【古文】首都圏「難関」私大古文演習の特徴と使い方|私大受験特化!

キミの独学を、ひとりにしない。

センセイプレイスは、独学コーチングを提供しているオンライン予備校です。

そんなセンセイプレイスでは、受験生に役立つ情報をLINE@で無料配信中!

  • LINE@登録者限定コンテンツ
  • 受験勉強に役立つ勉強法・参考書のtips
  • お得なキャンペーン情報

などを続々配信中!

現在、LINE@登録者は10000人超!

他の受験生に乗り遅れないためにも、今すぐご登録を!

首都圏「難関」私大古文演習
高1・2生向けおすすめ記事一覧
高1・2からの大学受験戦略を知る
高1・高2からの難関大合格戦略|本気で志望校合格をめざすあなたへ
何から受験勉強をはじめるべきかを知る
【大学受験】受験勉強って何からはじめたらいい?という人が読む記事
勉強をしなきゃいけないのに、スマホをいじってしまう理由を知る
勉強しなきゃとわかってるのに、なぜスマホをいじってしまうのか?
定期試験はできるのに、なぜ模試だとできないのかを知る
定期試験はできるのに、模試ができないたった1つの理由
参考書をやっているのに成績が上がらない理由を知る
参考書をやっているのに成績が上がらない理由と解決方法
さとしセンセイ
こんにちは、センセイプレイスのさとしです!

「首都圏「難関」私大古文演習ってどんな参考書?」
「実際のところ、レベルやボリュームはどうなんだろう…」
「効果的な勉強法や、この参考書に向いている人が知りたいな」

こういった疑問にお答えします。

今回の内容
①『首都圏「難関」私大古文演習』の特徴(構成、スペック、レベル、ボリューム)
②『首都圏「難関」私大古文演習』をやる前に「取り組む目的」を考えよう
③『首都圏「難関」私大古文演習』の効果的な勉強法
④一番大事なのは「自分の頭で考えること」です

古文において、一番配点が高く重要とされているのが「読解問題」。

しかし、古文単語や古文法の勉強が終わっても、なぜか長文が読めなくて困った経験はありませんか?

単語や文法はわかるのに、なぜか文章になると急に意味が取れなくなる……。

こんな経験をしている人は少なくないことだと思います。

そこで、今回紹介するのが『首都圏「難関」私大古文演習』。

『首都圏「難関」私大古文演習』は、読解問題集の中でも過去問前に取り組むような難しい参考書となっています。

当記事を読むことで、『首都圏「難関」私大古文演習』の特徴や効果的な使い方を知り、今後の勉強に活かしていくことができるでしょう。

ぜひ、最後までお付き合いください!

※「古文」の参考書が知りたい人はこちら

『首都圏「難関」私大古文演習』の特徴

『首都圏「難関」私大古文演習』の特徴について、書いていきます。

『首都圏「難関」私大古文演習』の構成

首都圏「難関」私大古文演習

『首都圏「難関」私大古文演習』のスペック

『首都圏「難関」私大古文演習』は、オーソドックスな古文の読解参考書です。

タイトルにもある通り、『首都圏「難関」私大古文演習』は難関私大を受験する人に向けて作られています。

古文の参考書の中には、私大に特化した参考書というのはあまりありません。

そのため、私大専願なのに問題集で国公立の問題もやっていたなんてことも有りのではないでしょうか。

しかし、『首都圏「難関」私大古文演習』は私大受験のために作られた参考書なので、私大の問題形式を勉強したいという人にぴったりです。

他に『首都圏「難関」私大古文演習』には、その問題の得点状況に応じて「合格確実」「圏内」「がんばろう」と評価があり、自分の得点の合格までの目安がわかります。

これを勉強の到達度のひとつの指標とするのも良いでしょう。

『首都圏「難関」私大古文演習』のレベル

『首都圏「難関」私大古文演習』のレベルはMARCH〜早稲田レベルです。

そのため、レベルが高いため、タイトルにある通り難関私大を受験する人にオススメです。

また、十分な効果を得るためには古典の基礎知識や文法だけでなく、センター8割程度の学力は必要でしょう。

『首都圏「難関」私大古文演習』のボリューム

問題数:20題
ページ数:157

『首都圏「難関」私大古文演習』に取り組む理由を意識しよう

首都圏「難関」私大古文演習
参考書というのは、取り組む人によってやる目的もやり方も変わってきます。

たとえば、『首都圏「難関」私大古文演習』でいうと
・古文の読解演習の1冊目として、『首都圏「難関」私大古文演習』を使う人
・学習経験があり、『首都圏「難関」私大古文演習』を使う人
がいます。

そして、それぞれの人がやる目的・やり方も違うのです。

ですので、
①自分がなぜ『首都圏「難関」私大古文演習』をやるのか
②『首都圏「難関」私大古文演習』をやる目的を果たすために、自分がどのようなやり方で勉強していくべきか

自分で考えたうえで、取り組んでいきましょう。

ネットに書いてある勉強法や、ほかの人のやり方を鵜呑みにして、そっくりそのまま真似したところで、成績は伸びませんよ!

『首都圏「難関」私大古文演習』の具体的な勉強法

首都圏「難関」私大古文演習
次に、『首都圏「難関」私大古文演習』の具体的な勉強法について書いていきます。

古文の読解演習の1冊目として、『首都圏「難関」私大古文演習』を使う人

①問題を解く

まずは、問題を解いて行きましょう。

問題の制限時間は約20分を目安に解いてみる良いでしょう。

ですので、その時間を意識して解くようにしましょう。

決められた時間の中で問題を解くことで、どれくらいの時間をかけ文章を読み、問題に取り組むかなど時間配分をする練習にもなります。

②解答・解説をよく読み、答え合わせをする

問題を解き終わったら、答え合わせをしましょう。

答え合わせをする際にありがちなことが、ただ○か×だけをつけて終わらせてしまうことです。
これは、ただその時解けた問題がわかるだけで、全く実力がつきません。

答え合わせで大切なのは、解けなかった問題を次に解けるようにすることです。

そのため、間違った問題をなぜ自分は間違ったのかを考えましょう。
単語の解釈なのか、文法なのか、話の流れのつかみ方がダメだったのかなど間違った原因を探って行きましょう。

そして、次に似た問題が出題されたときに必ず解けるように復習をしましょう。

③問題文と現代語訳を照らし合わせ、わからなかったところ・間違えたところをチェックする

設問の答え合わせが終わったら、本文の解釈がわからなかったところ・間違えたところをチェックしましょう。

その後、現代語訳や解説でどこの解釈が間違えていたのか1つずつ確認しましょう。

この作業は少し面倒に思われるかもしれません。

しかし、実際はこうした地道な作業が得点を上げる秘訣です。

ですので、細かい作業にも面倒くさがらずに取り組むようにしましょう!

④音読をする

設問と本文の復習が終わったら、古文を古文のまま読むことを意識して音読しましょう。
古文を現代語訳を介せずに古文のまま読むということはとても大切なことです。

というのは、難関大学の古文になれば文の量が多くなる傾向にあるのです。
そのため、自然と現代語訳している時間はなくなっていきます。

ですので、古文を古文のまま読めるように意識して音読していきましょう。

音読の回数は厳密に決める必要はありません。

というのは、かんたんな文章を何十回も音読しても効果は薄いでしょうし、だからと言って難しい文章を1回音読するのもまたいい効果は期待しにくいでしょう。

つまり、重要なのは回数ではなく、その文章を古文のまま理解出来るようになったかです。

そのため、音読の回数にとらわれすぎないで、古文のまま理解できることを目標に音読しましょう!

古文の学習経験があり、『首都圏「難関」私大古文演習』を使う人

①問題を解く

基本的に取り組み方は同じです。

まずは、問題を解いて行きましょう。

問題の制限時間は約20分を目安に解いてみると書いています。

ですので、その時間を意識して解くようにしましょう。

決められた時間の中で問題を解くことで、どれくらいの時間をかけ文章を読み、問題に取り組むかなど時間配分をする練習にもなります。

②解答・解説を読み答え合わせをする

問題を解き終えたら、解答・解説をよく読み、答え合わせをしましょう。

答え合わせをする際にありがちなことが、ただ○か×だけをつけて終わらせてしまうことです。
これは、ただその時解けた問題がわかるだけで、全く実力がつきません。

答え合わせで大切なのは、解けなかった問題を次に解けるようにすることです。

そのため、間違った問題をなぜ自分は間違ったのかを考えましょう。
単語の解釈なのか、文法なのか、話の流れのつかみ方がダメだったのかなど間違った原因を探って行きましょう。

そして、次に似た問題が出題されたときに必ず解けるように復習をしましょう。

③問題文と現代語訳を照らし合わせ、わからなかったところ・間違えたところをチェックする

設問の答え合わせが終わったら、本文の解釈がわからなかったところ・間違えたところをチェックしましょう。

その後、現代語訳や解説でどこの解釈が間違えていたのか1つずつ確認しましょう。

この作業は少し面倒に思われるかもしれません。

しかし、実際はこうした地道な作業が得点を上げる秘訣です。

ですので、細かい作業にも面倒くさがらずに取り組むようにしましょう!

④音読をする

設問と本文の復習が終わったら、古文を古文のまま読むことを意識して音読しましょう。
古文を現代語訳を介せずに古文のまま読むということはとても大切なことです。

というのは、難関大学の古文になれば文の量が多くなる傾向にあるのです。
そのため、自然と現代語訳している時間はなくなっていきます。

ですので、古文を古文のまま読めるように意識して音読していきましょう。

音読の回数は厳密に決める必要はありません。

というのは、かんたんな文章を何十回も音読しても効果は薄いでしょうし、だからと言って難しい文章を1回音読するのもまたいい効果は期待しにくいでしょう。

つまり、重要なのは回数ではなく、その文章を古文のまま理解出来るようになったかです。

そのため、音読の回数にとらわれすぎないで、古文のまま理解できることを目標に音読しましょう!

『首都圏「難関」私大古文演習』をおすすめする人

首都圏「難関」私大古文演習
『首都圏「難関」私大古文演習』は以下の人にオススメです。

・難関私大を受験する人

・過去問に取り組む前に実戦に近い演習をしたい人

・有名な予備校の参考書を好む人

難関私大を受験する人

『首都圏「難関」私大古文演習』は、MARCHや早稲田レベルの難関私大を受験する人に向けて作られています。

また、国公立やセンター形式の問題が混ざっている参考書とは異なり、私大の問題形式に特化して作られています。

ですので、難関私大を受験する人にオススメの参考書です。

過去問に取り組む前に実戦に近い演習をしたい人

『首都圏「難関」私大古文演習』は、MARCHや早稲田の入試で過去に出題された問題が使用されています。

そのため、時間制限を設けたり、その問題での合格目安などがわかりやすくなっています。

ですので、過去問に取り組む前に実戦に近い演習をしたい人にオススメの参考書です。

有名な予備校の参考書を好む人

『首都圏「難関」私大古文演習』は、河合塾が出版しています。

ですので、有名な予備校の参考書を好む人にオススメの参考書です。

参考書のやり方がわかっても、本当にできるのか不安なキミへ

「参考書のやり方がわかっても、自分ひとりで勉強していけるか不安……」
「いままで散々ネットとかでやり方を調べてきたのに、うまくいった試しがない……」

当記事を読んでも、「本当にこの参考書を終わらせることができるのか……」と不安に思う人も多いことでしょう。

ぼく自身も勉強を進めていく中で、

「本当にこの参考書のやり方で進んでいっていいだろうか……」

「勉強法ばかり調べて、実際にうまく勉強できたことがない……」

と思い悩むことが多々ありました。
かといって相談できる人もおらず、1人でずっと不安を抱えながら勉強する日々。

自分で勉強しても模試の結果も思うように伸びず、勉強へのモチベーションもどんどん下がって行きました。

もしキミも同じような悩みを持っているなら、難関大学に受かった経験があり、なおかつ自分の受験をしっかりサポートしてくれるコーチのような存在を見つけることが大切です。

自分の勉強をしっかり把握してくれて、適切なアドバイスをしてくれる人がいれば勉強はグッと楽になります。

ぼくもコーチのような存在が見つかってから、勉強すればするほど点数が上がるようになっていきました。

もし周りに自分の勉強をしっかり把握してくれて、適切なアドバイスをしてくれる人がいなければ、センセイプレイスの無料体験指導をぜひ受けてみてください。

センプレの無料体験指導では、今抱えている悩みを解決し、志望校に向けて勉強をどのように変えていけばいいのかを学べます。
抱えている悩みをスッキリすることができて、勉強計画の立て方などをキミだけに合わせて話します。

難関大学を突破した経験があり、多くの受験生の悩みを一緒に解決してきたセンセイプレイスのスタッフに、どんな事でも相談することができます。

無料体験指導を受けた人たちの声は、以下の画像からご覧になることができます。


無料体験指導はオンラインで行うので、全国どこからでも受けることが可能です。
また、特別な準備は必要なく、LINE通話で1時間~1時間30分行うことができます。

下のボタンから申し込んでいただき、ぜひ無料体験指導に申し込んでみてください!担当スタッフが対応致します!

詳しいサービス説明はこちらからもご覧になれます!


※月ごとに体験指導ができる回数には上限があります。予約が間に合わず、最大で約1ヶ月待ちになったこともございます。体験指導を希望する方はお早めにご予約ください。