【高1・高2生必見】定期テストの勉強法5ステップ|現役慶応生が解説

当ブログは独学コーチングサービスを提供している「センセイプレイス」が運営しています。

YouTubeでも、受験生に役立つ動画を毎日19時に公開しておりますので、ぜひそちらもご覧ください!


早稲田に逆転合格したい人へ
センセイプレイスブログは、一人ひとりに合った勉強法にカスタマイズする
オンラインコーチ予備校・センセイプレイスが運営している受験攻略メディアです。

【センセイプレイスで早稲田に逆転合格を果たした先輩の体験談はこちらから!】
高1・2生はこちら👇
>>
勉強時間0、偏差値40台の私が早稲田に逆転合格できた理由
高3生はこちら👇
>> ぼくが偏差値40台から半年で早稲田大学に逆転合格した話
浪人生はこちら👇
>> 浪人して早稲田に合格した先輩が語る「浪人生活の実態」とは

さとしセンセイ
こんにちは、センセイプレイスのさとしです!
「定期試験の勉強は頑張っているけれど、なかなかいい点数が取れない…」
「勉強をそんなにしなくても定期試験で点数が取れる人はいいなあ…」
「どうすればいい点数が取れるんだろう…」

このような高校生も多いのではないでしょうか。

ぼくは定期試験の時に、どこをちゃんと抑えれば点数が取れるのかを考え勉強することで定期試験で点数を取ることができました。

定期試験もがむしゃらにやるのではなく、どうすれば点数が取れるのかを考えて勉強することで高得点を取れるようになります。

そこで、今回は定期試験で点数が取れるようになる勉強法をご紹介します!

定期試験で高得点を取るのは「出るものを効率的に抑える」のが鉄則


定期試験で高得点を取るためには「出るものを効率的に抑える」ことが鉄則です!

大学受験は出題範囲は決まっているとはいえ、高校で学ぶ内容全てが出題範囲なので量はかなり多いです。

しかし、定期試験は大学受験とは異なり、出る範囲が明確に決まっていてかつ数ヶ月で学ぶ範囲しかありません

そのため、定期試験では「出るものを効率的に抑える」ことが非常に有効です。

定期試験で高得点を取るための勉強法5ステップ


つぎに、定期試験で高得点を取るための勉強法5ステップをご紹介します!

①試験に直結する情報を徹底的に集める

試験に直結する情報を徹底的に集めましょう!

まず、テスト範囲をめちゃくちゃ研究しましょう

例えば、過去の試験傾向を知ることは非常に有効です。

初めてみる問題と見たことがあるような問題をする場合とでは、どちらが解けるかというと見覚えのある問題の方が解けるに決まってますよね。

このように過去の試験傾向を知ることは非常に大切です。

また、先輩から同じ時期の問題をもらえるとなお良しです。

さらに、授業を聞いている友達に先生が言っていた重要なところを聞くのも非常に有効です。

しかし、真面目に授業を受けている友達にいきなり聞くと感じが悪いので、あらかじめ仲良くしておくことをオススメします!(笑)

②テストを迎えるまでにどんな状態になっていたいかを言葉にしておく

テストを迎えるまでにどんな状態になっていたいかを言葉にしておきましょう!

定期試験の勉強って目標などを明確に決めずになんとなくやってしまいがちですよね。

その結果、中途半端な成績になってしまうなんてことも多いです。

そこで、具体的に勉強の基準を言葉にして設定すると自分の勉強に迷いが生じなくなります

たとえば、「数学の10ページを5分で解けるようにしておく」というようなものです。

そうすると、「数学の範囲をとりあえず終わらせる」というような曖昧な基準よりも具体的で明確な基準なので勉強に取り組みやすいですよね。

ですので、テストを迎えるまでのどんな状態になっていたいかを言葉にしておきましょう!

③2週間前はテスト前の下準備に捧げて、できることを高く見積もらないように注意しよう

2週間はテスト前の下準備に捧げて、できることを高く見積もらないように注意しましょう!

2週間前から勉強がフルにできればもちろんいいですが、実際のところ、時間のマネジメントに苦戦してできないことが大半です。

ですので、最低限これくらいはやろうとか、その上でこれを目指そうというようにできることを考えましょう

高く見積もりすぎるとできないとわかった時に自己嫌悪になってしまい、やる気を失って成績が振るわなかったということにもなりかねません。

そうならないためにも、2週間前はテストの下準備に捧げて、できることを高く見積もらないように注意しましょう!

④1週間前からは演習を回しながら知識をインプットしていく

1週間前からは演習を回しながら知識をインプットしていきましょう!

勉強中はとにかく間違えることを恐れないで演習を回していきましょう

そうすることで、自分がどこまでわかっていて、どこからがわかっていないかがよくわかります。

ですので、1週間前からは恐れずに演習をガンガン回しながら、知識をインプットしていきましょう!

⑤前日に自分の苦手なところをピンポイントに確認しよう

前日に自分の苦手なところをピンポイントに確認しましょう!

1週間前から演習をたくさん回しておき、間違えたり苦手だと感じる問題をピックアップしておきます。

その問題を最後にピンポイントで確認できるようにいる印をつけておくなどするといいでしょう。

たとえば、◎はもう二度とやらなくて大丈夫、◯はなんとかあっていたもの、×は間違ったものに分類する。

その後、前日までに◎にできなかったものを確認してピンポイントで抑えるようにしましょう!

この記事を読んでも定期試験が不安なキミへ


ここまで定期試験の勉強法について解説してきましたがいかがだったでしょうか?

「この記事が参考になった!」「役に立った」という方は、ぜひ今後の定期試験の勉強に活かしてみてください!

しかし、「定期試験がやっぱり不安だ」「自分ひとりではなかなか勉強が進まない……」と思う方もいるのではないでしょうか。

そこで、センセイプレイスでは、

「キミに合った試験勉強のやり方」
「キミに合ったゴール設定の仕方」
など、受験・独学のコーチとしてキミと向き合いながら最適な方法を考えていきます。

難関大学に合格し、厳しい研修を受けた受験のプロがキミのコーチとなって一緒に「どうして勉強が上手くいかないのか」を考えていきます。

現実的な改善を通していくことで、キミの勉強が「点数にしっかり結びつく勉強」に変化していきます。

どんどん勉強法がレベルアップしていくのがわかり、ワクワクしてくるはずです!

もし少しでも興味を持ったなら、現在センセイプレイスでは無料体験指導を実施しています。

体験指導では今抱えている悩みを解決し、今の状態から勉強をどのように変えていけばいいかを学べます。

①なぜ勉強しても成績が思うように伸びていないのか
②合格するためにどのような勉強をしていく必要があるのか

など、他にもキミと真剣に向き合って「どうすれば合格できるのか」について、一緒に考えていきます。

もし自分の勉強の不安があるなら、ぜひ無料体験指導を受けてみてください。

そして今までとは違う、勉強するのがワクワクする学び方を体感できます!

体験指導への申し込みは下のボタンから公式LINEを追加して「無料体験指導に申し込む』というボタンを押すことで可能です。

キミの挑戦を僕たちは本気で応援します。

勇気の一歩踏み出すことを待っています!

偏差値40台、勉強時間0の私が”早稲田に逆転合格”できた理由

通っていた高校は“自称“進学校。

ましてや、東京の大学を目指す人なんてほとんどいない環境。勉強時間は0偏差値は40台前半大半の授業は寝ていました。

「どうせ早稲田はなんて受からない」、そんな気持ちの中、早稲田への逆転合格を掴み取った彼らの体験記はこちらです。

当ブログは独学コーチングの「センセイプレイス」が運営しています



当ブログは独学コーチングサービスを提供している「センセイプレイス」が運営しています。