【英語】『入門英文解釈の技術70』のレベルと使い方|基礎から英文解釈を学習しよう!

新垣センセイ
こんにちは、センセイプレイスの新垣です!
「入門英文解釈の技術70ってどのような参考書?」

「実際のところ、レベルやボリュームはどうなんだろう……」

「効果的な勉強法や、この参考書に向いている人が知りたいな」

こういった疑問にお答えします。

受験生であれば避けて通れない科目が英語です。

英単語、英熟語、英文法など、英語にはやらなければならないことがたくさんありますよね。

みなさんは中学・高校での英語学習を通して、単語・熟語や文法はたくさんやってきていると思います。

みなさんが中学・高校で身につけてきた知識を組み合わせて長文読解に取り組んでいくと思いますが、その前に必要な作業が英文解釈です。

なぜなら、短い文章を精読によって読めるようにならなければ難解な英語長文はなかなかできるようにならないからです。

いちいち、「この文の意味って何だろう?」と引っかかりながら文章を読んでいたら、いつまでたっても長文が読めるようにはならないですよね。

そのため、英文解釈の勉強は重要な勉強です。

しかし、英語学習をするにあたって大事になってくる英文解釈ですが、どの参考書を選べばよいのかわからない人は多いと思います。

そこで当記事では、ぼく自身が使っていた『入門英文解釈の技術70』を紹介します。

英文解釈の参考書選びに悩んでいる人は参考にしていただけたらうれしいです!

関連記事:【英語】最強のおすすめ英文解釈参考書まとめ4選|偏差値爆上げ!

『入門英文解釈の技術70』のレベル

『入門英文解釈の技術70』は、共通テストに対応できるレベルの英文が掲載されています。

また、解説がとても丁寧なため、英語があまり得意でない人やこれから英語を始めようと考えている人にも使いやすい参考書です。

これから英語の勉強を始めようとしている人でも使いやすいとはいっても、まだ単語帳をはじめていないレベルの人が取り組むのは難しいため、その点は注意が必要です。

構文数はタイトルどおり70個なため、1日何題やるかを決めて取り組めばそれほど時間もかからないでしょう。

ちなみにぼくの場合は1日に3構文と決めて取り組んでいました。

『入門英文解釈の技術70』を完成させたら、『基礎英文解釈の技術100』に取り組み少しずつレベルをあげていくとよいでしょう!

関連記事:【英語】基礎英文解釈の技術100の特徴と使い方|早慶英文クリアへの懸け橋!

『入門英文解釈の技術70』の内容

『入門英文解釈の技術70』は、「例題」「解法」「演習問題」で構成されています。

それぞれの単元の重要事項が例題と演習問題両方の英文に含まれていて、例題を解き、解法を読んで理解したあとに演習問題に取り組めるようになっています。

もしなんとなく英文が理解できても、参考になるため、解法を読んでみるのがいいかもしれません。

そもそもみなさんは英文精読や英文解釈を知っていますか?

ぼくは、そのまま読んでもわかりにくい文をSVなどの文型や文法事項、その他のテクニックを使って理解しやすい日本語に変えるものだと思っています。

この作業に慣れることで、難しい英文の意味をとらえられるようになったり、スラスラと英文が読めるようになったりします。

帰国生徒などは、この作業をやらなくても英文が読めてしまう人もいるためわざわざ参考書を買わなくとも英文解釈ができる人もいるかもしれません。

しかし、英文を読むのがあまり得意ではない人がしっかり取り組むことで得意にできます。

ぼくもその1人でしたから。

英文を読むのに苦手意識があるひとは、『入門英文解釈の技術70』に取り組むことで英文解釈の基本をマスターできます!

関連記事:【英語】ビジュアル英文解釈の特徴と使い方|長文を正確に読めるようになろう!

『入門英文解釈の技術70』の具体的な勉強法

はじめて英文解釈に取り組む人向けの取り組み方

  1. 例題を解いて解法を読む
  2. 演習問題に取り組む
  3. 音読する

関連記事:【英語】おすすめの英文解釈勉強法4ステップ|英文解釈は和訳と違う?

①例題を解いて解法を読む

まずは例題を自分の思うようにSVOCをふって読んでみて、そのあとに答え合わせをしてください。

いきなり解説を読む解き方もありますが、自分がどのような考え方をしていて、その考え方がどのように間違えているのかを知っていたほうが正しい解法が定着しやすいです。

『入門英文解釈の技術70』はとても解説が丁寧でわかりやすいため、しっかり読むようにしてください。

②演習問題に取り組む

例題を解いて解法を読んだ状態であれば、その単元で吸収するべき知識が何かはもうわかっていると思います。

その知識を活かして演習問題に取り組んでみてください!

また、その知識があっても他の部分で英文が読めないこともあると思います。

その場合があることも考えて、しっかり解説を読んで理解するようにしてください!

関連記事:【英語】英文解釈の技術100の特徴と使い方|早慶レベルの英文をスラスラ読もう!

③音読する

英文を読んで解説を読んだらあとはひたすら復習です。

英語の復習はもう1度解く方法もありますが、音読をおすすめします。

はじめに内容をだいたい理解してから、英文を読んだだけで日本語がなんとなく頭に浮かぶようになるまで何度も繰り返して音読するようにしてください!

また、付属品のCDに関してですが、当然聞けるならば聞くことをおすすめしますが、英文解釈の技術に取り組んだがCDは聞いていなかった人が多いです。

CDは利点もかなりありますが、時間も取られたりとデメリットもあるため長続きしない人が多いそうです。

実際ぼくもCD学習には取り組んでいませんでした。

ぼく個人の意見としては、CD学習を辛く感じるのであれば無理をして続ける必要はないと思います。

関連記事:【2021最新版】英文法のおすすめ参考書・問題集13選|偏差値80超えが厳選

英文解釈のやり方をすでに教わっていて、短期間で演習をしたい人向けの取り組み方

  1. 演習問題に取り組む
  2. 音読する

関連記事:【英語】おすすめの英文解釈勉強法4ステップ|英文解釈は和訳と違う?

①演習問題に取り組む

すでに英文解釈にひととおり取り組んだことがある人は、演習問題に取り組んで自分の苦手単元を見つけるようにして取り組んでみてください。

苦手を見つけたらその単元をしっかり復習しましょう。

関連記事:【英語】英文読解入門 基本はここだ!の特徴と使い方|長文読解の基礎を作る!

②音読する

英文を読んで解説を読んだらあとはひたすら復習です。

英語の復習はもう1度解く方法もありますが、音読をおすすめします。

はじめに内容をだいたい理解してから、英文を読んだだけで日本語がなんとなく頭に浮かぶようになるまで何度も繰り返して音読するようにしてください!

また、付属品のCDに関してですが、当然聞けるならば聞くことをおすすめしますが、英文解釈の技術に取り組んだがCDは聞いていなかった人が多いです。

CDは利点もかなりありますが、時間も取られたりとデメリットもあるため長続きしない人が多いそうです。

実際ぼくもCD学習には取り組んでいませんでした。

ぼく個人の意見としては、CD学習を辛く感じるのであれば無理をして続ける必要はないと思います。

関連記事:【打倒早慶】偏差値70の壁を超えるための英語勉強法

『入門英文解釈の技術70』をおすすめする人

  1. 英語長文を読み慣れていない人
  2. 単語や文法を覚えているのに英文を読むのに苦労している人
  3. 単元別に学習したい人

関連記事:【英語】超難関大の英文も余裕!?|英文読解の透視図の内容や使い方を徹底解説!

①英語長文を読み慣れていない人

あまり英語長文を読み慣れていない人がいきなり長い文章を読むと読みにくく感じたり、長いが故になんとなくで長文を読む癖がついてしまうかもしれません。

はじめのうちは正しい読み方で読んでおいたほうがあとあと楽になると思います。

そのため、英語長文を読み慣れていない人にはおすすめします!

関連記事:【2022最新版】英語長文問題集・参考書6選!|大学受験生必見です

②単語や文法を覚えているのに英文を読むのに苦労している人

英語は単語と文法さえできていればほとんどの英文が読めてしまいます。

しかしそれでも読むのに苦労している人は、英語の読み方を理解すればかなり読みやすくなるでしょう。

英文解釈をしっかりすれば英語の読み方を理解できるようになって、かなり英文が読めるようになると思います!

そのため、単語や文法を覚えているのに英文を読むのに苦労している人にはおすすめします!

関連記事:【英語】おすすめの英文解釈勉強法4ステップ|英文解釈は和訳と違う?

③単元別に学習したい人

わざわざあまり長くない英文で英文解釈をしようとしなくとも、長文読解をしながら英文解釈の練習は可能です。

しかし、それでは触れきれない分野がでてきたり、復習がしにくくなったりするかもしれません。

英文解釈の技術70は単元別になっているため、単元別に学習したい人におすすめします!

関連記事:【2021最新版】大学受験の英熟語学習におすすめ参考書4選|偏差値80超えが厳選

自分にあった参考書をさがそう!

今回は、『入門英文解釈の技術70』をご紹介してきました。

ここに書いてある参考書はもちろんのこと、他のサイトさんや書店に並んでいる参考書はあくまで一例でしかありません。

自分が志望校合格に向けて、力をつける・足りないものを埋めるために使うのが参考書です。

そのため、自分の志望校と現在の自分との距離を測り、自分には今なにをやる必要があるのかを考えたうえで、適切に参考書選びをしましょう。

当記事がその助けになればうれしいですが、当記事はあくまで参考でしかありません。

そのため、「この記事に載っていない参考書には取り組んではいけないんだ」と考えるのだけは、絶対にしないようにしてください。

志望校と自分の距離を測り、当記事などを参考にしつつ、最終的には自分で必要な参考書を判断してください!

関連記事:参考書をやっているのに成績が上がらない理由と解決方法