【英語】英文読解入門 基本はここだ!の特徴と使い方|長文読解の基礎を作る!

【受験生のキミへおすすめの記事】

これから受験勉強を始めるキミへ

ライバルに差をつけて、志望校合格を手にするには、勉強法が鍵になります。

まずは、受験勉強を始める前に知っておいて欲しいことをこちらから確認してみてください。

不合格体験記を読む

あと一年頑張ることを決めたキミへ

浪人は、伸びないって本当??いいえ、そんなことはありません。

浪人には浪人の勉強の方法があります。やるべきことをやれば、ちゃんと成績を伸ばして合格を手にすることができます。

浪人を決めた人に知って欲しいたった一つのこと
浪人生必見!新サービス 《既卒生コース》
↓↓↓↓↓
センセイプレイス 既卒生コース

たかはしセンセイ
こんにちは、センセイプレイスのたかはしです!
「英文読解入門 基本はここだ!ってどんな参考書?」

「実際のところ、レベルやボリュームはどうなんだろう…」

「効果的な勉強法や、この参考書に向いている人が知りたいな」

こういった疑問にお答えします。

今回の内容
①『英文読解入門 基本はここだ!』の特徴(構成、スペック、レベル、ボリューム)
②『英文読解入門 基本はここだ!』をやる前に「取り組む目的」を考えよう
③『英文読解入門 基本はここだ!』の効果的な勉強法
④一番大事なのは「自分の頭で考えること」です

英語において、一番配点が高く重要とされているのが「長文読解」。

しかし、英単語や英文法の勉強が終わっても、なぜか長文が読めなくて困った経験はありませんか?

単語や文法はわかるのに、なぜか文章になると急に意味が取れなくなる……。

こんな経験をしている人は少なくないことだと思います。

そこで、今回紹介するのが「英文読解入門 基本はここだ!」。

この参考書は、長文読解の1つ1つの文章を正確に読むために、英単語や英文法の知識をどう活用していくかというところにフォーカスした基礎的な参考書になっています。

当記事を読むことで、『英文読解入門 基本はここだ!』の特徴や効果的な使い方を知り、今後の勉強に活かしていくことができるでしょう。

ぜひ、最後までお付き合いください!

※「英語」の参考書が知りたい人はこちら


目次



完全オーダーメイド指導で志望校合格へ
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
自分に合った勉強方法を知る

『英文読解入門 基本はここだ!』の特徴

『英文読解入門 基本はここだ!』の特徴について、書いていきます。

『英文読解入門 基本はここだ!』の構成

『英文読解入門 基本はここだ!』のスペック

『英文読解入門 基本はここだ!』は、英文解釈の基礎的な参考書です。

英単語や英文法の学習がある程度終わった人が、長文読解に取りかかる前に、基礎的な英文の読み方を学ぶのに最適な参考書になっています。

『英文読解入門 基本はここだ!』のレベル

『英文読解入門 基本はここだ!』は本当に基礎的な参考書です。

ですので、中学英文法やSVOCなどがわかるという人なら、とりあえず読み進めることができる参考書です。

しかし、すでに大学レベルの長文がとりくみ始めているという人には、少し物足りないかもしれません。

『英文読解入門 基本はここだ!』のボリューム

50題(1つの中に複数文あるものもある)、165ページ

🔽 高3・浪人向けおすすめ記事トップ5 🔽
  1. 高3・偏差値40台からの早稲田逆転合格体験記
    【あと10ヶ月、やるべきことを考えよう】
  2. 受験生に読んでほしい名言10選!
    【明日やろうはバカ野郎】
  3. 【2021最新版】おすすめの英語参考書リスト
    【難関大に合格するための基本のキ!】
  4. スマホを封印し、成績を劇的に伸ばす方法
    【どうしてもスマホを手放せない…というキミへ!】
  5. 受験勉強で偏差値を飛躍的に伸ばす方法
    【偏差値70の超え方、教えます】

「今から勉強しておいた方がいいかな…」という高1高2生必見!
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
【今だけ】周りと差をつける勉強法を知る

『英文読解入門 基本はここだ!』に取り組む理由を意識しよう


参考書というのは、取り組む人によってやる目的もやり方も変わってきます。

たとえば、『英文読解入門 基本はここだ!』でいうと
・英文解釈学習の1冊目として、『英文読解入門 基本はここだ!』を使う人
・すでに英文解釈の学習経験があり、それの確認用として『英文読解入門 基本はここだ!』を使う人
がいます。

そして、それぞれの人がやる目的・やり方も違うのです。

ですので、
①自分がなぜ『英文読解入門 基本はここだ!』をやるのか
②『英文読解入門 基本はここだ!』をやる目的を果たすために、自分がどのようなやり方で勉強していくべきか

自分で考えたうえで、取り組んでいきましょう。

ネットに書いてある勉強法や、ほかの人のやり方を鵜呑みにして、そっくりそのまま真似したところで、成績は伸びませんよ!



【今だけ】周りと差がつく勉強法指導実施中!
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
差がつく勉強法指導の詳細を見る

『英文読解入門 基本はここだ!』の具体的な勉強法


次に、『英文読解入門 基本はここだ!』の具体的な勉強法について書いていきます。

英文解釈学習の1冊目として、『英文読解入門 基本はここだ!』を使う人

英文解釈学習の1冊目として、『英文読解入門 基本はここだ!』を使う人には、以下の勉強法がおすすめです。

①1文1分程度で目を通し、和訳・解説と照らし合わせながら構造を確認していく

まずは、1文1分程度で目を通し、和訳・解説と照らし合わせながら構造を確認していきましょう。

最終的に、この参考書の文構造が取れるようになればいいので、わからないところがあったらすぐに和訳・解説を照らし合わせながら、構造を確認していきましょう。

②②解説に書かれていた内容を意識しながら、全文に目を通す

次に、和訳・解説を照らし合わせながら確認しおわった文にもう1度目を通してみましょう。

この時はすでに和訳・解説を見たあとなので、構造が取れたものとそうでないものを選別し、構造が取れなかったものはもう1度復習して覚えなおしましょう。

③構造を意識しながら、左から右に意味が取れるようになるまで音読する

最後に、全部の文構造が取れるようになったら、左から右に意味が取れるようになるまで音読しましょう。

構造をとることに時間をかけて、いわゆる「返り読み」をしていたら、本番の長文では時間切れになってしまいます。

ですので、本番でパッと構造をとって意味が取れるようになるように、構造を意識しながら音読しましょう。

すでに英文解釈の学習経験があり、それの確認用として『英文読解入門 基本はここだ!』を使う人

すでに英文解釈の学習経験があり、それの確認用として『英文読解入門 基本はここだ!』を使う人には、以下の勉強法がおすすめです。

①巻末の全文に目を通し、解説できるものとそうでないものを選別する

すでに英文解釈の学習経験がある人は、最初から巻末の和訳・解説の載ってない全文に目を通し、できるものとできないものに選別しましょう。これによって、学習効率をあげることができます。

②解説できなかったものに関しては、和訳・解説を読み込み構造をとる。できたものに関しては、確認程度に和訳・解説に目を通す。

そして、文がどういう構造でどういう和訳になるのか、解説できるものは確認程度に和訳と解説に目を通しましょう。できなかったものに関しては、解説できるようになるまで、和訳・解説に目を通しましょう。

③構造を意識しながら、左から右に意味が取れるようになるまで音読する

最後に、全部の文構造が取れるようになったら、左から右に意味が取れるようになるまで音読しましょう。

構造をとることに時間をかけて、いわゆる「返り読み」をしていたら、本番の長文では時間切れになってしまいます。

ですので、本番でパッと構造をとって意味が取れるようになるように、構造を意識しながら音読しましょう。

🔽 高2・高1向けおすすめ記事トップ5 🔽
  1. 差がつく勉強法を考えよう
    【今からライバルに圧倒的に差をつける方法】
  2. 高2・勉強時間0、偏差値40台からの早稲田逆転合格体験記
    【逆転合格のリアルを知ろう!】
  3. 高1・高2からの難関大合格戦略
    【難関大に合格するために!】
  4. 受験勉強をこれから始める人が読む記事
    【受験勉強のはじめの一歩】
  5. 定期試験はできるのに、模試ができない理由
    【模試になると点が取れないというキミへ】

「勉強しても伸びない…」その原因は勉強法かも
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
自分に合った効率の良い勉強法を知る

『英文読解入門 基本はここだ!』をおすすめする人


『英文読解入門 基本はここだ!』は以下の人におすすめです。

英単語・英文法の学習がある程度終わったけれど、長文に対して苦手意識がある人

『英文読解入門 基本はここだ!』は長文の前に、1つ1つの文を読めるようになるために最適な参考書です。ですので、英単語・英文法の学習がある程度終わったけれど、長文に対して苦手意識がある人におすすめです。

長文読解の勉強に入ったけれど、読解の基礎が抜けているなと感じている人

『英文読解入門 基本はここだ!』は長文の前に、1つ1つの文を読めるようになるために最適な参考書です。ですので、長文読解の勉強に入ったけれど、読解の基礎が抜けているなと感じている人におすすめです。

薄い参考書が好きな人

『英文読解入門 基本はここだ!』はとても薄い参考書です。ですので、薄い参考書が好きな人におすすめです。