【大学受験】ネガティブになっている受験生が必ず読むべき記事

詳しくみる

【受験生のキミへおすすめの記事】

これから受験勉強を始めるキミへ

ライバルに差をつけて、志望校合格を手にするには、勉強法が鍵になります。

まずは、受験勉強を始める前に知っておいて欲しいことをこちらから確認してみてください。

不合格体験記を読む

あと一年頑張ることを決めたキミへ

浪人は、伸びないって本当??いいえ、そんなことはありません。

浪人には浪人の勉強の方法があります。やるべきことをやれば、ちゃんと成績を伸ばして合格を手にすることができます。

浪人を決めた人に知って欲しいたった一つのこと
浪人生必見!新サービス 《既卒生コース》
↓↓↓↓↓
センセイプレイス 既卒生コース

【大学受験】ネガティブになっている受験生が必ず読むべき記事

安東センセイ
こんにちは、センセイプレイスの安東です!
「みんな順調に成績を伸ばしてるのに、自分だけ上手くいかない」

「俺はいつも、失敗ばかりのダメ人間だ」

「私は本番に弱いから、入試本番でもきっと失敗してしまう」

今回は、皆さんのこのような悩みに応えていきたいと思います。

勉強していても、思うように結果が出ない時、このようなネガティブ志向にとらわれる人が後を絶ちません。

ネガティブ思考は、知らず知らずのうちに自分を追い詰め、ときには、机に向かうことさえ難しくさせます。

ネガティブ思考はまさしく、勉強する皆さんにとって共通の敵です。

というわけで今回は、

  1. ネガティブ思考が生まれる原因
  2. ネガティブ思考パターン全10種
  3. ネガティブ思考の改善法

この3点についてお話しします。

特に思考パターンは1つでも当てはまってたら要注意です。

この記事を読むことで皆さんのネガティブ思考を打ち消せるので、ぜひ最後まで目を通してみてください!




完全オーダーメイド指導で志望校合格へ
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
自分に合った勉強方法を知る

ネガティブ思考が生まれるたったひとつの原因

ネガティブ思考が生まれるたったひとつの原因
そもそも、なぜネガティブ思考は生まれるのでしょうか?

結論から言うと、ネガティブ思考を生み出す原因はズバリ、「認知の歪み」です。

「認知?歪み?どういうこと」

と思う人がほとんどだと思いますので、最初から説明していきます。

「認知」とは、出来事に対して浮かんでくる考えを指します。

たとえば、受験勉強をしている最中、集中力が切れてしまったとき、「仕方ない。一旦休憩を挟んでから頑張ろう!」と考えるのと、「集中力が続かないなんて、自分は何て駄目な奴なんだ」と考えるのも、どちらも認知と言えます。

認知が歪んでいると、今挙げた例のように、目の前の出来事をネガティブに捉えてしまい、自分の精神状態に悪影響を与えてしまいます。

そして、認知の歪みが大き過ぎると、うつ病や不安障害など、精神疾患の原因にもなります。

今では、「認知の歪み」の存在は、精神医学や心理学の世界では一般常識となっていますが、それを研究し、世に広めたのが、アメリカ人のデビッド・バーンズ博士です。

ちなみにバーンズ博士は、スタンフォード大学の准名誉教授も務めています。

そして、バーンズ博士は研究の結果、認知の歪みが、大きく分けて10パターン存在することを明らかにしました。

この認知の歪み10パターンは、今後の受験生活を送っていく上で、ぜひとも皆さんに知っておいて欲しいポイントです。

なので、次の項目で、具体例を挙げながら、分かりやすく解説していきます!

🔽高2・高1向けおすすめ記事トップ5🔽
  1. 高2・勉強時間0、偏差値40台からの早稲田逆転合格体験記
    【逆転合格のリアルを知ろう!】
  2. スマホを封印し、成績を劇的に伸ばす方法
    【どうしてもスマホを手放せない…というキミへ!】
  3. 高1・高2からの難関大合格戦略
    【難関大に合格するために!】
  4. 受験勉強をこれから始める人が読む記事
    【受験勉強のはじめの一歩】
  5. 定期試験はできるのに、模試ができない理由
    【模試になると点が取れないというキミへ】

「今から勉強しておいた方がいいかな…」という高1高2生必見!
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
【今だけ】周りと差をつける勉強法を知る

ネガティブ思考のパターン10個を一挙解説

ネガティブ思考のパターン10個を一挙解説
ここからは、ネガティブ思考を生み出す、認知の歪み10パターンを紹介します。

これから紹介するひとつひとつの認知の歪みに、自分が当てはまっているかどうか注意しながら、話を聞いてもらえればと思います。

ただ、いずれかの認知の歪みが、自分に当てはまっていたからと言って、落ち込んだりする必要は全くありません。

というのは、人間なら誰しも、多かれ少なかれ必ず認知の歪みを持っているからです。

自分の認知の歪みを知ることは、あくまでも、自分を変える前向きな第一歩です。この点だけは、絶対に覚えておいてください。

では早速、認知の歪み10パターンを紹介していきます。

  1. 白黒思考
  2. べき思考
  3. 行き過ぎた一般化
  4. 心のフィルター
  5. マイナス思考
  6. 結論の飛躍
  7. 拡大解釈・過小解釈
  8. 感情的決めつけ
  9. レッテル貼り
  10. 個人化

①白黒思考

認知の歪みの1つ目は、「白黒思考」です。

「白黒思考」とは、白か黒か、善か悪か、0か100か、といった風に、物事を二者択一で判断してしまう考え方です。

具体例を挙げると、「志望校に合格するかしないか。その結果で、自分の価値が決まる」。

あるいは、「自分に小言をいう教師は全員悪。言わない教師だけが善」といった考え方です。

世の中の大半の物事は、0か100かといった風に、単純に割り切ることはできません。

にもかかわらず、善悪二元論的に自分や他者を判断すると、自分を徹底的に責めたり、他者と衝突してしまったりと、強い生き辛さを抱えることになります。

なので、白黒思考に陥りがちな人は、中間のグレーにあたる考え方を持つことが、何よりも重要になります。

先ほどの例を用いるなら、

「もし志望校に落ちたとしても、人として駄目なわけじゃない。目標に向かって積み上げた努力は、絶対に無駄にならない」

といった風に、第3の考え方や折衷案を持つことを大切にしましょう。

受験で落ちたキミに伝えたいこと|どうすればいいか紹介します

②べき思考

2つ目は、「べき思考」です。

これは一言でいうと、どんな状況においても、「~すべき」、または「~しなくてはならない」という考え方を持つことです。

具体例を挙げると、「自分は受験生なんだから、熱を出しても勉強すべき。寝る間も惜しんで勉強すべき」といった感じです。

「べき思考」に捉われていると、今の例のように、心身共に自分を追い込んだり、あるいは、「参考書はネット評価の高いものを使うべき」と思い込んで、自分に合わない参考書を無理して使い続けてしまうなど、自分自身を不合理でがんじがらめにしてしまいます。

なので、「べき思考」に陥っている人は、「~すべき」といった表現を日常生活で使わず、代わりに「~した方が良いけれど、必ずする必要はない」といった言い方に修正してみましょう。

普段の言葉遣いを意識的に改めることで、認知の歪みを修正するというアプローチは、心理療法の現場で用いられている手法なので、ぜひ試してみてください。

③行き過ぎた一般化

3つ目は、「行き過ぎた一般化」です。

これは一言でいうと、「1度や2度起こっただけの悪い出来事が、今後も繰り返される」と思い込んでしまうことです。

例えば、「非効率的な学習計画を立ててしまった。次にまた学習計画を立てても、きっとロクでもない計画になるに違いない」といった思い込みになります。

1度の失敗が、この先も繰り返されると思い込めば、身動きが取りにくくなったり、やる気を失ったりして、自分の可能性を狭めてしまうことになります。

ですが、特に受験生の場合、勉強面で失敗するのは当たり前のことです。

むしろ、失敗から学べると考えて、日々勉強法を改善していく姿勢でいるほうが、精神的負担も少ないし、何より大きな成長を得ることができます。

なので、「行き過ぎた一般化」をしがちな人は、

「一度失敗したからといって、これが絶対に繰り返されるわけではない。むしろ成長のチャンスだ」

という認識を持ち、日々の勉強に臨んでもらえればと思います!

マンガ「失敗続きの私が、大学受験で逆転合格した話」

④心のフィルター

4つ目は、「心のフィルター」です。

これは一言でいうと、物事全体のうち、悪い部分だけに目がいく」という認知の歪みです。

具体例を挙げると、「模試で目標の点数に1点届かなかっただけで、自分の努力を全否定し、絶望する」といった感じです。

まさしく、暗い色のフィルターをかけてものを見るように、何も何かもが真っ暗に映って、良い部分を全く認識できなくなる、という状態です。

なので、自分の心にフィルターがかかっている人は、意識的に物事の良い部分に目を向ける習慣をつけましょう。

先ほどの例を用いるなら、

「目標の点数には届かなかったけど、足りなかったのは1点だけ。そこまで出来た努力を、まずは認めよう」

といった感じです。

受験生の場合、切羽詰まった精神状態だと、出来たことより、どうしても出来なかったことにばかり目がいきがちです。

なので、自分が出来たことを正しく評価すること、自分を褒めることを日々心がけてください。

⑤マイナス思考

5つ目は、「マイナス思考」です。

これは一言でいうと、「良いことを悪いことにすり替える」という認知の歪みで、一般的に言われるマイナス思考とは、意味合いが大きく異なります。

例えば、クラスメイトが「最近お前、めっちゃ勉強頑張ってんじゃん!」みたいに褒めてくれたとき、

「俺を褒めて油断させて、勉強時間を減らそうと企んでるんじゃないか?」

みたいに心の中で疑ってしまうみたいな感じです。

「マイナス思考」に陥ると、良いことでさえ、まるで悪いことのように感じられてしまうので、日常生活を送ること自体、苦痛になってしまいます。

なので、「マイナス思考」に陥りがちな人は、まずは頭の中であれこれ悪い想像を巡らせないようにしましょう。

そして、周りの言葉や起きた出来事を、素直に受け取ることを心がけてください。

受験生が不安になる原因と対処法を紹介!|受験が不安で仕方ないキミへ

⑥結論の飛躍

6つ目は、「結論の飛躍」です。

これは、「心の読み過ぎ」と「深読みの誤り」という2つのタイプがあります。

具体例を挙げると、恋人にLINEを送って既読スルーされたとき、「自分は嫌われてしまったんだ」と、十分な根拠もなく思い込む。これが“心の読み過ぎ”です。

そして、「恋人に嫌われたみたいだし、自分からは、もう二度とLINEを送らない。きっと別れる日も近い」と、先回りして予防策を張ってしまうのが、“深読みの誤り”。

結論の飛躍は、他者や未来に、一方的に自分の不安を押し付けているから生じるものです。

なので、「結論の飛躍」をしがちな人は、「何を根拠にそう結論づけたのか?」と冷静な心で自分に問う姿勢を忘れないでください。

それさえ忘れなければ、「何の根拠もない思い込みだった」と気づける場面が増えてくると思います!

⑦拡大解釈・過小解釈

7つ目は、「拡大解釈・過小解釈」です。

これは一言でいうと、「自分に厳しく、他者に寛容」といった認知の歪みです。

例えば、ある野球部員が、試合でエラーをした仲間に、「気にするな、絶対大丈夫!」と言って励ますとします。

でも、いざ自分がエラーを犯すと、「自分は無能だ。仲間の信頼を失った」みたいに考えて、徹底的に自己嫌悪に陥る、といった感じです。

これは俗にいう、ダブルスタンダードというものです。

今の例だと、仲間のエラーは許されるのに、自分のエラーは許されない、という矛盾した評価基準を持っていることで、苦しみが生まれています。

なので、自分に厳しく他者に寛容な人は、同じ基準で、自分と他者を評価する、という一貫性を持つことが大事です。

基本的には、他者に対する基準のほうが適切で、自分に対する基準が歪んでいるケースがほとんどです。

自称進学校・非進学校から難関大に合格するために必要なこと

⑧感情的決めつけ

8つ目は、「感情的決めつけ」です。

これは一言でいうと、「自分がこう感じているから、現実もそうだと決めつける」という認知の歪みです。

具体例を挙げると、早朝学習をしようと決めていたのに、大寝坊したとき、「最悪な気分だ。もはや起き上がることは不可能だ」と考えて、本当にその通り、いつまでも布団の中にい続ける、といった感じです。

でも実際は、大寝坊したって、飛び起きて勉強を始めて、失敗を挽回することは可能なはずです。

にもかかわらず、自分の感情が、真実の証拠のように信じ込み、最悪のシナリオに突入してしまうのが「感情的決めつけ」です。

ネガティブな感情は、物事の真実を覆い隠し、人を誤った方向に導いてしまいます。

だからこそ、ネガティブな感情に激しく支配されたときは、一度立ち止まってみてください!

そして、「今の自分は、本当に自分が望んでいる行動が出来ているだろうか?」と冷静に問いかけて、軌道修正をしてください。

⑨レッテル貼り

9つ目は、「レッテル貼り」です。

これは一言でいうと、「ネガティブな自己イメージを、完全に固定化してしまう」という認知の歪みです。

具体例を挙げると、「非効率的な学習計画を立ててしまった自分は、受験生として終わっている」といったイメージの固定化です。

この「レッテル貼り」は、既に紹介済みの「行き過ぎた一般化」が、より深刻化したものだと言われています。

「一度の失敗を、この先も繰り返すに違いない」といった思い込みが進んで、「一度失敗した自分は、無能で価値がない」という風に、人格否定にまで走っている状態が、「レッテル貼り」です。

自分にネガティブなレッテル貼りをしている人は、「客観的な事実だけを抽出する練習」が有効です。

もし、「非効率的な学習計画を立ててしまった自分は、受験生として終わっている」とレッテル貼りしているなら、客観的事実にあたるのは「過去に自分が非効率的な学習計画を立てた」という部分だけです。

受験生として終わっている、なんて決めつける根拠はどこにもないし、効率的な学習計画を立てられないなら、それが実際にできるよう計画力を改善すれば、何も問題はありません。

客観的な事実に着目することを、常に心がけましょう。

⑩個人化

10個目は「個人化」です。

これは一言でいうと、「自分にコントロールできないネガティブな結果を、自分一人の責任だと感じる」という認知の歪みです。

例えば、「体育祭で負けてしまったのは、自分の運動神経が悪いから」、あるいは「登校中、突然雨が降ってきたのは、自分が雨男だから」といった風に感じてしまうことです。

体育祭のように、団体成績で勝敗が決まる場合、特定の一人だけに敗北の責任がある、なんてことは、基本的にはないと思います。

ましてや、一個人が天候に影響を及ぼすなんてことは、さらにあり得ない話です。

にもかかわらず、自分に責任があると思い込むのは、非常に心苦しいことです。

なので、自分にコントロールできないネガティブな結果に直面したときは、状況が悪かったとか、運が悪かっただけ、といった風に、自分とは切り離して、原因を捉えられるようになりましょう。



【今だけ】周りと差がつく勉強法指導実施中!
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
差がつく勉強法指導の詳細を見る

ネガティブ思考を改善する方法

ネガティブ思考を改善する方法
ここまで、ネガティブ思考に陥る原因とそのパターンについて紹介してきました。

では、ネガティブ思考から脱却するにはどうすれば良いのでしょうか?

結論から言うと、「紙に書き出すこと」です。

より具体的に言うと、「問題が発生した状況と、そのとき感じたことを紙に書く」という作業が出発点になります。

実際の例はこのような感じになります。

【問題が発生した状況】
今日、模試を受けた際、日本史で得意分野が出た。
その後、自己採点したら、その得意分野でケアレスミスを犯していた。

【そのとき感じたこと】
きっとこの先も、初歩的ミスを犯すんだろう。
自分は受験生失格だ。

こんな風に紙に書き出したら、次は自分の感じたことの中から、認知の歪みを見つけ出してみましょう。

皆さんもぜひ、探してみてください。

きっとこの先も、初歩的ミスを犯すんだろう。 ⇒ 行き過ぎた一般化
自分は受験生失格だ。 ⇒ 白黒思考・レッテル張り
認知の歪みを見つけ出したら、それを合理的かつ客観的な認知に修正してみましょう。
きっとこの先も、初歩的ミスを犯すんだろうと思ったけど、実際は、次に同じことを繰り返すとは限らない。むしろ、繰り返さないように対策をすればいいだけ。
そして、ケアレスミスを犯しただけで、自分は受験生失格だと決めつけるなんて、あまりにも極端だったし、自分で自分を追い込んでいた。
こうした作業をすることで、自分の認知の歪みについて理解できるし、自分を苦しめない思考を身につけることができます。

そして、今実演してみせたのが、「認知療法」と呼ばれる心理学的治療法の一例なので、ぜひこの機会に覚えておいてください。

改めて、「認知療法」の流れをおさらいします。

  • 問題が発生した状況と、そのとき感じたこと紙に書く
  • 認知の歪みを発見する
  • 認知の修正する

他にもネガティブ思考の解消法について知りたい方は、こちらも参考にしてください!

浪人生が圧倒的メンタルを保って勉強するためのコツ6つ