【古文】古文単語勉強法|古文の基礎を固めるための4ステップ

当ブログは独学コーチングサービスを提供している「センセイプレイス」が運営しています。

YouTubeでも、受験生に役立つ動画を毎日19時に公開しておりますので、ぜひそちらもご覧ください!


早稲田に逆転合格したい人へ
センセイプレイスブログは、一人ひとりに合った勉強法にカスタマイズする
オンラインコーチ予備校・センセイプレイスが運営している受験攻略メディアです。

【センセイプレイスで早稲田に逆転合格を果たした先輩の体験談はこちらから!】
高1・2生はこちら👇
>>
勉強時間0、偏差値40台の私が早稲田に逆転合格できた理由
高3生はこちら👇
>> ぼくが偏差値40台から半年で早稲田大学に逆転合格した話
浪人生はこちら👇
>> 浪人して早稲田に合格した先輩が語る「浪人生活の実態」とは

突然ですが質問です!

皆さんは毎日の勉強の中でどのくらいの時間を古文の勉強に当てていますか?

ほとんどの人が

「全科目の勉強時間の中で1番時間をかけていない、、」

もしくは

「古文に時間を割くほどの余裕がない!」

と答えるのではないでしょうか。

受験科目の中で一番軽視されていると言っても過言ではない古文。

配点も低いし、古文なんかに時間をかけても無駄だと思ってしまう人が多いのもしょうがないと思います。

しかし、裏を返せば、
みんながあんまり勉強しない古文」を、しっかり勉強すれば

そこでライバルと、大きな差をつけて合格に近づくことができます!

でも、古文の勉強を始めるのは、誰にとっても気の進まないことです。

そこで今回はまず手始めに、

古文単語のおすすめの勉強法についてお伝えしていきます!

古文単語はどのくらい覚えなければならないのか


ではそもそも、古文単語は、どのくらい覚えれば安定して読解ができるようになるのでしょうか?

一般的には、

最低でも300語程度覚えていれば、だいたいの問題を解くのに困らなくなり

600語も覚えれば、受験の古文読解でならわからない単語はほとんどなくなる

と言われています。

英語のセンター試験に必要な単語数が約3,000語だということを考えると、

覚えなくてはいけない古文単語はかなり少なく感じられてきたと思います!

イラストやゴロを活用しよう


「300語〜600語は、英単語と比べると少ない!」

とは言っても、「古文単語を覚える」とは

日本語で日本語の別の意味を覚えるという行為」と言い換えることもできます。

もう感じている人もいると思いますが、 同じ言語の違う意味を覚えるのは、意外と難しいです。

だから古文単語を覚えるのにストレスを感じてしまうのも無理はありません。

そこでおすすめしたいのが「ゴロで覚える」という方法です。

古文単語ゴロゴ」などの単語帳は聞いたことがある人も多いと思います。

わたしも「ゴロゴプレミアム」を使っていましたが、掲載語数がかなり多くて、

キリがないな、、
と思ってしまったので(笑)

メインの単語帳としてではなく、最低限の単語300語ちょっとしか載っていなかった自分の単語帳に、

ゴロを書き込んでいました。

いい意味ですごくくだらないゴロばかりなので、1度読んだだけでもかなり記憶に残ります!

受験本番でもゴロゴのゴロにはかなり助けられました(笑)

現代語との意味の違いを意識しよう


古文単語を覚える時に、1番意識しなくてはならないポイントがあります。

それは、「現代語との意味の違いを意識する

という点です。

例えば、「めづ」という単語は、漢字で書くと
愛づ」となり、現代語の意味と同じ、「愛する」という意味になります。

しかし、「ありがたし」という単語は、漢字で書くと「有り難し」となり、現代語の感謝の意を表す言葉ではなく、「滅多にない」という意味になります。

このように、漢字に置き換えることで覚えやすくなる単語もありますが、

同じ単語なのに、現代語とは異なる意味を持つ単語も多いので、覚えるときには注意してください。

古文単語の勉強法4ステップ


ここまでは、

  • 現代語との意味の違いを意識する
  • ゴロを使って覚える
という2点をお話ししてきましたが、

ここからは、より具体的な勉強法4ステップを紹介していきます!

①とりあえず取り組んでみる

まずは、単語帳を開いてみましょう!

最初に書いたように、古文の勉強を始めるのは気がすすまないでしょう。

しかし、「古文単語」という最初の一歩を踏み出さないことには、
いつまでたっても古文ができるようにはなりません。

そこで皆さんにどうしても知っておいて欲しいことがあります!

それは、

1周目は多義語はむりに覚えなくてもいい!

ということです。

古文単語を覚えるのが億劫になってしまう理由の1つに、

多義語の数が多すぎる」という点が挙げられると思います。

もちろん最終的にはその単語の2番目・3番目の意味も覚えるのが理想ですが、

1周目は、長時間かけて全部の意味を覚えるより、
むしろ

最低限の意味を短時間でささっと覚えて2周目に入る方がいいと思います!

②2~3周繰り返す

短時間で1周を終わらせたら、すぐに2周目・3周目を始めて、
長期記憶に移していきましょう!

その際、1周目で覚えたその単語のメインの意味だけではなく、少しずつその他の意味も覚えていくことを意識してください!

しかし、何度も同じ単語帳を繰り返していくうちに、だんだん単語の順番で意味を覚えてきてしまう人もいると思います。

順番で覚えても試験本番では何の役にも立たないので、そんな事態を避けるためにわたしがやっていた方法を紹介します!

それは、友達とお互いにテストするという方法です。

テストといっても紙に書き出したりするのではなく、電車の移動時間などに、その日の範囲を決めて、お互いランダムに単語を言い合って、いかに早く答えられるか競っていました。

その友達とのテストのために勉強するだけではなくて、自分も問題を出しながら覚えられるし、

〇〇がこの単語ずっと覚えられてなかったなー」とか、エピソード記憶に紐付けて覚えることもできたので

友達・家族に協力してもらって覚えるのはとてもオススメです!

③苦手な単語を洗い出す

3-4周すると、ゴロを使ってもどうしても覚えられない単語というのも出てくると思います。

そのような単語が出てきたら、ふせんをつけたり蛍光ペンを引いたりして目立たせ、

集中的にその単語を何度も見て覚えるようにしていきましょう。

わたしは、最初は本当に古文単語が覚えられなくて、単語帳から常に100本以上ふせんが飛び出ている状態でしたが、

そんな単語帳を人前で使うのが恥ずかしくて嫌だったので

そのふせんの部分を集中的に覚えて、どんどんふせんを捨てていくことを趣味にしていました(笑)

④問題集や過去問を通して単語を定着させる

ここまでの勉強で、古文単語はあらかた頭に入ったかと思います。

あとは、単語帳を通して覚えた単語をさらに定着させましょう!

問題集過去問を解いているうちに、

今まで覚えてきたはずなのに、文中で活用されていると気づけない単語なども出てくると思います。

演習を始めたら、実際の文脈では単語がどのような使われ方をしているのかをひとつひとつ確認していくつもりで問題に取り組みましょう。

オススメ単語帳3選


ここまで、

  1. 現代語との意味の差を意識して覚える
  2. ゴロなどで楽しみながら覚える
という2点と、具体的な勉強法について主にお話ししてきました。

この勉強法を実践しやすい、レイアウトが見やすい単語帳として、

  • ゴロゴ
  • マドンナ
  • 古文単語315
などが挙げられます。

特にゴロゴは、先ほど述べた通り、
全ての単語にゴロとイラストがついているので記憶に残りやすく、楽しく覚えることができます。

しかし、これらの単語帳・勉強法はあくまでも一例なので、

実際に書店に行って、単語帳を開いて使っている自分を想像して、

自分に一番合う単語帳を探してみてください!

【古文】偏差値70越えがおすすめする古文単語帳7選まとめ!|厳選!

2018年8月25日

さいごに


受験生の中には、
英語長文はフィーリングで読めちゃうんだよね!」という人もいると思います。

しかし古文に関して言えば、

フィーリングで読める、ということは絶対にありません!

それは、古文が読めるのではなく、

「なんとなく古文が読めた気になっている」

というだけで、実際に問題を解いたら何も理解できていなかった、ということになりかねません。

古文は、単語・文法を地道に固め、読解の演習を積んでいけば、確実に点数という結果になって現れてきます

最初にも書いた通り、
古文の勉強をするのはみんなが億劫に思っていることです。

だからこそ、古文を地道に勉強することでライバルとの差を広げてしまいましょう!

この記事が、古文単語に悩まされている
受験生の皆さんのお役に少しでもたてたなら幸いです!

応援しています!

偏差値40台、勉強時間0の私が”早稲田に逆転合格”できた理由

通っていた高校は“自称“進学校。

ましてや、東京の大学を目指す人なんてほとんどいない環境。勉強時間は0偏差値は40台前半大半の授業は寝ていました。

「どうせ早稲田はなんて受からない」、そんな気持ちの中、早稲田への逆転合格を掴み取った彼らの体験記はこちらです。

当ブログは独学コーチングの「センセイプレイス」が運営しています



当ブログは独学コーチングサービスを提供している「センセイプレイス」が運営しています。