【悲報】大学受験において独学が最強ですが、かなりきついです

キミの独学を、ひとりにしない。

センセイプレイスは、独学コーチングを提供しているオンライン予備校です。

そんなセンセイプレイスでは、受験生に役立つ情報をLINE@で無料配信中!

  • LINE@登録者限定コンテンツ
  • 受験勉強に役立つ勉強法・参考書のtips
  • お得なキャンペーン情報

などを続々配信中!

現在、LINE@登録者は10000人超!

他の受験生に乗り遅れないためにも、今すぐご登録を!

たかはしセンセイ
こんにちは、センセイプレイスのたかはしです!
独学で大学受験を乗り切ろうと思っているが、精神的にきつそうで不安……
独学っていくら効率がよくても、しんどすぎて挫折する人がほとんどなんだろうな……
独学でかつ楽しみながら勉強するには、どうしたらいいのかな?

独学で大学受験を乗り切ろうと思っている人の中には、このような悩みを抱えている人も多いことでしょう。

ぼく自身も大学受験のほとんどを参考書学習でのみで乗り切ったので、猛烈に不安に襲われることがありました。

特に、インターネット上には独学についてネガティブな投稿がかなり散見されていたので、なおさら不安になりました。

ただ、独学でも大学受験は楽しみながら、乗り切ることができました。ぼくは高2最後の模試で偏差値40台でしたが、現役で早稲田4学部に合格し、計11個の大学に合格することができました。

しかし、独学での大学受験を志して、しんどさを抱えながら勉強を続けている人が一定数いるというのも事実です。
自分の周りにも、独学でいくと決めたものの、受験勉強をつらいものだといって諦めていった人もいました。

正直にいうと、独学での大学受験はきついです。ただ、それはどうしたら独学での大学受験を楽しく乗り越えられるかを知らないだけなのです。

そこで今回は、独学での大学受験がきつい理由と、楽しく乗り切るためにはどうすればよいのかというところについて説明していきます。

独学での大学受験を志す人は必ず目を通すようにしてください!

【悲報】大学受験において独学が最強ですが、かなりきついです


そもそも、独学での大学受験は正直かなりきついです。

なぜかというと、目の前の勉強をしていても、自分のやっていることが本当に合っているかわからないからです。

予備校などに通っていれば、自分のやっていることが合っていなかったとしても「予備校に通っていれば大丈夫」と不安を軽減する要素があります。

しかし、独学となると、全ての勉強が自己責任になるのです。

そのしんどさは計り知れないものがあります。
自分自身も、自分のやっている計画が本当にあっているかどうかわからず、つらいと思ったことが多々ありました。

独学が一番効率がいいことは間違いないですが、とはいえきついししんどいという事実は実際あります。

【結論】大学受験においては「独学」が最強です|具体的方法も解説

どうすれば、独学を楽しく実践できるのか


独学のきつさについては先ほど触れましたが、とはいえ独学を楽しむ方法はあります。

ここからは、本来ならきついはずの独学での大学受験をどうしたら楽しめるかというところについて説明していきます。

①過去問をベースに、自分でやるべきことを見定めて勉強を進めていく

まずは、過去問をベースに、自分でやるべきことを見定めて勉強を進めていきましょう。

そもそも、楽しく勉強するために一番重要なことは、自分で考えて勉強し、前進している感覚をつかめて「ハマる」ことです。

みなさんも一度はゲームにハマったことがあると思います。

そんなゲームですが、なぜ楽しかったかと言われると、誰にも何も言われなくても「どうすればもっと上手くなれるか」というところを模索しながらできたからだと思いませんか?

裏を返せば、仮にゲームだったとしても、
「そこは違うだろ!」
「もっとこういう風にプレイしろよ!」
と言われたら、本当にゲームにはまれたでしょうか?

おそらく、多くの人がNOだということでしょう。

勉強もこれと同じで、いくらやっている内容がよくても、自分で考えながら進んでいる実感を持てる勉強と、言われたことをただただやる勉強とでは「ハマる」度合いが違ってきてしまい、結果も変わってきてしまうのです。

上記のような理由から、過去問という最後のボスに向かって、少しずつ前に進んでいる実感を得ること勉強をすることが大切になってきます。

最初は過去問というボスを倒せなくて当然です。RPGでも、自分がレベルアップしていない状況でいきなりボスに挑んでも、相手の攻撃1発でボコボコにされてしまうことでしょう。

しかし、そこから

「どうやったら、レベルアップができるのか?」
「相手にはどういう傾向があるか」
というところを考えながら対策を進めていけば、必ず成長できるし、その過程で勉強にどんどんハマっていくことができます。

ですので、まずは過去問をベースに、自分でやるべきことを見定めて勉強を進めていきましょう。

②クリアできるかできないか絶妙な目標を決めて、達成感を味わいながら勉強を進めていく

つぎに、クリアできるかできないか絶妙な目標を決めて、達成感を味わいながら勉強を進めていきましょう。

いくら志望校に合格したいからといって、最初から過去問ばかりと比べていても成長実感を得ることができずに、挫折してしまいます。

そこで大切なのが、クリアできるかできないか絶妙な目標を決めて、達成感を味わいながら勉強を進めていくことです。

例えば、英語の過去問をやって、ボコボコにされた。
そして、英単語も英文法も英文解釈も全て、まだまだ力不足だったとしましょう。

そこで、いきなり全部を完璧にしようとせずに、まずは英単語からという風な感じで、クリアできるかできないかの絶妙な目標を少しずつ設定していってクリアしていくということをやっていきましょう。

そうすることで、着実に成功体験を積んでいくことができるし、仮にできなかったとしても「どうすればできるようになるか?」という風に考えることで、必ず乗り越えられようになるからです。

ですので、クリアできるかできないか絶妙な目標を決めて、達成感を味わいながら勉強を進めていきましょう。

③日々振り返りを行い、「どうすればもっと効率的に勉強できるか?」を考えて進めていく

最後に、日々振り返りを行い、「どうすればもっと効率的に勉強できるか?」を考えて進めていきましょう。

ゲームをしていても、ずっと自分のプレイ方法を変えないまま、同じやり方をやっていればレベルアップしていけるゲームがあったら面白くないと思います。

勉強も同じで、日々勉強の振り返りを行い、いいところはさらに伸ばし、課題点はどう対処していくか考えながら勉強していき、自分の勉強法をどんどん改善していきましょう。

独学で大学受験をして、きつくて耐えられなさそうだと考えているキミへ

ここまで記事を読んでくれたキミは、少しでも独学での大学受験を検討していることでしょう。

でも同時に「自分1人で考えて大学に合格できるような勉強できるかな……」という不安もあるのではないでしょうか?

もし難関大学を目指すとなれば、余計にその不安を大きくなると思います。

関関同立・MARCHを目指すとなると受験生の上位5~10%にならなければなりません。

ぼくも自分で勉強を始めようと思った時は、

「残りの期間で志望校に間に合うか不安」
「自分なんかが難関大学を目指してたら友達に馬鹿にされるんじゃないか」

なんてことをずっと考えていました。

かといって相談できる人もおらず、1人でずっと不安を抱えながら勉強する日々。

自分で勉強しても模試の結果も思うように伸びず、勉強へのモチベーションもどんどん下がって行きました。

もしキミも同じような悩みを持っているなら、難関大学に受かった経験があり、なおかつ自分の受験をしっかりサポートしてくれるコーチのような存在を見つけることが大切です。

自分の勉強をしっかり把握してくれて、適切なアドバイスをしてくれる人がいれば勉強はグッと楽になります。

ぼくもコーチのような存在が見つかってから、勉強すればするほど点数が上がるようになっていきました。

もし周りに自分の勉強をしっかり把握してくれて、適切なアドバイスをしてくれる人がいなければ、センセイプレイスの無料体験指導をぜひ受けてみてください。

センプレの無料体験指導では、今抱えている悩みを解決し、志望校に向けて勉強をどのように変えていけばいいのかを学べます。

抱えている悩みをスッキリすることができて、勉強計画の立て方などをキミだけに合わせて話します。

難関大学を突破した経験があり、多くの受験生の悩みを一緒に解決してきたセンセイプレイスのスタッフに、どんな事でも相談することができます。

無料体験指導を受けた人たちの声は、以下の画像からご覧になることができます。

無料体験指導はオンラインで行うので、全国どこからでも受けることが可能です。

また、特別な準備は必要なく、LINE通話で1時間~1時間30分行うことができます。

下のボタンから申し込んでいただき、ぜひ無料体験指導に申し込んでみてください!担当スタッフが対応致します!

※月ごとに体験指導ができる回数には上限があります。予約が間に合わず、最大で約1ヶ月待ちになったこともございます。体験指導を希望する方はお早めにご予約ください。

偏差値40台、勉強時間0の私が”早稲田に逆転合格”できた理由

通っていた高校は“自称“進学校。

ましてや、東京の大学を目指す人なんてほとんどいない環境。勉強時間は0偏差値は40台前半大半の授業は寝ていました。

「どうせ早稲田はなんて受からない」、そんな気持ちの中、早稲田への逆転合格を掴み取った彼らの体験記はこちらです。