【日本史】実力をつける日本史100題の特徴と使い方|早慶にビビらない!

キミの独学を、ひとりにしない。

センセイプレイスは、独学コーチングを提供しているオンライン予備校です。

そんなセンセイプレイスでは、受験生に役立つ情報をLINE@で無料配信中!

  • LINE@登録者限定コンテンツ
  • 受験勉強に役立つ勉強法・参考書のtips
  • お得なキャンペーン情報

などを続々配信中!

現在、LINE@登録者は10000人超!

他の受験生に乗り遅れないためにも、今すぐご登録を!

たかはしセンセイ
こんにちは、センセイプレイスのたかはしです!

「実力をつける日本史100題ってどんな参考書?」
「実際のところ、レベルやボリュームはどうなんだろう…」
「効果的な勉強法や、この参考書に向いている人が知りたいな」

こういった疑問にお答えします。

今回の内容
①『実力をつける日本史100題』の特徴(構成、スペック、レベル、ボリューム)
②『実力をつける日本史100題』をやる前に「取り組む目的」を考えよう
③『実力をつける日本史100題』の効果的な勉強法
④一番大事なのは「自分の頭で考えること」です

ぼく自身も日本史学習に苦戦し、参考書や勉強法を調べまくっていた時期がありました。

しかし、自分で考えまくって日本史の勉強法を確立させた結果、日本史の成績を爆上げすることができました。

当記事を読むことで、『実力をつける日本史100題』の特徴や効果的な使い方を知り、今後の勉強に活かしていくことができるでしょう。

ぜひ、最後までお付き合いください!

※「日本史」の参考書が知りたい人はこちら

実力をつける日本史100題の構成

実力をつける日本史100題の特徴

実力をつける日本史100題の特徴は、難易度とカバー力です。

実力をつける日本史100題の難易度は早慶を十分に狙えるレベルです。
ですので、難関大を受験する人にうってつけの参考書であると言えます。

もう1つ特徴をあげるとすると、通史はもちろんのこと、早慶でよく出題されるテーマ史対策もばっちりできるという点があります。

テーマ史とは、全部の時代にまたがる政治の話や経済の話をまとめて聞かれる問題のことです。

テーマ史の対策は、過去問もしくはテーマ史対策用の問題集でしかできないとされています。

ですが、実力をつける日本史100題ならテーマ史対策まで網羅しているので、そういった意味でも早慶日本史に対応できる力を養成できると言えるでしょう。

実力をつける日本史100題のボリューム

通史75題+テーマ史20題+論述5題

実力をつける日本史100題をやりきれば、早慶に対応できる日本史の力が身につく

早慶の日本史というのはとても難しいと言われています。

なぜなら、教科書で太字になっている知識は当たり前におぼえていると認識され、教科書でも下のほうに小さく書いてあるものなどが当たり前かのように出題されるからです。

実力をつける日本史100題はそういったレベルの問題にも対応できる力を養成できます。
なぜなら、早慶レベルで出題されるような難単語でも網羅している問題集だからです。

しかも早慶レベルなどの難易度高めの問題には★マークがついているので、基礎は基礎・早慶レベルは早慶レベルで別々で対策することも可能です。

早慶などの難関大日本史を攻略するにはうってつけの参考書であるといえるでしょう。

『実力をつける日本史100題』に取り組む理由を意識しよう


参考書というのは、取り組む人によってやる目的もやり方も変わってきます。

たとえば、『実力をつける日本史100題』でいうと
・日本史の問題演習の1冊目として、『実力をつける日本史100題』を使う人
がいます。

そして、それぞれの人がやる目的・やり方も違うのです。

ですので、
①自分がなぜ『実力をつける日本史100題』をやるのか
②『実力をつける日本史100題』をやる目的を果たすために、自分がどのようなやり方で勉強していくべきか

自分で考えたうえで、取り組んでいきましょう。

ネットに書いてある勉強法や、ほかの人のやり方を鵜呑みにして、そっくりそのまま真似したところで、成績は伸びませんよ!

実力をつける日本史100題の勉強法


次に、実力をつける日本史100題の勉強法について書いていきます。

まずは分野の要点を確認する

まずは分野の要点を確認しましょう。

実力をつける日本史100題は純粋な問題集なので要点などは載っていません。

ですので、自分の過去にインプット教材として使っていた教科書・参考書・プリントなどで知識を入れた後に、取り組むようにしてください。

それに加えて、実力をつける日本史100題は予想以上に難しい問題が含まれています。

なので、いきなり解くのでももちろん構わないですが、5分ー10分だけでもその分野について頭に入れておいたほうが、挫折するリスクを減らせると個人的には思っています。

実際に問題を解く

次に、実際に問題を解いてみましょう。

やはり問題集の部類に入るものなので、問題を解かないことにははじまりません。
ですので、インプットがある程度進んだらどんどん問題を解いていきましょう。

丸つけをして、知らなかった知識は新たにおぼえる

問題が解き終わったらいよいよ丸付けをすると思います。

この時に、○か×かだけに注目して終わっていては、いつまでたっても成績を伸ばすことはできません。なぜなら、問題を解いて自分の知らない知識をあぶりだし、それを暗記して点数に結び付けることによってはじめて、成績はあがるからです。

ですので、丸付けをし終わったら、間違えた問題を復習し、知識不足がゆえに間違えたとしたら知識を補填し、また問題の誤読などで間違えてしまっていならば、なぜそうなってしまったのかを考えて復習しましょう。

期間をおいてもう1度解いてみる

最後に、期間をおいてもう1度解いてみましょう。
やはり日本史はどうしても暗記科目の部類に入るものなので、解答を丸暗記していたなんてことにもなりかねません。

ですので、期間をおいてもう1度といてみて、改めて知識が定着しているか確認する機会を持ちましょう。

実力をつける日本史100題をおすすめする人


実力をつける日本史100題は以下の人におすすめです。

日本史の基礎が身についた人

これから日本史の勉強を始める人には、はじめる日本史 要点&演習をおすすめします。
日本史の基礎をはじめから学べるので、これから日本史の勉強を始めようと考えている人にはぴったりの参考書だと言えます。

日本史でほかの受験生と差をつけたいと考えている人

日本史をイチから理解し直したい人には、はじめる日本史 要点&演習をおすすめします。
基礎中の基礎から書いてあるので、イチから日本史を学ぼうという人におすすめできる参考書だと言えます。

早慶を目指している日本史選択の人

難関大を目指して早くから日本史を勉強している高1・高2生には、はじめる日本史 要点&演習をおすすめします。
高1・高2生が授業で学ぶレベルのことから書いてある参考書なので、取り組みやすい参考書だといえます。

参考書のやり方がわかっても、本当にできるのか不安なキミへ

「参考書のやり方がわかっても、自分ひとりで勉強していけるか不安……」
「いままで散々ネットとかでやり方を調べてきたのに、うまくいった試しがない……」

当記事を読んでも、「本当にこの参考書を終わらせることができるのか……」と不安に思う人も多いことでしょう。

ぼく自身も勉強を進めていく中で、

「本当にこの参考書のやり方で進んでいっていいだろうか……」

「勉強法ばかり調べて、実際にうまく勉強できたことがない……」

と思い悩むことが多々ありました。
かといって相談できる人もおらず、1人でずっと不安を抱えながら勉強する日々。

自分で勉強しても模試の結果も思うように伸びず、勉強へのモチベーションもどんどん下がって行きました。

もしキミも同じような悩みを持っているなら、難関大学に受かった経験があり、なおかつ自分の受験をしっかりサポートしてくれるコーチのような存在を見つけることが大切です。

自分の勉強をしっかり把握してくれて、適切なアドバイスをしてくれる人がいれば勉強はグッと楽になります。

ぼくもコーチのような存在が見つかってから、勉強すればするほど点数が上がるようになっていきました。

もし周りに自分の勉強をしっかり把握してくれて、適切なアドバイスをしてくれる人がいなければ、センセイプレイスの無料体験指導をぜひ受けてみてください。

センプレの無料体験指導では、今抱えている悩みを解決し、志望校に向けて勉強をどのように変えていけばいいのかを学べます。
抱えている悩みをスッキリすることができて、勉強計画の立て方などをキミだけに合わせて話します。

難関大学を突破した経験があり、多くの受験生の悩みを一緒に解決してきたセンセイプレイスのスタッフに、どんな事でも相談することができます。

無料体験指導を受けた人たちの声は、以下の画像からご覧になることができます。


無料体験指導はオンラインで行うので、全国どこからでも受けることが可能です。
また、特別な準備は必要なく、LINE通話で1時間~1時間30分行うことができます。

下のボタンから申し込んでいただき、ぜひ無料体験指導に申し込んでみてください!担当スタッフが対応致します!

詳しいサービス説明はこちらからもご覧になれます!


※月ごとに体験指導ができる回数には上限があります。予約が間に合わず、最大で約1ヶ月待ちになったこともございます。体験指導を希望する方はお早めにご予約ください。