>
勉強時間0、偏差値40台の私が早稲田に逆転合格できた理由
高3生はこちら👇
>> ぼくが偏差値40台から半年で早稲田大学に逆転合格した話
浪人生はこちら👇
>> 浪人して早稲田に合格した先輩が語る「浪人生活の実態」とは

さとしセンセイ
こんにちは、センセイプレイスのさとしです!
「夏休みの過ごし方を失敗してしまったな〜」
「夏休みにいまいち勉強時間をとることができなかった」
「夏休みは失敗してしまったけれど、これから挽回していきたい!」

と思っている受験生も多いのではないでしょうか。

受験生にとって夏休みは、受験の天王山と言われるほど大切な期間です。

さとしセンセイ
実際に、ぼくも受験生時代に夏休みを過ごしてみて、100%満足がいくように過ごせたかというとそうとは言えませんでした。

そこで、夏休みの過ごし方を失敗してしまった受験生が合格するための3ステップをご紹介します!

【STEP1】何が失敗だったのか?を徹底して振り返り、改善していく

夏休み 失敗
何が失敗だったのか?を徹底して振り返りましょう!

「規則正しい生活を送ることができなかった。」
「周りに流されて、遊んでしまった。」
「自分に合ったレベルの勉強をしなかったために、成績が伸びなかった。」

など、受験生はそれぞれに失敗した理由があると思います。

その夏休みを失敗した理由を、自分で考えて徹底的に振り返りましょう!

振り返りの具体的な方法

具体的な方法をご紹介します。

まず、紙を1枚用意しましょう。

そこに、まずは夏休みのよかったところを書き出しましょう。

「夏休み失敗したな……」と考えていても、よかったところも必ずあります。
失敗したところをしっかりと振り返れるように、まずよかったところを書き出しましょう。

つぎに、失敗したなと思うところを具体的に書いていきます。

「早起きができなくて、生活習慣に乱れが出た」
「遊んだ日が少し多かった」
など、失敗したと思うところは多々あるはずです。

それを紙に書くことで、まず自分で認識しましょう。

そして、なぜそうなってしまったのかを考えましょう。

「友達に誘われたから、遊んでしまった」
「ゲームの誘惑に負けて、遊んでしまった」
上記2つはどちらも遊んでしまったですが、原因が全然違います。

このように、失敗した原因を突き詰めることで、具体的な解決方法を考えることができます。

最後に、失敗した原因を受けて、具体的にどう解決していくかを考えていきましょう。

友達に誘われて遊びにいく回数を決めるのか、ゲームは親御さんにあずかってもらうのか。

すぐに実行できるレベルにまで、解決策を具体化しましょう。

さとしセンセイ
こうして振り返りをすることで、失敗した原因を確実につぶして、つぎに失敗を持ち越さなくなるので、ぜひやってみてください!

【STEP2】志望校合格へ何が必要なのか?を考える

夏休み 失敗
志望校合格へ何が必要なのか?を考えましょう!

自分は英語力が足りていないから自分には英語が必要だ。

自分には単純に勉強時間が必要だ。

自分には過去問対策が必要だ。

など、受験生はそれぞれに志望校に合格するために必要なことがあると思います。

受験生は、その志望校合格へ必要なことが何なのかを考えましょう!

志望校合格に必要なことを考えるための具体的な方法

志望校合格に必要なことを考えるための具体的な方法はなんなのか。

それはシンプルで、「合格最低点ー過去問の点数」を出すことです。

もちろん、点数を出すだけではダメです。

「合格最低点ー過去問の点数」を出し、

①なにが原因で点数を落としてしまったのか
②点数を具体的にどういう風にして埋めていくか
を徹底的に考えましょう。

たとえば、英語長文で点数を落としていたとします。

こういったときに、少しでもわからない単語があると「自分には単語力がない……」と決めつける人がいます。

問題に絡むところで単語がわからないのならばその通りかもしれません。

しかし、問題に絡まないところで単語がわからなかったとだとしたら、他に問題に絡むところに別の課題があることが想定されます。

こういうように、なにが原因で点数を落としているのかを正確にとらえるのは、結構むずかしい作業です。

ほとんどの受験生ができていないので、ここでやることで、大きく差をつけることができます。

さとしセンセイ
自分が得点できていない原因を正確にとらえることで、のちの勉強効率を大きくあげることができます。

そして、自分の課題を特定したら、どのようにして埋めていくか考えましょう。

使う参考書はなんなのか。
それをどういう風に取り組んでいくのか。
期間はどのくらいを想定するのか。

人によって、それは全然変わってきます。

ですので、自分で考えまくって、ベストな勉強法を見つけられるようにしましょう。

【STEP3】とにかく実行へうつす

夏休み 失敗
とにかく実行へうつしましょう!

頭の中で考えているだけでは何も起こりません。

頭の中で考えた後は、とにかく実行にうつすのです。

その行動が間違っていたとしたら、その時は方向を修正していけばいいのです。

ですので、自分い何が必要なのかを考えた後はとにかく実行にうつしましょう!

「勉強がめんどくさい……」と感じても、すぐに実行に移すための方法

とはいえ、勉強を実行に移すのってなかなかに難しいですよね。

そこで、「勉強がめんどくさい……」と感じても、すぐに実行に移すための方法をご紹介します。

それは「3秒ルール」です。

さとしセンセイ
これだけでは、「?」だと思うので、解説していきます!

人間はやる気が出たから作業するのではなく、作業していくうちにやる気が出てくる生き物なのです。

ですので、やる気が出ないなら、まず作業をはじめてしまうことが一番やる気を出すには近道なのです。

しかも、人間は5秒以上経つと、やらないための言い訳を考え出します。

それに加えて、人間のクリエティビティが一番発揮されるのは「言い訳を考えるとき」と言われてるくらい、これはくせものなのです。

そこで、先ほど紹介した「3秒ルール」の出番です。

「3秒ルール」は簡単で、やらない言い訳が出てきてしまう3秒以内に、行動を始めてしまうというものです。

ただ、それが難しいという人も多いことでしょう。

ですので、「3秒ルール」を用いる際は、3秒以内にやるタスクのハードルをできるだけ下げてください。

勉強教材を準備する。
椅子に座って、参考書を開く。

このレベルのタスクを3秒以内にはじめてしまうのです。

そして、その勢いを使って、勉強に取り組むのです。

さきほどの言い訳を考えているときよりは、よっぽど勉強に取りかかりやすくなっていることでしょう。

さとしセンセイ
だまされたと思って、一度やってみてください!

失敗から学ぶことで、まだまだ成績は伸びる

最後に、夏休みの使い方に失敗したと悩んでいる受験生は、失敗から学ぶようにしましょう!

受験生だけでなく失敗は誰しもするものです。

失敗をすること自体は悪いわけではありません。

失敗をした時に、学んで次に活かすことが大切です。

失敗から学ぶことで受験生はまだまだ成績が伸びます。

ですので、失敗から学ぶようにしましょう!

偏差値40台、勉強時間0の私が”早稲田に逆転合格”できた理由

通っていた高校は“自称“進学校。

ましてや、東京の大学を目指す人なんてほとんどいない環境。勉強時間は0偏差値は40台前半大半の授業は寝ていました。

「どうせ早稲田はなんて受からない」、そんな気持ちの中、早稲田への逆転合格を掴み取った彼らの体験記はこちらです。

報われない努力はもう終わりにしよう。
成果を出す秘訣は『勉強のやり方』を180度変えること!

  • ネットで調べた勉強法を試してみたけど、成績が上がらない
  • 人気の参考書を、オススメの使い方で勉強したのに、知識が定着しない
  • 同じ志望校の人の合格体験記を参考に勉強してみたけど、模試は“E”判定
実に多くの受験生が、このような状況に陥っています。
そして、他者を真似た勉強が上手くいかないのには、明確な理由があります。

受験生は皆、それぞれ志望校も違えば、学力も違うから

加えて、性格・環境・ライフスタイル・考える力――全てが違います。
だから、そうした「違い」を無視して誰かの勉強法を真似しても、自分にぴったりハマることはなく、成果にはつながりません。
成果の出る本物の勉強とは、自身の学力などの現状を客観的に把握した上で、


  • “ 志望校合格 ”というゴールから逆算して学習計画を立て
  • 「どんな教材を、いつまでに、どんな方法で」勉強するのか、具体的なアクションに落とし込み
  • 実際に行動して得た結果を材料に、より良い学習計画に改善していく

というサイクルを生み出すことです。そして、それを自らの意志で継続的に回し、磨いていくことが成功の鍵です。

センセイプレイスは、志望校合格から逆算した、戦略的な学習の進め方を指導。
「どの参考書がオススメか」ではなく、それを「いつ・どんな目的で・どう使うか」という『実践』の部分に最も注力。
専属のコーチマンツーマンで、1人ひとりに合った勉強のやり方を指導します。
皆それぞれ状況が違うのだから、100人100通りのやり方があって当たり前。
参考書に、また闇雲に手をつける…その前に、いま立ち止まって『勉強のやり方』を180度変える体験をしてみよう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUT US

さとしセンセイ
慶應義塾大学経済学部2年。 体育会カヌー部所属。