【一般vs推薦】結局どっちを受けるべき?|入試方法を徹底解説!

詳しくみる

【受験生のキミへおすすめの記事】

これから受験勉強を始めるキミへ

ライバルに差をつけて、志望校合格を手にするには、勉強法が鍵になります。

まずは、受験勉強を始める前に知っておいて欲しいことをこちらから確認してみてください。

不合格体験記を読む

あと一年頑張ることを決めたキミへ

浪人は、伸びないって本当??いいえ、そんなことはありません。

浪人には浪人の勉強の方法があります。やるべきことをやれば、ちゃんと成績を伸ばして合格を手にすることができます。

浪人を決めた人に知って欲しいたった一つのこと
浪人生必見!新サービス 《既卒生コース》
↓↓↓↓↓
センセイプレイス 既卒生コース

【一般vs推薦】結局どっちを受けるべき?

さとしセンセイ
こんにちは、センセイプレイスのさとしです!
「そろそろ大学の進路について考えないといけないけど、何から考えたらいいのかわからない」

「一般入試と推薦入試があるけどどっちの方がいいんだろう、、、」

「推薦入試の時期って早いけど受けた方がいいのかな?」

高校生の中にはこのようなことを考えている人も多いのではないでしょうか。

大学の進路の選択は人生の中でもすごい大きな決断になるので、真剣に考える必要があります。

僕は高校生の頃、大学の付属高校にいたので大学への内部推薦を受ける権利がありました。

そのため、僕は一般入試を受験せずとも大学に進学することはできました。

しかし、自分の進路についてよく考えた末、内部推薦の権利を放棄し一般受験で慶應を受けることにしました。

その結果、現在では慶應に通うことができていますが、もし落ちていたら進路が見つかっていなかった可能性もありました。

推薦と一般どちらがいいというわけではありませんが、大学進学は自分の将来に影響を与えることは否めません

ですので、よく自分で考えて受験方法を選ぶことが大切になってきます。

そこで今回は、一般入試と推薦入試のそれぞれの特徴や向いている人などをご紹介していきます!

自分の進路を考えるときにぜひ参考にしてください!




完全オーダーメイド指導で志望校合格へ
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
自分に合った勉強方法を知る

【一般vs推薦】どっちを受けるべき?

どっちを受けるべき?

一般入試と推薦入試どちらを受験するべきなのか。

これは、どちらを受験するべきと結論づけるのは難しいです。

基本的に推薦受験は一般受験よりも時期が早く、一定以上の評定が必要となることが多いため受験資格を持つ人が少ないです。

一方で、一般受験は、時期は推薦よりも遅くなりますが、ほとんどの人が受験可能です。

例えば、第一志望の大学に一般受験以外にも指定校推薦や公募推薦があるならば、受験の機会を増やすという点からどちらも受けてもいいでしょう。

しかし、ただ推薦の方が楽そう、勉強したくないからといって推薦で妥協するのはやめましょう

もし、妥協しただけの対策しかしなかったため落ちてしまうと、そこから一般受験の勉強にシフトしなければなりません。

推薦入試にもちゃんとした準備は必要なため時間を要しますが、そこから一般入試の準備に取り掛かるとなると大きな時間のロスになってしまいます。

その結果、推薦・一般で2回受験したけれどどちらもダメだったという結果になりかねません。

ですので、自分は一般と推薦のどちらの受験が適しているかをよく考えて選ぶことをオススメします!

🔽高2・高1向けおすすめ記事トップ5🔽
  1. 高2・勉強時間0、偏差値40台からの早稲田逆転合格体験記
    【逆転合格のリアルを知ろう!】
  2. スマホを封印し、成績を劇的に伸ばす方法
    【どうしてもスマホを手放せない…というキミへ!】
  3. 高1・高2からの難関大合格戦略
    【難関大に合格するために!】
  4. 受験勉強をこれから始める人が読む記事
    【受験勉強のはじめの一歩】
  5. 定期試験はできるのに、模試ができない理由
    【模試になると点が取れないというキミへ】

「今から勉強しておいた方がいいかな…」という高1高2生必見!
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
【今だけ】周りと差をつける勉強法を知る

一般選抜とは?|こんな人にオススメ!

一般選抜とは?|こんな人にオススメ!

一般選抜についてご紹介します。

一般選抜はかんたんに言うと、学力で合否が決まるものです。

大学受験では一番なじみのある方式ではないかと思います。

今年からはセンター試験ではなく、大学入学共通テストが行われます。

今までは共通テストは国公立大学だけが必須のことが多かったですが、私立大学でも受験が必須になるところが多いようです。

それ以外は、従来通り大学ごとにある学力試験で合否が決まります。

また、一般選抜のいいところとしては、一発逆転が可能なところです。

たとえ高校時代の成績が絶望的だったり部活をしていなくても、1年間の努力次第でどうとでもなります

そのため、一般選抜は自分の努力で学力試験に挑みたいという高校生にオススメです!



【今だけ】周りと差がつく勉強法指導実施中!
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
差がつく勉強法指導の詳細を見る

学校推薦型選抜とは?|こんな人にオススメ!

学校推薦型選抜とは?|こんな人にオススメ!

続いて、学校推薦型選抜についてご紹介します。

学校推薦型選抜入試では、書類審査・小論文・面接がメインになります。

大学によっては学力試験を課すところや、大学入学共通テストの結果を使うところもあります。

それでは、学校推薦型選抜にもいくつか種類があるのでご紹介していきます。

指定校制

まずは指定校制です。

指定校制は学内の選考さえ突破すれば合格率はほぼ100%です

実際に、僕の高校にも指定校制はありましたが、受験して落ちた人は見たことがありません。

そのためにまずは学内の選抜を突破する必要があります。

学内の選抜内容は定期試験の成績部活動の成績などの内申点によって選抜されます。

ですので、高校生活を通して勉強も部活も頑張ってきた人は受験できる可能性が高いのでオススメです!

公募制

公募制一般選抜

次に、公募制一般選抜についてです。

公募制一般選抜は成績基準が設けられることが多いです。

また、他の推薦選抜と比べると、募集定員が多めです。

そのため、高校生活を通して勉強は頑張ってきており、苦手科目などがなく、全教科の成績が平均して高い人のオススメです!

公募制特別推薦選抜

最後に公募制特別推薦選抜です。

公募制特別推薦選抜は、スポーツ芸術分野で優秀な成績をアピールするような入試です。

そのため、成績基準はないことが多いです。

しかし、成績で評価されない分、スポーツや芸術分野での高い実績や、ボランティア活動などが評価されます。

そのため、スポーツや芸術に自信がある人にオススメです!

早稲田に逆転合格したい人へ
センセイプレイスブログは、一人ひとりに合った勉強法にカスタマイズする
オンラインコーチ予備校・センセイプレイスが運営している受験攻略メディアです。

【志望校合格を勝ち取りたい高校生の皆さんへ】
高1,2生はこちら→ 高2・勉強時間0、偏差値40台からの早稲田逆転合格体験記
高3生はこちら→ 高3・偏差値40台からの早稲田逆転合格体験記

「勉強しても伸びない…」その原因は勉強法かも
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
自分に合った効率の良い勉強法を知る

【結論】自分に合った受験方法を見極めよう!

【結論】自分に合った受験方法を見極めよう!

ここまで、一般と推薦のそれぞれの入試についてご紹介してきました。

どっちにも良いところ悪いところがありますし、どちらの入試方式の方が良いというわけではありません

入試の受け方によってはふつうなら受かるはずもなかった難関校にも合格できるかもしれません。

実際に、僕の大学の同期には地元の偏差値50程度の高校から公募推薦慶応大学に合格し、その高校の歴史上初めての慶応合格者になったという人もいます。

このように自分の適性を理解し、努力すれば難関校の合格も夢じゃありません。

ですので、なんとなく受験をするのではなく、しっかり受験についての情報を集め、自分に合った方法で受験しましょう!

【高1高2生限定】
公式LINEで差がつく勉強法指導に申し込む
差がつく勉強法指導の詳細はこちら

ここまで読んでも、まだ少し不安なキミへ

馬場センセイ
こんにちは!センセイプレイス学習責任者の馬場です。

記事を最後まで読んでいただき、ありがとうございます!

ここまで読んでくれたキミは、きっと勉強のやる気が出てきたところかもしれません。

少しだけでも勉強してみよう!と思えたなら、それはとても良いと思います。

でももしかしたら、「正直、やる気は出たけど、これからちゃんと勉強できるかはわからない…」と思っている人もいるかもしれません。

世の中には様々な勉強についての動画や記事があります。

しかしそういったものを見たり読んだりしてやる気が出ても、実際に行動に移す人は約10%、さらにそれを継続する人は3%ほどしかいません。

だけど、少し厳しいことをいうと、志望校合格を勝ち取っていくのは、実際に行動に移して継続をした人たちです。

・「やらなきゃ」と思うのに、すぐに着手できない。
・継続をしないと意味がないと分かっていても、なかなか継続できない。

そういう人はたくさんいます。

僕自身もそうでした。

ですが、その原因は明白です。

それは、具体的にどの教材を、どう取り組めば、このような結果が出せる、というのが自分でわからないからです。

取り組む教材がなければ着手できませんし、闇雲に勉強しても結果が出ないため継続ができません。

皆さんの中にも、

「ネットでいろいろな勉強法を調べてきたけど、どれが正しいの?……」
「何からはじめたらいいのか結局わかんない…」
「やろうと思って勉強をはじめても、なかなか続けられない、成績も伸びない…」

こんな悩みを少しでも感じている人がいるのではないでしょうか。

そんなキミには、ぜひセンセイプレイスの特別指導で相談をしに来てほしいです。

現在、センセイプレイスでは高1高2生限定で、差がつく勉強法指導を実施しています。

先ほどもすこしお伝えしましたが、春から夏にかけて、多くの受験生が、

・勉強はした方がいいと思うけど、なかなかできない ・何から始めるかも、どうやったら成績が伸びるのかもあまりわからない

といったような課題にぶつかります。

今回の差がつく勉強法指導は、そんな課題を解決し、キミの状況に合わせて、今やるべき参考書を1冊決めて、それをやり切るためのサポートをする指導になっています。

「こうやって勉強していけばいいのか!」というのがわかるだけで、受験勉強の効率はグンと上がります

今から成績を伸ばしていけば、周りの動けていない人たちとしっかり差をつけることもできます。

指導が可能な枠に限りがありますので、少しでも気になる!と思った方は、ぜひお早めに申し込みください。

【高1高2生限定】
差がつく勉強法指導に申し込む
差がつく勉強法指導の詳細はこちら

高三・浪人の方は、大人気のセンセイプレイス 無料体験指導のご案内をしています!

こちらも指導が可能な枠の数には限りがあります。

無料体験指導は、受験まであと1年をきったキミのために、今キミが頑張っていくべきこととその方法を、キミの状況に合わせてしっかり考える時間になっています

もし少しでも、「勉強、どうやっていこうかな…」と悩んでいることがある場合は、お早めに相談をしてみてください!

公式LINEでセンセイプレイスの無料体験指導に申し込む
無料体験指導の詳細はこちら