【大学受験】日本史を独学で攻略する方法|早稲田生が徹底解説!

無料体験指導実施中

詳細は、公式LINEをチェック
↓↓↓↓↓
LINEを友達追加して無料体験指導に申し込む
※上記ボタンから、公式LINEにジャンプします

日本史独学方を早稲田生が解説

荒川センセイ
こんにちは、センセイプレイスの荒川です!
「日本史を独学でやろうと思うけど、やり方がわからない…」

「やっぱり予備校とかいった方がいいのかな」

「そもそも独学で日本史って大丈夫なの?」

こんなことを感じて不安になっている受験生・高校生の皆さんはかなり多いのではないでしょうか。

実際わたしも日本史選択だったのですが、高2の1月に受けた模試では偏差値が40台しかありませんでした。

そんなひどい成績だったのですが、学校の授業は進みが遅くてあてにならないし、日本史は予備校にも通わなかったため、日本史を独学して大学受験に臨みました。 

1人で日本史の勉強を続けながらも、このやり方で大丈夫なのかな…といつも不安だったので、皆さんの気持ちはとてもよくわかります。

そんなわたしでも、1年間の独学で日本史の偏差値を20以上あげて早稲田大学に合格することができました!

後ほど詳しく説明をしていきますが、日本史は独学で勉強するのが圧倒的におすすめです。

そこで今回の記事では、わたしの体験をもとに、

  • 日本史の独学がおすすめの理由
  • 具体的な日本史の独学方法
  • 日本史の独学におすすめの参考書

の3点を解説していきます!

それではいきましょう。


塾選びで悩み中の方へアドバイスを!
↓↓↓↓↓
センプレ説明会実施中
※上記リンクから、説明会の詳細ページにジャンプします


【結論】大学受験の日本史は独学がむしろおすすめです

大学受験の日本史は独学がおすすめ
先ほども述べましたが、結論としては、大学受験の日本史は独学がむしろおすすめです!

この記事を読んでいる皆さんの多くは、日本史は独学で受験を乗り切れるのか、不安を感じていると思います。

そんな皆さんには、日本史は独学で乗り切れる、というよりも、独学がおすすめだ、ということを伝えたいです!

学校や予備校の日本史の授業は基本的に講義型なので、結構余計な話も多いですし、授業を聞くだけの受け身の学習になってしまいます。

実際、学校で日本史の授業を受けている皆さんの中にも、授業を聞いているだけではつまらなくて寝てしまう、という人も多いと思います。

受け身の学習に時間を費やすのであれば、自分にあった勉強法や参考書で、能動的に自分で知識を増やす学習をした方がよっぽど効率がいいです!

とはいえ、いざ始めようと思っても、独学って何をどうすればいいのかわからないですよね。

ここからは、効率の良い日本史の独学方法を、5ステップに分けて具体的に解説していきます!

🔽高2・高1向けおすすめ記事トップ5🔽
  1. 高2・勉強時間0、偏差値40台からの早稲田逆転合格体験記
    【逆転合格のリアルを知ろう!】
  2. スマホを封印し、成績を劇的に伸ばす方法
    【どうしてもスマホを手放せない…というキミへ!】
  3. 高1・高2からの難関大合格戦略
    【難関大に合格するために!】
  4. 受験勉強をこれから始める人が読む記事
    【受験勉強のはじめの一歩】
  5. 定期試験はできるのに、模試ができない理由
    【模試になると点が取れないというキミへ】

おすすめの日本史の独学5ステップ

日本史独学勉強法
  1. 講義本などでざっくり流れを理解する
  2. 時代ごとに丁寧に学習していく
  3. ②と同時並行で、一問一答・問題集でアウトプットしていく
  4. テーマ史を学習する
  5. 過去問演習を積む

①講義本などでざっくり流れを理解する

まず初めに、講義本などを使ってざっくり流れを理解しましょう!

この段階では、本当にざっくりで大丈夫です。

イメージとしては、時代の順番がわかるかなとか、何世紀は何時代だったんだとか、そのくらいざっくりです。

最初はざっくりで大丈夫なので、4日〜1週間くらいの短期間で流れを理解しましょう!

ここでいう「流れを理解する」とは、原始時代から現代までの通史を学ぶ、ということです。

そもそも通史とは、場所や地域などを限定せずに、原始時代から現代までの歴史を時代に沿って歴史を捉える方法です。

流れを理解する、つまり通史をやるおすすめの方法として、山川出版などの教科書を1周読み切るという方法を聞いたことがある人もいるかもしれません。

しかし、1周読み切るのにとても時間がかかるので、99%挫折してしまいます。

ちなみに、実際わたしも現役の時に読もうとしてみたのですが、10ページも読めずに諦めてしまいました(笑)

ですので、教科書よりももっと軽いものでよいです。具体的には、漫画・本・薄い参考書などがあげられます。

とにかく、、どんな形でも日本史に触れてみることが大事です!

わたしは、先輩におすすめされた「ざっくりわかる日本史の授業」という本を使ったのですが、分量もそこまで多くないし文章が面白くて読みやすいので、1週間程度で読み切ってしまいました!

特に日本史に興味が持てないという受験生にはおすすめです!

②時代ごとに丁寧に学習していく

流れをざっくり理解したら、時代ごとに丁寧に学習していきましょう!

ここでは、用語の暗記と時代ごとの勉強について、具体的な学習例を交えながら説明していきます。

まずは用語の勉強方法についてです。

勉強を初めてすぐの段階ですので、まずは頻出の用語を押さえます。

1週間で何百年分進める、とか1日で参考書何ページ分進める、とか具体的に進める量を決めて、丁寧に学習していきましょう。

ほとんどの受験生が使っている山川の用語集を使った学習例を紹介します。

山川の用語集でいうと、用語の頻出度が①〜⑧の数字表されています。

なので、頻度が高いことを表す④〜⑧を確実に暗記していきましょう。

頻度の低い①〜③の単語に関しては、かなり頻度が低いですし、そこまで全部覚えるのは流石に無理があります。

そこは自分の志望校のレベルと照らし合わせながら適宜学習していきましょう。

次に、時代ごとの丁寧な勉強法についてです。

おすすめの方法は、実況中継シリーズなどの講義本を読みながら用語集を使って知識を増やし、それをまとめた、「これさえ見ればわかる」というノートを1冊作ることです。
まとめる、と言っても、1からノートを作っていては時間がかかってしまいますよね。

そこで、日本史の流れのみが書いてあり、重要単語などが空欄になっていて自分で書き込むことができる、「山川詳説日本史ノート」を使うことをおすすめします!

具体的な使い方は、こちらの記事で詳しく解説しているので、参考にしてみてください!

山川詳説日本史ノートの使い方を徹底解説|日本史の総復習にピッタリ!

この時代ごとの丁寧な学習で得た用語・知識は、何回も何回も書いて覚えるようにしましょう。

何回も日本史の用語を書いているうちに、流れも自然と頭に入ってきます。

このステップはとても時間がかかりますし、他の時代に入ったらその前の時代のことを忘れちゃう、なんてこともザラにあるのでかなり苦痛だと思います。

ですが、この工程をしっかりやるかどうかで、その後の日本史の学力に大きく差がつきます。

時間をかけてしっかり学習していきましょう。

③②と同時並行で、一問一答・問題集でアウトプットしていく

②のインプットと同時並行で、一問一答や問題集を使ってアウトプットをしていきましょう!

知識をインプットしたら、すぐに問題を解いてアウトプットすることで、より記憶に定着させることができます。

例えば、②で室町時代が終わったなら、その知識がちゃんと自分のものになっているかを確認するためのテストとして室町時代の問題を解きましょう。

そこで間違えた問題や、まぐれで正解したような問題があれば、そこを重点的に復習してください。

また、一問一答や問題集を解いて初めて得た知識や用語なども、丁寧にインプットしていきましょう。

そういう初めて知ったことも、②で紹介したような、「これさえ見ればわかる」という自分だけのノートに書き込んで、知識を増やしていきましょう。

④テーマ史を学習する

通史が終わったら、テーマ史の勉強を始めましょう!

テーマ史とは、時代ごとで区切った通史ではなく、時代を超えて、1つのテーマに絞った出題をする問題のことです。

人気のテーマ史としては、文化史・女性史・外交史などが挙げられます。

大学受験では通史だけではなく、上記のようなテーマ史が大問として出てくることが多いです。

ですのでテーマ史の学習は、通史の学習と同じくらい、大学受験の日本史対策には大事になってきます。

テーマ史も通史の勉強と同じように、実況中継シリーズなどの講義本である程度知識を入れた後に、用語集で知識を増やし問題演習でさらに知識を増やす、というステップで取り組んでください。

特に文化史は、どの大学でも頻出のテーマ史なので、資料集も使って視覚的に学習するのがおすすめです。

ちなみに、通史ができていないとテーマ史もできるようにはなりません。

ですので、テーマ史を勉強しながら、並行して改めて通史ももう1・2周して、併せて知識を定着させていくのがおすすめです。

⑤過去問演習を積む

通史が終わってテーマ史にある程度取りくめたら、志望校の過去問を使って、ハイレベルな演習にもうつっていきましょう!

大学や学部ごとに出題形式も傾向も全然違うので、志望校・学部に特化した対策が必要です。

例えば、国際系学部だったら外交史、商・経済・経営学部とかだったら経済史・税制史、とか学部の特徴がわかりやすく出題傾向に現れることが多いです。

ですので、過去問を使って志望校に特化した対策をして、実際の入試問題に慣れていきましょう。

また、難関大の過去問演習になってくると、自分の知識じゃ全然足りないと実感すると思います。

そこで挫折して諦めるのではなく、過去問で新たな知識を吸収することが自分の学力の向上につながります。

過去問は解きっぱなしにするのではなく、解説を読んで、なんで間違えたのか、どこの知識が足りなかったのかを復習することの方が、解くことよりも大事になってきます。

過去問演習でも、常にインプットをする、という姿勢を忘れないようにしましょう!


高1・高2必見!今から始めて合格を目指す
↓↓↓↓↓
体験指導実施中
※上記リンクから、公式LINEにジャンプします



日本史の独学におすすめの参考書7選

日本史独学参考書
ここまで、日本史の独学の詳しいやり方と、何冊かおすすめの参考書を紹介してきました!

ここからは、今まで紹介したものの他に、独学の時におすすめの参考書を紹介していきます。

上で解説してきた、おすすめの独学の方法5ステップに即して紹介していくので、参考にしてみてください!

山川用語集

まず、日本史選択の受験生全員が持っておくべき、「山川用語集」です。

山川の教科書に即して、大学受験の日本史に出てくる全ての用語がここに載っている、といっても過言ではありません。

多くの大学の入試問題が、この山川の用語集を参考にして作られているそうなので、全受験生が持っておくべき1冊です。

実況中継シリーズ

日本史を独学でやるなら持っておきたいのが、この「実況中継シリーズ」です。

わたしも使っていたのですが、解説がしゃべり言葉なので読みやすいですし、混乱しそうな複雑な点もわかりやすく整理してくれています。

CDもついているので、それを聞きながら学習することも可能です!

ざっくり流れを理解した後の、ステップ②の時代ごとの学習の際に持っておくとかなり独学が捗ると思います!

【日本史】「石川晶康 日本史B講義の実況中継(1)」の特徴と使い方|点数UP!

山川詳説日本史ノート

先ほども軽く紹介しましたが、まとめノートを作るなら「山川詳説日本史ノート」がおすすめです。

基本的なフォーマットはできているので、そこに書き込むだけで、山川の教科書に即した自分だけのまとめノートを作ることができます。

また、A4サイズのノートで余白もたくさんあるので、問題集などで得た知識を書き込むスペースがたくさんあるのもおすすめポイントです!

山川詳説日本史ノートの使い方を徹底解説|日本史の総復習にピッタリ!

東進一問一答

ステップ③の、アウトプットの段階に入ったら、一問一答も活用していくことをおすすめします!

一問一答も、たくさん種類があるのですが、東進が出している一問一答が特におすすめです!

わたしは最初、山川の一問一答を使っていたのですが、あまりにもデザインが淡白で全くやる気が出なかったです(笑)

シンプルすぎないので見やすく、使いやすいですし、何より実際の受験問題をもとにした掲載問題がとても充実しています。

移動時間などいつでも使えるので、独学には欠かせない1冊です!

【日本史】日本史B一問一答(東進)の特徴と使い方|爆速暗記で9割超え!

東進日本史Bレベル別問題集

レベルごとに分かれている、「東進日本史Bレベル別問題集」は、問題演習の1冊目におすすめです!

問題集レベル1くらいであれば、あまり知識が定着していないな、という時点でも取り掛かれます。

手軽に取り組めるので、インプットした知識の確認にちょうどいい問題集です!

Z会実力をつける日本史100題

ステップ④の問題演習で、ある程度高得点が取れるようになってきたら、「Z会実力をつける日本史100題」に取り掛かりましょう!

かなりハイレベルな問題集ですが、この1冊が完璧にできるようになったら、早慶レベルの過去問は十分解けるようになります。

大問が100題も載っているので、かなりボリューミーな問題集です。

解説もわかりやすいですし、テーマ史の出題も充実しているので、難関大を受験する人には特におすすめです!

わたしはこの問題集を、受験本番までに4周したのですが、自分がどういうところが苦手なのかを把握し克服できました。

これをやり始めてから、模試でも日本史の偏差値がかなり上がり、早慶の過去問も解けるようになってきたので、本当におすすめです!

【日本史】実力をつける日本史100題の特徴と使い方|早慶にビビらない!

資料集

通史でももちろんですが、特にステップ④のテーマ史の勉強で活躍するのが資料集です!

資料集に関しては、どこの出版社が出しているものもとても詳しいので、学校で配られたものや、自分が使いやすいと思うものを使ってください!

正直、資料集なんか写真のってるだけだしいらないでしょ!と思っている人もいるかと思います。

わたしもそのタイプだったので、高3の秋頃まで資料集はほぼ使っていなかったです(笑)

ですが、資料集を使う事で視覚的に記憶が定着しますし、細かい解説部分にも意外と大事なことが書いてあったりするので、使うに越したことはないです!

特に難関大学の入試では、重箱の隅をつつくような信じられないくらい詳しい問題が出てくることも多いです。

そういう問題で正解して他の受験生と差をつけるためにも、資料集を活用していきましょう!

無料体験指導で偏差値40台から逆転合格
※上記ボタンから、公式LINEにジャンプします

公式LINEについて知りたい方はこちら

ここまで読んでも、まだ少し不安なキミへ

馬場センセイ
こんにちは!センセイプレイス学習責任者の馬場です。

記事を最後まで読んでいただき、ありがとうございます!

ここまで読んでくれたキミは、きっと勉強のやる気が出てきたところかもしれません。

でももしかしたら、「正直、やる気は出たけど、ちゃんと伸びるかはわからない…」と思っているのではないでしょうか。

私も受験生の頃、いろんな勉強法を調べましたが、それで簡単に成績が伸びることはなく、不安な日々を過ごしていました。

しかし、受験生時代にある秘訣に気づいてから、みるみる成績をのばすことができました。

その結果、最終的には高校中退・偏差値30台から早稲田大学政治経済学部に合格することができました。

私は中学を素行不良で退学になり、高校も中退してしまいました。

そんな私でも、偏差値30台から早稲田大学に逆転合格することができたのには、秘訣があります。

そんな秘訣を基に、多くの大学受験生を救いたいという思いから、いまオンライン予備校を経営しています。

それが、センセイプレイスというオンライン予備校です!

センセイプレイスでは、独学コーチングというサービスを提供しています。

週1回のマンツーマン指導によって、万人にむけた勉強法ではなく、キミだけの勉強法ややるべきことを一緒に考えていきます。

その結果、予備校や独学など、ほかのどんな勉強よりも早く成績を伸ばしていくことが可能になります!

センセイプレイスでは、1人ひとりに合った独学コーチングを提供した結果として、

半年で、偏差値40台から早稲田大学に現役合格!

高3春、偏差値38。“全落ち”からの早稲田に逆転合格!

偏差値43の高校から、明治大学に逆転合格!

など、数々の生徒の逆転合格を見届けてきました。

※体験談が見たい方はこちらからも見れます。
センセイプレイスで逆転合格をした先輩の体験談を見る

「ネットでいろいろな勉強法を調べてきたけど、ぜんぜん成績が上がらなくて不安……」

「予備校に通ったけれど、授業のレベルが合ってない……」

「合格したい気持ちはあるけど、勉強したくてもできない……」

こんな悩みに少しでも「わかる〜〜!」となった方は、ぜひセンセイプレイスの詳細を見てみてください!

センセイプレイスの逆転合格に導く秘訣を見る