【結論】受験勉強は朝するべき!|現役早稲田生が徹底解説


【受験生のキミへおすすめの記事】

これから受験勉強を始めるキミへ

ライバルに差をつけて、志望校合格を手にするには、勉強法が鍵になります。

まずは、受験勉強を始める前に知っておいて欲しいことをこちらから確認してみてください。

不合格体験記を読む

あと一年頑張ることを決めたキミへ

浪人は、伸びないって本当??いいえ、そんなことはありません。

浪人には浪人の勉強の方法があります。やるべきことをやれば、ちゃんと成績を伸ばして合格を手にすることができます。

浪人を決めた人に知って欲しいたった一つのこと
浪人生必見!新サービス 《既卒生コース》
↓↓↓↓↓
センセイプレイス 既卒生コース

受験勉強は朝するべき!早大生が解説
荒川センセイ
こんにちは、センセイプレイスの荒川です!
「忙しくて勉強する時間がない!」

「夜は勉強に集中できない…」

「どうやったら朝から勉強できるの?」

こんなことを思っている高校生・受験生は多いと思います。

特に部活が忙しかったりすると、勉強する時間が見つけられなくて困りますよね。

今回はそんな皆さんに、

  • 朝に勉強するメリット
  • 朝に勉強するデメリット
  • 朝に勉強する習慣をつける方法

をご紹介していきます!




完全オーダーメイド指導で志望校合格へ
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
自分に合った勉強方法を知る

朝に勉強するメリット3つ

朝勉強のメリット
ここからは、どうして朝に勉強するべきなのか、メリットを解説していきます!

  1. 朝は集中力が段違い
  2. 生活リズムが入試の時間に合わせられる
  3. 静かな環境で勉強に集中できる

①朝は集中力が段違い

朝は勉強の「ゴールデンタイム」と言われています!

ゴールデンタイムとは、頭がとても冴えていて、1日の中で最も集中力・やる気・思考力の全てが高い時間帯のことです。

ですので、この時間帯に勉強するのは、1日の他の時間に同じ時間ぶん勉強するよりも効率がいいのです!

また、人間の記憶は、寝ている間に整理され定着すると言われているので「寝る1時間前に暗記ものをやるといいよ」ということはよく聞くと思います。

寝ている間に整理されたものを、朝一番でアウトプットする、という点でも朝に勉強するのは効率がいいと言えます!

②生活リズムが入試の時間に合わせられる

朝に勉強する習慣をつけると、生活リズムを入試の時間に合わせることができます!

受験は朝早い時間から始まります。

受験本番と同じ時間に勉強することで、脳みそを朝から活性化させる習慣をつけましょう!

逆に、朝に勉強する習慣がないと、起きてすぐには勉強のモードになれないので、受験本番で本来の実力を発揮できない可能性があります。

ですので、生活リズムを入試の時間に合わせるという点でも、朝に勉強することにはメリットがあります!

③静かな環境で勉強に集中できる

朝早い時間だと、静かな環境で勉強に集中できます!

普段、家で勉強すると家族がうるさかったり、家の生活音が気になってしまって勉強に集中できない人も多いと思います。

実際わたしも、昼や夜に家で勉強しようとしても、家族の話し声などが気になってしまいなかなか勉強に集中できませんでした…

ですが、朝早い時間に勉強を始めると、家族もまだ起きていないので、静かな環境で勉強に集中できます!

こういった点でも、朝早く起きて勉強することはとてもオススメです!

🔽高3・浪人向けおすすめ記事トップ5🔽
  1. 高3・偏差値40台からの早稲田逆転合格体験記
    【あと10ヶ月、やるべきことを考えよう】
  2. 受験生に読んでほしい名言10選!
    【明日やろうはバカ野郎】
  3. 【2021最新版】おすすめの英語参考書リスト
    【難関大に合格するための基本のキ!】
  4. スマホを封印し、成績を劇的に伸ばす方法
    【どうしてもスマホを手放せない…というキミへ!】
  5. 受験勉強で偏差値を飛躍的に伸ばす方法
    【偏差値70の超え方、教えます】

「今から勉強しておいた方がいいかな…」という高1高2生必見!
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
【今だけ】周りと差をつける勉強法を知る

朝に勉強するデメリット3つ

朝勉強のデメリット
ここまで、なぜ朝に勉強するべきなのか、メリットを解説してきましたが、朝に勉強することにはデメリットもあります。

ここからは、デメリットとその解決方法を紹介していきます!

  1. そもそも早起きが大変
  2. 早く寝ないと睡眠時間が減る
  3. 眠いまま勉強すると頭に入らない可能性

①そもそも早起きが大変

皆さんも経験があると思いますが、勉強する以前に、そもそも早起きをするのが大変です!

特に今まで早起きの習慣がない人や、夜寝るのが遅い人にとっては、朝はやく起きるだけでもつらいですよね。

わたしもずっと夜型人間だったので、受験生になってから急に朝に勉強を始めようとしても、最初は起きるのだけで精一杯でした。

なので、朝起きるのさえつらいという皆さんの気持ちはとてもよくわかります。

昔のわたしのように、早起きの習慣がないという人にとっては、そもそも勉強どころじゃない!となってしまうかもしれませんね。

②早く寝ないと睡眠時間が減る

寝る時間がどうしても遅くなってしまう人にとっては、睡眠時間が減ってしまいます。

寝る時間が遅い人が無理して早く起きようとすると結局、日中の授業中などに眠くなってしまって勉強ができないので、本末転倒になってしまいます。

とはいえ、朝早く起きて勉強するために早く寝る、ということを意識できれば問題ないです!

早寝早起きを心がけ、生活リズムを整えましょう!

③眠いまま勉強すると頭に入らない可能性

眠たいまま、頭が覚めきっていない状態で勉強をしても、内容が頭に入っていかないという可能性もあります。

皆さんも、眠たいときに無理やり勉強をしたけど、結局なにも身につかなかった、という経験はありませんか?

それと同じで、朝に眠たいままダラダラと勉強をしても、中身が伴わず、ただ時間の無駄になってしまうかもしれません。

ですがこれに関しては、朝にやる勉強の内容を問題演習などのアウトプット中心にすることで、頭に内容が入っていかない、という状態を防ぐことができます。

先ほど説明した通り、寝ている間に整理された記憶をアウトプットするのには朝が1番向いています。

それに加えアウトプットは、単語を覚えたりするインプットの作業と比べると、必然的に手を動かさなくてはいけないし頭も使います。

朝にやる勉強の種類を変えることで、ボーッとしてしまって気づいたら2時間経っていた。なんてことが防げます!



【今だけ】周りと差がつく勉強法指導実施中!
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
差がつく勉強法指導の詳細を見る

朝に勉強をする習慣をつける方法5つ

朝に勉強する習慣をつける方法
ここまでで、朝に勉強することにはメリットがたくさんあると感じていただけましたか?

でも、急に早起きの習慣をつけて勉強をするのは簡単なことではありませんよね。

わたしも最初は全然起きられなくて、何度も朝勉強することに挫折したので気持ちはよくわかります!

ですが、日々の習慣を少しずつ変えていくことで、だんだん朝早く起きることに慣れ、朝に効率の良い勉強ができるようになります!

ここからは、朝勉強する習慣をつけるためのオススメの方法を紹介していきます!

  1. 寝る30分前にスマホを見るのをやめる
  2. 目覚ましを布団から出ないと止められない場所に置く
  3. 朝勉強するものをあらかじめ用意しておく
  4. 自分へのごほうびを決める
  5. 友人と起きた時間にLINEで報告し合う

①寝る30分前にスマホを見るのをやめる

寝る30分前にはスマホを見るのをやめましょう!

早起きするには、就寝時間を守ることがとても大事になってきます。

人間は、寝る前にブルーライトを浴びると、脳が覚醒してしまい眠りにつきにくくなってしまうと言われています。

寝る直前までスマホやテレビなどを見ていると、その後なかなか眠れないのはそのせいです。

特に時間のない受験生や高校生は、スマホをダラダラ見るくらいの暇があるんだったら絶対に英単語の1個でも覚えたほうがいいです。

遅くとも寝る30分前にはスマホを見るのをやめて、単語帳など暗記ものを開くようにしましょう!

②目覚ましを布団から出ないと止められない場所に置く

目覚ましを布団から出ないと止められない場所に置くのも手です!

普通の方法ですが、とりあえず起きるには一番手っ取り早いです。

わたしが実際にやっていたオススメは、スマホを爆音でスピーカーに繋げて、ベッドから一番離れたところに置く、という方法です!

目覚ましのアラーム音を自分の好きなアイドルの曲などにしておくと、スピーカーから爆音で流れてくるのでびっくりしてすぐに目が覚めます。

また、さっさと起きて止めないと近所迷惑にもなるので、「起きて止めなきゃ」という気になって布団から出ることができます(笑)

無理やりでも布団から出れたら、もう早起きに成功したも同然です!

③朝勉強するものをあらかじめ用意しておく

朝、自分が勉強する教材を机の上に準備しておきましょう!

こんなことで朝から勉強できるようになるの?なんて疑心暗鬼になっている人もいると思います。

ですが、朝起きてから何の勉強をするか決めて、参考書を準備して…という段階を踏むよりも、机に座ればいつでも勉強できる!というところまで、寝る前に準備しましょう。

そうすれば、朝起きてもなかなか勉強する気になれない人でも、準備までしっかり終わっていれば「せっかく起きたから勉強しなきゃ」という気持ちになれると思います!

朝に勉強する時間を少しでも長くするためにも、勉強道具はあらかじめ用意しておきましょう!

④自分へのごほうびを決める

早起きして勉強できたときの、自分へのごほうびを決めましょう!

「朝に何時間勉強できたらこのお菓子を食べる」

「朝の間にこの課題が終わったらYouTubeで動画1本見る」

とか、なんでもいいので自分のモチベーションが上がるごほうびを設定してください。

そうすることで、朝早起きして勉強することが苦ではなくなり、朝に勉強する習慣がつけられます!

⑤友人と起きた時間にLINEで報告し合う

友人と、自分が起きた時間にLINEを送り合うのもオススメです。

実際わたしも、朝起きたときに1日の勉強の計画を友人と送り合っていたのですが、相手が自分より先に送ってくると負けたような気がして、何がなんでも先に起きるようになりました!笑

自分1人ではなく誰かと一緒にやることで継続もできますし、対抗心に火がついて頑張れるはずです!

 



差がつく勉強法指導の詳細はこちら

ここまで読んでも、まだ少し不安なキミへ

馬場センセイ
こんにちは!センセイプレイス学習責任者の馬場です。

記事を最後まで読んでいただき、ありがとうございます!

ここまで読んでくれたキミは、きっと勉強のやる気が出てきたところかもしれません。

少しだけでも勉強してみよう!と思えたなら、それはとても良いと思います。

でももしかしたら、「正直、やる気は出たけど、これからちゃんと勉強できるかはわからない…」と思っている人もいるかもしれません。

世の中には様々な勉強についての動画や記事があります。

しかしそういったものを見たり読んだりしてやる気が出ても、実際に行動に移す人は約10%、さらにそれを継続する人は3%ほどしかいません。

だけど、少し厳しいことをいうと、志望校合格を勝ち取っていくのは、実際に行動に移して継続をした人たちです。

・「やらなきゃ」と思うのに、すぐに着手できない。
・継続をしないと意味がないと分かっていても、なかなか継続できない。

そういう人はたくさんいます。

僕自身もそうでした。

ですが、その原因は明白です。

それは、具体的にどの教材を、どう取り組めば、このような結果が出せる、というのが自分でわからないからです。

取り組む教材がなければ着手できませんし、闇雲に勉強しても結果が出ないため継続ができません。

皆さんの中にも、

「ネットでいろいろな勉強法を調べてきたけど、どれが正しいの?……」
「何からはじめたらいいのか結局わかんない…」
「やろうと思って勉強をはじめても、なかなか続けられない、成績も伸びない…」

こんな悩みを少しでも感じている人がいるのではないでしょうか。

そんなキミには、ぜひセンセイプレイスの特別指導で相談をしに来てほしいです。

現在、センセイプレイスでは高1高2生限定で、差がつく勉強法指導を実施しています。

先ほどもすこしお伝えしましたが、春から夏にかけて、多くの受験生が、

・勉強はした方がいいと思うけど、なかなかできない ・何から始めるかも、どうやったら成績が伸びるのかもあまりわからない

といったような課題にぶつかります。

今回の差がつく勉強法指導は、そんな課題を解決し、キミの状況に合わせて、今やるべき参考書を1冊決めて、それをやり切るためのサポートをする指導になっています。

「こうやって勉強していけばいいのか!」というのがわかるだけで、受験勉強の効率はグンと上がります

今から成績を伸ばしていけば、周りの動けていない人たちとしっかり差をつけることもできます。

指導が可能な枠に限りがありますので、少しでも気になる!と思った方は、ぜひお早めに申し込みください。

【高1高2生限定】
差がつく勉強法指導に申し込む
差がつく勉強法指導の詳細はこちら

高三・浪人の方は、大人気のセンセイプレイス 無料体験指導のご案内をしています!

こちらも指導が可能な枠の数には限りがあります。

無料体験指導は、受験まであと1年をきったキミのために、今キミが頑張っていくべきこととその方法を、キミの状況に合わせてしっかり考える時間になっています

もし少しでも、「勉強、どうやっていこうかな…」と悩んでいることがある場合は、お早めに相談をしてみてください!

公式LINEでセンセイプレイスの無料体験指導に申し込む
無料体験指導の詳細はこちら