今すぐ高2生がやるべきたった3つのこと

無料体験指導実施中

詳細は、公式LINEをチェック
↓↓↓↓↓
LINEを友達追加して無料体験指導に申し込む
※上記ボタンから、公式LINEにジャンプします

高校生がやるべきたった3つのこと
荒川センセイ
こんにちは、センセイプレイスの荒川です!
「来年大学受験だけど、何をしたらいいのかな」

「今から受験勉強するべきなのかな?」

「でも何から始めたらいいのかわからない…」

このようなことで悩んでいる高校2年生は、かなり多いと思います。

実際わたしも高校2年生の時は、大学受験に対する漠然とした不安をずっと抱えていながらも、何をしたらいいかわからなかったので、そんな皆さんの気持ちはよくわかります。

そんなわたしも、高2生の間に自分の課題を見つけ、解決しようとしたことで受験勉強に勢いがつき、現役で早稲田大学に合格することができました。

そこで今回の記事では、わたしの体験談をベースに、

  • ほとんどの高2生が抱える3つの課題
  • 高2生が今すぐやるべき3つのこと
  • 高2生が抱える課題の解決策

を解説していきます!


塾選びで悩み中の方へアドバイスを!
↓↓↓↓↓
センプレ説明会実施中
※上記リンクから、説明会の詳細ページにジャンプします


ほとんどの高2生が抱えている3つの課題

高2生が抱える3つの課題

まずは、ほとんどの高校2年生が抱えている3つの課題について、ひとつひとつ解説していきます。

  1. 参考書を1冊も完璧にできていない
  2. 自分と志望校との距離がわかってない
  3. アドバイスをしてくれる人が周りにいない

①参考書を1冊も完璧にできていない

参考書が1冊も完璧にできていない、というのは、ほとんどの高校生が抱える課題の1つです。

この記事を読んでいる皆さんの中には、「高2だし、あと1年もあるから、まだ参考書を完璧にできていなくても大丈夫でしょ」なんて思っている人も多いかと思います。

実はわたしも高2生の時は、周りも勉強してないし高3になってから勉強すればいいや!と思っていたので、皆さんがそう思ってしまう気持ちはとてもわかります。

でも、その課題は放置してたらとんでもない失敗につながります。

では、高2の時点で参考書を1冊も完璧にできていない、というのがなぜ課題なのか。

それは、1冊の参考書を完璧に仕上げるのには、かなりの時間がかかるからです。

大学受験では、何十冊も参考書を完璧にしないといけません。

「何十冊も完璧にしないと」と簡単に言ってしまいましたが、1冊の参考書を完璧にするのさえ、かなりの時間がかかります。

実際わたしは高校生の時、古文単語帳1冊を完璧に覚えるまで何十周もして、半年もかかってしまったという経験があります。

このように、1冊の参考書を完璧に仕上げるのにはかなり時間がかかります。

たった1冊を完璧に仕上げるのに半年もかかるのに、大学受験ではその何十倍もの量を1年で終わらせなくてはならないのです。

ですので、受験本番まで残り1年しかない高2生が、参考書を1冊も終わらせられていないというのは大きな課題だといえます。

上記のように古文単語帳を1冊終わらせるのに半年かかってしまったわたしですが、高2生の間にある勉強をしたおかげで、受験勉強に勢いがつき、現役で早稲田に合格することができました。

わたしが実際行った、「参考書を1冊も完璧にできていない」という課題の具体的な向き合い方については、記事の後半で解説しています!

②自分と志望校の距離がわかってない

自分と志望校との距離がわかっていない、というのも、多くの高2生が抱える課題です。

この記事を読んでいる皆さんは、「高2だけど、受験対策なんとかしなきゃ」と思っているから、この記事を開いてくれたのだと思います。

「なんとかしなきゃ」と思っている時点で、皆さんは他の高2生とは大きな差がついている、と断言できます。

しかし、「なんとなくやろうとしてる」からこそ、「まだ何もしていない」のに受験生気分になってしまってはいませんか?

まだ何もしていない、志望校の過去問すらみていないのに、心のどこかで「なんとなく受かるかもな」なんて思ってしまっている人もいるかと思います。

また、「なんとなく受かるだろうな」と楽観的に思ってしまうのと同時に、「志望校の過去問を見て、現実と向き合うのが怖い」という気持ちにもなっているのではないでしょうか。

実際わたしも、受かるだろうと無根拠な自信があったのですが、第1志望の早稲田の過去問を見て現実を突きつけられるのが怖くて、高3の夏になるまで一切過去問を見ようとしませんでした。

なので、わたしが早稲田と自分の学力の距離を知ったのが高3の夏と、かなり遅かったです。

そのせいで、早稲田に絞った対策をする時間が足りなくて、かなり苦労しました。

このように自分と志望校の距離がわかっていないのはかなり大きな課題なので、高2のうちに解決しておかないと、受験生になってから後悔するはめになります。

具体的な志望校との距離の測り方・過去問との向き合い方は、この記事の後半で解説していきます!

そもそも志望校が決まっていない・決め方がわからない、という人はこちらの記事を参考にしてください。

やりたい事が見つからない!志望校の選び方を現役早大生が教えます!

③アドバイスをしてくれる人がそばにいない

アドバイスをしてくれる人がそばにいない、というのも多くの高2生が抱える課題です。

なんで、アドバイスをしてくれる人がいないのが課題なのか。

それは、高2の皆さんは大学受験での成功経験がないからです。

当たり前ですが、高2の皆さんには、大学受験の経験がないです。

だからこそ、大学受験でうまく行った人からみたらめちゃくちゃな勉強をしてしまっていても、自分では気づくことができないのです。

わたし自身、高2の冬、受験勉強を始めた当初は、基礎が固まっていないのに応用に手を出す、というめちゃくちゃな勉強をしていました。

例えば、英文法も古典文法もやらずに、英語長文や古文読解の問題に取り掛かる、というようなことです。

早稲田に合格した今だからこそ、客観的に当時の勉強がめちゃくちゃだった、と振り返ることができますが、高2の当時は周りに勉強法についてアドバイスをくれるような人がいなかったため、自分の間違いに全く気づくことができませんでした。

このように、身の回りに具体的な勉強法についてアドバイスをくれる人がいないと、めちゃくちゃな勉強法をしていても気づくことができなくて、いつまで経っても成績が上がらないということになってしまいます。

つまり、自分の受験勉強にアドバイスをしてくれる人がいるかいないかで、偏差値を10伸ばすのを1ヶ月でできるか、半年以上かかってしまうかが決まるのです。

アドバイスをくれる人がいない、という課題の解決については、この記事の後半で紹介しています!

🔽高2・高1向けおすすめ記事トップ5🔽
  1. 高2・勉強時間0、偏差値40台からの早稲田逆転合格体験記
    【逆転合格のリアルを知ろう!】
  2. スマホを封印し、成績を劇的に伸ばす方法
    【どうしてもスマホを手放せない…というキミへ!】
  3. 高1・高2からの難関大合格戦略
    【難関大に合格するために!】
  4. 受験勉強をこれから始める人が読む記事
    【受験勉強のはじめの一歩】
  5. 定期試験はできるのに、模試ができない理由
    【模試になると点が取れないというキミへ】

高2生が「今すぐ」やるべき3つのこと


ここまで、高2生が抱える課題を3つ解説してきました。

ここからは、その3つの課題を解決するための「高2生が今すぐやるべきこと」をお伝えしていきます!

  1. まず英単語帳1冊を「完璧」にする
  2. 第1志望の過去問を解いて、志望校との距離を知る
  3. 自分のことを深く知って、アドバイスしてくれる人を探す

①まず英単語帳1冊を「完璧」にする

まずは、英単語帳1冊を「完璧」にしましょう。

英単語帳における「完璧」の定義は、1秒1単語で意味がわかる、という状態を指します。

つまり、英単語帳1冊分の英単語を、みた瞬間に日本語で意味を把握できるようにする、というのがここでのゴールです。

では、なぜ1冊目はピンポイントで「英単語帳」なのか。

理由は、英語の語彙は多ければ多いほど良いから、かつ英単語帳が1番取り組みやすくて結果が出やすいからです。

大学受験で欠かせない科目である英語において、英単語は誰もが避けては通れない基礎中の基礎です。

英単語は知っていれば知っているほど英語が読めるようになるから、高2のうちに少しでも早く初めておいた方がいい、というのも1冊目の参考書に英単語帳を選ぶべき理由のひとつです。

ただそれだけではなく、英単語帳は移動時間などのスキマ時間にいつでもできるので無理なく取り組める上に、覚えたらすぐに成果を実感できるから、というのも理由です。

皆さんにも、テスト前に慌てて覚えた英単語がたまたまテストの英文に出てきて読むことができた、という経験があるかと思います。

英単語を覚えれば覚えるほど、このような「この単語知ってるから読める!」という経験が増えていき、「勉強すれば結果がついてくるんだ」という成功体験を得ることができます。

わたし自身、高2で最初に取り掛かった参考書が英単語帳の「DataBase4500」でした。

これを1冊高2のうちに完璧にしておいたことで、本格的に受験勉強を始めたときに英語の成績がどんどん伸びていきました。

また、「英語勉強したら成績が上がったんだから他の教科でも勉強すればできるようになるかも!」という自信につながりました。

ですので、英語の成績を上げることはもちろん、他の教科を勉強する時の自信にもなるので、まずは英単語帳を1冊「完璧」にしましょう。

英単語帳の効率の良い覚え方が知りたい方は、まずこちらの記事をご覧ください!

英単語帳を1ヶ月で4冊終わらせる使い方【現役早稲田生が語る】

②第1志望の過去問を解いて、志望校との距離を知る

第1志望校の過去問を解いて、自分と志望校との距離を知りましょう。

この時期に志望校を解く理由。

それは、少しでも早く現実に向き合うためです。

もちろん、第1志望校の過去問なんて、高2で解けるわけがないです。

だから、全く歯が立たないしめちゃくちゃ辛いと思います。

しかし、早めに志望校との距離を知ることで、どのくらい学力に差があるのか・自分がそこに合格するために何をするべきなのか、を知ることができます。

現実に向き合うのはかなり辛いですが、辛いことは早めに知っておく方が得です。

実はわたしは、第1志望だった早稲田の過去問を初めて解いたのが高3の夏と、かなり遅かったです。

初めて解いた時は、時間内に半分くらいしか解き終わることができなくて、自分と早稲田とのレベルの差に絶望して、早稲田を受けるのをやめようとまで考えました。

このわたしの失敗を反面教師にして、皆さんには高2のうちに志望校の過去問を解いて、早めに志望校と自分の距離を知っておいて欲しいです。

先ほどもいった通り、高2で第1志望の過去問なんか解けなくて当たり前です。

この高2の時期の成績は、大学受験の合否と関係ありません。

しかし、今の自分の成績(=今の自分)と、志望校の距離は、1番大事なことです。

志望校の距離を知ることで、自分が今何をするべきなのかが見えてくるはずです。

ですので、高2のうちに一度、第1志望校の過去問を解いてみましょう!

③自分のことを深く知って、アドバイスをしてくれる人を探す

自分のことを深く知って、アドバイスをしてくれる人を探しましょう。

なぜ、アドバイスをしてくれる人を探すべきなのか。

理由は、アドバイスをしてくれる人がいるか否かで、成績の伸び方が劇的に変わるからです。

英単語帳のやり方1つをとっても、覚え方・終わらせるスケジュールなどを自己流で適当にやっていたら全く進まないので、ただの時間の無駄になってしまいます。

例えば、英単語を覚えるときに、何十回も同じ単語を作業のように書いて覚えようとしている人がいます。

このやり方は、正しいスペルを覚えるためには効果的かもしれません。

しかし、作業的に何回も同じ単語を書くだけでは、みた英単語を瞬時に日本語に変換するという、先ほどお伝えした「英単語が完璧にわかる」という状態にはなりません。

しかも、何回も書くのに時間がかかる上に、書いた痕跡・努力の跡が残っているので、悪い意味で「勉強した気」になりやすいです。

そうではなくて、英単語の意味が瞬時に出てくるようになるまで、短時間に何回も何回も繰り返して見ることで、英単語を見たときに即座に日本語に直すことができるのです。

このような根本的な勉強法の間違いは、自分だけで勉強していたら気づくことができません。

自分の勉強法を客観的に見て、適切なアドバイスをくれる存在がいないと、間違った勉強法のまま、ただ時間だけが過ぎて行ってしまいます。

ですので、勉強法やスケジュールに関してアドバイスをくれる人を探すのは、高2生にとってとても大事です。


高1・高2必見!今から始めて合格を目指す
↓↓↓↓↓
体験指導実施中
※上記リンクから、公式LINEにジャンプします



12月30日まで!高2生に無料キャンペーンを実施中!

無料キャンペーン12月30日まで
本ブログを運営している「センセイプレイス」は、専属の学習コーチと独自のメソッドによって、一人ひとりに合わせた勉強法を指導する「独学コーチング」サービスを提供するオンライン塾です。

センセイプレイスでは、12月30日までの期間限定で、高2生に向けた、無料キャンペーンを実施しています!

今回の無料キャンペーンでは、普段受験生を指導している実際のセンセイが、参考書の終わらせ方をアドバイスしてくれます。

それだけではなく、参考書を終わらせるためのセンセイプレイスの独自の仕組みも教えてもらえます。

さらに、「学びログ」という日々の学習記録を書き、そこへのセンセイ達からのコメントを通じて、具体的な勉強法や、スケジュールについてのアドバイスを受けられるのです。

つまり、この無料キャンペーンに申し込めば、先ほどの3つの課題

  • 参考書が1冊も完璧じゃない
  • 志望校との距離がわかってない
  • アドバイスをくれる人がいない

という、高2生が抱えがちな課題を、一気に解決することができます!

早稲田に逆転合格したい人へ
センセイプレイスブログは、一人ひとりに合った勉強法にカスタマイズする
オンラインコーチ予備校・センセイプレイスが運営している受験攻略メディアです。

【志望校合格を勝ち取りたい高校生の皆さんへ】
高1,2生はこちら→ 高2・勉強時間0、偏差値40台からの早稲田逆転合格体験記
高3生はこちら→ 高3・偏差値40台からの早稲田逆転合格体験記

LINE公式アカウントを追加するだけ!申し込むか否かで合否が決まる

LINE追加するだけ
この高2生向け無料キャンペーンの申し込みは、LINEの公式アカウントを追加するだけです!

LINEを追加して申し込むだけで、無料で1時間アドバイスを受けられます。

無料で、自分の今の課題を解決することができるのは、今だけ、12月30日までです!

今すぐLINE公式アカウントを追加して、無料キャンペーンに申し込んで、このチャンスを受験勉強に役立ててください!

無料体験指導で偏差値40台から逆転合格
※上記ボタンから、公式LINEにジャンプします

公式LINEについて知りたい方はこちら

ここまで読んでも、まだ少し不安なキミへ

馬場センセイ
こんにちは!センセイプレイス学習責任者の馬場です。

記事を最後まで読んでいただき、ありがとうございます!

ここまで読んでくれたキミは、きっと勉強のやる気が出てきたところかもしれません。

でももしかしたら、「正直、やる気は出たけど、ちゃんと伸びるかはわからない…」と思っているのではないでしょうか。

私も受験生の頃、いろんな勉強法を調べましたが、それで簡単に成績が伸びることはなく、不安な日々を過ごしていました。

しかし、受験生時代にある秘訣に気づいてから、みるみる成績をのばすことができました。

その結果、最終的には高校中退・偏差値30台から早稲田大学政治経済学部に合格することができました。

私は中学を素行不良で退学になり、高校も中退してしまいました。

そんな私でも、偏差値30台から早稲田大学に逆転合格することができたのには、秘訣があります。

そんな秘訣を基に、多くの大学受験生を救いたいという思いから、いまオンライン予備校を経営しています。

それが、センセイプレイスというオンライン予備校です!

センセイプレイスでは、独学コーチングというサービスを提供しています。

週1回のマンツーマン指導によって、万人にむけた勉強法ではなく、キミだけの勉強法ややるべきことを一緒に考えていきます。

その結果、予備校や独学など、ほかのどんな勉強よりも早く成績を伸ばしていくことが可能になります!

センセイプレイスでは、1人ひとりに合った独学コーチングを提供した結果として、

半年で、偏差値40台から早稲田大学に現役合格!

高3春、偏差値38。“全落ち”からの早稲田に逆転合格!

偏差値43の高校から、明治大学に逆転合格!

など、数々の生徒の逆転合格を見届けてきました。

※体験談が見たい方はこちらからも見れます。
センセイプレイスで逆転合格をした先輩の体験談を見る

「ネットでいろいろな勉強法を調べてきたけど、ぜんぜん成績が上がらなくて不安……」

「予備校に通ったけれど、授業のレベルが合ってない……」

「合格したい気持ちはあるけど、勉強したくてもできない……」

こんな悩みに少しでも「わかる〜〜!」となった方は、ぜひセンセイプレイスの詳細を見てみてください!

センセイプレイスの逆転合格に導く秘訣を見る