【数学】青チャートの使い方を徹底解説!|1冊で受験数学マスターに?

当ブログは独学コーチングサービスを提供している「センセイプレイス」が運営しています。

YouTubeでも、受験生に役立つ動画を毎日19時に公開しておりますので、ぜひそちらもご覧ください!


青チャート 使い方

早稲田に逆転合格したい人へ
センセイプレイスブログは、一人ひとりに合った勉強法にカスタマイズする
オンラインコーチ予備校・センセイプレイスが運営している受験攻略メディアです。

【センセイプレイスで早稲田に逆転合格を果たした先輩の体験談はこちらから!】
高1・2生はこちら👇
>>
勉強時間0、偏差値40台の私が早稲田に逆転合格できた理由
高3生はこちら👇
>> ぼくが偏差値40台から半年で早稲田大学に逆転合格した話
浪人生はこちら👇
>> 浪人して早稲田に合格した先輩が語る「浪人生活の実態」とは

「青チャートってどんな参考書?」
「青チャートを使うべき人は?」
「青チャートの効果的な勉強法が知りたい」

数学の勉強を進めていくにあたって、上記のような悩みや、どの参考書を選べば良いのかわからないという悩みを持つ人は多いのではないでしょうか?

そこで今回の記事では、『青チャート』という参考書を紹介します。

数学の参考書選びに悩んでいる人の参考になれば嬉しいです!

『青チャート』の特徴


まずはじめに『青チャート』特徴について書いていきます。

『青チャート』の構成

青チャート 使い方

『青チャート』のスペック

『青チャート』では、解説が詳しいことが一番の特徴です。

後で詳しく書きますが、例題を完璧にするだけでも、センター試験で8~9割はとれるほどの実力が身につくでしょう!

『青チャート』のレベル

では、『青チャート』のレベルは一体どれくらいなのでしょうか?

『青チャート』は、

  • 基本例題
  • 演習例題
  • 重要例題
  • 練習問題
が、1A・2Bそれぞれ100題以上ずつあり、
これに加えて、章末にエクササイズ総合演習があります!

基本例題でもかなり難しいのが特徴です。

例題はさらに5つのレベルに分かれています。

レベル5を解けるようになっていれば、センター試験で9割を狙える実力が身についているでしょう!

具体的な志望校で分類すると、

  • MARCH志望なら「例題」を完璧に
  • 早慶・国立志望なら「練習問題」までを完璧に
  • 東大・京大・医学部志望なら「エクササイズ」まで完璧に

できると良いでしょう!

『青チャート』をやる理由を意識しながら取り組もう

青チャート 使い方
参考書というのは、取り組む人のレベルや取り組む時期によって、やる目的やり方も変わってきます。

例えば、『青チャート』で言えば、

  1. 『青チャート』ではじめて数学の演習に取り組む人
  2. すでに完璧にした数学の参考書があり、『青チャート』を復習用として使う人

がいます。

そして、全ての受験生がやる目的・やり方も違うのです。

だから、

  1. 自分が「なぜ」青チャートをやるのか
  2. 「どのようなやり方」で青チャートを使っていくべきか

自分でしっかりと考えたうえで、取り組んでいきましょう!

ネットに書いてある勉強法を何も考えず、そっくりそのまま真似したところで、成績は伸びません!

『青チャート』の具体的な勉強法

青チャート 使い方
それでは実際に『青チャート』具体的な勉強法を解説していきます!

今回は、受験生のタイプに合わせて、2通りの使い方を紹介しています。

「自分はこっちかな」と思った方を読んでみてください!

<タイプ1>受験で数学を使うが、あまり得意ではないので基礎から始めようと考えている人

受験で数学を使うけど、あまり得意ではないので基礎から勉強したいと思っている人向けです。

僕も受験生の頃は数学が苦手だったのでこの勉強法で進めていきました!

①基本例題に取り組む

まずは、基本例題に取り組んでいきます。

解き方がわからない問題は、すぐ解答・解説を読みましょう。

数学苦手な人にありがちですが、数学の基礎も習得していないのに、ずっと問題とにらめっこするのはやめましょう。

知らないものは知らないので、急に解答は浮かんできません。

「公式の使い方を覚えること」、「問題の解法を理解すること」が大切です。

その後、何も見ずに解答を再現できるまで、『読み込み→解答』を繰り返します。

②1週間あけて、解答・解説を見ずに再現できるか確認する

次に、同じ問題を1週間後再現できるか確かめてみましょう。

一度理解しても、実際に解けるとは限りません。

そのため、しっかりと定着させるために、1週間あけて「わかった」から「できた」に変化したか確認しましょう。

③2週間~1ヶ月あけて、解答解説を見ずに再現できるか確認する

最初に解いてから、1週間後復習して、また時間をあけて再現できるか確認しましょう。

短期記憶を中期記憶、そして長期記憶として定着させましょう。

長期記憶として定着することで、その問題は「完璧」にできると言えるでしょう。

④基本例題で①~③が終わった順に、演習例題・重要例題も①~③の順番で取り組む

①〜③が終わった項目から順に、演習例題と重要例題も、同じようなサイクルで解いていきましょう!

このサイクルで、例題をやりきったころには数学の基礎定着しているはずです。

センター試験8~9割を安定してとれるくらいの実力になっているでしょう!

<タイプ2>ある程度、数学の基礎が終わっているから演習量確保のためにチャートを活用したい人

次に、ある程度の基礎は出来ていて、演習量を確保するために『青チャート』活用した人の勉強法をご紹介します!

①基本例題を見て、頭の中で解答を思い浮かべる

ある程度基礎ができている人は、基本例題を見て、頭の中で解答を思い浮かべてみましょう!

基礎ができているにもかかわらず、解答が思い浮かばない問題があるかもしれません。

そこがあなたの苦手なポイントである可能性が高いです。

単純に忘れていただけなのか、その分野が苦手なのか、しっかりと分析をして復習するようにしましょう!

②演習例題・重要例題に取り組む

基本例題が一通り解けるようになったら、演習例題重要例題に取り組みましょう!

演習例題重要例題難易度が高く、すぐに解けない問題が出てくると思います。

解けない問題は解答・解説をよく読み込み、何も見ずに解答が再現できるようにしましょう。

③時間をおいて、解答・解説を見ずに解答を再現できるか確認する

②までで、すぐに解答を思い浮かべることができなかった基本例題や、解けなかった演習例題重要例題が分かったと思います。

そこで、1週間、次に2週間〜1ヶ月あけて解答を再現できるか確認しましょう。

何回も再現していくことで、「わかった」から「できた」に変化し、その問題完璧に理解できていると言えるでしょう。

『青チャート』をオススメする人

青チャート 使い方
『青チャート』はこんな人にオススメです!

  • 問題量をこなしたい人
  • 有名参考書に安心感を覚える人
  • 丁寧な解説が好きな人

問題量をこなしたい人

『青チャート』は、数1だけでも500問以上の問題が掲載されています!

とにかく問題量をこなしたいという人にはもってこいの参考書でしょう。

そのため、ある程度数学の解法を理解していて、経験を増やしたい人にはおすすめします!

有名参考書に安心感を覚える人

参考書を選ぶ際に、その参考書知名度で選ぶ人も多くいると思います。

『青チャート』は、多くの進学校で採用されている点で、安心できる参考書と言えるでしょう。

そのため、有名参考書に安心感を覚える人にはおすすめします!

丁寧な解説が好きな人

基本例題重要例題は、とにかく丁寧な解説がされています。

そのため、丁寧な解説が好きな人には『青チャート』をおすすめします。

この勉強法はあくまで一例!自分にあった勉強法を探そう!

大学受験数学参考書はたくさんあります。

その中から自分にあった参考書を選ぶことは、とても重要です。

この記事では、『青チャート』特徴勉強法について解説してきましたが、気になった方は、実際に本屋などに行って中身をみてください!

その時に、自分にあっているか確認して自分に合っているなぁと思ったら、ぜひやってみてください!

この記事は、あくまで一例ですので参考までに見ていただき、自分で勉強法をカスタマイズして勉強を進めていってくれたらと思います!

では!

偏差値40台、勉強時間0の私が”早稲田に逆転合格”できた理由

通っていた高校は“自称“進学校。

ましてや、東京の大学を目指す人なんてほとんどいない環境。勉強時間は0偏差値は40台前半大半の授業は寝ていました。

「どうせ早稲田はなんて受からない」、そんな気持ちの中、早稲田への逆転合格を掴み取った彼らの体験記はこちらです。

当ブログは独学コーチングの「センセイプレイス」が運営しています



当ブログは独学コーチングサービスを提供している「センセイプレイス」が運営しています。