【英語】入門英文解釈の技術70の特徴と使い方|0から英文解釈を学習しよう!

詳しくみる

【受験生のキミへおすすめの記事】

これから受験勉強を始めるキミへ

ライバルに差をつけて、志望校合格を手にするには、勉強法が鍵になります。

まずは、受験勉強を始める前に知っておいて欲しいことをこちらから確認してみてください。

不合格体験記を読む

あと一年頑張ることを決めたキミへ

浪人は、伸びないって本当??いいえ、そんなことはありません。

浪人には浪人の勉強の方法があります。やるべきことをやれば、ちゃんと成績を伸ばして合格を手にすることができます。

浪人を決めた人に知って欲しいたった一つのこと
浪人生必見!新サービス 《既卒生コース》
↓↓↓↓↓
センセイプレイス 既卒生コース

新垣センセイ
こんにちは、センセイプレイスの新垣です!
「入門英文解釈の技術70ってどんな参考書?」

「実際のところ、レベルやボリュームはどうなんだろう…」

「効果的な勉強法や、この参考書に向いている人が知りたいな」

こういった疑問にお答えします。

今回の内容
①『入門英文解釈の技術70』の特徴(構成、スペック、レベル、ボリューム)
②『入門英文解釈の技術70』をやる前に「取り組む目的」を考えよう
③『入門英文解釈の技術70』の効果的な勉強法
④一番大事なのは「自分の頭で考えること」です

受験生なら避けて通れない科目、英語。

英単語、英熟語、英文法など、英語にはやらなければならないことがたくさんありますよね。

みなさんは中学・高校での英語学習を通して、単語・熟語や文法はたくさんやってきていると思います。

みなさんが中学・高校で身につけてきた知識を組み合わせて長文読解に取り組んでいくと思うのですが、その前に必要な作業が英文解釈です。

なぜなら、短い文章を精読によって読めるようにならなければ難解な英語長文はなかなかできるようにならないからです。

いちいち、「この文の意味って何だろう?」という風に引っかかりながら文章を読んでいたら、いつまでたっても長文が読めるようにはならないですよね。

ですので、英文解釈の勉強は非常に重要な勉強であると言えます。

しかし、英語学習をするにあたって大事になってくる英文解釈ですが、どの参考書を選べばよいのかわからないという人は多いと思います。

そこで当記事では、ぼく自身が使っていた「入門英文解釈の技術70」という参考書を紹介します。

英文解釈の参考書選びに悩んでいる人の参考にしていただけたら嬉しいです!




完全オーダーメイド指導で志望校合格へ
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
自分に合った勉強方法を知る

英文解釈の技術70の構成


英文解釈の技術70は、「例題」「解法」「演習問題」で構成されています。

また、それぞれの単元の重要事項が例題と演習問題両方の英文に含まれていて、例題を解き、解法を読んで理解した後に演習問題に取り組めるようになっています。

もしなんとなく英文が理解できたとしても、参考になるので解法を読んでみるのがいいかもしれませんね!

🔽高2・高1向けおすすめ記事トップ5🔽
  1. 高2・勉強時間0、偏差値40台からの早稲田逆転合格体験記
    【逆転合格のリアルを知ろう!】
  2. スマホを封印し、成績を劇的に伸ばす方法
    【どうしてもスマホを手放せない…というキミへ!】
  3. 高1・高2からの難関大合格戦略
    【難関大に合格するために!】
  4. 受験勉強をこれから始める人が読む記事
    【受験勉強のはじめの一歩】
  5. 定期試験はできるのに、模試ができない理由
    【模試になると点が取れないというキミへ】

「今から勉強しておいた方がいいかな…」という高1高2生必見!
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
【今だけ】周りと差をつける勉強法を知る

英文解釈の技術70の特徴

入門英文解釈の技術70は、センターレベルに十分対応できるほどの英文が掲載されています。

また、解説がとても丁寧なので、英語があまり得意ではない人やこれから英語を始めようと考えている人にも使いやすい参考書だと思います。

構文数はタイトル通り70個なので、1日何題やるかを決めて取り組めばそれほど時間もかからないでしょう。
ちなみにぼくの場合は1日に3構文と決めて取り組んでいました。

他のやるべきこととのバランスを考えながら目標を決めるようにしましょう!



【今だけ】周りと差がつく勉強法指導実施中!
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
差がつく勉強法指導の詳細を見る

英文解釈の技術70をやり遂げれば、英文解釈の基本をマスターできる!

そもそもみなさん、英文精読や英文解釈を知っていますか?

ぼくは、そのまま読んでも分かりにくい文をSVなどの文型や文法事項、その他のテクニックを使って理解しやすい日本語に変えるものだと思っています。

この作業に慣れることで、難しい英文の意味を捉えられるようになったり、スラスラと英文が読めるようになったりします。

帰国子女生などの中は、この作業をしっかりやらなくても英文が読めてしまうという人もいるのでわざわざ参考書を買わなくとも英文解釈ができるという人もいるかもしれません。

しかし、英文を読むのがあまり得意ではないという人がしっかり取り組むことで得意にすることはできます。
ぼくもその1人でしたから。

英文を読むのに苦手意識があるひとは、英文解釈の技術70に取り組むことで英文解釈の基本をマスターできると思います。

早稲田に逆転合格したい人へ
センセイプレイスブログは、一人ひとりに合った勉強法にカスタマイズする
オンラインコーチ予備校・センセイプレイスが運営している受験攻略メディアです。

【志望校合格を勝ち取りたい高校生の皆さんへ】
高1,2生はこちら→ 高2・勉強時間0、偏差値40台からの早稲田逆転合格体験記
高3生はこちら→ 高3・偏差値40台からの早稲田逆転合格体験記

「勉強しても伸びない…」その原因は勉強法かも
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
自分に合った効率の良い勉強法を知る

英文解釈の技術70をやるべき理由を意識しよう


参考書というのは、取り組む人によってやる目的もやり方も変わってきます。

たとえば、『入門英文解釈の技術70』でいうと
・はじめて英文解釈に取り組む人
・英文解釈のやり方をすでに教わっていて、短期間で演習をしたい人
がいます。

そして、それぞれの人がやる目的・やり方も違うのです。

ですので、

①自分がなぜ『入門英文解釈の技術70』をやるのか
②『入門英文解釈の技術70』をやる目的を果たすために、自分がどのようなやり方で勉強していくべきか
自分で考えたうえで、取り組んでいきましょう。

ネットに書いてある勉強法や、ほかの人のやり方を鵜呑みにして、そっくりそのまま真似したところで、成績は伸びませんよ!

英文解釈の技術70の具体的な勉強法

はじめて英文解釈に取り組む人向けの取り組み方

①例題を解いて解法を読む

まずは例題を自分の思うようにSVOCをふって読んで見て、そのあとに答え合わせをするようにしてください。いきなり解説を読む解き方もありますが、自分がどのような考え方をしていて、その考え方がどのように間違えているのかを知っていた方が正しい解法が定着しやすいと思います。

英文解釈はとても解説が丁寧でわかりやすいので、しっかり読むようにしてください。

②演習問題に取り組む

例題を解いて解法を読んだ状態であれば、その単元で吸収するべき知識が何かはもうわかっていると思います。

その知識を活かして演習問題に取り組んでみてください!

また、その知識があっても他の部分で英文が読めないこともあると思います。その場合があることも考えて、しっかり解説を読んで理解するようにしてください!

③音読する

英文を読んで解説を読んだらあとはひたすら復習です。

英語の復習はもう1度解く方法もありますが、音読をおすすめします。

はじめに内容をだいたい理解してから、英文を読んだだけで日本語がなんとなく頭に浮かぶようになるまで何度も繰り返して音読するようにしてください!

また、付属品のCDに関してですが、当然聞けるならば聞くことをおすすめしますが、英文解釈の技術に取り組んだがCDは聞いていなかったという人が多いです。

CDは利点もかなりあるのですが、時間も取られたりとデメリットもあるので長続きしない人が多いそうです。実際ぼくもCD学習には取り組んでいませんでした。

ぼく個人の意見としては、CD学習を辛く感じるのであれば無理をして続ける必要はないのではないかと思います。

英文解釈のやり方をすでに教わっていて、短期間で演習をしたい人向けの取り組み方

①演習問題に取り組む

すでに英文解釈に1通り取り組んだことがある人は、演習問題に取り組んで自分の苦手単元を見つけるようにして取り組んでみてください。

苦手を見つけたらその単元をしっかり復習しましょう。

②音読する

英文を読んで解説を読んだらあとはひたすら復習です。

英語の復習はもう1度解く方法もありますが、音読をおすすめします。

はじめに内容をだいたい理解してから、英文を読んだだけで日本語がなんとなく頭に浮かぶようになるまで何度も繰り返して音読するようにしてください!

また、付属品のCDに関してですが、当然聞けるならば聞くことをおすすめしますが、英文解釈の技術に取り組んだがCDは聞いていなかったという人が多いです。

CDは利点もかなりあるのですが、時間も取られたりとデメリットもあるので長続きしない人が多いそうです。実際ぼくもCD学習には取り組んでいませんでした。

ぼく個人の意見としては、CD学習を辛く感じるのであれば無理をして続ける必要はないのではないかと思います。

英文解釈の技術70をおすすめする人

①英語長文を読み慣れていない人

あまり英語長文を読み慣れていない人がいきなり長い文章を読むと読みにくく感じたり、長いが故になんとなくで長文を読む癖がついてしまうかもしれません。

はじめのうちは正しい読み方で読んでおいたほうが後々楽になると思います。

そのため、英語長文を読み慣れていない人にはおすすめします!

②単語や文法を覚えているのに英文を読むのに苦労している人

英語は単語と文法さえできていればほとんどの英文が読めてしまいます。

しかしそれでも読むのに苦労している人は、英語の読み方を理解すればかなり読みやすくなるでしょう。

英文解釈をしっかりすれば英語の読み方を理解できるようになって、かなり英文が読めるようになると思います!

そのため、単語や文法を覚えているのに英文を読むのに苦労している人にはおすすめします!

③単元別に学習したい人

わざわざあまり長くない英文で英文解釈をしようとしなくとも、長文読解をしながら英文解釈の練習をすることは可能です。

しかし、それでは触れきれない分野がでてきたり、復習がしにくくなったりするかもしれません。

英文解釈の技術70は単元別になっているので、単元別に学習したい人におすすめします!

【高1高2生限定】
公式LINEで差がつく勉強法指導に申し込む
差がつく勉強法指導の詳細はこちら

ここまで読んでも、まだ少し不安なキミへ

馬場センセイ
こんにちは!センセイプレイス学習責任者の馬場です。

記事を最後まで読んでいただき、ありがとうございます!

ここまで読んでくれたキミは、きっと勉強のやる気が出てきたところかもしれません。

少しだけでも勉強してみよう!と思えたなら、それはとても良いと思います。

でももしかしたら、「正直、やる気は出たけど、これからちゃんと勉強できるかはわからない…」と思っている人もいるかもしれません。

世の中には様々な勉強についての動画や記事があります。

しかしそういったものを見たり読んだりしてやる気が出ても、実際に行動に移す人は約10%、さらにそれを継続する人は3%ほどしかいません。

だけど、少し厳しいことをいうと、志望校合格を勝ち取っていくのは、実際に行動に移して継続をした人たちです。

・「やらなきゃ」と思うのに、すぐに着手できない。
・継続をしないと意味がないと分かっていても、なかなか継続できない。

そういう人はたくさんいます。

僕自身もそうでした。

ですが、その原因は明白です。

それは、具体的にどの教材を、どう取り組めば、このような結果が出せる、というのが自分でわからないからです。

取り組む教材がなければ着手できませんし、闇雲に勉強しても結果が出ないため継続ができません。

皆さんの中にも、

「ネットでいろいろな勉強法を調べてきたけど、どれが正しいの?……」
「何からはじめたらいいのか結局わかんない…」
「やろうと思って勉強をはじめても、なかなか続けられない、成績も伸びない…」

こんな悩みを少しでも感じている人がいるのではないでしょうか。

そんなキミには、ぜひセンセイプレイスの特別指導で相談をしに来てほしいです。

現在、センセイプレイスでは高1高2生限定で、差がつく勉強法指導を実施しています。

先ほどもすこしお伝えしましたが、春から夏にかけて、多くの受験生が、

・勉強はした方がいいと思うけど、なかなかできない ・何から始めるかも、どうやったら成績が伸びるのかもあまりわからない

といったような課題にぶつかります。

今回の差がつく勉強法指導は、そんな課題を解決し、キミの状況に合わせて、今やるべき参考書を1冊決めて、それをやり切るためのサポートをする指導になっています。

「こうやって勉強していけばいいのか!」というのがわかるだけで、受験勉強の効率はグンと上がります

今から成績を伸ばしていけば、周りの動けていない人たちとしっかり差をつけることもできます。

指導が可能な枠に限りがありますので、少しでも気になる!と思った方は、ぜひお早めに申し込みください。

【高1高2生限定】
差がつく勉強法指導に申し込む
差がつく勉強法指導の詳細はこちら

高三・浪人の方は、大人気のセンセイプレイス 無料体験指導のご案内をしています!

こちらも指導が可能な枠の数には限りがあります。

無料体験指導は、受験まであと1年をきったキミのために、今キミが頑張っていくべきこととその方法を、キミの状況に合わせてしっかり考える時間になっています

もし少しでも、「勉強、どうやっていこうかな…」と悩んでいることがある場合は、お早めに相談をしてみてください!

公式LINEでセンセイプレイスの無料体験指導に申し込む
無料体験指導の詳細はこちら