【大学受験】逆転合格に必要な基礎固めの方法について徹底解説

【受験生のキミへおすすめの記事】

これから受験勉強を始めるキミへ

ライバルに差をつけて、志望校合格を手にするには、勉強法が鍵になります。

まずは、受験勉強を始める前に知っておいて欲しいことをこちらから確認してみてください。

不合格体験記を読む

あと一年頑張ることを決めたキミへ

浪人は、伸びないって本当??いいえ、そんなことはありません。

浪人には浪人の勉強の方法があります。やるべきことをやれば、ちゃんと成績を伸ばして合格を手にすることができます。

浪人を決めた人に知って欲しいたった一つのこと
浪人生必見!新サービス 《既卒生コース》
↓↓↓↓↓
センセイプレイス 既卒生コース

【大学受験】逆転合格に必要な基礎固めの方法について徹底解説

安東センセイ
こんにちは、センセイプレイスの安東です!
「大学受験の勉強を始めようと思ったけど、何すれば良いか分からない」

「基礎固めが大事ってよく言うけど、なんで大事なの?」

「基礎固めって、何をすれば良いの?」

今回は皆さんのこのような悩みに応えていきたいと思います。

大学受験の勉強を始めようと思ったはいいものの、どんな勉強をすればいいのか分からない人は多いのではないでしょうか?

基礎固めが大事、と言う言葉を学校や塾で耳にした人は多いと思います。

でも基礎固めって具体的に何をすればいいのでしょうか?

また、どうして入試問題よりも基礎固めが大事だと言われるのでしょうか?

今回は受験勉強における基礎固めのやり方について紹介していきたいと思います!

受験勉強を始めようか悩んでいる人、既に始めたけど悩んでいる人の助けになると思うので、最後まで読んでいただけると幸いです!




完全オーダーメイド指導で志望校合格へ
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
自分に合った勉強方法を知る

【はじめに】基礎をおろそかにする人は大学受験に失敗します

【はじめに】基礎をおろそかにする人は大学受験に失敗します
基礎固めが受験に必要なのかと疑問に思っている人もいるかもしれません。

なんとなく大事そうだけど、基礎固めをしても成績が伸びた経験がなく、もっと受験に直結した勉強をしてみたいと言う気持ちはわかります。

ですが、基礎をおろそかにしてしまうと、残念ながら大学受験は失敗してしまいます。

なぜなら、入試に出てくる問題を解くには、基礎レベルとされる知識を確実に身につけておかなければならないからです。

基礎固めをせずに受験勉強をしても、自分が見たことがある、解いた事がある問題にしか対応できず、成績は伸びなくなります。

難しいと思う問題も、実は学校で習うような基本的なことを組み合わせて解けるものが非常に多いのです。

多くの受験生が受ける共通テストはもちろん、早稲田や慶應と言った難関大学でも、実は基礎知識で解ける問題や、基礎知識を応用して解く問題がほとんどです。

本当?と思う人もいるかもしれませんが、書店で入試の過去問が載っている赤本を読んでみてください。

大学にもよるかもしれませんが、勉強を本格的に始めていなくても解けそうな問題があるはずです。

自分が解けそうだと思った問題は、本番ではほとんどの受験生が正解する問題です。

そういった問題は、間違えてしまうと、あっという間に合格から大きく遠のいてしまいます。

つまり、基礎固めは、難しい問題を解くための準備だけでなく、本番で確実に得点を積み重ねるために、非常に重要なのです。

そうだ、過去問分析しよう!~受験勉強を何から始めればいいのか迷っている人へ~

🔽 高3・浪人向けおすすめ記事トップ5 🔽
  1. 高3・偏差値40台からの早稲田逆転合格体験記
    【あと10ヶ月、やるべきことを考えよう】
  2. 受験生に読んでほしい名言10選!
    【明日やろうはバカ野郎】
  3. 【2021最新版】おすすめの英語参考書リスト
    【難関大に合格するための基本のキ!】
  4. スマホを封印し、成績を劇的に伸ばす方法
    【どうしてもスマホを手放せない…というキミへ!】
  5. 受験勉強で偏差値を飛躍的に伸ばす方法
    【偏差値70の超え方、教えます】

「今から勉強しておいた方がいいかな…」という高1高2生必見!
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
【今だけ】周りと差をつける勉強法を知る

5教科の「基礎」を固めるための勉強法について解説

5教科の「基礎」を固めるための勉強法について解説
ここまで、大学受験を成功させるためには、基礎固めが必要であるということを書いてきました。

では、基礎固めとして、どのような勉強をすればいいのでしょうか?

ここからは基礎を固めるための勉強法を教科ごとに解説します!

  1. 国語
  2. 数学
  3. 英語
  4. 社会
  5. 理科

国語

国語で必要な基礎について、現代文・古文・漢文の3つに分けて解説します!

現代文

現代文でいう基礎は、文章から筆者の主張を正確に読み取る力をつけることです。

現代文はセンス、とよく言われますが、現代文で点をとるためにはしっかり基礎の勉強をする必要があります。

ほとんどの入試問題は、テーマや難解さ、形式は異なっていますが、筆者がその文章で何を伝えたいのか主張を読み取ることを主軸においています。

そのため、伝えたい内容を理解するように訓練していけば、自分にはセンスがないと思っていた人でも現代文が解けるようになるのです。

訓練として、教科書やテキストを読むときに、段落ごとに文章の内容を自分で要約してみましょう

教科書やテキストは授業の時、先生が読み取るポイントを解説してくれるはずなので、その時自分の要約をチェックしてみてください。

どこを読み取れていなかったのか、読み違えていたのか考える経験を、様々な文章で積み重ねることで、入試の文章も落ち着いて読めるようになります。

また、用語や漢字が分からず、文章を読むのが止まってしまう時があります。

そのため、普段から分からない用語があったら、聞く・調べるようにして、本番で悩まないようにすることも大事です

【現代文】現代文の定期試験の勉強法を徹底解説!|本文の読み方を身につけよう!

古文

古文の基礎は、古文単語と文法です。

古文は現代と意味が異なる言葉遣いが多く、平仮名、漢字で書かれていても、外国語のように感じられてしまいます。

そのため古文単語文法の知識を覚えて、古文を正しく読めるようになる必要があります。

古文単語は「古文単語ゴロゴ」や「読んで見て覚える重要古文単語315」を使うことで、コツコツ暗記していきましょう。

文法は「望月光の古文教室」や「ステップアップノート30古典文法基礎ドリル」を使って読解に活かせるように、理解しながら覚えていきましょう。

また、古文の世界では現代と異なる習慣や考え方があり、知らずに読むと混乱してしまうことがあります。

そのため、授業や参考書などで紹介される古文常識は、その都度押さえておきましょう。

【古文】おすすめの古文勉強法|偏差値70超え経験者が徹底解説!

漢文

漢文は漢字の読み方、句法を覚えることが、基礎固めになります。

漢文は、どの試験でも難解な問題は少ないのが特徴です。

しかし、その分基礎的な知識を覚えていないと差がついてしまいます。

そのため、漢字の読み方、句法を暗記していきましょう。

「漢文早覚え速答法」や「漢文ヤマのヤマ」などの参考書で、問題を解きながら覚えるのがおすすめです。

漢字・句法は決して数は多くないので、時間をかけすぎず一気に覚えてしまいましょう。

【漢文】漢文の定期試験の勉強法を徹底解説!|丸暗記はもうおしまい!

数学

数学では、教科書に載っている定理や公式を覚えて、時間内に使い、解けるかどうかが重要になってきます。

そのため、公式の使い方の理解、間違えずに計算することが求められます。

公式は、ただ眺めて覚えるのではなく、「チャート式」などを使って、自分で実際に図や式を書いて問題を解いていきましょう。

なぜ、実際に解く必要があるのかというと、自分が間違えた箇所を確認するためです。

式の使い間違いや計算間違いは誰にでもあり得ることです。

しかし、普段の勉強で間違えておくと、自分がどこで間違えるのかが分かるようになります。

間違って修正という経験を積み重ねることで、本番で間違うことなく、確実に問題を解くことができるようになります。

また、問題を解く時は、時間を測って解くようにしましょう。

時間を測って解くことで、スピードを意識して解くようになり、試験時間に関わらず、落ち着いて解けるようになります。

【数学】おすすめの数学勉強法|偏差値70超え経験者が徹底解説!

【数学】おすすめの数学勉強法|偏差値70超え経験者が徹底解説!

英語

英語の基礎は単語と文法です。

英語は文法、リスニングと様々な問題が出てきますが、一番配点が高いのは長文です。

長文は入試問題によって分量や難易度が大きく異なりますが、共通なのは一文一文の組み合わせであるということです。

そのため、入試で出てくる文章を読む前に、一文を確実に読めるようになりましょう。

一文を読めるようになるためには、まずは英単語熟語が必要になってきます。

単語の意味が分からなければ、日本語に訳すことができません。

「システム英単語」や「速読英熟語」を使って、コツコツ暗記していきましょう。

また、日本語に訳す時には単語だけでなく、文法も必要になってきます。

なぜなら、日本語と英語は文の並びが大きく異なるため、単語が分かるだけでは、意味を理解することができないからです。

主語・述語の関係や省略を見抜いて、SVOCを把握できるようにしなければいけません。

学校の授業や「ネクステージ」で覚えた文法を活用して、SVOCを読んだ文章につけていくようにしましょう。

そして、単語と文法が把握できた文は、音読するのがおすすめです。

音読を通して、日本語に訳さずに理解できるようになり、長文になってもスムーズに読めるようになります。

高2から始める必勝英語勉強法|現役早稲田生が解説!

社会

社会科目の勉強に必要なのは、時代ごと、テーマごとのイメージです。

社会科には暗記のイメージを持っている人も多いと思います。

確かに覚えなければいけないこともたくさんありますが、教科書や問題集に載っていることをただ覚えていくのは大変です。

覚えることに時間がかかりすぎるだけでなく、時系列順に出ない入試本番で思い出すのもひと苦労です。

用語の暗記の前にまずは、時代ごと、テーマごとのイメージをつながりで覚えていくことが、社会科目の基礎固めになります。

例えば日本史の場合、壇ノ浦の合戦だと、源義経により平家一門が滅亡し、兄である頼朝による鎌倉幕府の成立につながりますよね?

そして大正時代の米騒動はシベリア出兵を背景として、富山県の主婦の抗議運動から倒閣運動に発展、「平民宰相」と言われる原敬内閣の成立へと繋がりますよね?

こんな感じで歴史には繋がりがあり、そこにはその時代を生きた人々のドラマがあります。

こうした時代やテーマのイメージを覚えるには、歴史マンガがおすすめです。

イラストで、時代の流れやテーマの特徴を視覚的に理解することができます。

【世界史】おすすめの世界史勉強法|偏差値70超え経験者が徹底解説!

【日本史】おすすめの日本史勉強法|偏差値70超え経験者が徹底解説!

早稲田に逆転合格するための政治経済勉強法|社会科目の異端児?

【倫理】おすすめの倫理参考書リスト|現役国公立大学生が厳選!

【倫理】おすすめの倫理参考書リスト|現役国公立大学生が厳選!

理科

理科は生物、化学、物理、地学の4つに分かれていますが、暗記と計算の比重が異なります。

生物、地学は暗記の要素が多いので、教科書や参考書を使ってひとつひとつ確実に覚えていきましょう。

暗記する項目が多く、あまり時間をかけられない文系受験生にとっては辛く感じるかもしれません。

しかし、教科書レベルの基礎知識で対応できる問題が多いのも事実です。

また、身体の器官や細胞の構造など、関連が強い用語が多いため、イラストなどを利用して、一気に覚えてしまいましょう。

物理や科学では、計算問題が解けるかどうかが重要になってきます。

物理の基礎は、数学と同じく公式になります。数学のように、公式を覚えながら、問題を解いていきましょう。

化学はmol計算、化学式ができるかどうかが重要になってきますが、アルファベットや数字の並びをただ覚えるのは難しいでしょう。

ただ暗記する、計算するのではなく、どうしてその結果になるのかを、原子モデルや実験の図解を通して理解した上で、計算問題を解くのがおすすめです。

【結論】文系国公立受験生は生物基礎を選べ|オススメの理由を徹底解説

【化学】おすすめの化学参考書リスト|偏差値70超え経験者が厳選!