【世界史】スピードマスター世界史問題集の特徴と使い方|世界史の基礎が1ヶ月で完成!

スピードマスター世界史問題集
高1・2生向けおすすめ記事一覧
高1・2からの大学受験戦略を知る
高1・高2からの難関大合格戦略|本気で志望校合格をめざすあなたへ
何から受験勉強をはじめるべきかを知る
【大学受験】受験勉強って何からはじめたらいい?という人が読む記事
勉強をしなきゃいけないのに、スマホをいじってしまう理由を知る
勉強しなきゃとわかってるのに、なぜスマホをいじってしまうのか?
定期試験はできるのに、なぜ模試だとできないのかを知る
定期試験はできるのに、模試ができないたった1つの理由
参考書をやっているのに成績が上がらない理由を知る
参考書をやっているのに成績が上がらない理由と解決方法
安東センセイ
こんにちは、センセイプレイスの安東です!

「学校の定期テストで高得点が取れるようになりたい」「本格的な問題演習に入る前に知識の確認をしたい」

こんな風に考えている受験生は多いのではないでしょうか?

世界史の勉強を始めたばかりの人は、センター試験どころか学校や塾の定期テストで点を取るのも一苦労ですよね。かといって有名な問題集はレベルが高くて手が出せない…

そんな受験生を対象に今回は「スピードマスター世界史問題集」を紹介したいと思います!

世界史の勉強に取り組む際、どの参考書を使うか迷った時にぜひ参考にしてください!

※「世界史」の参考書が知りたい人はこちら

スピードマスター世界史問題集の構成

スピードマスター世界史問題集

スピードマスター世界史問題集の特徴

スピードマスター世界史問題集の特徴としては

  • 1ヶ月で終わるように作られている
  • 定期テストやセンター試験に対応している

の2点が挙げられます!

スピードマスター世界史問題集は時代ごとに要点が整理されているページと空欄補充のページを合わせたものが全部で30単元あり、1日1単元のペースで進めていくと30日で終わる構成になっています。短期間で世界史の基本事項を復習したい人にはぴったりですね!

また、この参考書に掲載されているのはほとんどが世界史の中でも絶対に知っておかなければならない基礎知識です!学校や塾で行われるテストやセンター試験を受験する人には心強い味方となってくれることでしょう。

反面、この一冊だけでは難関大学の入試に立ち向かうのは難しいでしょう。

スピードマスター世界史問題集のボリューム

先ほども書いた通り、時代・地域ごとに全部で30単元で構成されています。
実際に書店で手に取ってもらえるとわかるのですがこの参考書、とても薄いです!

短期間で世界史の全範囲を復習するのにはオススメの参考書だと思います!

到達レベル

スピードマスター世界史問題集にしっかり取り組むことで、学校や塾のテストで困ることはほぼ無くなるでしょう。
この参考書には世界史の超重要事項がたくさん掲載されているのでしっかり取り組んで、基礎力の定着を図りましょう。

センター試験を受験する人にも大いに役立ってくれるとは思いますが、この参考書に加えてセンター試験の問題集などに取り組んでおくとよいでしょう。

スピードマスター世界史問題集に取り組むべき理由を意識しよう!

スピードマスター世界史問題集
スピードマスター世界史問題集は世界史の基礎を身につけるのに最適な問題集だといえます。
自分の行きたい大学・取りたい成績のレベルに到達するために必要となる基礎力を身につけるために取り組むのが最も良いと思います。
センター試験突破・MARCHレベル・早慶レベルまで、あらゆるレベルの世界史の対策をしていくうえで欠かせない知識がふんだんに含まれている問題集なので、世界史における圧倒的な基礎力を身につけることを目的として取り組んでみてください。

スピードマスター世界史問題集の具体的な勉強法

スピードマスター世界史問題集
次に、スピードマスター世界史問題集の具体的な勉強法について説明していきます。

まずは分野の要点を確認する

まずは、各分野の最初のページにある要点を確認しましょう。

「ナビゲーター世界史」などとは異なり、すべての単元が見開き1ページでまとめられているので確認しやすいと思います。
これまでの勉強で世界史の知識をまだ覚えきれてない人や、覚えたけど自信がない…という人はぜひやりましょう。
逆に、「この分野ならもうバッチリ!」なんて人はいきなり問題に取り掛かっても大丈夫です!

実際に問題を解く

次に、実際に問題を解いてみましょう。

要点をただ整理して確認しただけでは、実際にその知識を覚えているか、実際の試験で運用できるか分かりません。
なので、他の参考書や要点を通してインプットがある程度進んだらどんどん問題を解いていきましょう!

解答・解説を読んで、知らなかった知識は新たに覚える

問題を解いた後、自分の答えがあっていたかどうか丸付けをすると思うのですが、この時に
「やった!正解してた!」「あー、間違えてた」
と正解・不正解を確認するだけでは、世界史の成績を伸ばすことは難しいでしょう。

世界史以外の科目にも言えることですが、成績をあげるには、問題を解いた後、自分が知らなかった知識、理解が曖昧だった知識をあぶり出し、それらを記憶に定着させて、点数に結びつけていかなければならないからです。
正解していたら、まぐれじゃなかったか振り返り、不正解ならその問題はどうして間違えてしまったのか、次解けるようになるにはどうすれば良いかを考えながら丸付けをしていくと良いと思います!

定期的に復習する

最後に、期間をおいてもう1度解いてみましょう。
世界史は確かに暗記科目ではありますが、解答をそのまま覚えただけでは当然試験で点数を取ることは難しいでしょう。
なので、解いた問題は期間をおいてもう1度解いてみて、改めて知識が定着しているかどうかの確認を行いましょう!

スピードマスター世界史問題集をおすすめする人

スピードマスター世界史問題集
スピードマスター世界史問題集は以下の人におすすめです。

世界史をイチから理解し直したい人

世界史をイチから理解し直したい人には、スピードマスター世界史問題集をおすすめします。
世界史の基礎知識がまとめられており、1ヶ月という短期間で完成させる事ができるので、世界史を復習という人におすすめできる参考書だと言えます。

難関大を目指して早くから世界史を勉強している高1・高2生

難関大を目指して早くから世界史を勉強している高1・高2生には、スピードマスター世界史問題集をおすすめします。
高1・高2生が授業で学ぶレベルのことから書いてある参考書なので、取り組みやすい参考書だといえます。

この記事はあくまで一例!自分にあった勉強法を探そう!

スピードマスター世界史問題集
この記事では、スピードマスター世界史問題集の概要と取り組み方について紹介してきました。

しかし、この記事で紹介したことはあくまでも一例であり、はじめる世界史 要点&演習を絶対にやらなければいけないわけではないし、やり方も自分に適したやり方を見つけるのが最善です。

みなさんには、自分のことを理解した上で、自分に一番適している参考書を見つけ、自分なりのやり方をカスタマイズして取り組んで欲しいと思っています。

この記事がそのためのお手伝いとなれたら幸いです!

難関大合格者の7割は高2から受験勉強をはじめてる


動画詳細:https://youtu.be/fTaER1MsqBo

某予備校の調査によると、難関大合格者の7割は高2から受験勉強をはじめているそうです。

とはいえ、「何から勉強したらいいの?」と悩んでいる高2・高1生も多いことでしょう。

そこで、センセイプレイスでは勉強スタートダッシュキャンペーンと題し、これまで計3000人以上の受験生と対話をしてきたスタッフが「何から勉強したらいいのか」という課題を一緒に考えていきます。

申し込み締め切りは12月20日までです。

また、大変多くの申し込みをいただいてるため、早期にキャンペーンを打ち切る可能性もございますので、お早めの申し込みをおすすめいたします!

詳細はこちらをご覧ください!