大学受験の最重要科目!早稲田に逆転合格するための英語勉強法

こんにちは!センセイプレイスのたかはしです!
今回は、早稲田に逆転合格するための英語勉強法についてお話しします。

ぼく自身、中学生のころは英語がとても苦手でした。授業で先生が言っていることがわからなすぎて、紙飛行機を飛ばして怒られてしまったこともあります(笑)
しかし、英語がどういう科目かを理解し、正しい方法で勉強したことで、偏差値は70を超えて早稲田4学部に合格するまでに成績が爆上がりしました。

ですので今回は、学生時代のぼくのような英語が苦手な受験生が、早稲田大学に逆転合格するために必要な効率の良い勉強法をお話しします。
当記事を読んで、早稲田に逆転するための英語学習の参考にしていただければ嬉しいです。

ただ、今回紹介する勉強法を完全に鵜呑みにしないでください。受験生が100人いたら、100人にそれぞれあった勉強法があります。

当記事を参考にしながら、自分の逆転合格に必要なことを洗い出し、早稲田に逆転合格できるような勉強計画を組み立てていきましょう!

英語が受験の最重要科目であることを理解すべし!

まずは、英語が受験の最重要科目といわれる根拠についてお話ししたいと思います。

みなさんも学校や塾などで、一度は言われたことがあるのではないでしょうか。

「英語は大学受験の中で最も重要な科目である」と。

ぼくも、高校時代に先生や先輩などにしつこく言われ続けてきました。そして、ぼく自身も「英語が受験の最重要科目だ」と心から思っています。

では、なぜそれほどまでに英語は重要な科目であると言えるのでしょうか。早稲田大学の最高峰である政治経済学部・法学部の配点を示しつつ、その理由についてご説明します。

早稲田大学政治経済学部の科目ごとの配点は、

  • 英語 90点
  • 国語 70点
  • 社会 70点

と、英語だけが20点も高くなっています。

早稲田大学法学部の科目ごとの配点は、

  • 英語 60点
  • 国語 50点
  • 社会 40点

となっています。

これらはあくまで一例ですが、ほとんどの大学で英語の配点はほかの科目よりも高くなっています。

英語の配点が高いということは、英語ができるほうが試験で点数を稼げるというのは、当然理解できますよね?

こういった理由で、英語は大学受験において最重要科目だといわれているのです。実際、ぼくの周りでも、最終的に合格を分けたのは英語ができるかできないかであったと言えます。合格した同級生は英語ができたし、不合格だった同級生はいくらほかの科目ができていても、英語が苦手で点数が取れなかったということがありました。

ですので、早稲田に逆転合格をするうえで、英語が最重要科目だという認識は忘れないでおきましょう。

たしかに、ほかの科目も合格を左右する科目であるとは言えます。しかし、他の科目が英語よりも配点が高い学部というのは少ない、また英語の配点が一番高く設定されている大学・学部が多いことは、大学発表の配点から明らかになっているデータなのです。

敵のことを知らないと、敵を倒すことはできません。正しい敵の特徴を見極めて、正しい方法で勉強を進めていくために、このことは頭に入れておきましょう。

英語を勉強する目的は「英語を英語のまま理解できる」ようになること

次に、英語を勉強する目的についてお話しします。

大学受験の英語の勉強って色々やりますよね。英単語おぼえたり、文法の勉強したり、英文解釈をやったり…。英語の勉強と1口に言っても、勉強するべきことやその勉強方法は違ってきます。

しかし、大学受験の英語を勉強する目的は、「英語を英語のまま理解すること」です。英単語をおぼえるにしろ、英文法を学ぶにしろ、すべてはこの「英語を英語のまま理解する」というところにつながっています。

 

英語の勉強を進めていくと、どうしても英語を勉強する目的を忘れて、「英語の英語のまま理解する」ための勉強をするのではなくて、点に結びつかない勉強を進めていくだけになってしまいます。

これを意識していないと、英単語をおぼえて英単語の意味を日本語で答えることに一生懸命になってしまったり、仮定法過去完了など英文法の用語をおぼえることに一生懸命になって、成績があがらない可能性が高くなります。

ですので、逆転合格を勝ち取るためにも、自分が進めている英語の勉強が、「英語を英語のまま理解する」ための勉強になっているか、意識しつつ勉強していきましょう。

早稲田に逆転合格するための英語勉強法

ここからは、早稲田に逆転合格するための英語の勉強法について、具体的に説明していきます。

ただ、ここに紹介されている勉強法はあくまで一例でしかありません。

英語の勉強法がまったくわからないといううちは、当記事の勉強法にしたがって勉強を進めていってもよいですが、途中で「自分にはこっちの方法があっているな」という勉強法を見つけたら、そちらの勉強方法に変えても全然かまいません!

100人いれば、100人それぞれに合った勉強法がありますから。

ですので、こちらにご紹介する勉強方法は、自分の勉強に役立てるための参考程度に思っておいてください

【STEP 0】英語が苦手な人は中学英語からやり直そう

早稲田に逆転合格するための英語の勉強を進めていく中で、中学英語の基礎が抜け落ちていると、先には進めない可能性が高いです。ですので、「自分は英語が苦手…」とか「中学の英語も怪しいな…」というかたは、中学英語からやり直しましょう。

「中学英語からやり直しても間に合うはずがない!」なんて思わないでください。中学英語の基礎が抜けているということは、英語の土台がまったくないという状態なので、そこにいくら難しい知識を積み重ねていっても、まず成績は伸びません。たとえば、be動詞がわからない人に、いきなり「be動詞+-ingは進行形だぞ」と教えるよりも、be動詞が何かということを知ってから、進行形を教えたほうが圧倒的に効率がいいですよね。

ですので、中学英語が怪しいという人は、しっかり中学英語のやり直しを行ってから、早稲田の逆転合格に向けた英語の勉強を進めていきましょう。

 

次に、具体的な中学英語の基礎というものについて説明します。

中学英語の基礎と呼ばれるのは、基本的に英文法の基礎だと思ってもらって大丈夫です。この段階では、英単語の勉強は意識しなくても大丈夫です。なぜなら、中学で習う英単語は難しいものはそんなになく、英文法で過去形などを勉強する際におぼえるものが多いですし、中学校の英語の授業で散々言われてきたことや、日本語にもなっているような英単語が多いからです。

この段階に自分がいるのなら、英単語よりは英文法の勉強に力を入れていきましょう。be動詞からはじまって、関係詞などの難しい分野まで、中学でやる英文法の全般を中学英語と思ってください。

 

では、具体的にどのように学習すればいいのか。

おそらく、中学英語の段階でつまづいている人は、英文法が嫌いかと思います。覚えなきゃいけない用語は多いし、用語の名前もわけわからないし…。気持ちはよくわかります。

なので、まず中学英語を勉強する際に、「深すぎる勉強はやらなくてもいい」ということをおぼえておいてください。具体的に言うと、「次に英語を勉強するときに、参考書などに書いてあることが理解できる」くらいでいいということです。

これを認識しておかないと、文法用語がおぼえられない…と嘆いたり、英文法のドツボにはまってしまう可能性が非常に高いです。ですので、あくまで早稲田に逆転合格するために英語を勉強していくうえで、最低限に理解しておくべきものという位置づけの元、そこまでプレッシャーをかけずに勉強を進めていってください。

 

だからといって、中学英語はいい加減に勉強していい分野ではありません。やるからには、おぼえるまではいかなくても、1つ1つの項目を理解できるところまでは学習してください。「過去分詞ってなに?」と聞かれて、「え?過去分詞?」となってしまうのではなく、「過去分詞って用語はよくわからないんですけど、○○で××なやつでしたっけ?」くらいに説明できるように勉強を進めていきましょう。

【STEP 1】英単語をおぼえる

中学英語はもう大丈夫だという人や、中学英語を学びなおし終わった人は、英単語をおぼえる段階に進みましょう。

まず最初に伝えておきたいのは、英単語力は英語の成績に直結するということです。なぜなら、英語の試験において大半を占めているのは英語長文ですが、その長文を読む際に、おぼえている英単語のストックがあればあるほど、読解がスムーズになるからです。ですので、英単語の学習は一層身を引き締めて、やってほしいと思います。

 

ですが、英単語っておぼえるのしんどいんですよね。(笑)

そもそもおぼえる単語数がめちゃくちゃ多いし、おぼえてもすぐに忘れてしまう…。ぼく自身も、学校の英単語のテストの前に勉強しても、すぐに忘れてしまって、先生に「おまえ、本当に勉強してきたのか!」と言われて、やる気を損ねてしまった時期もありました。早稲田に通っているぼくでも、おぼえられずに苦しんだ経験があります。

 

では、どうすれば英単語をおぼえて、かつ忘れずにいられるのか。

そのためのキーワードは「イメージ付け」です。英単語をおぼえるときには、この「イメージ付け」が欠かせないので、おぼえておいてください。

この「イメージ付け」というのを具体的に説明すると、「英単語を見たときに、その情景・ものなどが思い浮かぶこと」だと思っておいてください。たとえば、みなさん「peach(ピーチ)」という単語を見たり聞いたりしたら、どんなものを思い浮かべますか?ピンク色のフルーツがちゃんと浮かんできますよね。(笑)

 

どんな難易度の英単語でも、「イメージ付け」ができていれば、早くおぼえることができます。逆に言うと、「イメージ付け」をしないで無理やりおぼえようとしても、すぐに忘れてしまいます。

ですので、英単語をおぼえるときには、この「イメージ付け」というのを欠かさずに行ってください。

 

ただ、「イメージ付け」の持つ力をまだ信じられていないという人もいることでしょう。なので、ここで1つ「イメージ付け」の大切さを示すための例を出しましょう。

みなさん、「dawn」という英単語を知っていますか?

「dawn」の意味は「夜明け」です。ただ、これだけでは明日には忘れてしまいます。ですので、「dawn」の「イメージ付け」を行いましょう。「dawn」のイメージは以下の画像です。

 

想像できましたか?夜が明けて、太陽がのぼりかけているイメージです。

この景色と「dawn」をよく結び付けておいてください。そうすると、「dawn」を見た瞬間にこの絵が思い浮かぶようになってきて、意味も一瞬で思い出せるようになるはずです。

おそらく、これでも疑っている人は多いでしょうから、日を置いて当ブログをのぞいてみて、「dawn」の意味を覚えられていたかどうか確認してみてください。(笑)

 

ただ、この「イメージ付け」をいくらやっても、おぼえ忘れなどは必ずあります。

ですので、1周目で各単語の「イメージ付け」をしっかり行ったら、そのイメージをもとに、何周も何周も英単語帳での学習に取り組んでみてください。「イメージ付け」がしっかりできていれば、くりかえしていくうちに、英単語の意味が記憶できているでしょう。

 

さいごに、英単語帳を全ておぼえ終わったとしても、定期的におぼえ忘れがないかどうか確認しましょう。

1単語2秒くらいのペースで、どんどん確認していって、おぼえ忘れがあった単語にチェックを入れていくと効果的です。チェックを入れる際にも、いつ確認した時に抜けがあったのかを含めて記入するといいでしょう。

 

また、1冊や1ユニットで確認するときに、どのくらいの時間がかかったかというところにもこだわっていきましょう。長文を読んでいるときに、「うーん、この単語の意味なんだっけ…」ってなってはいけません。瞬時に「これの意味は○○だ!」と出てこないと、長文が読めるようにはならないからです。ですので、確認する際は「瞬時に意味が出てくるか」というところにこだわりましょう。

 

以下の記事も、英単語の勉強をする際に役に立つので、ぜひ読んでみてください!

 

英単語を勉強する際に、参考にしたい記事▶

効率よく単語を覚えて、英単語帳を1ヶ月で4冊終わらせる方法
というわけでどうも! Sです! 今回の記事では、”英単語帳の使い方”について書いていきます。 かつて、僕自身にも英単語の覚...

英単語帳を選ぶ際に、参考にしたい記事▶

【STEP 2】英文法を学習する

次に、英文法を学びましょう。英文法は、英語が書かれるためのルールなので、勉強が欠かせません。よく言われるたとえですが、英文法を知らずに英語を読もうとするのは、サッカーで手を使ってしまうくらいの危険性があります。(笑)ですので、英文法はしっかり学習しましょう。

 

しかし、英単語をおぼえる前に、英文法を学習しないようにしましょう。なぜなら、特に高校レベルの英文法がそうなのですが、用語も難しく、おぼえる項目もたくさんあるので、英語の勉強にはじめて真剣に取り組もうとしている人たちにとっては、苦行でしかありません。ですので、英単語をたのしくおぼえられるようになってから英文法に取り組むことをおすすめします。

 

では、具体的な勉強法について。多くの参考書には、それぞれの文法項目の説明と例文が載っていると思います。まず、英文法の参考書の文法項目の説明を読んで理解しましょう。例えば、to 不定詞は3用法があり、それぞれがどういう風に使われるかなどです。正直、英文法の参考書は非常に豊富なので、理解の段階でつまずくようなものだったら買い変えたほうがいいです。(笑)

 

その後、例文を読んでその文法項目がどのように使われているか理解しましょう。例えば、to 不定詞であったら、例文が I like to play soccer.であるなら、to play soccerの部分が「-すること」と訳されて、名詞的用法で…などの英文法自体の使われ方を、例文を使って理解しましょう。それを音読して、完ぺきに使えるところまでいければgoodです。反射神経で正しい英文法が使えるようにしていきましょう。

 

このとき、問題集にひたすら取り組むというのもありなのですが、問題集はあくまで文法学習の最終段階の1つでしかないので、問題集しかやらないという勉強方法はおすすめしません。きちんと、講義形式の参考書などで知識の理解・インプットを行いつつ、そのうえで問題集でアウトプットしましょう。

【STEP 3】語のまとまり(英文解釈)を学習する

「英単語もおぼえたし、英文法も勉強したし、そろそろ長文読解に…」とはなりません(笑)次に、語のまとまり(英文解釈)の勉強を進めていきましょう。

英文解釈とは、1文1文がどのような構造をしているのかを学習することを指します。たとえば、主語はどこか・それの動詞はどこか・この関係詞は何を修飾しているのか…など1文に対して、さまざまなアプローチをしつつ分解していく作業だと考えてください。

 

英文解釈に取り組む時期について。英単語がわからない段階だとそもそも意味が取れないですし、英文法がわからない段階でも同様に意味が取れない、かつ文法項目でしか説明がつかないような英語の使われ方がされているときに、それに気づくことができません。ですので、英単語や英文法の学習がある程度進んだ後に取り組みましょう。

 

具体的な勉強方法について。解釈の参考書はたいてい1文1文で問題が書いてあって、解説も充実しているので、それを活用しながら勉強を進めていくという形になると思います。そこで、まず1周目は訳すというより、単語1つ1つがどのような役割でつかわれているかをしっかり理解しましょう。あとは、ひたすらそれをくりかえすのみです。

1周目を終えた段階だと、理解はできていても、説明はできないというかたが非常に多いと思うので、何周も南洲も繰り返して、説明できる段階にまで行きましょう。

【STEP 4】受験レベルの長文になれる

英単語をおぼえて、英文法も勉強して、英文解釈も学習したら、いよいよ長文読解の勉強に入りましょう。

今までの勉強で1文1文の意味がとれるようにはなるんです。しかし、文章全体で何が言いたいのか・筆者はこの文章を通じて何を伝えたいのか、というところを読み取る力は、長文読解をこなしていかないと身に付きません。ですので、長文読解を通じて文章のメッセージをとれるようになるというのがこの段階の目標です。

 

ただ、この力は意識しない限りは身に付きません。長文の中に存在する逆接などを意識しながら、文と文がどのような関係になっているかを意識しながら取り組みましょう。「普通は○○だ。しかし、私は××だと考える。」という文があるならば、筆者のイイタイコトは後半部分なので、そこをしっかり読むなど、1文1文が長文のなかでどのような役割を果たしているのか、意識しながら学習を進めていきましょう。

 

しかし厄介なことに、逆接などを意識しすぎると、そこにだけ目が行ってしまって肝心の文章読解を忘れるなんてこともあります。「But見つけた!」などと言って、文章の意味を分かっていない人は、本当によくいます。

逆接などを見つけたからといって点数があがるのではなく、それを見つけて文章を読めるからこそ、点数があがるのです。そこは、点数の伸びに違いが出てくるところなので、勘違いのないようにしてください。

ここに書いてある勉強ルートはあくまで一例!君だけにあった学習方法を組み立てよう

今回は、早稲田に逆転合格するための英語の勉強法についてお話ししました。

しかし、ここに紹介した勉強法はあくまで一例でしかありません。最初のうちは、型にはまって愚直に学習することをおすすめしますが、勉強していくうちに「こうしたほうが効率がいいな」などと感じたら、全然そちらの勉強方法に変えていただいていいと思います。

1人1人にあった、それぞれの勉強法が存在するので、今回紹介した勉強方法にしたがわないから落ちるということもありません。

 

当記事を参考にして、少しでも早稲田の合格に近づくような英語の勉強を進めていただければうれしいです!