【古文】古文の定期試験の勉強法を徹底解説!|現代語訳よりも必要な物とは!?


【受験生のキミへおすすめの記事】

これから受験勉強を始めるキミへ

ライバルに差をつけて、志望校合格を手にするには、勉強法が鍵になります。

まずは、受験勉強を始める前に知っておいて欲しいことをこちらから確認してみてください。

不合格体験記を読む

あと一年頑張ることを決めたキミへ

浪人は、伸びないって本当??いいえ、そんなことはありません。

浪人には浪人の勉強の方法があります。やるべきことをやれば、ちゃんと成績を伸ばして合格を手にすることができます。

浪人を決めた人に知って欲しいたった一つのこと
浪人生必見!新サービス 《既卒生コース》
↓↓↓↓↓
センセイプレイス 既卒生コース

古文の定期試験の勉強法を徹底解説!

さとしセンセイ
こんにちは、センセイプレイスのさとしです!
「いつもまじめに勉強はやっているけれど定期試験でいい成績を取ったことがない」

「気づいたら試験範囲が発表されて、テスト1週間前だった…」

「古文は昔の日本語だからなんとなくで行けるかな…」

このような悩みを抱えている高校生も多いのではないでしょうか。

ぼくは最初の方は古文はなんとなくで行けるだろうと思い定期テストを受けて、撃沈していました。

しかし、ちゃんと適切な勉強法で古文の学習に取り組んだ結果、短時間でいい点数を取れるようになりました。

古文は短い時間でいい点数を取ることができるかなりコスパのいい科目なのです!

そこで、今回は高校生のみなさんに定期テストの古文の勉強法をご紹介します!




完全オーダーメイド指導で志望校合格へ
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
自分に合った勉強方法を知る

古文は暗記すべき事項をおぼえて、使いこなせるようになることが大事!

暗記して、使いこなす
古文は暗記すべき事項をおぼえて、使いこなせるようになることが大切です!

定期試験の古文で現代語訳を覚えて問題を解くなんてことをしていませんか?

これはたしかに目先の得点だけを考えると点数が取れるかもしれません。

しかし、いつも現代語訳の暗記をしていては時間もかかりますし効率的ではありません

なので、しっかりと授業で扱っていた本文に出ている

  • 古文単語
  • 古典文法(特に助動詞)
  • 古文読解(主語の取り方・内容把握)

のやり方をしっかりとおさえることが大切です。

丸暗記でなく、知識を理解することでその学期の試験だけでなく、それ以降のテスト・大学受験にも活かすことができます。

このように現代語訳を暗記するのではなく、正しい知識を使いこなせるような勉強をしていきましょう!

🔽高3・浪人向けおすすめ記事トップ5🔽
  1. 高3・偏差値40台からの早稲田逆転合格体験記
    【あと10ヶ月、やるべきことを考えよう】
  2. 受験生に読んでほしい名言10選!
    【明日やろうはバカ野郎】
  3. 【2021最新版】おすすめの英語参考書リスト
    【難関大に合格するための基本のキ!】
  4. スマホを封印し、成績を劇的に伸ばす方法
    【どうしてもスマホを手放せない…というキミへ!】
  5. 受験勉強で偏差値を飛躍的に伸ばす方法
    【偏差値70の超え方、教えます】

「今から勉強しておいた方がいいかな…」という高1高2生必見!
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
【今だけ】周りと差をつける勉強法を知る

古文の定期試験で高得点を取るための勉強法4ステップ

古文の定期試験で高得点を取るための勉強法4ステップ
古文の定期試験で高得点を取るための勉強法4ステップをご紹介します!

①本文に出ている古文単語をリストアップして、すべて覚える

本文に出ている古文単語をリストアップして、全て覚えましょう!

シンプルに古文単語を覚えるといっても、書いて覚えていくのってとても苦痛ですよね。

ですので、まずは古文単語の語源や漢字からおぼえると暗記しやすいです。

たとえば、「かたみに」という古語は漢字にすると「互みに」と書きます。
意味は「互いに」という意味です。

このように漢字から意味をおぼえるととても覚えやすいです。

また、意味を理解したらくりかえし見ておぼえましょう。

くりかえしてみることで頭にインプットされやすいです。

このような手順で本文に出ている古文単語をリストアップして、全て覚えましょう!

②本文で用いられてる古典文法を理解し、暗記すべき事項は暗記する

本文で用いられている古典文法を理解し、暗記すべき事項は暗記しましょう!

たとえば、本文で用いられている助動詞や敬語

助動詞でいうとその意味と活用、敬語であれば種類・敬意の方向などがおさえるべきところです。

古文において文法は、読解するために欠かせないだけでなく、覚えているだけで得点することができるものです

ですので、まずは文法レベルからおさえていきましょう!

③おぼえた古文単語・古典文法を活用しながら、本文の読解方法をおさえていく

おぼえた古文単語・古典文法を活用しながら、本文の読解法をおさえていきましょう!

冒頭でも言いましたが、現代語訳を覚える勉強法は定期試験でしか使えません

ですので、古典文法を理解した上で、本文の読解をしていく必要があります。

とくに主語の取り方などは現代語訳を暗記するやり方では絶対に身につきません。

自分で古文単語・古典文法を使った読解法をおさえていきましょう!

④前日に自分の苦手なところをピンポイントに確認しよう

前日に自分の苦手なところをピンポイントで確認しましょう!

いくら勉強をしていても自分の苦手なところというのはあると思います。

僕は古文の中では主語の把握がずっと苦手でした。

しかし、苦手な部分は前日やテスト前に見るだけで非常に効果があります

ですので、自分の苦手なところは前日にピンポイントで確認し、仕上げましょう!



差がつく勉強法指導の詳細はこちら

ここまで読んでも、まだ少し不安なキミへ

馬場センセイ
こんにちは!センセイプレイス学習責任者の馬場です。

記事を最後まで読んでいただき、ありがとうございます!

ここまで読んでくれたキミは、きっと勉強のやる気が出てきたところかもしれません。

少しだけでも勉強してみよう!と思えたなら、それはとても良いと思います。

でももしかしたら、「正直、やる気は出たけど、これからちゃんと勉強できるかはわからない…」と思っている人もいるかもしれません。

世の中には様々な勉強についての動画や記事があります。

しかしそういったものを見たり読んだりしてやる気が出ても、実際に行動に移す人は約10%、さらにそれを継続する人は3%ほどしかいません。

だけど、少し厳しいことをいうと、志望校合格を勝ち取っていくのは、実際に行動に移して継続をした人たちです。

・「やらなきゃ」と思うのに、すぐに着手できない。
・継続をしないと意味がないと分かっていても、なかなか継続できない。

そういう人はたくさんいます。

僕自身もそうでした。

ですが、その原因は明白です。

それは、具体的にどの教材を、どう取り組めば、このような結果が出せる、というのが自分でわからないからです。

取り組む教材がなければ着手できませんし、闇雲に勉強しても結果が出ないため継続ができません。

皆さんの中にも、

「ネットでいろいろな勉強法を調べてきたけど、どれが正しいの?……」
「何からはじめたらいいのか結局わかんない…」
「やろうと思って勉強をはじめても、なかなか続けられない、成績も伸びない…」

こんな悩みを少しでも感じている人がいるのではないでしょうか。

そんなキミには、ぜひセンセイプレイスの特別指導で相談をしに来てほしいです。

現在、センセイプレイスでは高1高2生限定で、差がつく勉強法指導を実施しています。

先ほどもすこしお伝えしましたが、春から夏にかけて、多くの受験生が、

・勉強はした方がいいと思うけど、なかなかできない ・何から始めるかも、どうやったら成績が伸びるのかもあまりわからない

といったような課題にぶつかります。

今回の差がつく勉強法指導は、そんな課題を解決し、キミの状況に合わせて、今やるべき参考書を1冊決めて、それをやり切るためのサポートをする指導になっています。

「こうやって勉強していけばいいのか!」というのがわかるだけで、受験勉強の効率はグンと上がります

今から成績を伸ばしていけば、周りの動けていない人たちとしっかり差をつけることもできます。

指導が可能な枠に限りがありますので、少しでも気になる!と思った方は、ぜひお早めに申し込みください。

【高1高2生限定】
差がつく勉強法指導に申し込む
差がつく勉強法指導の詳細はこちら

高三・浪人の方は、大人気のセンセイプレイス 無料体験指導のご案内をしています!

こちらも指導が可能な枠の数には限りがあります。

無料体験指導は、受験まであと1年をきったキミのために、今キミが頑張っていくべきこととその方法を、キミの状況に合わせてしっかり考える時間になっています

もし少しでも、「勉強、どうやっていこうかな…」と悩んでいることがある場合は、お早めに相談をしてみてください!

公式LINEでセンセイプレイスの無料体験指導に申し込む
無料体験指導の詳細はこちら