【古文】古文の定期試験の勉強法を徹底解説!|現代語訳よりも必要な物とは!?

キミの独学を、ひとりにしない。

センセイプレイスは、独学コーチングを提供しているオンライン予備校です。

そんなセンセイプレイスでは、受験生に役立つ情報をLINE@で無料配信中!

  • LINE@登録者限定コンテンツ
  • 受験勉強に役立つ勉強法・参考書のtips
  • お得なキャンペーン情報

などを続々配信中!

現在、LINE@登録者は10000人超!

他の受験生に乗り遅れないためにも、今すぐご登録を!


早稲田に逆転合格したい人へ
センセイプレイスブログは、一人ひとりに合った勉強法にカスタマイズする
オンラインコーチ予備校・センセイプレイスが運営している受験攻略メディアです。

【センセイプレイスで早稲田に逆転合格を果たした先輩の体験談はこちらから!】
高1・2生はこちら?
>>
勉強時間0、偏差値40台の私が早稲田に逆転合格できた理由
高3生はこちら?
>> ぼくが偏差値40台から半年で早稲田大学に逆転合格した話
浪人生はこちら?
>> 浪人して早稲田に合格した先輩が語る「浪人生活の実態」とは

さとしセンセイ
こんにちは、センセイプレイスのさとしです!
「いつもまじめに勉強はやっているけれど定期試験でいい成績を取ったことがない」
「気づいたら試験範囲が発表されて、テスト1週間前だった…」
「古文は昔の日本語だからなんとなくで行けるかな…」

このような悩みを抱えている高校生も多いのではないでしょうか。

ぼくは最初の方は古文はなんとなくで行けるだろうと思い定期テストを受けて、撃沈していました。

しかし、ちゃんと適切な勉強法で古文の学習に取り組んだ結果、短時間でいい点数を取れるようになりました。

古文は短い時間でいい点数を取ることができるかなりコスパのいい科目なのです!

そこで、今回は高校生のみなさんに定期テストの古文の勉強法をご紹介します!

古文は暗記すべき事項をおぼえて、使いこなせるようになることが大事!


古文は暗記すべき事項をおぼえて、使いこなせるようになることが大切です!

定期試験の古文で現代語訳を覚えて問題を解くなんてことをしていませんか?

これはたしかに目先の得点だけを考えると点数が取れるかもしれません。

しかし、いつも現代語訳の暗記をしていては時間もかかりますし効率的ではありません

なので、しっかりと授業で扱っていた本文に出ている

  • 古文単語
  • 古典文法(特に助動詞)
  • 古文読解(主語の取り方・内容把握)

のやり方をしっかりとおさえることが大切です。

丸暗記でなく、知識を理解することでその学期の試験だけでなく、それ以降のテスト・大学受験にも活かすことができます。

このように現代語訳を暗記するのではなく、正しい知識を使いこなせるような勉強をしていきましょう!

古文の定期試験で高得点を取るための勉強法4ステップ


古文の定期試験で高得点を取るための勉強法4ステップをご紹介します!

①本文に出ている古文単語をリストアップして、すべて覚える

本文に出ている古文単語をリストアップして、全て覚えましょう!

シンプルに古文単語を覚えるといっても、書いて覚えていくのってとても苦痛ですよね。

ですので、まずは古文単語の語源や漢字からおぼえると暗記しやすいです。

たとえば、「かたみに」という古語は漢字にすると「互みに」と書きます。
意味は「互いに」という意味です。

このように漢字から意味をおぼえるととても覚えやすいです。

また、意味を理解したらくりかえし見ておぼえましょう。

くりかえしてみることで頭にインプットされやすいです。

このような手順で本文に出ている古文単語をリストアップして、全て覚えましょう!

②本文で用いられてる古典文法を理解し、暗記すべき事項は暗記する

本文で用いられている古典文法を理解し、暗記すべき事項は暗記しましょう!

たとえば、本文で用いられている助動詞や敬語

助動詞でいうとその意味と活用、敬語であれば種類・敬意の方向などがおさえるべきところです。

古文において文法は、読解するために欠かせないだけでなく、覚えているだけで得点することができるものです

ですので、まずは文法レベルからおさえていきましょう!

③おぼえた古文単語・古典文法を活用しながら、本文の読解方法をおさえていく

おぼえた古文単語・古典文法を活用しながら、本文の読解法をおさえていきましょう!

冒頭でも言いましたが、現代語訳を覚える勉強法は定期試験でしか使えません

ですので、古典文法を理解した上で、本文の読解をしていく必要があります。

とくに主語の取り方などは現代語訳を暗記するやり方では絶対に身につきません。

自分で古文単語・古典文法を使った読解法をおさえていきましょう!

④前日に自分の苦手なところをピンポイントに確認しよう

前日に自分の苦手なところをピンポイントで確認しましょう!

いくら勉強をしていても自分の苦手なところというのはあると思います。

僕は古文の中では主語の把握がずっと苦手でした。

しかし、苦手な部分は前日やテスト前に見るだけで非常に効果があります

ですので、自分の苦手なところは前日にピンポイントで確認し、仕上げましょう! 

この記事を読んでも不安なキミへ


ここまで古文の定期試験の勉強法について解説してきましたがいかがだったでしょうか?

この記事を読んでくれたということは、古文だけでなく試験勉強やそもそもの勉強のやり方がよく分からないという人が多いのではないでしょうか?

また、定期試験は古文だけではありません。

日々の部活動や他の科目の勉強もある中で、勉強する時間を取れずに悩んではいませんか?

そこで、センセイプレイスでは、

「キミに合った試験勉強のやり方」
「キミに合った勉強スケジュールの立て方」

など、受験・独学のコーチとしてキミと向き合いながら最適な方法を考えていきます。

難関大学に合格し、厳しい研修を受けた受験のプロがキミのコーチとなって一緒に「どうして勉強が上手くいかないのか」を考えていきます。

現実的な改善を通していくことで、キミの勉強が「点数にしっかり結びつく勉強」に変化していきます。

どんどん勉強法がレベルアップしていくのがわかり、ワクワクしてくるはずです!

ここまでで少しでも興味を持ってくれたあなたに、更なるお知らせです!

現在センセイプレイスでは無料体験指導を実施しています。

体験指導では勉強のやる気の出し方から受験対策に至るまでの、今抱えている悩みを解決し、今の状態から勉強をどのように変えていけばいいかを学べます。

①なぜ勉強しても成績が思うように伸びていないのか
②目標を達成するためにはどのような勉強をしていく必要があるのか

など、他にもキミと真剣に向き合って「どうすれば合格できるのか」について、一緒に考えていきます。

もし自分の勉強の不安があるなら、ぜひ無料体験指導を受けてみてください。

そして今までとは違う、勉強するのがワクワクする学び方を体感できます!

体験指導への申し込みは下のボタンから公式LINEを追加して『無料体験指導に申し込む』というボタンを押すことで可能です。

キミの挑戦を僕たちは本気で応援します。

勇気の一歩踏み出すことを待っています!

偏差値40台、勉強時間0の私が”早稲田に逆転合格”できた理由

通っていた高校は“自称“進学校。

ましてや、東京の大学を目指す人なんてほとんどいない環境。勉強時間は0偏差値は40台前半大半の授業は寝ていました。

「どうせ早稲田はなんて受からない」、そんな気持ちの中、早稲田への逆転合格を掴み取った彼らの体験記はこちらです。