【英語】おすすめの英語長文勉強法5ステップ|英語を英語のまま読む?

無料体験指導受付中!

無料体験指導で逆転合格を目指す
↓↓↓↓↓
センセイプレイスの無料体験指導はこちら

※上記ボタンから、公式LINEにジャンプします


荒川センセイ
こんにちは、センセイプレイスの荒川です!
「英語長文が読めなくて困っている……」

「英語長文の勉強法がわからない……」

どの大学でも英語長文の配点が1番高いのに得点源になりにくい、という悩みは、全受験生が避けては通れないものです。

実際、私も去年英語長文の勉強には無駄に時間をかけてしまっていました。

しかし、ある1つのコツを掴むだけで、英語長文を自分の武器にすることが出来ます!


無料体験指導で逆転合格を目指す
↓↓↓↓↓
センセイプレイスの無料体験指導はこちら
※上記リンクから、公式LINEにジャンプします


英語長文を武器にするためのたった1つのコツとは


そのたった1つのコツとは、「英語を英語のまま読む」ということです。

これを意識するだけで、センター試験レベルの英文から早慶レベルの1,000words越えの、いわゆる“超長文”まで全て時間内に解ききることができるようになります。

早慶レベル英語では、700〜1000Words超えの長文が出題されます。

もちろん和訳していくことができたなら、読み進めることができるでしょう。

しかし、試験には制限時間というものがあります。

例えば、早稲田大学政治経済学部では90分の試験時間内に、

  1. 700〜1000Words程度の英語長文3題
  2. 会話問題
  3. 自由英作文
を解ききる必要があるのです。

そう、和訳してたらそもそも試験時間内に問題を解き切ることができなくなってしまうのです。

ですので、英語長文の勉強を進めていく際には「英語を英語のまま読む」ということを意識しながら学習していくようにしましょう。


無料体験指導で逆転合格を目指す
↓↓↓↓↓
センセイプレイスの無料体験指導はこちら
※上記リンクから、公式LINEにジャンプします


英語を英語のまま読むとは?


では、「英語を英語のまま読む」とはどういうことなのでしょうか?

普段、私たち英語のノンネイティブスピーカーは英文を読む時、その英文を多少なりとも日本語に訳してから理解しようとします。

一方、「英語を英語のまま読む」とは、この英語→日本語のプロセスを全部飛ばして読むという方法です。

簡単に言えば、私たちが日本語を理解するのと同じことを英語でもする、ということです。

たとえば、みなさん知ってあるであろう英単語に「apple」というものがあります。

当然のことながら、ネイティブは「apple」を日本語の「りんご」とは訳さずに、?を思い浮かべますよね。

しかし、これはネイティブに限った話ではありません。

ネイティブではなくても、日本人で英語が得意な人は、当然のように「apple=?」レベルで英語を英語のまま読みこなしているのです。

ネイティブと同じ感覚で英語が読めるようになったとしたら、だいぶスピードが早く読めるようになる気がしませんか?

ですので、英語を英語のまま読むということが具体的にどんな状態か想像しつつ、そこを意識しながら今後の英語長文の学習に励んでいただけたら嬉しいです。

早稲田に逆転合格したい人へ
センセイプレイスブログは、一人ひとりに合った勉強法にカスタマイズする
オンラインコーチ予備校・センセイプレイスが運営している受験攻略メディアです。

【センセイプレイスで早稲田に逆転合格を果たした先輩の体験談はこちらから!】
高3生はこちら→ 高3・偏差値40台からの早稲田逆転合格体験記
高1・2生はこちら→ 高2・勉強時間0、偏差値40台からの早稲田逆転合格体験記
浪人生はこちら→ 浪人して早稲田に合格した先輩が語る「浪人生活の実態」とは

英語長文の勉強法5ステップ


そうは言っても、ネイティブスピーカーでもないのに英語をそのまま理解する直読読解は、とてもハードルが高いように思えます。

しかし、次の5個のステップを踏むことで、着実に英語長文を読むスピードを早くすることができます。

英単語、英文法などの基礎事項をおさえる

まずは英単語・英熟語・英文法など、基本事項を固めていきましょう。

多くの人が、単語帳に載っている単語・熟語を何度も何度も書いて覚えようとしていると思います。

その方法も悪くはないのですが、英語長文を読むスピードを上げるためにおススメなのが、「単語・熟語を見た瞬間に意味がわかるようになるまで何回も見る」という方法です。

私の場合、覚える単語帳・熟語帳のぺージを決めて、その範囲を1週間かけて何度も何度も一瞬で意味が出てくるまで見返し、それでもどうしても覚えられないものは単語カードに書いて溜めていました。

そのカードは持ち歩いて、スキマ時間に何度も何度も見て、覚えられたと思ったら缶に入れて保管し、1ヶ月後でも本当に覚えているか自分で定期的にチェックしていました。

これを繰り返したことで、語彙が増えただけでなく、長文を読みながら単語で止まってしまうことがなくなりました

また、英単語を覚える際に、さきほど言ったように「apple=りんご=?」ではなく、apple=?」レベルを目指しておぼえていくようにしましょう。

英文法は、forestを読んで基礎を固めたあと、文法事項ごとに例文が作れるか確認していました。
なぜなら、自分で例文が作れるようになれないと本当の意味で理解した、とは言えないと思ったからです。

英文法は理解をしただけでは使いこなせません。

英単語をおぼえたあと、英文法を使って英文を作れるようになってはじめて、真の意味で英文法ができるようになったといえます。

英語長文というゴールのためにも、まずは英単語・英熟語・英文法といった基礎的なものを徹底的に学習するようにしましょう!

英文解釈の勉強をする

単語・熟語、英文法の基礎を固めたら、次は英文解釈です。

英文解釈とは、英単語・英文法をもとに、一文一文の意味を正確に理解できるかを確認するための勉強です。

1文の意味が全くわからない状態で、英語長文を読めるようにはなりませんよね。

ということで、英語の一文をまず読めるようにしようというのが、英文解釈という勉強です。

また、英文解釈の学習をする際にも、日本語に訳せることをゴールにするのではなく、瞬時に意味をイメージできる「英語を英語のまま読む」状態を目指していきましょう。

英文解釈の勉強法はたくさんあります。

英文解釈の参考書をやる人もいれば、長文の参考書の一文一文を解釈していく人など、人それぞれにあった勉強スタイルがあります。

私の場合は、1パラグラフ程度の英文を構造から全部丸暗記して、自分で完璧に再現できるようにしていました。

これをすることで、文構造が早く掴めるようになっただけでなく、自分で使える英語表現が増えたので、英作文対策にも繋がりました。

英文解釈の学習を通じて、1文や1パラグラフの英文を早く正確に読む力を鍛えていきましょう!

問題集を決めて、そこに載っている英語長文を何周もして、英語のまま読む状態を作る

なかには、「長文はやればやるほど慣れる」と言われて、「1日1長文やらなくちゃ」と焦っている人もいるかもしれません。

しかし、実力がないままむやみに長文を解きまくっても、ただの時間と労力の無駄になってしまいます…

やったことのある英語長文ですら正確に解釈できない人が、入試に出る未見の文章を読めることはまずないでしょう。

ですので、まずはやったことのある長文を何度も繰り返すことで、だんだん英語を英語のまま読む状態に慣れていきましょう!

私の場合は塾で使っていたテキストを、

1周目:解いたあとにパラグラフごとの要約を一文で英語で書く。
2周目:1周目よりも短い時間で全問正解を目指し、パラグラフごとの要約を違う表現で書き直す。
3周目:2周目で全問正解できなかった時のみ3回目を解き直す。パラグラフごとの要約を、
1回目とも2回目とも違う表現で書く。

というように、最低3周はやり直していました。

これを1年間通してやり続けたことで、自分の中で英文の内容を要約しながら読み進めることができるようになりました。

むやみに新しい問題集に手を出して中途半端に終わらせるよりも、同じ問題集何度もやり直した方が速読への近道と言えるでしょう!

志望校レベルの問題を用いて、英語のまま読めるようにする

自分のレベルにあった問題集を3周ほど終わらせたら、次は自分の志望校レベルの問題を用いて、先ほどの工程を繰り返していきましょう。

自分の大学の過去問であることがベストですが、もしまだ解きたくないと思うのであれば、同じ大学の別学部の過去問や、同じレベルの大学群の過去問を用いてガシガシ演習を重ねていきましょう。

ただ、このレベルまできたら、英語を英語のまま読む、という方法にもなれていると思うので、解き直し・パラグラフごとの要約は回数を減らしていっていいと思います。

実践形式で慣れていく

そうは言っても、自分が使っている”志望校レベルの長文”問題集と実際の第1志望校の英語長文の問題のレベルには大きな差を感じると思います。

私は、第1志望校だった早稲田大学国際教養学部の過去問を初めて解いた時、試験時間内大問4問中2問しか解き終わることができませんでした。

しかし、その後に同じようなレベル、同じ問題形式の志望校の過去問を何度も解いたことで、英語のまま読むことに慣れ、だんだん読むスピードも上がっていき、時間内に解き終わることができるようになりました。

過去問も普通の長文問題集と同じように、同じものを2周ほど解き直しました。
同じ問題を解き直すことで、自分がどういうトピックに弱いのか、どこで同じミスをしているか、なども分かるのでとても効果的です。

国際教養学部の問題は、形式は早稲田大学法学部と同じで、分量は慶應義塾大学のSFCと同じくらいだったので、国際教養学部の過去問に本格的に取り掛かる前は週2回程度のペースで解いていきました。

早稲田法は10年分2題ずつを2周、SFC環境情報を5年分2題ずつ解きました。

それが終わってから、実際の国際教養学部の設問全年度分、15年分に取りかかりました。

そこまで量をこなすと、実力がつくだけでなく、「こんなにやったんだから大丈夫」という自信もついてくるので、最低でも20回分は、第1志望校の問題と、そこと問題形式の似ている問題を解いてみてください。

高1・2生向けおすすめ記事一覧
本気で受かりたいキミへ
高1・高2からの難関大合格戦略

受験勉強お悩み別の記事はこちらから!
・何から勉強したらいい?
受験勉強をこれから始める人が読む記事
・スマホをいじってしまう…
スマホを封印し、成績を劇的に伸ばす方法
・模試で点が取れない!
定期試験はできるのに、模試ができないたった1つの理由
・成績が上がらない!
参考書をやっても成績が上がらない理由と解決方法

さいごに

大学受験英語、とくに早慶レベルの英語長文の設問は、一筋縄ではいかないことが多いです。

去年の私がそうだったように、ある程度英語力に自信がついてから解いても、全く歯が立たないこともあり得ます。

しかし、「慣れ」という言葉でごまかさず、何度も何度も解き直して、自分に足りないところを探し続けることで、英語を英語のままに読むことに慣れ、英語長文を自分の武器にすることができます。

大学受験の中で特に重視されている英語、その中でも1番配点の高い英語長文を得点源にできれば、志望校の合格にぐっと近づくはずです!

まずは、「英語を英語のまま読めるようになる」ことを目標に、頑張ってください!

無料体験指導で偏差値40台から逆転合格

※上記ボタンから、公式LINEにジャンプします


公式LINEについて知りたい方はこちら

ここまで読んでも、まだ少し不安なキミへ

馬場センセイ
こんにちは!センセイプレイス学習責任者の馬場です。

記事を最後まで読んでいただき、ありがとうございます!

ここまで読んでくれたキミは、きっと勉強のやる気が出てきたところかもしれません。

でももしかしたら、「正直、やる気は出たけど、ちゃんと伸びるかはわからない…」と思っているのではないでしょうか。

私も受験生の頃、いろんな勉強法を調べましたが、それで簡単に成績が伸びることはなく、不安な日々を過ごしていました。

しかし、受験生時代にある秘訣に気づいてから、みるみる成績をのばすことができました。

その結果、最終的には高校中退・偏差値30台から早稲田大学政治経済学部に合格することができました。

私は中学を素行不良で退学になり、高校も中退してしまいました。

そんな私でも、偏差値30台から早稲田大学に逆転合格することができたのには、秘訣があります。

そんな秘訣を基に、多くの大学受験生を救いたいという思いから、いまオンライン予備校を経営しています。

それが、センセイプレイスというオンライン予備校です!

センセイプレイスでは、独学コーチングというサービスを提供しています。

週1回のマンツーマン指導によって、万人にむけた勉強法ではなく、キミだけの勉強法ややるべきことを一緒に考えていきます。

その結果、予備校や独学など、ほかのどんな勉強よりも早く成績を伸ばしていくことが可能になります!

センセイプレイスでは、1人ひとりに合った独学コーチングを提供した結果として、

半年で、偏差値40台から早稲田大学に現役合格!

高3春、偏差値38。“全落ち”からの早稲田に逆転合格!

偏差値43の高校から、明治大学に逆転合格!

など、数々の生徒の逆転合格を見届けてきました。

※体験談が見たい方はこちらからも見れます。

センセイプレイスで逆転合格をした先輩の体験談を見る

「ネットでいろいろな勉強法を調べてきたけど、ぜんぜん成績が上がらなくて不安……」

「予備校に通ったけれど、授業のレベルが合ってない……」

「合格したい気持ちはあるけど、勉強したくてもできない……」

こんな悩みに少しでも「わかる〜〜!」となった方は、ぜひセンセイプレイスの詳細を見てみてください!

センセイプレイスの逆転合格に導く秘訣を見る