【現代文】現代文の定期試験の勉強法を徹底解説!|本文の読み方を身につけよう!

現代文の定期試験の勉強法を徹底解説!

さとしセンセイ
こんにちは、センセイプレイスのさとしです!
「真面目に勉強はしているけど、定期試験でなかなか良い成績が取れない…」

「現代文は苦手でいつも良い点数が取れない…」

「漢字の小テストもなあなあにしてきた…」

このような悩みを抱えている高校生は多いのではないでしょうか。

そこで、今回は定期試験の現代文で良い成績を取るための勉強法をご紹介します!

まずはテストに出る範囲を確認しよう!

まずはテストに出る範囲を確認しよう!

まずはテストに出る範囲を確認しましょう!

定期試験は大学受験とはちがい、出る範囲が決まっています。

教科書のどの題材がテストに出るのか。

これまでの漢字テストのどの範囲が出るのかを確認することが大切です!
テストの範囲を知らないことには勉強の方向性や目標も決める事もできません!

ですので、まずはテストに出る範囲を確認しましょう!

定期テストの勉強は受験にもつながる!

定期テストの勉強は受験にもつながる!

定期テストの勉強は受験にもつながります!

漢字や語句の知識などはもちろんのことですが、定期試験での現代文の力は大学受験にもつながります。

とくに、本文から筆者の主張を読み取り、問題を解く力は入試に直結する力です

ですので、定期テストの勉強は定期テストだけのためと考えるのではなく、定期テストの勉強は受験にもつながると考えて勉強するようにしましょう!

現代文の定期試験で高得点を取るための勉強法5ステップ

現代文の定期試験で高得点を取るための勉強法5ステップ
次に、現代文の定期試験で高得点を取るための勉強法5ステップをご紹介します!

①試験に直結する情報を徹底的に集める

まずは、試験に直結する情報を徹底的に集めましょう!

まずは一番にどこからどこまでがテスト範囲なのか、小テストが出るのかどうかを確認します。

次に授業内で先生が

「ここは出すぞー」
「このプリントは重要です!」

と言っている情報を集めましょう。

そういった情報は試験に直結するので非常に大切です。

これらの情報をもとに取り組む内容を決めていき、無駄な勉強をしないようにしましょう

ですので、まずは試験に直結する情報を徹底的に集めましょう!

②テストにおける目標を決める

▷満点を取りたいのか、前回よりも良い点を取りたいのか、目指すゴールを明確にする

テストにおける目標を決めましょう!

目標を決めないことには勉強の方向性が決まりません

満点を取りたいのか、前回よりも良い点を取りたいのか、現代文は苦手だからとりあえず平均点を取りたいのか。

それぞれ目指すゴールを明確にしましょう!

③これまでの授業の振り返りをする

これまでの授業の振り返りをしましょう!

定期テストは基本的に今までにやった授業ないからしか出題されません

ですので、授業中にとっていたノートや取り組んでいた小テストを振り返りましょう。

また、この記事を読んでいるということは、これまでの勉強が不十分だと感じているはずです。

そういう人はノートや小テストから自身が理解していないところを見つけてそこを補う勉強をできるとさらに良しです!

④-1教科書の本文を読む

次に教科書の本文を読みましょう!

これまでに目標を設定してやることを決めてきました。

やることが決まれば、あとは取り組むだけです。

現代文は、本文をもとに語句の問題や心情説明、筆者の主張を問う問題が出題されます

そこで教科書を読んでテスト範囲の理解を深めることは非常に有効です。

具体的には、本文中に出てきた用語の意味を押さえたり、段落ごとのポイント、全体の主張を整理するとかなり理解が深まります。

このように教科書の本文を読みましょう!

④-2漢字や用語のチェックをする

次に漢字用語のチェックをしましょう!

これまでの小テストで間違えたところや教科書を読んで意味がわからなかった用語などが出てくると思います。

そういった自分に足りていない漢字や用語を集中的に覚えるようにしましょう!

⑤前日に自分の苦手なところをピンポイントに確認しよう

前日に自分の苦手なところをピンポイントで確認しましょう!

いくら勉強しても苦手なところというのはどの科目にもありますよね。

しかし、現代文が苦手だとしても備えあれば憂いなしです。

できる事をできるだけしましょう。

そのために、苦手なポイントが残っていれば前日に確認し、仕上げをして明日に備えましょう!