【大学受験】受験に失敗して落ち込んでいるキミへ

無料体験指導受付中!

無料体験指導で逆転合格を目指す
↓↓↓↓↓
センセイプレイスの無料体験指導はこちら

※上記ボタンから、公式LINEにジャンプします

受験に失敗しても人生終わりじゃない!
安東センセイ
こんにちは、センセイプレイスの安東です!
「第一志望に落ちた…」

「一生懸命受験勉強したのに全落ち」

「友達はみんな希望の大学に受かったのになんで自分だけ…」

辛い話ですが、大学受験は成功する人がいる一方で、失敗する人もいます。

周りの友人たちが第一志望への合格を勝ち取っている中で、自分だけが不本意な結果に終わった、という人もいるかもしれません。

ネットにも「大学受験失敗したら人生終わり」なんて書き込みがあったりもします。

「あぁ、人生終わった…」

もしかしたら今、そんなことを思っていませんか?

でも、大丈夫です。
たとえ大学受験に失敗しても、人生が終わってしまうなんてことはありません!


無料体験指導で逆転合格を目指す
↓↓↓↓↓
センセイプレイスの無料体験指導はこちら
※上記リンクから、公式LINEにジャンプします


受験に失敗しても終わりじゃない!

受験に失敗しても人生終わりじゃない!
第一志望に合格する事ができずに、「失敗したからもうダメだ」「自分は不幸だ」と思う気持ちはよくわかります。

私自身、現役の時から第一志望だった早稲田大学には、0.8点差で合格する事ができませんでした。

一緒に受験した友人が合格している中で、自分だけが希望の大学に行けないというのは本当にしんどかったです。

「あの一問が解けていれば…」そう思ったことは何度もあります。

でも、私の人生はそこで終わることはありませんでしたし、今でも続いています。

受験に失敗してきた人は数多くいるかもしれませんが、それだけで人生が終わってしまう人はいないのです。

なんで「受験に失敗=人生終了」じゃないのか。

それは、失敗の経験が別の成功につながるからです。

私が現役で早稲田に合格できなかったのは、差がつきやすい英語が苦手だったからでした。

そこで再受験した際には英語の勉強にひたすら力を入れ、残りの2科目は現状維持程度という勉強バランスを設定しました。

また、大学に通いながらの受験勉強だったので時間の管理にも気を配っていました。

自分の弱点を考え、改善することは、現役で失敗したからこそできた経験でした。

この経験があったからこそ、一年遅れではありますが、早稲田に合格する事ができましたし、1年間の間で培った忍耐力や計画力は今の生活でも十分に生きています。

私に限らず、失敗をバネに、努力して成功した人はいっぱいいます。

いろいろな形での失敗・成功があると思いますが、共通しているのは

「行動している」

ということです。

失敗に打ちのめされて立ち止まってしまう人も多いと思いますが、一旦、深呼吸をして気持ちを落ち着けてください。

落ち着いたら、自分が何をすべきか考えて一歩、前進してみましょう!

高1・2生向けおすすめ記事一覧
本気で受かりたいキミへ
【高2・勉強時間0、偏差値40台からの早稲田逆転合格体験記】
【高1・高2からの難関大合格戦略】

受験勉強お悩み別の記事はこちらから!

・何から勉強したらいい?
受験勉強をこれから始める人が読む記事
・スマホをいじってしまう…
スマホを封印し、成績を劇的に伸ばす方法
・模試で点が取れない!
定期試験はできるのに、模試ができないたった1つの理由
・成績が上がらない!
参考書をやっても成績が上がらない理由と解決方法

受験に失敗したら絶望してしまう3つの理由

受験に失敗したら絶望してしまう3つの理由
そもそも何故、受験に失敗したら「人生終わった」などと落ち込んでしまうのでしょうか?

その原因を紹介していきます。

①結果主義になっている

受験は結果がはっきりしています。

偏差値などもそうですが、数字で細かく順位が分けられ、最終的には「合格か不合格」という二択に分けられます。

すると「大学受験には合格か不合格の二択しかない」という考え方が生まれてきます。

もちろん結果は重要ですが、そこまでの努力や自分なりに考えてきた事も当然ありますよね。

結果だけにこだわり過ぎてしまうと、不合格だった時のショックは大きくなります。

誰しも結果が出ない時はありますが、そんな時こそ過程に目を向けて見るのはどうでしょうか?

②周りと比較してしまう

周りの人達と自分を比べて劣等感を持ってしまう人も絶望しやすいです。

大学受験に限らず、小中高とテストや模試で私たちは常に比べられ続けてきました。

そのため、自分よりテストの点がいい人、勉強で結果を出している人を見ると劣等感を感じてしまうのです。

ですが、日本には1億人以上の人が住んでいます。

それだけたくさんの人が住んでいるので自分より凄くない人もいれば、凄い人もいっぱいいます。

ライバルに追いつく!とかならモチベーションになるかもしれませんが、いつまでも周りと比べていたらキリがないのも事実です。

③大学受験が全てだと思っている

受験生は大学受験が全てだと思い込んでしまうことがあります。

進学校だと特に、就職や専門学校へ進学する人が少ないので、こういう考え方になりがちです。

確かに大学受験が全てなら、受験に失敗=全て失敗になります。

ですが、高校生には大学受験する以外の選択肢は本当にないのでしょうか?

そんなことはありません。人生には様々な選択肢があり、大学受験はその中の一つでしかありません。


無料体験指導で逆転合格を目指す
↓↓↓↓↓
センセイプレイスの無料体験指導はこちら
※上記リンクから、公式LINEにジャンプします



失敗をバネに成長するために必要な3つのマインド

失敗をバネに成長するために必要な3つのマインド
大学受験に失敗したら確かに絶望してしまうかもしれません。

でも、失敗したことは無駄にはなりません。
失敗した経験が成長につながるからです。

ですが、失敗をバネにするには、重要な考え方があります。

その考え方を3つ、紹介していきます。

①プロセス志向

1つ目が、プロセス志向です。

プロセスとはその名の通り「過程」なのですが、結果だけでなく過程も重視しようということです。

この記事を読んでいる人は、きっと志望校合格のためにずっと努力を続けられていたんだと思います。

眠たくても必死に授業を聞き、遊びたいのを我慢して、問題集と向き合い続け…

それでも結果が必ずついてくるという訳ではありません。

でも、受験に対してひたむきに努力したその「過程」はずっとついてきます。

結果が出なかったとしても勉強していればその分だけ、自分はこれだけやって来たんだという自信をもてます。

この自信は、大学生活やその後の人生においても無駄になることはありません。

落ち込んでいる人はこれまで取り組んできた参考書や問題集を目の前に並べてそれらを読み返してみてください。

きっと自分の「プロセス」を思い出せるはずです。

②失敗から学ぼうとする

2つ目が失敗から学ぶ姿勢です。

そもそもずっと成功し続ける人はいません。

誰しも一度は失敗するのが普通です。

ですが、失敗してもその後成功している人と、何度も失敗を繰り返している人がいるのも事実です。

そのはどこからくるのでしょうか?

それは「その失敗から学ぶか学ばないか」です。

ちょっとしんどいかもしれませんが、自分が受験に失敗した原因を紙に書き出してみましょう。

何故失敗してしまったのか、同じ失敗をしないためにはどうすればいいのかを考えて、少しづつ改善していく事が、次の成功につながります。

③ポジティブ思考

最後はポジティブ思考です。

「ポジティブ」「ネガティブ」と名前だけは聞いた事がある人も多いのではないでしょうか?

受験に失敗した人は、「もっと勉強しておけばよかった…」「これからどうしよう」とネガティブになっているかもしれません。

しかし、ネガティブに考えていては次のチャンスも掴めなくなります。

失敗をバネにするには失敗をポジティブにとらえる事が大切です。

ではポジティブに考えるにはどうすれば良いのか。

それは、未来について考える事です。

他の大学に進学する人はまずはその大学を、浪人する人は通う予備校や宅浪について情報を集めてみましょう。

「第一志望じゃないけどこの大学ではこんなことが勉強できるのか」
「この予備校では授業を通してこんな実力がつくのか」

先のことを考えられるようになります。

過去の失敗ではなく、未来の成功に目を向ける事ができれば辛いことや不安なことを、その成功のための一時的な経験と捉える事ができるようになります。

早稲田に逆転合格したい人へ
センセイプレイスブログは、一人ひとりに合った勉強法にカスタマイズする
オンラインコーチ予備校・センセイプレイスが運営している受験攻略メディアです。

【センセイプレイスで早稲田に逆転合格を果たした先輩の体験談はこちらから!】
高3生はこちら→ 高3・偏差値40台からの早稲田逆転合格体験記
高1・2生はこちら→ 高2・勉強時間0、偏差値40台からの早稲田逆転合格体験記
浪人生はこちら→ 浪人して早稲田に合格した先輩が語る「浪人生活の実態」とは

受験が全てじゃない!失敗から学び成長しよう!

受験が全てじゃない!失敗から学び成長しよう!
ここまで、受験に失敗しても人生が終わらない理由と、終わらせないための方法について紹介してきました。

繰り返しになりますが、例え受験に失敗しても人生は終わりません。

受験に落ちるのは確かに辛く、苦しいものです。

ですが、失敗は誰にでも起こり得る事です。

失敗を失敗のままにするのではなく、失敗から学び成長することが大学受験には求められていると言えます。

このブログでは、受験を成功させるために必要な勉強法や考え方、受験が終わった後の大学生活についての記事を多数掲載しています!

受験に失敗して辛い気持ちが落ち着いたら、他の記事から、あなたの失敗をこれからの生活に活かす方法を見つけて行ってもらえればと思います!

無料体験指導で偏差値40台から逆転合格

※上記ボタンから、公式LINEにジャンプします


公式LINEについて知りたい方はこちら

ここまで読んでも、まだ少し不安なキミへ

馬場センセイ
こんにちは!センセイプレイス学習責任者の馬場です。

記事を最後まで読んでいただき、ありがとうございます!

ここまで読んでくれたキミは、きっと勉強のやる気が出てきたところかもしれません。

でももしかしたら、「正直、やる気は出たけど、ちゃんと伸びるかはわからない…」と思っているのではないでしょうか。

私も受験生の頃、いろんな勉強法を調べましたが、それで簡単に成績が伸びることはなく、不安な日々を過ごしていました。

しかし、受験生時代にある秘訣に気づいてから、みるみる成績をのばすことができました。

その結果、最終的には高校中退・偏差値30台から早稲田大学政治経済学部に合格することができました。

私は中学を素行不良で退学になり、高校も中退してしまいました。

そんな私でも、偏差値30台から早稲田大学に逆転合格することができたのには、秘訣があります。

そんな秘訣を基に、多くの大学受験生を救いたいという思いから、いまオンライン予備校を経営しています。

それが、センセイプレイスというオンライン予備校です!

センセイプレイスでは、独学コーチングというサービスを提供しています。

週1回のマンツーマン指導によって、万人にむけた勉強法ではなく、キミだけの勉強法ややるべきことを一緒に考えていきます。

その結果、予備校や独学など、ほかのどんな勉強よりも早く成績を伸ばしていくことが可能になります!

センセイプレイスでは、1人ひとりに合った独学コーチングを提供した結果として、

半年で、偏差値40台から早稲田大学に現役合格!

高3春、偏差値38。“全落ち”からの早稲田に逆転合格!

偏差値43の高校から、明治大学に逆転合格!

など、数々の生徒の逆転合格を見届けてきました。

※体験談が見たい方はこちらからも見れます。

センセイプレイスで逆転合格をした先輩の体験談を見る

「ネットでいろいろな勉強法を調べてきたけど、ぜんぜん成績が上がらなくて不安……」

「予備校に通ったけれど、授業のレベルが合ってない……」

「合格したい気持ちはあるけど、勉強したくてもできない……」

こんな悩みに少しでも「わかる〜〜!」となった方は、ぜひセンセイプレイスの詳細を見てみてください!

センセイプレイスの逆転合格に導く秘訣を見る