【大学受験】共通テスト対策はいつから始めればいいの?|結論とやるべきことを解説

無料体験指導受付中!


無料体験指導で逆転合格を目指す
↓↓↓↓↓
センセイプレイスの無料体験指導はこちら

※上記ボタンから、公式LINEにジャンプします

【大学受験】共通テスト対策はいつから始めればいいの?|結論とやるべきことを解説
安東センセイ
こんにちは、センセイプレイスの安東です!
「共通テストの対策、何もしてないけど間に合うかな?」

「初めての試験だからしっかり対策しておきたいけど、やり方が分からない」

「高2だしあんまり勉強してないんだけどまだ大丈夫かな?」

今回は皆さんのこのような悩みを解決していきます!

これまで30年も続いてきたセンター試験が終わり、今後は共通テストが実施されることになります。

過去問がないということもあり、既に十分に対策できているという人は少ないのではないでしょうか?

また、高校2年生や、これまで部活を続けてきた人は受験勉強そのものがあまり出来ていないと思います。

それでも、志望校の合格を勝ち取るには、いつから共通テスト対策をスタートさせれば良いのでしょうか?

そこで今回は、

  1. 共通テスト対策はいつから始めるのが良いか
  2. 共通テスト対策をする前までにやるべきこと
  3. 共通テスト対策で受験生が具体的にやるべきこと

について紹介していきます!


無料体験指導で逆転合格を目指す
↓↓↓↓↓
センセイプレイスの無料体験指導はこちら
※上記リンクから、公式LINEにジャンプします


【結論】共通テスト対策は11月から始めよう

【結論】共通テスト対策は11月から始めよう
まず最初に結論から言うと、共通テスト対策は11月から始めれば大丈夫です!

試行調査・過去問をやるためには約2カ月は対策する必要があります。

なぜなら、自分の現状の実力を正確に把握し、志望校に必要な点数から逆算して、自分の苦手分野をなくし、確実に共通テストで点数をとるための対策をする必要があるからです。

共通テストは、センター試験と同じく1月の第3週に実施されることになっています。

そのため、試験日程から逆算して11月が、共通テスト対策を始めるのにはちょうど良いタイミングです!

ただし、11月から対策を始めたら、そこからはゆっくりしている時間は残念ながらありません。

苦手科目の苦手をつぶし、限られた時間で共通テストで点を取れるようにならなければならないからです。

さらに、理科基礎などの共通テストでしか使わない科目は、2次対策と違って比重が小さい分、集中して短期間で仕上げる必要があります。

もしかしたら、ここまで読んで、

「それだけやるのに、11月からで間に合うのかな…」

と不安に思った人もいるかもしれません。

そこでここからは、受験生が11月までにやっておくべきこと、そして11月から具体的にどう共通テストの対策をするかをこれから紹介していきます!

高1・2生向けおすすめ記事一覧
本気で受かりたいキミへ
【高2・勉強時間0、偏差値40台からの早稲田逆転合格体験記】
【高1・高2からの難関大合格戦略】

受験勉強お悩み別の記事はこちらから!

・何から勉強したらいい?
受験勉強をこれから始める人が読む記事
・スマホをいじってしまう…
スマホを封印し、成績を劇的に伸ばす方法
・模試で点が取れない!
定期試験はできるのに、模試ができないたった1つの理由
・成績が上がらない!
参考書をやっても成績が上がらない理由と解決方法

共通テスト対策の前の基礎固めは今すぐ始めよう

共通テスト対策の前の基礎固めは今すぐ始めよう
では、11月までにやっておくべきこととはなんでしょうか?

それはずばり、基礎固めです。

例えば、共通テストの問題を解く前に、英単語や数学の公式は完璧にしておかなければなりません。

高3だから、受験が近いからといって、基礎固めをせずに入試直前からいきなり共通テストの対策をしてもすぐに点が取れるわけではありません。

また、各大学で個別に実施される2次試験の対策ばかりやりすぎて、共通テストで点を落としてしまっては元も子もありません。

なので、2次試験で使わない科目も含めて基礎固めは、11月前までに完璧にするくらいの気持ちで、今すぐ始める必要があります。

そして、高1・2生も、基礎固めは今すぐ始めましょう。

なぜなら、基礎固めが早くできればできるほど、受験勉強は有利になるからです。

高3になったら、共通テストだけでなく、自分の志望校で出題される2次試験の対策に大きく時間を割かなければなりません。

そのため、共通テスト対策は11月からやると考えても、それを解くための基礎レベルの勉強は早いうちから時間をかけておくことをおすすめします。

共通テストの問題は解けなくても、英単語や文法、授業の復習など、今のうちからできる勉強はあると思います。

試行調査・共通テストの対策をするまでに、解くのに必要な力をつけておきましょう!

高1・高2からの大学受験合格戦略|本気で志望校合格をめざすあなたへ


無料体験指導で逆転合格を目指す
↓↓↓↓↓
センセイプレイスの無料体験指導はこちら
※上記リンクから、公式LINEにジャンプします



共通テスト対策に取り組む前にやっておきたい3ステップ

共通テスト対策に取り組む前にやっておきたい3ステップ
では、共通テストの対策をするまでに、必要なことを3ステップに分けて紹介していきたいと思います!

特に、まだ共通テストを対策するまでに時間のある高校2年生の人は、これを読んで、少しずつ周りと差をつけていきましょう。

  1. まず試行調査を1年分解く
  2. 志望校で必要な共通テストの科目、配点を調べる
  3. 必要な科目の基礎レベルの勉強に取り組む

①まず試行調査を1年分解く

まずは、試行調査の問題を1回解いてみましょう!

試行調査とは共通テスト導入に先駆けて2017年、2018年にそれぞれ実施されたプレテストのことです。

なぜ、最初に問題を解くのかと言うと、1月までにこれが解けるようにならないといけないという意識を持つ事ができるからです。

共通テスト対策はいつからやるのか分からないと思いつつも、問題を解いた事がある人は少ないのではないでしょうか?

共通テストは、日本のほとんどの受験生が受けることになるため、センター試験に引き続き自分の今の学力を知る良問が出題されます。

そのため、実際に問題を解くことで、

「入試当日までにこの問題で◯割出来てないといけない」

という最終的にたどり着くべきレベルを意識することができます。

また、仮に全く解けなかったとしても問題ありません。

なぜなら出来ないなりに、問題の特徴自分の苦手な分野を発見する事ができるからです。

特に共通テストは、現代文で図が出てくる、数学に会話文が出てくるなど、これまでのセンター試験とは異なる、意外な問題の傾向が見られます。

そのため、最初に試行調査の問題を解いておく事で、共通テストに臨む下準備を整えておきましょう!

そうだ、過去問分析しよう!~受験勉強を何から始めればいいのか迷っている人へ~

②志望校で必要な共通テストの科目、配点を調べる

問題を解くだけでなく、皆さんの志望校の入試情報についてもチェックが必要です!

なぜなら、共通テストと一言で言っても、必要な科目は人それぞれ異なるからです。

この記事を読んでいる人は基本的に共通テストが受験に必要な人だと思います。

しかし、共通テストの中で、自分にとって必要な科目が5教科7科目の人もいれば、3教科人もいます。

その科目の基準が志望校なのです。

また、2次試験でも使う科目は、共通テスト対策だけでなく2次試験の対策もしなければなりませんので勉強の仕方は変わります。

さらに言えば、2次試験と共通テストの点数の割合によっても、共通テスト対策は異なってきます。

例えば、

  • 東大志望だから足切りを意識する
  • 文系3科目しか必要ないから数学を捨てる
  • 地方国公立だから2次試験より5科目の共通テストにひたすら時間をかける

といったようなイメージです。

なので、志望校で必要な共通テストの科目、配点を調べる事で、自分が取り組むべき科目を共通テストの対策前に洗い出しておきましょう!

また、志望校がまだ決まっていないという人は、以下の記事を参考にしてみてください!

やりたい事が見つからない!志望校の選び方を現役早大生が教えます!

③必要な科目の基礎レベルの勉強に取り組む

自分にとって必要な科目が分かったら、その科目の基礎固めを行いましょう!

志望校合格のために英語が必要と分かっても、いきなり英語の共通テストが解けるわけではありません。

共通テストの問題を見て、学校では解かない量の英語長文や文法問題に驚いた人もいるかもしれません。

ですが、今すぐ共通テストで合格点を取れなくても問題ありません。

入試当日までに、合格点を取れる準備をしておけば良いのです。

英単語や文法など、基礎的な勉強は今日からでも、授業、課題、参考書などを通して取り組めると思います。

そのため、がむしゃらに過去問を解くのではなく、

  • 高3に上がるまでに英単語帳を1冊仕上げる
  • 夏休みに入る前に英語長文を1日1題、音読しながら解く

のように、日々の勉強を、共通テストというゴールに向かって進めていきましょう!

また、ほとんどの人にとって、この時点では共通テストのみの科目よりも2次試験で使う科目の方が重要でしょう。

共通テストと2次試験の両方を意識しつつも、2次試験で使う科目に優先的に時間を使うのがおすすめです!

【英語】英文法を短期間で終わらせる勉強法4ステップ|英語の基礎を固める!

【古文】古文単語の覚え方|古文の基礎を固めるための4ステップ

早稲田に逆転合格したい人へ
センセイプレイスブログは、一人ひとりに合った勉強法にカスタマイズする
オンラインコーチ予備校・センセイプレイスが運営している受験攻略メディアです。

【センセイプレイスで早稲田に逆転合格を果たした先輩の体験談はこちらから!】
高3生はこちら→ 高3・偏差値40台からの早稲田逆転合格体験記
高1・2生はこちら→ 高2・勉強時間0、偏差値40台からの早稲田逆転合格体験記
浪人生はこちら→ 浪人して早稲田に合格した先輩が語る「浪人生活の実態」とは

共通テスト対策に必要な3ステップ

共通テスト対策に必要な3ステップ
ここまで、共通テストの対策に取り組む前にやるべきことを紹介してきました。

では、基礎固めを終えたあと、11月以降の共通テストの対策はどのように行えば良いのでしょうか?

ここからは、共通テストを対策するための3ステップを紹介します。

これから共通テスト対策に入る人たちは、要チェックです!

  1. まずは試行調査の問題を解く
  2. 志望校のボーダーと自分の点数を差を確認する
  3. 残り必要な点数をどうやって取ればいいのか、大問単位で考え、差を埋める勉強をする

①まずは試行調査の問題を1年分解く

まずは、試行調査の問題を1回解いて自分の実力を確かめましょう!

試行調査は2017年と2018年の2年分があるはずです。

共通テストは、これまで使ってきた参考書や授業の問題とは傾向が大きく異なります。

それをまずは把握しましょう。慣れるためにも試行調査を利用しない手はありません。

やったことのないものがあればそれを、どちらもやったことがあるなら、より昔に取り組んだものを解きましょう。

11月までの勉強で、基礎固めができた後なら、ある程度手応えがあるかもしれません。

逆に、共通テスト独特の問題に苦戦する可能性もあります。

ですので、まずは試行問題(またはそれに代わるもの)を解いて、現在の自分の状態を確かめましょう。

②志望校のボーダーと自分の点数の差を確認する

問題を解き終わったら、自分の点数が、それぞれの科目の点数が志望校のボーダーラインに届いているかどうかを確認しましょう!

ここで大事なのは、目標の点数に届いていないからと言って落ち込まないことです。

この記事の中では何度も言っていますが、入試当日に合格点を取れれば大丈夫です。

なので入試当日までに、どの科目で、あと何点必要なのかを知るため、目標点と今の点数の差を把握しておきましょう。

点数を調べる時は、いつでも見る事ができるように、紙に書き並べておくのがおすすめです。

得点が志望校に届いていれば、共通テスト対策は確認程度で2次対策に力を入れる事ができます。

逆に、志望校に届いていなければ、点数が足りていない科目に力を入れる必要があります。

このように共通テスト本番までの残り時間で、効率よく志望校に近づくためにも、志望校に必要な点数と自分の点数の差はチェックしておきましょう!

③残り必要な点数をどうやって取ればいいのか、大問単位で考え、差を埋める勉強をする

志望校合格のために必要な点数が分かれば、あとは苦手な部分、得点が足りない部分をつぶすだけです!

ここまできたら、、必要な点数を取るためにどうするかを明確にしましょう。

基礎固めや日々の授業、そして2次試験の対策を通して、自分が考えていた受験勉強は大体完了しているという人もいるかもしれません。

しかし、共通テストの問題で満点が取れていないということは、どこかで勉強しそびれた部分、もしくは勉強したけど忘れてしまっていた部分があるということです。

ジクソーパズルで例えると、ほとんど組み立て終わっているけれども、所々ピースがはまっていないような状況です。

そんな時は、残っているピースを1つずつ、絵柄を見ながら、空いているところに埋めていきますよね?

共通テストも、同様に穴を埋めるように対策していけば良いのです。

志望校のボーダーラインまで、

  • 英語があと20点足りないから、長文で15点、文法で5点獲得する
  • 国語があと10点足りないので、半分しか獲得できていない漢文で追いつく
といったように、残りの差を埋める点数を大問単位で細かく書き出してみてください。

そして、

  • 長文の15点のために長文問題集を1冊音読しながら仕上げる
  • 文法は苦手な仮定法をネクステであと2周する
  • 漢文でもう10点獲得するために、「早覚え即答法」を年内までに読み返す

このように、勉強する分野を参考書単位で取り組んでいきましょう!

取り組む参考書を紙に書き出して、仕上げたものを線で消していけば、ふさがなければいけない穴がどんどん埋まっていくのを実感できると思います。

また、参考書に取り組む際は、試験までの残り時間を意識するようにしましょう。

なぜなら、共通テストの1ヶ月後には、ほとんどの国公立大学・私立大学で個別試験が実施されるからです。

「残りの1ヶ月は生物基礎を5点上げるために使うよりも、2次試験でも使う英語を20点上げるために使おう」

といったように、残りの期間を踏まえて勉強する内容を取捨選択する必要があることを意識しながら、参考書に取り組んでください!

また、各科目ごとで、共通テストの対策を知りたいという方は、以下の記事を読んでみてください!

【大学受験】共通テスト英語の必勝対策法!|現役慶應生が徹底解説!

【大学受験】共通テスト現代文の必勝対策法!|現役慶応生が徹底解説!

【大学受験】共通テスト古文の必勝対策法!|現役早稲田生が徹底解説!

共通テスト漢文の必勝対策法

【大学受験】共通テスト漢文の必勝対策法!|現役早稲田生が徹底解説!

無料体験指導で偏差値40台から逆転合格

※上記ボタンから、公式LINEにジャンプします


公式LINEについて知りたい方はこちら

ここまで読んでも、まだ少し不安なキミへ

馬場センセイ
こんにちは!センセイプレイス学習責任者の馬場です。

記事を最後まで読んでいただき、ありがとうございます!

ここまで読んでくれたキミは、きっと勉強のやる気が出てきたところかもしれません。

でももしかしたら、「正直、やる気は出たけど、ちゃんと伸びるかはわからない…」と思っているのではないでしょうか。

私も受験生の頃、いろんな勉強法を調べましたが、それで簡単に成績が伸びることはなく、不安な日々を過ごしていました。

しかし、受験生時代にある秘訣に気づいてから、みるみる成績をのばすことができました。

その結果、最終的には高校中退・偏差値30台から早稲田大学政治経済学部に合格することができました。

私は中学を素行不良で退学になり、高校も中退してしまいました。

そんな私でも、偏差値30台から早稲田大学に逆転合格することができたのには、秘訣があります。

そんな秘訣を基に、多くの大学受験生を救いたいという思いから、いまオンライン予備校を経営しています。

それが、センセイプレイスというオンライン予備校です!

センセイプレイスでは、独学コーチングというサービスを提供しています。

週1回のマンツーマン指導によって、万人にむけた勉強法ではなく、キミだけの勉強法ややるべきことを一緒に考えていきます。

その結果、予備校や独学など、ほかのどんな勉強よりも早く成績を伸ばしていくことが可能になります!

センセイプレイスでは、1人ひとりに合った独学コーチングを提供した結果として、

半年で、偏差値40台から早稲田大学に現役合格!

高3春、偏差値38。“全落ち”からの早稲田に逆転合格!

偏差値43の高校から、明治大学に逆転合格!

など、数々の生徒の逆転合格を見届けてきました。

※体験談が見たい方はこちらからも見れます。

センセイプレイスで逆転合格をした先輩の体験談を見る

「ネットでいろいろな勉強法を調べてきたけど、ぜんぜん成績が上がらなくて不安……」

「予備校に通ったけれど、授業のレベルが合ってない……」

「合格したい気持ちはあるけど、勉強したくてもできない……」

こんな悩みに少しでも「わかる〜〜!」となった方は、ぜひセンセイプレイスの詳細を見てみてください!

センセイプレイスの逆転合格に導く秘訣を見る