受験生が学校を休んだら落ちるって本当?|現役早稲田生が解説します

無料体験指導受付中!


無料体験指導で逆転合格を目指す
↓↓↓↓↓
センセイプレイスの無料体験指導はこちら

※上記ボタンから、公式LINEにジャンプします

受験生が学校を休んだら落ちるって本当?|現役早稲田生が解説します
荒川センセイ
こんにちは、センセイプレイスの荒川です!
「正直、学校のせいで受験勉強に集中できない!」

「学校の授業って受験と関係なくない?」

「でも学校に行かないと受験落ちるって言われて不安…」

こんなことを感じている受験生は意外と多いのではないでしょうか?

私自身、受験生の時、学校にわざわざ行って授業を受ける意味が分からなくて、学校を休んで自分で勉強していた日が結構ありました。

だから、皆さんの気持ちは本当によくわかります!

今回の記事では、そんな皆さんに

  • 受験のために学校を休むのは実際どうなのか
  • 受験勉強のために学校を休むメリット
  • 受験勉強のために学校を休むデメリット
  • 休む時に気をつけるべきこと

の4点を、わたしが実際に授業を休んでいた時の実体験に基づいて解説していきます!


無料体験指導で逆転合格を目指す
↓↓↓↓↓
センセイプレイスの無料体験指導はこちら
※上記リンクから、公式LINEにジャンプします


【結論】「受験のために学校を休んだら落ちる」は嘘です

結論「受験のために学校を休んだら落ちる」は嘘です
結論から言うと、「受験のために学校を休んだら落ちる」と言うのは嘘です!

受験勉強のために学校を休んでも落ちるわけではありません。

学校の先生などに、

「受験のために学校を休んだら落ちる」

と言われたことがある人もいるかと思いますが、そう言ってくるのは、単に学校を休んで欲しくないから脅しとして言っているだけです。

実際のところは、学校を休んだ人が落ちるのではなく、学校を休んだのにちゃんと受験勉強しなかった人が受験に落ちるのです。

だから、「受験のために学校を休んだら落ちる」などと言われても不安になる必要はありません。

ですが同時に、受験時に学校を休むのは、胸を張っておすすめできることではありません。

実際わたしは、学校で必要ないと感じた授業の日は休んで自分で受験勉強をしたおかげで、早稲田に合格できた、と自負しています。

なので、受験期に学校を休むことはおすすめしたい気持ちもあります。

しかし、私は学校を休んだことで後悔や失敗をしましたし、デメリットももちろんあるので、胸を張って皆さんにおすすめはできないのです。

ここからは、実際に受験期に学校を休んだわたしの観点から、まずはメリットとデメリットをお伝えしていきます。

学校を休むことについては、自分の状況や考え方を鑑みて、よく検討してみてください。

また、正直学校の授業が受験にはムダだと感じている人は、こちらの記事も読んでみてくださいね!

大学受験に学校の勉強はムダです

【暴露】大学受験に学校の授業は「ムダ」です

高1・2生向けおすすめ記事一覧
本気で受かりたいキミへ
【高2・勉強時間0、偏差値40台からの早稲田逆転合格体験記】
【高1・高2からの難関大合格戦略】

受験勉強お悩み別の記事はこちらから!

・何から勉強したらいい?
受験勉強をこれから始める人が読む記事
・スマホをいじってしまう…
スマホを封印し、成績を劇的に伸ばす方法
・模試で点が取れない!
定期試験はできるのに、模試ができないたった1つの理由
・成績が上がらない!
参考書をやっても成績が上がらない理由と解決方法

受験生が学校を休むメリット3選

受験生が学校を休むメリット3選
ここからは、受験生が学校を休むメリットを3つ、実体験に基づいて解説していきます!

  1. 「受験のための」勉強に集中できる
  2. 周りの悪い影響を受けずに勉強できる
  3. 勉強時間を延ばすことができる

①「受験のための」勉強に集中できる

学校を休むことで、「受験のための」勉強に集中できるのが1番のメリットです。

理由としては、学校を休むことで、自分が受験に使う科目のみ勉強すればいいことが挙げられます。

学校にもよりますが、高3生が学校で受けさせられる授業の中には、受験に全く使わない教科も多いです。

例えばわたしの学校では、高3で、倫理・政経・宗教・家庭科の授業を受けさせられました。

倫理や政経は受験で使う人もいるかもしれませんが、宗教や家庭科に関しては、全く受験には使わないですよね(笑)

全く受験とは関係のない授業を受けるのは時間の無駄だし、(この時間があれば少しでも受験勉強できるのに…)と、苦痛に感じてしまう人もいると思います。

実際わたしは、受験に使わない科目の授業やテストが苦痛で仕方なかったので、それらの授業がある日は学校に行かずに自分で勉強していました(笑)

無駄に感じる授業のことを考えずに受験勉強に集中できるのは、学校に行かないことの大きなメリットと言えるでしょう!

②周りの影響を受けずに勉強できる

周りの影響を受けずに勉強できるのも、学校を休むことのメリットです!

身の周りに受験勉強めちゃくちゃしてます感のある人が多いと、自分と比べて焦ってしまうことがあります。

逆に勉強していない人が周りにいると、楽な方に流されて自分も勉強しなくなってしまうかもしれません。

わたし自身は身の周りに、勉強量や模試の成績で張り合う、というタイプの子が多かったので、周りと比べて落ち込んでしまい勉強に集中できない、なんてことがよくありました。

もちろん、周りからの影響というのは悪いものだけではありませんし、影響を受けることで頑張れる人もいると思います。

ですが、周りが気になってしまい受験勉強に集中できない、という人に関しては、学校に行かずに自分で勉強する、という方が向いているのではないかな、と思います!

いい意味で、周りからの影響を受けずに自分のするべき勉強に集中できる、というのも受験の時に学校を休むメリットの1つです。

③勉強時間を延ばすことができる

学校に行かないことで、受験勉強の時間を延ばすことができます!

授業の時間だけでなく、登下校にあてていた時間や友達としゃべっている時間も勉強に充てられるので、受験勉強に割く時間が必然的に多くなります。

仮に、学校にいる時間が朝8:30から夕方16:00までだとすると、1日学校を休むだけで、7時間30分も勉強時間を増やすことができます。

加えて、本来なら電車に乗ったり、歩いたりしなければならない登下校の時間も、机に向かって集中して勉強ができるのです。

ですので、集中して受験勉強をする時間を延ばせる、という点で、学校を休むのはメリットであると言えます。


無料体験指導で逆転合格を目指す
↓↓↓↓↓
センセイプレイスの無料体験指導はこちら
※上記リンクから、公式LINEにジャンプします



受験生が学校を休むデメリット3選

受験生が学校を休むデメリット3選
ここからは、受験生が学校を休むことのデメリットを3つ、実体験に基づいて解説していきます。

  1. 生活リズムが乱れやすい
  2. 先生や友人から反感をかいやすい
  3. 高校生活最後の思い出が作れない

①生活リズムが乱れやすい

生活リズムが乱れやすいのは、受験生が学校を休むことのデメリットです。

朝早くにおきて学校に行く習慣がなくなるので、生活リズムが乱れてしまう可能性があります。

早起きしなくていいから、と夜遅くまで勉強して、昼夜逆転の生活になってしまったら勉強の効率も落ちてしまうので、生活リズムが乱れるのは、受験勉強においてよくないことだらけです。

【結論】受験勉強は朝するべき!|現役早稲田生が徹底解説

また、学校に行かないことで勉強のオンオフが切り替えられなくて、結果的に勉強できない、なんてことも起こり得ます。

実際わたしは、次の日学校を休むと決めたら夜中まで勉強してしまい、結局次の日の日中に眠くなってまともに勉強できなかった、なんてこともありました。

以上のことから、生活リズムが乱れるのは大きなデメリットです!

②先生や友人から反感をかいやすい

受験勉強のために学校を休むと、先生や友達からの反感をかいやすいです。

先生たちは、自分の授業が受験には必要ない、とみなされたと感じていい気分はしないだろうし、学校にちゃんと行きながら受験勉強を頑張っている周りの友達からも白い目で見られてしまう可能性があります。

実際わたしは、受験と関係ない授業の日は休むことが多かったので、その科目の先生たちとはかなり気まずくなってしまいました。

また、真面目に学校の授業も受けながら受験勉強も頑張っていた友達からは、「真面目に学校の授業にも出れない人が受験なんか受かるわけないじゃん」と、かなり嫌味を言われました(笑)

わたしはそれでも、受験勉強に集中するには学校を休んでも問題ないだろう、と割り切っていたのですが、先生や友達との軋轢を気にしてしまう人も多いと思います。

そのような人にとっては受験のために学校に行かないというのは、むしろ自分の勉強に集中できなくなるのでデメリットになるかと思います。

③高校生活最後の思い出が作れない

高校生活最後の思い出が作れないのも、受験のために学校を休むことのデメリットです。

高校3年生は受験の年でもありますが、高校生活ラストの1年でもある、とても大事な年です。

その時に学校に行かないと大事な友達との思い出が作れなくて、後悔してしまうと思います。

わたし自身は、ずっと学校に行かなかったわけではなくて、週1-2日、受験に関係ない授業ばかりの日に休むことが多かったのですが、それでも限られた高校生活のラスト1年間を、もっと学校で友達と過ごせばよかった、と卒業してからだいぶ後悔しました。

ずっと学校に行かないで誰とも会わないと気も滅入ることも多々あります。

友達との息抜きができない、という点でも、受験生が学校に行かないのはデメリットです。

早稲田に逆転合格したい人へ
センセイプレイスブログは、一人ひとりに合った勉強法にカスタマイズする
オンラインコーチ予備校・センセイプレイスが運営している受験攻略メディアです。

【センセイプレイスで早稲田に逆転合格を果たした先輩の体験談はこちらから!】
高3生はこちら→ 高3・偏差値40台からの早稲田逆転合格体験記
高1・2生はこちら→ 高2・勉強時間0、偏差値40台からの早稲田逆転合格体験記
浪人生はこちら→ 浪人して早稲田に合格した先輩が語る「浪人生活の実態」とは

受験のために学校を休む時に気をつけるべきこと3選

受験のために学校を休む時に気をつけるべきこと3選
ここからは、受験のために学校を休みたい人が気をつけるべきことを3つ、わたしの体験談を元に紹介します!

  1. 卒業するための最低出席日数分は出席する
  2. 休むのはあくまでも受験勉強に集中するため
  3. 人間関係には気をつける

①卒業するための最低出席日数分は出席する

卒業するための最低出席日数分は出席するようにしましょう!

大学に合格しても、高校の出席日数が足りなくて卒業できなかったら元も子もないですよね(笑)

わたしのクラスメイトで、卒業に必要な日数を計算して、最低限の授業しか出なかった子もいました。(ちなみにその子は早稲田の人間科学部に合格しました。)

この上記の例は少し極端ですが、既に遅刻欠席が多い人は、最低出席日数を超えているかどうか、特に気をつけるようにしましょう。

②休むのはあくまでも受験勉強に集中するため

受験勉強のために学校を休むのは、「あくまでも受験勉強に集中するため」だということを忘れないようにしましょう。

受験勉強のために学校を休んだのに、結局勉強に集中できなくて大学に落ちた、なんてことがあれば、せっかく犠牲にした高校生活の1年間も無駄になってしまいます。

わたしの場合、わざわざ学校を休んでまで受験勉強をしているのだから、大学合格という結果を出さないと恥ずかしい、という自分へのプレッシャーにもなって、より勉強に集中することができました!

また、受験のために学校の授業を休むのを最初は担任に反対されていたのですが、模試でしっかり結果を出したことで、結果がついてきてるならいいよ、と容認してくれるようになりました。

結果を出して周りの人を納得させるためにも、学校を休むのはあくまでも受験勉強に集中するため、ということを忘れないようにしましょう。

③人間関係には気をつける

受験のために学校を休むなら、人間関係には気をつけるようにしましょう!

デメリットでも説明したように、受験に専念するため、といって学校を休むことに関して、よく思わない人は多いです。

もちろん、一度自分で学校に行かないということを決意したのであれば、他人は他人、自分は自分なので、周りに何を言われても気にする必要はないです。

ですが、受験期に人間関係に波風を立てるのはかなり面倒くさいですし、逆に勉強に集中できなくなってしまうと思います。

「受験のために学校休むことの何が悪いの?」

というような態度だと、学校の先生も、真面目に学校で授業を受けてる友達も気分を悪くしますよね。

ですので休むのであれば、本当は学校の授業は出なきゃダメだとわかっているけど受験のために休ませてもらってる、くらいの謙虚なスタンスでいるのがおすすめです。

さいごに

さいごに
ここまで、受験勉強のために学校を休むことのメリット・デメリット・気をつけるべき点について解説してきました。

さいごに皆さんにお伝えしておきたいのが、学校は休んでもいいと思いますが、休んだからといって必ずしも受験が成功するわけではない、ということです。

結局のところ、受験の合否を決めるのは自分の努力次第です。

学校が受験勉強の邪魔だと感じる気持ちはとてもよくわかるのですが、学校を休んで受験に専念したからといって受験が成功するわけではないのです。

自分の勉強の状況や気持ちの問題など色々な状況を鑑みて、学校を休んだ方が自分のためになる、と感じるのであれば、休んでもいいと思います!

もし、学校を休んで受験勉強をするのが自分にとってベストであるならば、今回お話した気をつけるべき3点に注意しつつ、全力を尽くしましょう。

応援しています!

無料体験指導で偏差値40台から逆転合格

※上記ボタンから、公式LINEにジャンプします


公式LINEについて知りたい方はこちら

ここまで読んでも、まだ少し不安なキミへ

馬場センセイ
こんにちは!センセイプレイス学習責任者の馬場です。

記事を最後まで読んでいただき、ありがとうございます!

ここまで読んでくれたキミは、きっと勉強のやる気が出てきたところかもしれません。

でももしかしたら、「正直、やる気は出たけど、ちゃんと伸びるかはわからない…」と思っているのではないでしょうか。

私も受験生の頃、いろんな勉強法を調べましたが、それで簡単に成績が伸びることはなく、不安な日々を過ごしていました。

しかし、受験生時代にある秘訣に気づいてから、みるみる成績をのばすことができました。

その結果、最終的には高校中退・偏差値30台から早稲田大学政治経済学部に合格することができました。

私は中学を素行不良で退学になり、高校も中退してしまいました。

そんな私でも、偏差値30台から早稲田大学に逆転合格することができたのには、秘訣があります。

そんな秘訣を基に、多くの大学受験生を救いたいという思いから、いまオンライン予備校を経営しています。

それが、センセイプレイスというオンライン予備校です!

センセイプレイスでは、独学コーチングというサービスを提供しています。

週1回のマンツーマン指導によって、万人にむけた勉強法ではなく、キミだけの勉強法ややるべきことを一緒に考えていきます。

その結果、予備校や独学など、ほかのどんな勉強よりも早く成績を伸ばしていくことが可能になります!

センセイプレイスでは、1人ひとりに合った独学コーチングを提供した結果として、

半年で、偏差値40台から早稲田大学に現役合格!

高3春、偏差値38。“全落ち”からの早稲田に逆転合格!

偏差値43の高校から、明治大学に逆転合格!

など、数々の生徒の逆転合格を見届けてきました。

※体験談が見たい方はこちらからも見れます。

センセイプレイスで逆転合格をした先輩の体験談を見る

「ネットでいろいろな勉強法を調べてきたけど、ぜんぜん成績が上がらなくて不安……」

「予備校に通ったけれど、授業のレベルが合ってない……」

「合格したい気持ちはあるけど、勉強したくてもできない……」

こんな悩みに少しでも「わかる〜〜!」となった方は、ぜひセンセイプレイスの詳細を見てみてください!

センセイプレイスの逆転合格に導く秘訣を見る