【漢文】漢文早覚え速答法の特徴と使い方|センター満点を狙おう!

キミの独学を、ひとりにしない。

センセイプレイスは、独学コーチングを提供しているオンライン予備校です。

そんなセンセイプレイスでは、受験生に役立つ情報をLINE@で無料配信中!

  • LINE@登録者限定コンテンツ
  • 受験勉強に役立つ勉強法・参考書のtips
  • お得なキャンペーン情報

などを続々配信中!

現在、LINE@登録者は10000人超!

他の受験生に乗り遅れないためにも、今すぐご登録を!

漢文早覚え速答法

みなさんこんにちは!センセイプレイスの新垣です。

「漢文早覚え速答法ってどんな参考書?」
「実際のところ、レベルやボリュームはどうなんだろう…」
「効果的な勉強法や、この参考書に向いている人が知りたいな」

こういった疑問にお答えします。

今回の内容
①『漢文早覚え速答法』の特徴(構成、スペック、レベル、ボリューム)
②『漢文早覚え速答法』をやる前に「取り組む目的」を考えよう
③『漢文早覚え速答法』の効果的な勉強法
④一番大事なのは「自分の頭で考えること」です

今回、当記事では、かなりたくさんある参考書の中から有名参考書の1つ『漢文早覚え速答法』を紹介します!

漢文早覚え速答法の特徴

『漢文早覚え速答法』の特徴について、書いていきます。

漢文早覚え速答法の構成

漢文早覚え速答法

漢文早覚え速答法のスペック

『漢文早覚え速答法』は、漢文において必須な文法事項が10個の単元に分けてわかりやすく完結にまとめられています。

完璧にまとまっているページだけを読んで、次のページ以降に載っている例題を解けば、大体の内容が頭に入ってくるようになっています。

また、短時間でできるので毎日1題ずつと決めても毎日続く量ですし、何度も繰り返すには打ってつけの参考書だといえるでしょう。

漢文早覚え速答法のレベル

『漢文早覚え速答法』で扱われている文法事項や問題は、直接的にセンター試験の対策に繋がることが多いです。

センター試験は比較的問題がパターン化されているので、解き方のコツがわかればかなり安定して高得点をとれるようになります。

さらに、漢文早覚え速答法に掲載されているレベルは十分センター試験レベルを満たすので、しっかり解いて傾向に慣れればセンター満点も夢じゃないです!

漢文早覚え速答法のボリューム

『漢文早覚え速答法』は、何周もして漢文を習得するのに適したボリュームです。

そもそも漢文は他教科に比べて知識量が少ないので、覚えるべきことをいかに完璧に覚えているかが勝負です。

『漢文早覚え速答法』を何周も繰り返して学習して、忘れないようにしましょう!

漢文早覚え速答法に取り組む理由を意識しよう

漢文早覚え速答法
参考書というのは、取り組む人によってやる目的もやり方も変わってきます。

たとえば、『漢文早覚え速答法』でいうと
・『漢文早覚え速答法』1冊で受験勉強を終えようとしている人

・漢文の受験勉強の補足として『漢文早覚え速答法』に取り組もうと思っている人
などがいます。

そして、それぞれの人がやる目的・やり方も違うのです。

ですので、
①自分がなぜ『漢文早覚え速答法』をやるのか
②『漢文早覚え速答法』をやる目的を果たすために、自分がどのようなやり方で勉強していくべきか
自分で考えたうえで、取り組んでいきましょう。

ネットに書いてある勉強法や、ほかの人のやり方を鵜呑みにして、そっくりそのまま真似したところで、成績は伸びません!

漢文早覚え速答法を使った具体的な勉強法

漢文早覚え速答法

漢文早覚え速答法1冊で漢文の受験勉強を終えたい人

①とりあえず1周する

はじめは、どのような問題が載っているのか、どのような表示形式になっているのかをざっと見るために1周してみてください。

自分がどのような使い方をするのかまで想像できるようになるのが理想です。
どんな参考書にも慣れがありますし、何度も繰り返して長く使うものですから、しっかり目を通しておきましょう。

②目標を立てて何度も繰り返す

はじめから高い目標を立てて破綻してしまっている人がよくいます。

そうではなく、なるべく細かいところで目標を立てて少しづつクリアするようにしてください!

目標というのは、細かくたてて少しずつクリアして行くことでどんどん高い目標へと進んでいけるものです。

あくまでぼくの感覚ですが、高すぎず低すぎないちょうどいいレベルが1日に1単元でした。

この量は、自分の現状や能力に応じて変動するかと思いますが、とりあえずはギリギリでクリアできそうなくらいの目標を立てることを意識して取り組むようにしてください。

③テストをしてわからなかった問題にチェックをつけておく

自分が知識を叩き込んだ分は、どれだけ理解できているかを試して、本当に自分がどのくらい習得できているのかを確かめ直してください!

そして、その時に自分の漢文の穴を見つけて、そこを徹底的に埋め合わせるようにしましょう!

④チェックがついている問題ができるようになるまで繰り返す

苦手分野を見つけたあとは、そこをひたすら潰していくようにしましょう。

チェックが付いている問題を全て潰したら、またはじめから取り組み直してください!

勉強はなんでも繰り返すことが一番大事です!

漢文の受験勉強の補足として『漢文早覚え速答法』に取り組もうと思っている人

①自分のわからない単元の問題を解く

他の参考書などで学習をしたことがあるひとは、自分が完璧にできている範囲をずっと解くことはあまり効率的とは言えません。

自分が苦手な分野や、わからない問題を集中的に解くようにしましょう!

②間違えた問題を復習する

自分の苦手な分野を解いた上で、間違えた問題は本当にわからないところです。

しっかりそこを復習して、足りていない知識を補うようにしましょう!

③自信がつくまで①②を何度も繰り返す

苦手分野を次々に潰していくことで、最終的にわからない問題がなくなっていきます。

わからない問題がなくなったと自信がつくまで、何度も何度も繰り返すようにしてください。

漢文早覚え速答法をおすすめする人

漢文早覚え速答法
・漢文を使うのがセンター試験のみの人
・語呂で覚えるのが好きな人
・書き方が面白い参考書が好きな人

漢文を使うのがセンター試験のみの人

漢文早覚え速答法は、基本的にはかなり基礎的な問題が掲載されています。

また、「センター試験ではこういう風に出題される!」というようなことも書いてあるので、センター試験対策用の参考書としては間違いありません!

実際、センター試験のみで漢文を使う国立理系志望のぼくの友達の多くが漢文早覚え速答法を使っていました。

そのため、センター試験のみで漢文を使う人にはおすすめします!

語呂で覚えるのが好きな人

漢文早覚え速答法は、新しい単元に入るごとに基本事項をまとめていて、そこに語呂覚え用の言葉が書いてあるので、理解をしながら語呂で覚えることができます。

そのため、語呂で覚えるのが好きな人にはおすすめします!

書き方が面白い参考書が好きな人

受験生の中には、参考書が真面目すぎて性に合わないという人もいると思います。

その一方で、漢文早覚え速答法は書き方が面白く、読んでいて面白い文章になっています。

参考書のやり方がわかっても、本当にできるのか不安なキミへ

「参考書のやり方がわかっても、自分ひとりで勉強していけるか不安……」
「いままで散々ネットとかでやり方を調べてきたのに、うまくいった試しがない……」

当記事を読んでも、「本当にこの参考書を終わらせることができるのか……」と不安に思う人も多いことでしょう。

ぼく自身も勉強を進めていく中で、

「本当にこの参考書のやり方で進んでいっていいだろうか……」

「勉強法ばかり調べて、実際にうまく勉強できたことがない……」

と思い悩むことが多々ありました。
かといって相談できる人もおらず、1人でずっと不安を抱えながら勉強する日々。

自分で勉強しても模試の結果も思うように伸びず、勉強へのモチベーションもどんどん下がって行きました。

もしキミも同じような悩みを持っているなら、難関大学に受かった経験があり、なおかつ自分の受験をしっかりサポートしてくれるコーチのような存在を見つけることが大切です。

自分の勉強をしっかり把握してくれて、適切なアドバイスをしてくれる人がいれば勉強はグッと楽になります。

ぼくもコーチのような存在が見つかってから、勉強すればするほど点数が上がるようになっていきました。

もし周りに自分の勉強をしっかり把握してくれて、適切なアドバイスをしてくれる人がいなければ、センセイプレイスの無料体験指導をぜひ受けてみてください。

センプレの無料体験指導では、今抱えている悩みを解決し、志望校に向けて勉強をどのように変えていけばいいのかを学べます。
抱えている悩みをスッキリすることができて、勉強計画の立て方などをキミだけに合わせて話します。

難関大学を突破した経験があり、多くの受験生の悩みを一緒に解決してきたセンセイプレイスのスタッフに、どんな事でも相談することができます。

無料体験指導を受けた人たちの声は、以下の画像からご覧になることができます。


無料体験指導はオンラインで行うので、全国どこからでも受けることが可能です。
また、特別な準備は必要なく、LINE通話で1時間~1時間30分行うことができます。

下のボタンから申し込んでいただき、ぜひ無料体験指導に申し込んでみてください!担当スタッフが対応致します!

詳しいサービス説明はこちらからもご覧になれます!


※月ごとに体験指導ができる回数には上限があります。予約が間に合わず、最大で約1ヶ月待ちになったこともございます。体験指導を希望する方はお早めにご予約ください。