2浪で早稲田を目指すことを考えたときに読む記事【2浪経験者の体験談あり】

2浪 早稲田

早稲田に逆転合格したい人へ
センセイプレイスブログは、一人ひとりに合った勉強法にカスタマイズする
オンラインコーチ予備校・センセイプレイスが運営している受験攻略メディアです。

【センセイプレイスで早稲田に逆転合格を果たした先輩の体験談はこちらから!】
高1・2生はこちら👇
>>
勉強時間0、偏差値40台の私が早稲田に逆転合格できた理由
高3生はこちら👇
>> ぼくが偏差値40台から半年で早稲田大学に逆転合格した話
浪人生はこちら👇
>> 浪人して早稲田に合格した先輩が語る「浪人生活の実態」とは

安東センセイ
こんにちは、センセイプレイスの安東です!

「2浪で早稲田って現実的に可能なのかな…不安…」
「2浪で早稲田を目指すときの注意点ってなんだろう…知りたいな」

こういった悩みにお答えします。

そろそろ、今年の早稲田大学の合否発表の結果も出揃ってきましたね!

受験では、残念ながら満足のいく結果を得られない人も一定数いると思います。

特に早稲田の場合、ここ数年の合格者減少に加え、今年は定員も大幅に削減しており、段々と「受かりにくい大学」になりつつあります。

去年までの難易度なら合格できていた受験生が、今年は不合格になってしまい涙を飲んでいるのです。

中でも、浪人したのに早稲田に合格できなかった人の悔しさは相当なものでしょう。

そんな浪人生の方の中には、もう1年浪人して志望大学を目指そうと考えている人もいるのではないでしょうか?

2浪で早稲田を目指すのって正直こわいですよね。

現役・1浪と早稲田に合格できず、それでも早稲田を目指そうとするその気持ちは本当に素晴らしいと思います。

ですが、2浪することへの不安や恐れなども少なからずあるのではないでしょうか?

そこで今回は、「2浪で早稲田に合格できる可能性と注意点」をお伝えしようと思います。

2浪で早稲田を目指すことを検討している方に、少しでも参考にしていただけたら幸いです。

2浪で早稲田を目指すことは現実的に可能なのか?

2浪 早稲田
まず、みなさんが知りたいのは

2浪したら早稲田大学に合格できるのか?

ということだと思います。

結論から言ってしまうと、とても厳しいです。

すでに1年間の浪人生活を終えた方なら、浪人のつらさは身にしみて感じていると思います。

2浪というのは、大雑把に言ってしまうとそのつらさがもう1年間続くわけです。

想像するだけでもハードな1年間になるのではないでしょうか。

さらに、その1年間を再び乗り越えたとしても、早稲田に合格できる保証はどこにもありません。

浪人している人にとってはシビアな現実を伝えてしまったかもしれません。

とはいえ、2浪して早稲田に合格することは「100%不可能」という訳ではありません!

実際に自分の身に周りにも、2浪を経て早稲田に入学した人がたくさんいます。

それに加えて、現役であろうが浪人であろうが、その年の入試で合格点をとってしまえば平等に受かります。

全ては、再び始まる1年間の浪人生活にかかっているのです。

2浪で早稲田を目指すなら、現役・1浪で合格できなかったという事実を真摯に受け止めよう

2浪 早稲田
これから2浪して早稲田を目指そうと真剣に検討している人にまず考えて欲しいのは

自分の現役・1浪の時のどこを直せば・補強すれば、合格できるのか

という事です!

厳しいことを言うようかもしれませんが、現役・1浪で合格できなかった人はほとんどの場合、どこか勉強の足りていない部分があったり、生活習慣に直さなければならないところがあります。

自分が2回の受験を成功させることができなかったと言う事実は目を背けたくなるかもしれませんが、そこから逃げてしまっては次の受験も上手くは行かないでしょう。

不合格の事実を受け止め、自分には何が足りなかったのかを考え、分析し、そして克服するために1つ1つの事に取り組んでいくのが、2浪で早稲田に合格するために必要な条件です。

冒頭にも書きましたが、2年浪人しても、自分の目標を追い続けることは本当にすごい事だと思います。

だからこそ、その目標を達成するために、一度冷静になって過去の自分を振り返って欲しいです!

【体験談】2浪で早稲田に合格した人が語る実態

さて、ここからは、実際に2浪を経て早稲田に入学された人の浪人時の話をご紹介します!

【Tくん(匿名)】現早稲田大学2年生。2年間の浪人生活を経て、早稲田大学文化構想学部に合格。

2浪して早稲田を目指そうと思った理由

たかはし
早速なんですが、現役・1浪を経て、2浪で早稲田を目指そうと思った理由は何だったのでしょうか。
Tさん
ここで妥協して頑張りきれなかったら、この先も一生頑張れないんじゃないかと感じて2浪を決意しました。
Tさん
現役・1浪と頑張りきれなかった自分が本当に嫌いで、そこをどうしても乗り越えたかったんですよね。
たかはし
なるほど。ということは、現役・1浪時は、自分が頑張っていなかったということを自分で認めていたということですか?
Tさん
そうですね。そんな自分のままでいたら将来が不安で仕方なかったので、早稲田受験に挑むことを誓いました。

現役・1浪と頑張りきれなかった自分が本当に嫌いで、ここで妥協して頑張りきれなかったら、この先も一生頑張れないんじゃないかと感じて2浪を決意したという○○さん。

自分の今後の人生を見据えた覚悟をもって、早稲田受験に挑み、見事合格を勝ち取ったそう。

自分の弱いところから決して目を背けず、それをバネに変えて勉強することがとても大事というのが伝わってくると思います。

2浪して早稲田を目指すことの厳しさ

たかはし
2浪で早稲田を目指すのって、実際きびしいんですか?計3年勉強するということになると思うので、厳しくない感じもしなくないのですが……
Tさん
いや、かなり厳しいです。浪人はすればするほど、合格可能性が低くなります。
たかはし
え!?それはなんでですか??
Tさん
精神的な戦いが増えるんですよ。勉強すること自体というより、そっちが厳しいんですよね。
Tさん
常に「2浪までしてどこにも合格できなかったらこの先どうやっていけばいいのか、今までの努力が無駄になってしまうのではないのか」という恐怖との戦いに常に追われるようになっていきます。

浪人すると時間が増えるので、合格可能性が上がると思われがちです。

しかし、○○さんは「浪人はすればするほど、合格可能性が低くなる」とおっしゃっていました。

なぜなら、

「2浪までしてどこにも合格できなかったら、この先どうやっていけばいいのか」
「今までの努力が無駄になってしまうのではないのか」

という恐怖との戦いにさいなまれるからだそうです。

2浪すると時間はたしかに増えますが、一方で現役・1浪に比べてどうしても余裕はなくなってきてしまうので、そこの管理はとても大事だといえそうです。

2浪して早稲田に合格するために必要なこと

たかはし
では、2浪で早稲田に合格したTさんから見て、2浪して早稲田に合格するために必要なことってなんですか。
Tさん
2浪してしまうような自分をまずちゃんと現実として受け止めることですかね。
たかはし
と、いいますと?
Tさん
2浪してしまった原因分析をするということですね。2浪だからといって「気合・根性」と言っていても何の役にも立たないし、むしろ自分の現状から目を逸らしていますから。
たかはし
なるほど。2浪した原因をしっかり分析する必要があるということですね。
Tさん
そうですね。2浪しても合格出来なかったということは努力の「量」ではなく努力の「質」、つまり「努力の方向性」が間違っていたということを理解すべき。そこから、勉強のやり方を根本的に変えていかないといけないんですよね。

2浪して早稲田に合格するために必要なことは、2浪してしまうような自分をまずちゃんと現実として受け止めること。

これが一番大事だとおっしゃっていました。

「気合、根性」などは何の役にも立たないし、むしろ自分の現状から目を逸らしている。

2浪しても合格出来なかったということは努力の「量」ではなく、努力の「質」、つまり「努力の方向性」が間違っていたということを理解すべきで、勉強のやり方を根本的に変えていかないといけない。

現実をしっかりと受け止めないと、また同じことのくりかえしになってしまうので、まずは落ちたという現実を受け止め、勉強の「質」を自分の頭で考えてあげていく必要があるといえるでしょう。

2浪で早稲田を目指すことはかなり厳しい。しかし、目指すなら本気で取り組もう!

ここまで、2浪で早稲田を目指すことの大変さ、必要な事について述べてきましたがいかがだったでしょうか?

くりかえしになりますが、2浪で早稲田を目指すことはとても厳しいです。

浪人せずに、別の大学に進学することも決して間違った選択肢ではないと思います。

しかし、それでも早稲田を諦めたくないという強い思いがあるのなら、今一度、これまでの自分を振り返りましょう。

そして、どうすれば2浪としての1年間を充実したものにできるのか。

また、どうすれば早稲田に合格することができるのかを真剣に考え、受験に本気でぶつかっていって欲しいと思います!

この記事がそのための役に立てたのなら幸いです!

偏差値40台・勉強時間0の私が”早稲田に逆転合格”できた理由

通っていた高校は“自称“進学校。

ましてや、東京の大学を目指す人なんてほとんどいない環境。勉強時間は0偏差値は40台前半大半の授業は寝ていました。

「どうせ早稲田はなんて受からない」、そんな気持ちの中、早稲田への逆転合格を掴み取った彼らの体験記はこちらです。