2ヶ月でセンター日本史100点取った勉強法

詳しくみる

【受験生のキミへおすすめの記事】

これから受験勉強を始めるキミへ

ライバルに差をつけて、志望校合格を手にするには、勉強法が鍵になります。

まずは、受験勉強を始める前に知っておいて欲しいことをこちらから確認してみてください。

不合格体験記を読む

あと一年頑張ることを決めたキミへ

浪人は、伸びないって本当??いいえ、そんなことはありません。

浪人には浪人の勉強の方法があります。やるべきことをやれば、ちゃんと成績を伸ばして合格を手にすることができます。

浪人を決めた人に知って欲しいたった一つのこと
浪人生必見!新サービス 《既卒生コース》
↓↓↓↓↓
センセイプレイス 既卒生コース

こんにちは!湯川です!

今回は、ぼくが11月半ばから日本史の勉強を始めて、2ヶ月でセンター100点取った勉強法を伝えていきたいと思います!

センターで100点というと、日本史オタクのように思われますが、全くそんなことはありません。始める前は鎌倉幕府がいつできたのかも知らないレベルでした。

そんなぼくでも1ヶ月で80点台、2ヶ月で100点取れるようになりました。

そして受験を経験したから言えることがあります。日本史は自分に必要な勉強だけをやれば意外とちょろいということです。

ただ、ぼくの例はあくまでもひとつのサンプルなので、自分に必要なのはなにか?と考えながら読んでみてください!

それではさっそく、その勉強法について見ていきましょう!




完全オーダーメイド指導で志望校合格へ
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
自分に合った勉強方法を知る

初日-八日目:日本史全体の流れをつかむ

どんな日本史の勉強ルートでも、最初にやることは必ず「流れをつかむ」ことです。

流れをつかむというのは、言い換えるなら歴史を物語のあらすじとしてとらえるということ。

つまり、各時代・権力者・人々には、どんな特徴があり、なぜそのようにそうなったか、その結果どんなことが起こったのか、ということを把握して、きちんと理解できれば、流れはつかめたと思ってもよいでしょう。

例えば、江戸時代の「流れ」をイメージしてみると、江戸時代は260年も続く時代で、徳川家が設立した武家政権により、幕藩体制や身分制度や大名統制などの特徴がある。

8代目から徐々に崩れていき、改革を行うが成功せず、国民の不満が溜まっていく。

そして開国を求められ、国内が乱れ薩摩や長州などの連合軍に敗れて江戸時代が終わった…。

みたいな感じになります。

もちろん、これはかなり大まかな流れなので、これをもっと細かいところまでイメージできれば、なお素晴らしいです。

日本史の流れを一通りつかめれば、

・歴史の流れが”エピソード記憶”として頭に入っていくので、あとから思い出しやすくなる
・歴史はつながっていて、単体で覚えるものじゃないと実感できる
・日本史が面白く感じるようになる

といったような効果が期待できるため、そのあとの勉強が格段に楽になります。

とはいえ、始めからいきなり分厚い教科書を読む気なんて起きないですよね。

そこで、まずはさっと流れをつかむために、金谷の「なぜ」と「流れ」がわかる本で流れをつかみました。

この本は講義型の参考書なので、実際に授業を聞いているような雰囲気でサクッと理解できます。

まさに、帯に書いてある通り、「なぜと流れをイッキ読み」できちゃう本です。スラスラ読めるのでマンガ感覚で楽しめます!

🔽高2・高1向けおすすめ記事トップ5🔽
  1. 高2・勉強時間0、偏差値40台からの早稲田逆転合格体験記
    【逆転合格のリアルを知ろう!】
  2. スマホを封印し、成績を劇的に伸ばす方法
    【どうしてもスマホを手放せない…というキミへ!】
  3. 高1・高2からの難関大合格戦略
    【難関大に合格するために!】
  4. 受験勉強をこれから始める人が読む記事
    【受験勉強のはじめの一歩】
  5. 定期試験はできるのに、模試ができない理由
    【模試になると点が取れないというキミへ】

「今から勉強しておいた方がいいかな…」という高1高2生必見!
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
【今だけ】周りと差をつける勉強法を知る

九日目-十二日目: 一問一答で知識のアウトプットをする

流れをつかんだ後は、アウトプット!

え?

一問一答ってインプットじゃないの?ってなりますよね。

たしかに、一般的にはその通りかもしれません。

ですが、すでに流れをつかむフェーズである程度知識をインプットできているはずなので、それを一問一答で試してみるという意味で、アウトプットなのです。

ちなみに、東進の一問一答は、

星3:絶対に覚えないといけない必須レベル。
星2:センター高得点、一般私大で通用するレベル。
星1:難関私大でも高得点を取れるレベル。センター9割から10割目指すレベル。

と、問題ごとにレベルが別れています。

この段階では、まずは星3の問題だけでよいので、完璧にしましょう。

なお、一問一答はターゲット4000も有名ですが、短期間で高得点を目指すには東進の一問一答の方がオススメです。

東進の一問一答は時代順に並べられているので一問一答なのに流れも復習できるようになっています。

一方、ターゲット4000だと、難易度順で大きく分けられているので流れがつかめません。



【今だけ】周りと差がつく勉強法指導実施中!
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
差がつく勉強法指導の詳細を見る

九日目-十二日目:気分転換に日本史のCDを聞く

さらに、一問一答と同時進行で石川晶康のトークで攻略日本史Bという参考書のCDも聞いていました。

CDで日本史を勉強するのは少し珍しいかもしれませんが、通学時などのスキマ時間にも勉強ができ、気分転換に楽しみながら勉強できるのでオススメです。

こちらのCDの話者は石川さん本人で、独特の話し方なので記憶に残りやすくなってます。

早稲田に逆転合格したい人へ
センセイプレイスブログは、一人ひとりに合った勉強法にカスタマイズする
オンラインコーチ予備校・センセイプレイスが運営している受験攻略メディアです。

【志望校合格を勝ち取りたい高校生の皆さんへ】
高1,2生はこちら→ 高2・勉強時間0、偏差値40台からの早稲田逆転合格体験記
高3生はこちら→ 高3・偏差値40台からの早稲田逆転合格体験記

「勉強しても伸びない…」その原因は勉強法かも
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
自分に合った効率の良い勉強法を知る

十三日目-二十日目: 過去問を徹底分析する

さて、ここまできたら、いよいよセンターの過去問分析に入ります。

過去問分析には、大きく分けて

・自分の実力を知るため

・センターの問題を知るため

という、2つの目的があるので、順番に解説していきます。

自分の実力を知るため

過去問分析に取り組むことで、その時点での実力がはっきりわかります。

早い段階で自分の実力を把握しておけば、その後の勉強のペース配分がわかります。

また、次に過去問を解いた時に点数が上がっていれば、自分の成長が実感できてテンションが上がりますよね!

センターの問題を知るため

ここでセンターの問題をしっかり分析して、どんな感じで出題されるのかを知っておけば、試験に出ないことを勉強してしまう無駄を省けるので、効率がグンと上がります!

実際の試験ではどんな問題がどのように出題されているのかを、常に意識しながら勉強してください。

二十日目-本番まで:安定して高得点をとれるようにする

センターの過去問を解いたら、次は東進の一問一答の星2、星1の問題に取り組んで、吸収していきましょう。

星2を覚えきった時点で、センターなら安定して8割は取れるようになっているはずですが、更に高得点を取りたい人は星1に取り組んでください。

ぼくの場合、星2が終わったのが27日目。

星1が終わったのが47日目でした。

そして、東進の一問一答を自分の目標に合わせたレベルまで終わらせ次第、過去問を解いて解いて解きまくる段階に入りましょう。

徹底的に過去問を分析し、自分の弱点を洗いざらい見つけていき、個別の対策を取るのです。

自分の場合は資料問題が弱点だと思ったので、資料集を自分なりにまとめたりしました。

日本史の勉強で一番大切なのは「復習」

ここまでいろいろ書いてきましたが、結局一番番大事なことは何か。

それは、復習です。

復習と聞くとめんどくさいイメージがある人もいるかもしれませんが、復習に勝る勉強はありません。

流れをつかんでから一問一答に入ると言いましたが、一問一答をやりながらも当然、流れの復習はします。

ちなみに自分は日本史の勉強時間の7割~8割ほど復習に使いました。

一問一答も一周するだけじゃ全然覚えきれないです。何十周と復習してやっと覚えることができます。

また、復習もただすればいいというわけではなく、タイミングが大事です。

このタイミングは人によって、また覚えるものによって違ってきます。

復習のタイミングは勉強していくにつれて自分の実感として培っていくものなので、やっていくうちに分かってくると思います。

最初は、適切なタイミングで復習ができずにつまづいたとしても、自分に適切な復習のタイミングを試行錯誤していけば、自分にあった復習のタイミングを見つけることができるでしょう。

ですので、とにかく日本史の勉強を調子よく進めていけたとしても、必ず復習を欠かさないようにしましょう。

徹底検証!偏差値40から早稲田逆転合格への参考書リスト:日本史編

【高1高2生限定】
公式LINEで差がつく勉強法指導に申し込む
差がつく勉強法指導の詳細はこちら

ここまで読んでも、まだ少し不安なキミへ

馬場センセイ
こんにちは!センセイプレイス学習責任者の馬場です。

記事を最後まで読んでいただき、ありがとうございます!

ここまで読んでくれたキミは、きっと勉強のやる気が出てきたところかもしれません。

少しだけでも勉強してみよう!と思えたなら、それはとても良いと思います。

でももしかしたら、「正直、やる気は出たけど、これからちゃんと勉強できるかはわからない…」と思っている人もいるかもしれません。

世の中には様々な勉強についての動画や記事があります。

しかしそういったものを見たり読んだりしてやる気が出ても、実際に行動に移す人は約10%、さらにそれを継続する人は3%ほどしかいません。

だけど、少し厳しいことをいうと、志望校合格を勝ち取っていくのは、実際に行動に移して継続をした人たちです。

・「やらなきゃ」と思うのに、すぐに着手できない。
・継続をしないと意味がないと分かっていても、なかなか継続できない。

そういう人はたくさんいます。

僕自身もそうでした。

ですが、その原因は明白です。

それは、具体的にどの教材を、どう取り組めば、このような結果が出せる、というのが自分でわからないからです。

取り組む教材がなければ着手できませんし、闇雲に勉強しても結果が出ないため継続ができません。

皆さんの中にも、

「ネットでいろいろな勉強法を調べてきたけど、どれが正しいの?……」
「何からはじめたらいいのか結局わかんない…」
「やろうと思って勉強をはじめても、なかなか続けられない、成績も伸びない…」

こんな悩みを少しでも感じている人がいるのではないでしょうか。

そんなキミには、ぜひセンセイプレイスの特別指導で相談をしに来てほしいです。

現在、センセイプレイスでは高1高2生限定で、差がつく勉強法指導を実施しています。

先ほどもすこしお伝えしましたが、春から夏にかけて、多くの受験生が、

・勉強はした方がいいと思うけど、なかなかできない ・何から始めるかも、どうやったら成績が伸びるのかもあまりわからない

といったような課題にぶつかります。

今回の差がつく勉強法指導は、そんな課題を解決し、キミの状況に合わせて、今やるべき参考書を1冊決めて、それをやり切るためのサポートをする指導になっています。

「こうやって勉強していけばいいのか!」というのがわかるだけで、受験勉強の効率はグンと上がります

今から成績を伸ばしていけば、周りの動けていない人たちとしっかり差をつけることもできます。

指導が可能な枠に限りがありますので、少しでも気になる!と思った方は、ぜひお早めに申し込みください。

【高1高2生限定】
差がつく勉強法指導に申し込む
差がつく勉強法指導の詳細はこちら

高三・浪人の方は、大人気のセンセイプレイス 無料体験指導のご案内をしています!

こちらも指導が可能な枠の数には限りがあります。

無料体験指導は、受験まであと1年をきったキミのために、今キミが頑張っていくべきこととその方法を、キミの状況に合わせてしっかり考える時間になっています

もし少しでも、「勉強、どうやっていこうかな…」と悩んでいることがある場合は、お早めに相談をしてみてください!

公式LINEでセンセイプレイスの無料体験指導に申し込む
無料体験指導の詳細はこちら