【世界史】各国別世界史ノートの特徴と使い方|タテから世界史を読む!

各国別世界史ノート

さとしセンセイ
こんにちは、センセイプレイスのさとしです!

「各国別世界史ノートってどんな参考書?」
「実際のところ、レベルやボリュームはどうなんだろう…」
「効果的な勉強法や、この参考書に向いている人が知りたいな」

こういった疑問にお答えします。

今回の内容
①『各国別世界史ノート』の特徴(構成、スペック、レベル、ボリューム)
②『各国別世界史ノート』をやる前に「取り組む目的」を考えよう
③『各国別世界史ノート』の効果的な勉強法
④一番大事なのは「自分の頭で考えること」です

ぼく自身も世界史の知識を覚えることに苦戦し、参考書や勉強法を調べまくっていた時期がありました。

しかし、世界史の知識の覚え方を考えまくって勉強法を確立させた結果、世界史の成績を爆上げすることができました。
当記事を読むことで、『各国別世界史ノート』の特徴や効果的な使い方を知り、今後の勉強に活かしていくことができるでしょう。

ぜひ、最後までお付き合いください!

※「世界史」の参考書が知りたい人はこちら

各国別世界史ノートをやるべき理由を意識しよう

各国別世界史ノート
各国別世界史ノートは早慶レベルの難関大学を志望する受験生に向けて作られています。
また、この参考書は教科書などで世界史を学習した後に復習で使用するのにも適しています。

そのため、自分がどのレベルなのか、そして自分はどのようにこの参考書を使えばいいのかを意識する必要があります。

例えば、世界史初学者や基礎ができていない人が各国別世界史ノートに取り組んだとしても、得られる効果は薄いでしょう。
難しい参考書をやったからといって得点が上がるわけではないのです。

そのため、参考書に取り組む際には、自分がどのレベルでなんのために取り組むかを意識するようにしてください!

各国別世界史ノートをマスターすれば早慶レベルの知識が身につく

各国別世界史ノートは早慶レベルの難関大学を志望する受験生に向けて作られています。
そのため、参考書として難しめです。また、難しい知識を問うてくる問題ももちろんあります。

しかし、早慶レベルの難関大学に合格するために必要なのはそういった重箱の隅をつついたような問題が解けることではありません。

早慶に合格するために1番必要なのは正解できる問題をいかに落とさないかです。

各国別世界史ノートは世界史を流れでとらえることに重点を置いているため、知識を吸収しやすく定着させやすくなっています。

そのため、各国別世界史ノートをマスターすれば早慶レベルの知識を身につけることができます。

各国別世界史ノートの構成

各国別世界史ノート
1西アジア・中央アジア・アフリカ史
2東アジア・北アジア・南アジア・東南アジア史
3ヨーロッパ史
4アメリカ・オセアニア史
5東西交渉史

各国別世界史ノートは上記の5章に分かれています。

各国別世界史ノートの特徴

各国別世界史ノートの1番の特徴としては、歴史をタテにとらえていることです。

教科書をはじめとした一般的な参考書は歴史をヨコにとらえ、私たちは歴史をヨコにとらえる勉強をします。
ここで注意して欲しいのは、ヨコに歴史をとらえることが悪いわけではないということです。
ヨコに歴史を見るからこそ見えるつながりがありますし、ヨコからとらえることにも利点は十分あります。

しかし、ヨコからだけでなくタテからも歴史をとらえることで今までに見えなかった歴史のつながりが見えたり、頭に歴史のつながりをより定着させることができます。

また、わかりにくいところや難しいところには地図や図を用いてくれています。

世界史に限ったことではありませんが、勉強をする際に文字だけをみて勉強してもなかなかイメージが湧きずらいものです。
そのため、文字でただ暗記したものはすぐに忘れてしまうことも多くあります。

しかし、この参考書では地図や図が用いられているため、理解の助けをしてくれます。

世界史においては地図や図は他の科目に比べて、非常に重要なものです。

実際に、世界史では地図を見て場所がわかるだけで得点になるなんてこともざらにあります。
そのため、参考書は最大限に活用しながら取り組みましょう!

各国別世界史ノートの具体的な勉強法

各国別世界史ノート

①問題を解く

問題集は解かないことには始まりません。まずは、問題を解いて行きましょう。
1周目は問題集には直接書き込まず、2周目も新品のような状態で取り組めるように別の紙に答えを書くなど工夫することをオススメします。

②答え合わせをし、わからなかったところ・間違えたところをチェックする

問題を解き終えたら、答え合わせをしましょう。

答え合わせをする際にありがちなことが、ただ○か×だけをつけて終わらせてしまうことです。
これは、ただその時解けた問題がわかるだけで、全く実力がつきません。

答え合わせで大切なのは、解けなかった問題を次に解けるようにすることです。

そのため、間違った問題をなぜ自分は間違ったのかを考えてください。
そして、次に似た問題が出題されたときに必ず解けるように復習をしましょう。

③1週間後に復習テストをする

前回わからなかった問題や間違えた問題を復習テストしましょう。
そして、定着するまで徹底的に復習しましょう!

①〜③を繰り返し参考書を終えた時にはかなりの実力がついていること間違いありません!

各国別世界史ノートをオススメする人

各国別世界史ノート
各国別世界史ノートは以下の人にオススメです!

・書き込み式の勉強が好きな人
・早慶レベルの難関大学を志望する人
・歴史の流れを重視した勉強をしたい人

書き込み式の勉強が好きな人

各国別世界史ノートは文章の中に空欄があり、そこに答えを書き込んで埋めるという形式の問題集です。
そのため、赤シートを使った勉強に飽きた!書かないと覚えられない!といった人にオススメの参考書です。

早慶レベルの難関大学を志望する人

各国別世界史ノートは早慶レベルの難関大学を志望する人に向けられています。
そのため、難易度は高いですが、早慶レベルの難関大学を志望する人にオススメの参考書です。

歴史の流れを重視した勉強をしたい人

各国別世界史ノートは歴史をタテにとらえ、流れをとらえることぬ重きをおいた参考書です。
そのため、歴史の流れを重視した勉強をしたい人にオススメの参考書です。

この記事はあくまで一例!自分にあった勉強法を探そう!

各国別世界史ノート
当記事では、世界史の参考書である「各国別世界史ノート」について紹介してきました。

各国別世界史ノートは質が高く、世界史の参考書としてとてもいいものだと思います。

しかし、万人に適切な世界史の参考書ではありません。人によって合うあわないは必ずあります。

使い方に関しても、自分で考えて試してみて、自分に合った方法を見つけられたらそれが1番効率の良い勉強法になります!

みなさんが世界史の参考書を決める際に、この記事を参考にしていただけたら嬉しいです。