【大学受験】 独学でも難関大学に合格できるの?独学経験者がお答えします!

キミの独学を、ひとりにしない。

センセイプレイスは、独学コーチングを提供しているオンライン予備校です。

そんなセンセイプレイスでは、受験生に役立つ情報をLINE@で無料配信中!

  • LINE@登録者限定コンテンツ
  • 受験勉強に役立つ勉強法・参考書のtips
  • お得なキャンペーン情報

などを続々配信中!

現在、LINE@登録者は10000人超!

他の受験生に乗り遅れないためにも、今すぐご登録を!


早稲田に逆転合格したい人へ
センセイプレイスブログは、一人ひとりに合った勉強法にカスタマイズする
オンラインコーチ予備校・センセイプレイスが運営している受験攻略メディアです。

【センセイプレイスで早稲田に逆転合格を果たした先輩の体験談はこちらから!】
高1・2生はこちら?
>>
勉強時間0、偏差値40台の私が早稲田に逆転合格できた理由
高3生はこちら?
>> ぼくが偏差値40台から半年で早稲田大学に逆転合格した話
浪人生はこちら?
>> 浪人して早稲田に合格した先輩が語る「浪人生活の実態」とは

「塾や予備校に通うのはお金がかかる…」
「独学で大学受験を乗り切れるのか不安…」
「独学の方法がわからない!」

こんな悩みを抱える高校生は多いのではないでしょうか。

今回の記事では、ずばり

独学でも難関大学に合格できるのか?

ということについて解説していきます!

【実証済み】独学でも難関大学に合格できる

実際、塾や予備校に通っていなくても難関大学に合格した人はたくさんいます

そうは言っても、塾や予備校に通うことと比べると、独学での受験は不利だと思われがちです。

確かに、自分で全て決めた勉強プランを実行するのは不可能に思えるかもしれません。

しかし、やり方さえ間違えなければ、独学を受験合格への近道にすることができます!

ここからは、独学の具体的な方法と、メリット・デメリットを解説していきます。

独学のやり方とは

ここからは、独学の具体的な方法を4ステップに分けて説明していきます。

センセイプレイスでは、独学の方法についての記事も公開しているので、そちらも参考にしてみてください。

勉強計画を立てる

まずは、勉強計画を立てていきましょう。

がむしゃらに参考書をやったとしたら、多少はできるようになるかもしれません。

しかし、例えば記述式が多く出題される学校が志望校なのに、マーク式問題集ばかりやっていても何の対策にもならず、時間の無駄になってしまいます。

そのため、志望校の過去問をベースにして計画を立てていくことが重要になってきます

一口に「志望校」といっても、チャレンジ校から実力校まで様々だと思います。

それに合わせて過去問演習の量も決めてください。

そして、「志望校合格」というゴールから逆算して、これをやれば確実に過去問の点数が上がる、という参考書を吟味して計画を立てていきましょう。

自分にあった勉強法を見つける

次に、自分に合った勉強法を見つけましょう。

当ブログなど、ネットに書いてある方法を参考にするのもアリですが、
あくまでも紹介されている勉強法は、「一例」にすぎず、その方法が自分に必ずしも当てはまるわけではない、ということを忘れないでください。

自分に1番合った勉強法は、自分で何度も挑戦し、改善していくしかないです

時間はかかりますが、改善するためには「この方法だと〇時間でこの量しか進まなかったから今度はこの方法でやってみよう」などというように、具体的な数字を基準にしていきましょう。

勉強の場所を決める

次に、自分のメインとなる勉強場所を決めましょう。

今までの自分の経験などをもとに、家で勉強するなら自分の部屋やリビングでやってみて、
外で勉強するなら、図書館やカフェなどに行き、どこでなら自分が1番集中できるのかを実際に勉強して確かめましょう。

もし自分に合ういい場所が見つからないのなら、登録制の有料自習室などを使ってみるのもいいかもしれません。

モチベーションを安定させる

誰しも受験勉強を続けているうちに直面する大きな問題の一つに、やる気の維持があげられると思います。

塾や予備校に通っていると、ライバルの存在をひしひしと感じるので、
それがやる気になることが多いです。

しかし、独学だと自分しかライバルがいないため、自分の成長が感じられないときに、勉強のモチベーションが下がってしまいます。

一人でもモチベーションをあげるには、毎日自分がどのような成長をしたかの振り返りをしていくことが重要です

モチベーションが下がってしまった時には、今までやってきたことを振り返って、「自分はこんなに頑張ってきたんだ」ということを再確認してみてください。

もう一つ重要なのは、「なぜその大学に行きたいのか」を再確認することです。

たとえば、自分の憧れの大学があるのなら、自分がそこに行きたい理由をどこかにメモしておくことで、やる気がなくなった時に見直して、やる気を出すことができるでしょう。

独学のメリットとは?


ここからは、塾・予備校に通っていないからこその独学のメリットについて解説していきます。

効率的に自分の勉強ができる

まず1番にあげられるメリットとしては、効率的に自分の勉強が進められる、という点があります。

自分にとって意味のない勉強、例えば自分の志望系統とはあまり関係のない単元の勉強などする必要がなくなるので、効率の良い時間の使い方をすることができます。

大学受験はとにかく短い期間の中でいかに他人より効率よく時間を使って効果的な勉強ができるか、という戦いになってきます

参考書は一つの教科だけでいっても数え切れないほど販売されているため、自分に合ったものを見つけやすいですし、非常に質の高いものばかりなので知識不足になることもありません。

また、独学がうまくいけば、予備校で1コマ90分かけてやる内容を、30分程度で終わらせることもできます。

自分のペースで勉強できる

また、独学だと、予備校などの講義の時間
に縛られることなく、自分の好きなタイミングで勉強できます。

もちろん、全て自分次第なので、その分全く勉強しなくなるというリスクもありますが、クラブや学校の授業・課題と並行しながら、自分のペースで進めることができます。

将来、役に立つ能力が大量に身につく

独学は、自分で考えて行動する機会が非常に多いため、思考力や自己管理能力が大きく伸びます

独学で受験を乗り越えれば、計画を立てる力、その計画を実行する力、自分でメンタルをケアする力など、多くの面で成長できると言えるでしょう。

独学のデメリットとは?

ここからは独学のデメリットについて解説していきます。

独学はうまくいきさえすれば、とても効率的に勉強できます。

しかし、実際に自分の立てた計画通りに勉強できる人は本当に少数です

多くの人は、ここから紹介する4つのポイントで失敗するので、独学を始める際に気をつけてみて下さい。

勉強計画

まず、勉強計画を立てる時点で失敗してしまうということが考えられます。

相談する相手がいないので、勉強計画を立てるのが難しいです。

自分に達成できないような無理やり詰め込んだ計画や、自分に甘い計画のような、間違った勉強計画を立ててしまうと、ほとんど成績は伸びません。

非現実的な計画ではなく、現実的に達成可能でなおかつ確実に成績が上がる勉強計画が必要です。

難しく聞こえるかもしれませんが、勉強計画をきっちり立てられるか、そしていかにそれに沿った勉強ができるのかが、独学において最も大切です。

情報収集

また、1人で勉強することになるので、受験の情報を集めにくい、という点もデメリットの一つです。

模試の情報入試本番の出願を間違えてしまうことが多々ありますし、有名大学の穴場学部の情報などを集めにくいです。

それだけではなく、他の受験生がどのくらい勉強しているのかがわからなかったりします。

参考書のやり方が正しいのかわからない

これもまた相談する相手がいないため、自分の勉強方法があっているか不安になってしまいがちです。

間違った勉強法でいつまでも勉強していても、点数はほとんど伸びません。

自分の志望レベルならばどこまで細かく覚えればいいのか、どうすれば早く覚えられるのかが分かっていないと受験には間に合いません。

それどころか、やり方を間違えると参考書を一生懸命やっているのに点数が伸びず、ただの時間の無駄になってしまった、ということもおきかねません。

モチベーション

上でも述べた通り、受験勉強へのモチベーションの維持は本当に大切です。

点数が伸びなかったり、切磋琢磨するライバルがいないことで、モチベーションが下がってしまうことがあります。

独学には強制力がないので、自力でいかにモチベーションを上げるかが重要になってきます

誰に言われるわけでもなく自発的に、1日何時間も勉強できるほどのモチベーションを生み出せるかで受験の勝敗が決まる、と言っても過言ではありません。

独学において大切な休憩のとり方


なかには、ストイックになりすぎて休憩を取らずに勉強しようとする人がいますが、疲れた状態では集中できないため、逆に非効率になってしまいます。

「ポモドーロテクニック」とよばれる、25分集中して5分休憩する、というのを繰り返す方法や、

「ウルトラディアンリズム」という、90分集中して15分休憩する方法を活用することが大切です。

受験はマラソンのようなもので、いかに疲れずにいいペースで長く走り続けられるかが大事になってきます

休憩をとらないのは全く効率的ではないので、休憩をとってうまく勉強とのオンオフを切り替えながら、疲れにくい勉強をしていく必要があります。

独学は実は楽しい。しかも塾や予備校に通っても結局独学をする必要がある

ここまで、いくつか独学のデメリットを紹介してきたので、「独学はやっぱり難しいのではないか」と感じている人もいると思います。

しかし、自分が何をすれば点数が伸びるのか理解しているという、自分をコントロールできている感覚があれば独学はとても楽しくなります!

また、うまくいけば周りよりも点数が断然早く伸びるので、その点でも楽しさを感じることができると思います。

予備校や塾に通ったとしても、講座を受動的に受けているだけでは一切点数は伸びないと言っていいでしょう

予備校に通うにしても、ゴールから逆算して、自分に何が足りないのかを分析した上で自発的に勉強しましょう。

独学的な思考がないと、何の意味もなく、お金と時間の無駄になってしまいます。

独学を始めようか悩んでいるキミへ

ここまで記事を読んでくれたキミは、少しでも独学での大学受験を検討していることでしょう。

でも同時に「自分1人で考えて大学に合格できるような勉強できるかな……」という不安もあるのではないでしょうか?

もし難関大学を目指すとなれば、余計にその不安を大きくなると思います。

関関同立・MARCHを目指すとなると受験生の上位5~10%にならなければなりません。

ぼくも自分で勉強を始めようと思った時は、

「残りの期間で志望校に間に合うか不安」
「自分なんかが難関大学を目指してたら友達に馬鹿にされるんじゃないか」

なんてことをずっと考えていました。

かといって相談できる人もおらず、1人でずっと不安を抱えながら勉強する日々。

自分で勉強しても模試の結果も思うように伸びず、勉強へのモチベーションもどんどん下がって行きました。

もしキミも同じような悩みを持っているなら、難関大学に受かった経験があり、なおかつ自分の受験をしっかりサポートしてくれるコーチのような存在を見つけることが大切です。

自分の勉強をしっかり把握してくれて、適切なアドバイスをしてくれる人がいれば勉強はグッと楽になります。

ぼくもコーチのような存在が見つかってから、勉強すればするほど点数が上がるようになっていきました。

もし周りに自分の勉強をしっかり把握してくれて、適切なアドバイスをしてくれる人がいなければ、センセイプレイスの無料体験指導をぜひ受けてみてください。

センプレの無料体験指導では、今抱えている悩みを解決し、志望校に向けて勉強をどのように変えていけばいいのかを学べます。

抱えている悩みをスッキリすることができて、勉強計画の立て方などをキミだけに合わせて話します。

難関大学を突破した経験があり、多くの受験生の悩みを一緒に解決してきたセンセイプレイスのスタッフに、どんな事でも相談することができます。

無料体験指導を受けた人たちの声は、以下の画像からご覧になることができます。

無料体験指導はオンラインで行うので、全国どこからでも受けることが可能です。

また、特別な準備は必要なく、LINE通話で1時間~1時間30分行うことができます。

下のボタンから申し込んでいただき、ぜひ無料体験指導に申し込んでみてください!担当スタッフが対応致します!

※月ごとに体験指導ができる回数には上限があります。予約が間に合わず、最大で約1ヶ月待ちになったこともございます。体験指導を希望する方はお早めにご予約ください。

偏差値40台、勉強時間0の私が”早稲田に逆転合格”できた理由

通っていた高校は“自称“進学校。

ましてや、東京の大学を目指す人なんてほとんどいない環境。勉強時間は0偏差値は40台前半大半の授業は寝ていました。

「どうせ早稲田はなんて受からない」、そんな気持ちの中、早稲田への逆転合格を掴み取った彼らの体験記はこちらです。